日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-02-13から1日間の記事一覧

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(16)

・「田布施システム」のように、自民党とフリーメイソンを結びつける話もあったようです。田布施システムも理解不能な荒唐無稽な話です。「異人のネットワーク」や闇の同胞団についても分かりません。龍神の伝説は多くありますし、牛頭天王はインドラ神の化…

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(14)

・私たち一般人には、軍事専門家ではないので、軍事問題については理解不能なことが多いようです。しかし、私たち一般人は、軍事問題に無知・無関心であってもいけないようです。軍人官僚と政治家のために、無謀な太平洋戦争に巻き込まれ、徴兵で死に、庶民…

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(13)

・「新型コロナウイルス」と入れると1000冊以上の書籍が、「新型コロナウイルス ビジネス」といれますと244冊の書籍がアマゾンで分かります。こんな時こそ経営コンサルタントが本を書いて、活躍すべきなのでしょう。顧客が来なくなるという異常事態が続いて…

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(12)

『沈黙の大陸』 (アトランティス・ミステリー) (南山宏著)(学研) 1996/10 <ケイシーのリーディングが描くアトランティス> ・「ケイシーの行なったリーディングの全ては、彼が1931年米国バージニア州バージニア・ビーチに創設した<研究啓発協会…

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(11)

『光のアカシャ・フィールド』 超スピリチュアル次元の探究 よしもとばなな × ゲリー・ボーネル 2009/7/23 <エイリアンは我々にテクノロジーを与えてくれている> ・――今、よしもとさんが言った話は、異次元から来る異次元人みたいな感じでしょうか。その人…

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(10)

『霊知の源泉 アトランティスからの未来リーディング』 地球大変動のシンクロニシティ ジャーリー・アンドリュース 徳間書店 2011/2/1 <クロマニョン人の起源とアトランティス文明発祥の謎> <10万年前に出現した人類は、直観と理性の力で繁栄を築きあげ…

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(9)

<ウイルスと人間の終わりなき戦い> <最悪のウイルス・エボラ> ・感染後の潜伏期間は短く、症状は、発熱や頭痛を覚えた後、全身の穴という穴から出血する。 出血が起きれば、およそ3週間以内に死亡するとされ、その確率は、なんと50~90%にもなる。 しか…

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(8)

『兵頭二十八の防衛白書』 兵頭二十八 草思社 2014/7/19 <F-22が4機あればシナ軍機200機を始末可能だという現実> ・2014年2月に、太平洋コマンドの米空軍は、F-22戦闘機を4機ひとくみとして、千歳基地や嘉手納基地にローテーション派遣するだけで、…

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(7)

『反デフレ不況論』 それでも日本企業が勝つ理由 日下公人、長谷川慶太郎 PHP 2010/7/2 <百年デフレは日本の時代>(長谷川慶太郎) <インフレは戦争の産物、デフレは平和の産物> ・日本の政治と経済における問題は、政財界のトップが、デフレとはどん…

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(6)

『リベラルタイム 2016.4』 特集『「世界恐慌」をどう凌ぐか?』 <税収減少→財政赤字の増加→社会保障の削減> 『低い「租税負担率」を維持する「GPIF」運用改善を (金明中)』 <株価の運用による利益の増加を見込み、GPIFは運用比率を高めた。財…

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(5)

<「グローバリズム」を理解するにはユダヤ人の歴史を知る> <ユダヤ人が金に執着するのは仕方のない面がある> ・ユダヤ人たちは、ローマ軍に包囲されて、最後の砦と言われるマサダの丘の上に籠ったが皆殺しにされた。そのとき、マサダに籠もらなかったユ…

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(4)

<国際的な対応> ・後になって、WHOはカルロ・ウルバニ医師の行動により流行の初期段階で多数の新規患者を特定して隔離できたため、さらなる感染拡大を防止できたと発表している。WHOは世界中の医師に向けてSARSへの注意を呼びかけた。ここで重要…

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(3)

<リモート時代における社内コミュニケーションの4原則> ◆「過剰管理」でもなく「野放し」でもなく――部下が「自己管理」できるように上司が導く ◆オンラインとオフラインを使い分け、コミュニケーションの質を高める――オンラインで「業務管理」はできるが、…

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(2)

<「厚黒学」が「論語」に代わってはやる理由> ・では、なぜ近年になって、「厚黒学」ブーム、しかもビジネスの聖典として再燃したのだろうか。中国人の「欲望最高、道徳最低」の現実については、民間学者だけでなく、国家指導者に至るまで語りはじめた。 …

コロナ危機への対応以上に、生活者も消費者も、これまでのライフスタイルを長期にわたり転換しなければならないことになるはずだ。(1)

『リベラルタイム 2021.3』 『特集 変わる ⁉ 「消費」と「日本人」』 『コロナ予算が増加しても日本の財政は悪化しない‼ ◎高橋洋一』 「日本政府の借金は年々増加し、1千百兆円に達した。さらに新型コロナウイルス関連の経済対策で歳出が増加するため、財政…