日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-12-25から1日間の記事一覧

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(15)

・陰謀論やキリスト教の書では、よくサタン(悪魔)という言葉がでてきます。サタン(悪魔)や堕天使ルシファーという言葉は、リラ星人によると、「遺伝子科学者の一団の名前」だそうですので、遺伝子科学者が空飛ぶ円盤で地球に飛来していたと考えればよい…

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(14)

・「2000年代に入ってからはSARS、鳥インフルエンザ、さらに新型肺炎の拡散である。これまで、中国がいったいどれだけ世界に伝染病を拡大してきたかは、人類の疫病史が如実に物語ってくれている。 本書では、中国が歴史的につねに疫病の発生地であったこ…

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(13)

『信仰は力なり』 佐藤正忠 経済界 1990/12 <神との貸借対照表> ・仏典には、世に三楽あり……と言っている。 一つは世楽である。これは、酒を呑むとかマージャンをするとか、いわゆる普通の楽しみである。 第二は道楽である。道の楽しみ。絵を描くとか、お…

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(12)

『現代オカルトの根源』 霊性進化論の光と闇 大田俊寛 筑摩書房 2013/7/10 <日本の新宗教> <9次元霊エル・カンターレの降臨—―幸福の科学> <高橋信次の霊体験> ・スピリチュアリズムと神智学を結合させることによって、新たな宗教団体を作り上げたのは…

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(11)

<私と高橋信次との出会い> ・沖縄から来たという若い女性へのアドバイスをしている最中だった。高橋信次は、その女性の守護霊と話をし、さらにその内容をその女性に確認している。 どうも、この女性は体が不調だという。高橋信次はその女性をトランス状態…

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(10)

<宗教を学ぶ意味の一つは「人生学のプロ」になること> ・ただし、どこかで、全部を解決するのは無理だと気づく場合もあるでしょう。そのときに考えてほしいのは、「人生において宗教を学ぶことの意味」です。それは、「人生学におけるプロフェッショナルに…

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(9)

<アメリカ人の3人に1人は、エイリアンがすでに地球に来たと信じている> ・30%の人々が「これまでに報告されている未確認飛行物体の一部は、他の文明からやってきた本物の宇宙船」だと答えており、45%のアメリカ人が地球外知的生命体はすでに地球に訪れて…

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(8)

<アメリカは日本を守らない> ・日本は20年にわたる経済停滞を経て、安倍晋三首相が思い切った措置を取り、緩やかな衰退とは異なる未来をつくろうとしている。日本は少子高齢化に伴うきわめて難しい問題に直面しているが、依然として世界第3位の経済大国で…

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(7)

<Q2 よい心境を保ち続ける方法> ・(質問者B) これは、非常に難しい体験談として聞いた話ではございますが、悪霊撃退系の祈願などを受けた方のなかには、一時的には、改心したり、大いなるものへの帰依の心が戻ってきたり、信仰心が強くなったりと、天…

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(6)

(日本を超え、アメリカを超える) ・「2020年から今世紀の半ばまでを、二つの段階に分ける。第一段階は、2020年から2035年までで、小康社会(そこそこ豊かな社会)の建設の基礎の上に、社会主義の現代化を基本的に実現する。第二段階は、2035年から今世紀半…

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(5)

<世界のCO2排出量は減っていない> (思い込み):(国際会議の場でCO2削減問題が話し合われており、大気中のCO2量を減らすため、各国は最大限の努力をしている。) ・(検証):(急ピッチの工業化がCO2排出量を増やしている) ・世界のCO2…

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(4)

『新型コロナウイルスは細菌兵器である!』 泉パウロ ヒカルランド 2020/4/30 <衝撃検証 狙いはどこにあるのか? > ・この世界的パンデミックは9.11同時多発テロ(2001年)と3.11東日本大震災(2011年)に引き続き、イルミナティカード(1995年発売)に完…

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(3)

『週刊朝日』(2020/10/9) 『世界3大投資家 ジム・ロジャーズがズバリ予言』(最終回) 「2020年、お金と世界はこう動く」 <「菅政権で日本はさらに衰退 若者は中国か韓国に移住せよ」> ・今年1月に始まった本連載も、今回が最終回となる。最後はあえて日…

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(2)

<バブルは常にはじける> <危機の予言者たち> ・リーマン・ショックは突然起きたと思っている人もいるかもしれない。しかし多くの人が気に留めないような小さな兆しがたくさんあり、その後の深刻な金融危機につながった。それらは危機の予言者のようなも…

コロナ禍の経済や労働市場への影響はむしろこらから本格化する可能性が高い、つまり今年の秋以降に未曽有の危機と変化をもたらす「コロナ氷河期」が到来すると考えられるからです。(1)

『コロナ氷河期』 終わりなき凍りついた世界を生き抜くために 前川孝雄 扶桑社 2020/9/19 <今から用意しなければ「コロナ氷河期」は乗り切れない> ・しかし、現実は残酷です。日々深刻化一方の新型コロナウイルス感染症の拡大による“コロナ禍”は、いまだ終…