日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-04-19から1日間の記事一覧

テレビも新聞も、今も連日、コロナ報道だらけだ。しかし、テレビが絶対に口に出せない、紙面に書けない単語がある。それが「生物兵器」という四文字だ。これは、全世界メディアの絶対タブーである。(12)

・大本教のように神々が人間に憑依して、新興宗教ができて、大教団になる例も少なくなく、神々の現世界への顕現が窺われます。「大本教の出口王仁三郎は自分はオリオン星から来たと語っている」そうです。アセンションの時代ですから、多くのチャネラーやコ…

テレビも新聞も、今も連日、コロナ報道だらけだ。しかし、テレビが絶対に口に出せない、紙面に書けない単語がある。それが「生物兵器」という四文字だ。これは、全世界メディアの絶対タブーである。(11)

・元外務省国際情報局長、孫崎亨の著『戦後史の正体』(創元社)は、情報の元締めの役割の人の本なので衝撃を与えたようです。日本の政治が、アメリカの方向に同調しているのは、資本主義国ですので当然なことなのでしょうか。が、「ロッキード事件から郵政…

テレビも新聞も、今も連日、コロナ報道だらけだ。しかし、テレビが絶対に口に出せない、紙面に書けない単語がある。それが「生物兵器」という四文字だ。これは、全世界メディアの絶対タブーである。(10)

・『北極の神秘主義』(ジョスリン・ゴドウィン)(工作舎、1995/9/1)(局地の神秘・科学・象徴性、ナチズムをめぐって)から引用しますと、 <セラノは、総統を賛美する> 600ページにも及ぶ哲学的総括の大著「最後のアヴァタール、アドルフ・ヒトラー」(…

テレビも新聞も、今も連日、コロナ報道だらけだ。しかし、テレビが絶対に口に出せない、紙面に書けない単語がある。それが「生物兵器」という四文字だ。これは、全世界メディアの絶対タブーである。(9)

『エメラルド・タブレット』 (M・ドウリル)(竜王文庫)1972/5/5 <エーテルを活用する住民> ・昔アンタレス(さそり座の赤色の一等星)には、エーテルを活用する住民がいて、地球に降りてきた。彼らは、星から星へと旅行する秘密を解していた。彼等は、…

テレビも新聞も、今も連日、コロナ報道だらけだ。しかし、テレビが絶対に口に出せない、紙面に書けない単語がある。それが「生物兵器」という四文字だ。これは、全世界メディアの絶対タブーである。(8)

『ペンタゴンの陰謀』 (新兵器開発に隠された驚愕の事実) (フイリップ・J・コーソー著) (二見書房) 1998/2 <ペンタゴン(米国防総省)とエイリアンとの交渉> ・ロズエル事件のファイルより開発可能なテクノロジーのリスト「暗視装置、光ファイバー、…

テレビも新聞も、今も連日、コロナ報道だらけだ。しかし、テレビが絶対に口に出せない、紙面に書けない単語がある。それが「生物兵器」という四文字だ。これは、全世界メディアの絶対タブーである。(7)

『天孫降臨 / 日本古代史の闇』 神武の驚くべき正体 コンノケンイチ (徳間書店) 2008/12/8 <シリウス星系(龍)対オリオン星系(牡牛)> ・世界各地の神話や伝説を調べると、BC4000~3000年ごろ「牛神」と「龍神」という2種の異星人が地球に…

テレビも新聞も、今も連日、コロナ報道だらけだ。しかし、テレビが絶対に口に出せない、紙面に書けない単語がある。それが「生物兵器」という四文字だ。これは、全世界メディアの絶対タブーである。(6)

『闇の支配者に握りつぶされた世界を救う技術』 ベンジャミン・フルフォード ランダムハウス講談社 2009/4/23 <UFOとそっくりな古代の飛行機「ヴィマナ」> ・ヴィマナの性能は驚くべきもので、現代の飛行機も負ける。『マハーバーラタ』に描かれたヴィ…

テレビも新聞も、今も連日、コロナ報道だらけだ。しかし、テレビが絶対に口に出せない、紙面に書けない単語がある。それが「生物兵器」という四文字だ。これは、全世界メディアの絶対タブーである。(5)

『誰も知らない靖国神社』 通いつめたり5年間 奥津裕美、月刊『記録』編集部 アストラ 2006/08 <究極の謎に挑戦 靖国に「英霊」は存在するか> <万一いなかったら大変だ!> <編集部による公式参拝><英霊は常駐していない!?> ・さて祭儀所を出てすぐ、…

テレビも新聞も、今も連日、コロナ報道だらけだ。しかし、テレビが絶対に口に出せない、紙面に書けない単語がある。それが「生物兵器」という四文字だ。これは、全世界メディアの絶対タブーである。(4)

<これだけ違う「清話会」と「経世会」> ・ここで自民党の二大派閥、「清話会」と「経世会」に着目しよう。代表的な清話会系の政治家は、福田孟赳夫=小泉純一郎=安倍晋三らである。対して経世会系は、田中角栄=竹下昇=橋本龍太郎=小渕恵三らである。 …

テレビも新聞も、今も連日、コロナ報道だらけだ。しかし、テレビが絶対に口に出せない、紙面に書けない単語がある。それが「生物兵器」という四文字だ。これは、全世界メディアの絶対タブーである。(3)

『実録 自衛隊パイロットたちが目撃したUFO』 地球外生命は原発を見張っている 佐藤守 講談社 2014/11/20 ・ただ単に、「UFOなどという非科学的なものを見たというような人物は精神的にどこかおかしい」とする観念に国や自衛隊のトップが囚われていて…

テレビも新聞も、今も連日、コロナ報道だらけだ。しかし、テレビが絶対に口に出せない、紙面に書けない単語がある。それが「生物兵器」という四文字だ。これは、全世界メディアの絶対タブーである。(2)

『リチャード・コシミズの未来の歴史教科書』 知らずに生きるのは悲しすぎる!本来は教科書が語るべき、真実の歴史 リチャード・コシミズ 成甲書房 2012/7/10 <アドルフ・ロスチャイルド・ヒットラー> <アドルフ・ヒットラーの正体> ・アドルフは、自分…

テレビも新聞も、今も連日、コロナ報道だらけだ。しかし、テレビが絶対に口に出せない、紙面に書けない単語がある。それが「生物兵器」という四文字だ。これは、全世界メディアの絶対タブーである。(1)

『テレビは見るな!新聞は取るな!』 洗脳マシンに腐り果てた<日本のマスコミ> 船瀬俊介 成甲書房 2020/7/31 ・「言っては、いけない」「書いては、いけない」ことだらけ…………。 阿呆をつくるテレビ、馬鹿をつくる新聞、………嗚呼。 <いまや、日本は世界の“…