日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-07-29から1日間の記事一覧

ウィリアム・フレデリック・フリードマンは、日本軍が使用した暗号、通称「紫暗号」を解読した功績で有名な人物です。フリードマンはかねてよりヴォイニッチ手稿の解読に興味を持っていました。(6)

・UMAというのは「謎の未確認動物」ということで、その方面に関してもいろいろと書籍があります。しかし、このブログでは、特にUMAについてはほとんど取り上げませんでした。北米ではビッグフットが注目を集めています。河童はUMA(未確認動物)ともい…

ウィリアム・フレデリック・フリードマンは、日本軍が使用した暗号、通称「紫暗号」を解読した功績で有名な人物です。フリードマンはかねてよりヴォイニッチ手稿の解読に興味を持っていました。(5)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・「「ヴォイニッチ手稿」とは、古物商ウィルフリド・ヴォイニッチによって「再発見」された、全編手書きの古文書です。書物の正式名称は判明せず、一般的にこのように呼ばれています」と記載されています。 …

ウィリアム・フレデリック・フリードマンは、日本軍が使用した暗号、通称「紫暗号」を解読した功績で有名な人物です。フリードマンはかねてよりヴォイニッチ手稿の解読に興味を持っていました。(4)

<第26遺産 誰にも読めない奇書 ヴォイニッチ写本> ・「誰も読めないけれど、何かものすごい知識が書いてある本」―― 現代もコンピュータを駆使した解読作業がつづく、謎の暗号で書かれた奇怪な書物の正体は!? ・「世界で最も奇妙な写本」といわれる手稿が、…

ウィリアム・フレデリック・フリードマンは、日本軍が使用した暗号、通称「紫暗号」を解読した功績で有名な人物です。フリードマンはかねてよりヴォイニッチ手稿の解読に興味を持っていました。(3)

<河童百態、百花繚乱!> ・先ほども述べた通り、岩手で妖怪と言えば—―荒俣さんはなぜかあまり評価されていないようだが――やはり『遠野物語』に欠かせないのではないだろうか。 ・わだかまる疑問を抱えたまま、我々は最初の取材先へ向かった。訊ねた先は、…

ウィリアム・フレデリック・フリードマンは、日本軍が使用した暗号、通称「紫暗号」を解読した功績で有名な人物です。フリードマンはかねてよりヴォイニッチ手稿の解読に興味を持っていました。(2)

<酒呑童子> ・『御伽草子』や『大江山絵詞』などによると、正暦(990~995)の頃、京の都の姫君らが数多さらわれる事件が起こる。安倍晴明が占うと、丹波と丹後の大江山に鬼の国があり、そこの酒呑童子の仕業だと判明する。そこで朝廷は源頼光らに鬼退治の…

ウィリアム・フレデリック・フリードマンは、日本軍が使用した暗号、通称「紫暗号」を解読した功績で有名な人物です。フリードマンはかねてよりヴォイニッチ手稿の解読に興味を持っていました。(1)

『奇書の世界史』 歴史を動かす“ヤバイ書物”の物語 三崎律日 KADOKAWA 2019/8/23 <時代の移ろいにより評価が反転した書物たち――。> <読者と本を結び付けるもの。それは、互いが持つ「価値観」の一致です。> ・価値観とは歴史の、過去から現代の流れでど…