日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-08-17から1日間の記事一覧

外交は実弾の飛び交わない戦だ。「相手が引いたら押す」「自分が引いたら押される」――。ひとたび互いの国益が衝突しようものなら、こうした押し合いが起こるのが外交なのだ。(9)

・「日本の借金は1000兆円」といわれると誰でも驚いたものです。解釈が違うと別の結論がでてくるようです。財務省というファイナンスの権威のある役所のいうことは、誰でも従うともいわれます。「それこそ税金の無駄遣いを止めて、国民の血税を費用対効果を…

外交は実弾の飛び交わない戦だ。「相手が引いたら押す」「自分が引いたら押される」――。ひとたび互いの国益が衝突しようものなら、こうした押し合いが起こるのが外交なのだ。(8)

『あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ』 鳴霞 千代田情報研究会 飛鳥新社 2013/4/6 ・来日後の私は、大学や兵庫・大阪の中国語学校で教える傍ら、日本企業の通訳もしていたが、その折痛感したのは「日本人がいかに易々と中国人に騙されるか」である。 <中国…

外交は実弾の飛び交わない戦だ。「相手が引いたら押す」「自分が引いたら押される」――。ひとたび互いの国益が衝突しようものなら、こうした押し合いが起こるのが外交なのだ。(7)

『「借金1000兆円」に騙されるな!』 暴落しない国債、不要な増税 高橋洋一 小学館 2012/4/2 <日銀法を改正すべき> ・中央銀行の独立性は、手段の独立性と、目標の独立性に分けられているが、1998年の日銀法改正で、日銀にはそのどちらもが与えられるとい…

外交は実弾の飛び交わない戦だ。「相手が引いたら押す」「自分が引いたら押される」――。ひとたび互いの国益が衝突しようものなら、こうした押し合いが起こるのが外交なのだ。(6)

<ソ連のGDPは発表の半分だった> ・中国の統計システムはソ連譲りということについて、ここで少々説明しておこう。「左巻き」(左派)が理想としている社会システムでは、統計改竄しやすいという実例である。簡単に言えば、左巻きは、経済活動で公的部門…

外交は実弾の飛び交わない戦だ。「相手が引いたら押す」「自分が引いたら押される」――。ひとたび互いの国益が衝突しようものなら、こうした押し合いが起こるのが外交なのだ。(5)

<中国の経済成長を支える柱にはなり得ない「一帯一路」> <幻となった李克強首相のリコノミクス> ・(石平)けれども、政治体制の問題で、李克強は経済運営で主導権を握れず、リコノミクスは始まってもいないのに終わってしまった。 矢板さんが指摘したよ…

外交は実弾の飛び交わない戦だ。「相手が引いたら押す」「自分が引いたら押される」――。ひとたび互いの国益が衝突しようものなら、こうした押し合いが起こるのが外交なのだ。(4)

『嫌中論』 世界中から嫌われる中国 黄文雄 徳間書店 2006/7 <大虐殺を引き起こした絶対的不寛容> <中国は、すべてが政治と関係する国> ・日本では「政経分離」が叫ばれているが、中国ではそんなことはあり得ない。中国では、経済界と政界のつながりは日…

外交は実弾の飛び交わない戦だ。「相手が引いたら押す」「自分が引いたら押される」――。ひとたび互いの国益が衝突しようものなら、こうした押し合いが起こるのが外交なのだ。(3)

『アメリカの本気を見誤り、中国を「地獄」へ導く習近平の狂気』 石平 ビジネス社 2018/10/2 <われわれとしては今後、中国情勢と習政権の動向から目を離せない> ・そして8月から9月にかけ、日本円で約21兆円規模といわれるネット金融のP2Pの破綻が相次ぎ…

外交は実弾の飛び交わない戦だ。「相手が引いたら押す」「自分が引いたら押される」――。ひとたび互いの国益が衝突しようものなら、こうした押し合いが起こるのが外交なのだ。(2)

<30年間も騙され続けた日米> ・(石平) 胡錦涛政権時代での中国のもっとも根本的な国策は、絶対にアメリカを敵に回さない、常にアメリカとは協調姿勢で行く、であった。 実は鄧小平は非常に詐欺的なやり方で対米協調路線をとった。とにかく 韜光養晦(と…

外交は実弾の飛び交わない戦だ。「相手が引いたら押す」「自分が引いたら押される」――。ひとたび互いの国益が衝突しようものなら、こうした押し合いが起こるのが外交なのだ。(1)

『外交戦』 日本を取り巻く「地理」と「貿易」と「安全保障」の真実 高橋洋一 あさ出版 2019/12/12 <「自分が引いたら押される」> ・外交は実弾の飛び交わない戦だ。昨今の国際関係に目を向けてみても、各国が「外交=貿易と安全保障」をめぐってしのぎを…