日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-01-01から1日間の記事一覧

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(16)

・「ネガティブ・グループのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」そうです。つまり「人類の歴史は、戦争の時代が平和の時代よりも長かった」そうです。サナンダは神智学ではサナト・クマーラより上位の存在として「沈…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(15)

・神話「高天の原」は、シャンバラのように都市型の超巨大宇宙船であったという説もあるようです。ネガティブな面を持つスサノヲは、ネガティブなシリウス星人に措定されるのでしょうか。ニライ・カナイは稲をはじめとする五穀の原郷の地といわれます。海の…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(14)

・「伝説」や「民話」にのこる不思議な話は、オリオンETグループの宇宙人の「地球人との関わり合い」を示しているようです。オリオンETグループは、おそらく人類に5万年以上も進化しており、異次元に関する、その超科学技術は、現代の科学者には理解不能…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(13)

『地球を守る「宇宙連合」とは何か』 宇宙の正義と新時代へのシグナル 大川隆法 幸福の科学出版 2011/7 <今、明かされる「日本神道の秘密」> <天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、国常立神(くにとこたちのかみ)、天照大神(あまてらすおおみかみ)…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(12)

『災害と妖怪 柳田国男と歩く日本の天変地異』 畑中章宏 亜紀書房 2012/7/24 <天狗が悪魔を祓うといまも信じられるている事> <遠野の天狗> ・『遠野物語』29「雞頭山は早池峯の前面に立てる峻峯なり。麓の里にてはまた前薬師ともいう。天狗住めりとて、…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(11)

『神仙道の本』 (秘教玄学と幽冥界への参入)(学研) 2007/3 <地球大気圏の某所の映像> ・宇宙の根本神は、いうまでもなく天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすひのかみ)、神皇産霊神(かみむすひのかみ)の造化三神だ。 ・…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(10)

『稲生物怪録(いのうもののけろく)絵巻集成』 (杉本好伸) (国書刊行会)2004/7/1 <魔王の山本(さんもと)五郎左衛門> ・稲生物怪録(いのうもののけろく)絵巻は、「実話」を絵巻物にしたといわれているが、異次元から魔王の山本(さんもと)五郎左…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(9)

『天使の灰の中から』 (アンドルー・コリンズ) (翔泳社)1997/12/1 <歩く蛇>・ 紀元前5000年~4000年の古代イラクにいたウバイド人の墓から見つかった「トカゲのような像」の一つ。母親だけでなく、母乳を吸う子供も蛇のような特徴を持っている。つまり…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(8)

『死後の生』 (死者は何を見たか) (ジェフリー・アイバーソン) (NHK出版)1993/9/1 <憑依> ・1985年7月19日、北部インドの僻地の村シャルフプーラで、スミトラという名の若い既婚女性が死んだ。ところが家族が葬式の手順を相談しているとき、スミ…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(7)

『山怪 弐』 山人が語る不思議な話 田中康弘 山と渓谷社 2017/1/19 <神様の孫> ・秋田県の森吉山北麓に杣(そま)温泉という一軒宿がある。ここは秘湯として、知られ、登山客も多く訪れる場所だ。温泉宿の主人であり、また地元のベテラン猟師でもある杣正…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(6)

『鹿と日本人』 野生との共生1000年の知恵 田中淳夫 築地書館 2018/7/2 <シカが獣害の主役になるまで> <シカの増え方は“シカ算”> ・これまでナラシカの現在と歴史的な経緯を記してきたが、あらためて振り返ると、ナラシカは宗教的な理由で保護される一方…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(5)

<●●インターネット情報から●●> <岩木山> <光り物、雲> ■ 1571年1月21日夜、光り物が岩木山から出て、東の方へ飛び移った。雷のごとき大音がした。22日夜と23日夜も同じだった。 ■ 1605年2月20日午後8時頃、岩木山の南の肩から大きな光り物が出て、空中…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(4)

<●●インターネット情報から●●> ウェブサイト「」から引用 <五重塔の塑像の謎> 法隆寺の五重塔には、仏教における説話をテーマにした塑像が安置されています。 その中の「釈迦入滅のシーン」があります。これはガンダーラの釈迦涅槃図と比較しても大分異…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(3)

『日本人の心のふるさと(かんながら)と近代の霊魂学(スピリチュアリズム)』 (近藤千雄)(コスモス・ライブラリー) 2006/3 <サマー・ランド、ブルー・アイランド> ・言って見れば、「因果律による審判が行なわれるわけであるが、皆が皆、素直に更正…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(2)

『闇の魔多羅神』 変貌する異神の謎を追う 川村湊 河出書房新社 2008/11/19 <山王一実神道の秘儀> ・山王権現と天照大神は同体とされているから、東照大権現を中心とする東照三所権現では、山王権現=天照大神と、魔多羅神(日光権現)=三輪明神(=山王…

現代に甦ったアマビエを、コレラ除けならぬコロナ除けとして活用する人は、それほど多くはないだろう。むしろ、人々が願っているのは、コロナを退治してくれるワクチンの開発である。(1)

『疫病退散』 日本の護符ベスト10 島田裕巳 CYZO 2020/8/14 <新型コロナ・ウイルス感染症> ・新型コロナ・ウイルスは、世界中で多くの感染者、死者を出した。社会活動は大幅に制限され、経済には深刻なダメージを与えた。 近年では、グローバル化というこ…