日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-01-09から1日間の記事一覧

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(16)

・現代の新興宗教は、高橋信次さんや大川隆法さんのように普通の人に、神霊が憑依して、新しい教団が起こるようです。高橋信次さんのようにモーゼとイエスの霊が日本人に憑依することもあるので驚きです。現代の生き方に対するアンチテーゼとして新興宗教の…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(15)

・この本(『世界を見る目が変わる50の事実』)をみると世界の深刻な問題がわかります。2005年に出版された本ですが、50の事態は改善されているのでしょうか。トレンドは変化しているのでしょうか。近年のイスラム国の女奴隷の話も陰惨ですが、「世界の警察…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(14)

『天の岩戸開き』 アセンションン・スターゲイト Ai(アイ) 明窓出版 2010/6 <中今のスピリチュアル・ハイラーキーとは?> ・大いなるすべての源、一なる至高の根源神界、すべての神界、すべての天界、そして神智学でいうスピリチュアル・ハイラーキー…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(13)

<人生には何ひとつ無駄はない> <ホンモノは何かと探し求めて> ・私は『信仰は力なり』という著書を書いている。これは多くの反響を呼び、ベストセラーになった。私自身の、これまでの信仰遍歴であり、体験としての信仰告白とも言うべき内容のものである…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(12)

<●●インターネット情報から●●> ウェブサイトの「【トランプ大統領】イルミナティカード方推測する【2017年予言】から引用しました。 1982年からアメリカで発売されているカードゲーム、イルミナティカード を知っていますか?後の重大事件を予言していると…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(11)

<守護霊の出現と悟り> ・そのころ、八起ビルの建設が始まり、仕事はかなり忙しかった。八起ビルにはサウナや超音波風呂を導入して、電気の事業だけでなく、風俗の事業に進出しようというもくろみだった。 7月3日、霊的現象を否定していた一栄さんの弟が、…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(10)

『信仰の法』 地球神エル・カンターレとは 大川隆法 幸福の科学出版 2017/12/4 <幸福実現党> ・今、幸福の科学は、そうとうな理論的主柱になっています。実は、幸福実現党以外の勢力の人々も、当会の考えを数多く勉強しているのです。 ・私が、2016年の年…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(9)

『世界を見る目が変わる50の事実』 ジェシカ・ウィリアムズ 草思社 2005/4/28 <50の事実> 日本女性の平均寿命は84歳、ボツワナ人の平均寿命は39歳 肥満の人の3人に1人は発展途上国に住んでいる 先進国で最も妊娠率が高いのは、米国と英国の10代 中国では44…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(9)

『世界を見る目が変わる50の事実』 ジェシカ・ウィリアムズ 草思社 2005/4/28 <50の事実> 日本女性の平均寿命は84歳、ボツワナ人の平均寿命は39歳 肥満の人の3人に1人は発展途上国に住んでいる 先進国で最も妊娠率が高いのは、米国と英国の10代 中国では44…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(8)

『シフト 2035年、米国最高情報機関が予測する驚愕の未来』 マシュー・バロウズ ダイヤモンド社 2015/11/20 <迫りくるメガトレンドと、急速に変化する国際環境> ・日本では少子高齢化が急速に進んでいる。それは、高齢化が進んでも経済の活力が失われるわ…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(7)

<小さな成功を積み重ねることの大切さ> ・私は、「平凡からの出発」であるとか、「小さな成功をコツコツと積み上げていけ」といったことをよく語っていますが、これは別に、必ずしも「凡人のすすめ」をしているわけではありません。 ・これは、武田信玄的…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(6)

(李克強首相の檄) (「創業」プラス「創新」) ・もう一つの質問、IT企業と共産党政権との関係だが、中国政府の資金は潤沢で、多種多様な補助や優遇策を実施している。 (世界最強のAI大国への道を模索) (巨額投資でAI強国化を目指す) (量子科学・自動…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(5)

<世界のCO2排出量は減っていない> (思い込み):(国際会議の場でCO2削減問題が話し合われており、大気中のCO2量を減らすため、各国は最大限の努力をしている。) ・(検証):(急ピッチの工業化がCO2排出量を増やしている) ・世界のCO2…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(4)

『新型コロナウイルスは細菌兵器である!』 泉パウロ ヒカルランド 2020/4/30 <衝撃検証 狙いはどこにあるのか? > ・この世界的パンデミックは9.11同時多発テロ(2001年)と3.11東日本大震災(2011年)に引き続き、イルミナティカード(1995年発売)に完…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(3)

『週刊朝日』(2020/10/9) 『世界3大投資家 ジム・ロジャーズがズバリ予言』(最終回) 「2020年、お金と世界はこう動く」 <「菅政権で日本はさらに衰退 若者は中国か韓国に移住せよ」> ・今年1月に始まった本連載も、今回が最終回となる。最後はあえて日…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(2)

『危機の時代』 ジム・ロジャーズ 日経BP 2020/5/21 <新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界経済が大混乱> ・私は2019年から「2008年のリーマン・ショックをはるかに超える危機が迫っている」と警告してきた。それが今、始まろうとしている。強調し…

同盟国であるアメリカが中国を敵国として認定し、リスクマネジメントを拡大している以上、これまでどおりの関係は続けられないといえるだろう。(1)

『「新型コロナ恐慌」後の世界』 渡邉哲也 徳間書店 2020/3/31 <世界中の中国切り離しが加速> ・新型コロナウイルス感染拡大で、世界の中国切り離しが加速、新たな国際秩序が誕生する! ・新型コロナウイルス感染拡大で中国の工場がとまったことにより、世…