日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-04-17から1日間の記事一覧

コロナウイルスを巡る外交戦略で表面化した中国強硬外交の在り方は、「戦狼外交」や「最後通牒外交」と呼ばれるようになった。(8)

・アメリカ人の合理性からか「日本は核兵器を持ってもよい、持つべきだ」という見解のアメリカの人々が増えているといわれます。「原発のごみ」、プルトニウムを核兵器に転用できる時代だそうです。特定の国でも核兵器の小型化を熱心にすすめているようです…

コロナウイルスを巡る外交戦略で表面化した中国強硬外交の在り方は、「戦狼外交」や「最後通牒外交」と呼ばれるようになった。(7)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ (2021/4/17) ・ネット情報によると、(JIJI.com 2021/4/17) 世界の死者300万人超 変異ウイルスで感染者増加―新型コロナ 「米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、新型コロナウイルスによる世界の死者…

コロナウイルスを巡る外交戦略で表面化した中国強硬外交の在り方は、「戦狼外交」や「最後通牒外交」と呼ばれるようになった。(6)

『円高は日本の大チャンス』 「つくって売る」から「買って儲ける」へ 堀川直人 PHP 2010/12 <いまの政治家は「使命を忘れたカナリア」> ・歌を忘れたカナリアに、歌を思い出させるというか、「稼ぐ」ことや、「国を豊かにする」という本来の使命を忘れ…

コロナウイルスを巡る外交戦略で表面化した中国強硬外交の在り方は、「戦狼外交」や「最後通牒外交」と呼ばれるようになった。(5)

『アメリカにはもう頼れない』 日本外交戦略の失敗をどう正すか 日高義樹 徳間書店 2010/10/31 <やはり核兵器は必要である> ・アメリカを始め核兵器を持つ国が外交上、有利な立場に立つことができるのは、究極の軍事力である核兵器を背後に持っているから…

コロナウイルスを巡る外交戦略で表面化した中国強硬外交の在り方は、「戦狼外交」や「最後通牒外交」と呼ばれるようになった。(4)

『アメリカが日本に「昭和憲法」を与えた真相』 日高義樹 PHP 2013/7/8 <核兵器の国際管理と独自の核兵器を提唱する> ・アメリカは核戦略の三本柱としてICBM大陸間弾道ミサイル、原子力ミサイル潜水艦、それに長距離戦力爆撃機を保有し、ロシア、中…

コロナウイルスを巡る外交戦略で表面化した中国強硬外交の在り方は、「戦狼外交」や「最後通牒外交」と呼ばれるようになった。(3)

<「日本はアジアにおけるアメリカの空母」> ・日本がロシア、韓国、中国と領有権を争っている対象は実際には副次的な存在で、いくつかの小さな島々にすぎない。しかし、日本の地政学的立場は安穏とはいいがたい。日本は、国力を増し続けている隣の中国と、…

コロナウイルスを巡る外交戦略で表面化した中国強硬外交の在り方は、「戦狼外交」や「最後通牒外交」と呼ばれるようになった。(2)

『国際社会を支配する地政学の思考法』 歴史・情報・大衆を操作すれば他国を思い通りにできる ペドロ・バーニョス 講談社 2019/12/12 <地政学と地政戦略学> ・西洋諸国の悲劇とは、自由民主主義国家に恒常的な戦略がなく、戦略と戦術が混同されていること…

コロナウイルスを巡る外交戦略で表面化した中国強硬外交の在り方は、「戦狼外交」や「最後通牒外交」と呼ばれるようになった。(1)

『知らないですまされない 地政学が予測する日本の未来』 松本利秋 SBクリエイティブ 2021/1/6 <アメリカによる平和(パックス・アメリカーナ)> ・アジアで力の空白が懸念される中で、これから数十年後のアジアで日本の生き残りの可能性を探ることが本書…