日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-06-11から1日間の記事一覧

ボルマンが戦火に引き裂かれたベルリンで死んだというのは疑わしい。中立国で750社もの会社を設立して、ドイツの存続に備えた男が、みずからの逃亡への配慮を怠ったはずはないだろう。(13)

・NASAは火星に人間を送り込むプロジェクトに熱心に取り組んでいます。ロケットの研究開発も盛んのようです。が、エリア51では、「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」という状況…

ボルマンが戦火に引き裂かれたベルリンで死んだというのは疑わしい。中立国で750社もの会社を設立して、ドイツの存続に備えた男が、みずからの逃亡への配慮を怠ったはずはないだろう。(12)

・「理論的には神々は『不死』で、時空を超えており、何でもできる」そうですので、現代の神話も多いはずですが、アバブ・トップシークレットのため、私たち一般人には全く分からないようです。 スター・ウォーズもめぐりめぐって、「異類混血」などの結果、…

ボルマンが戦火に引き裂かれたベルリンで死んだというのは疑わしい。中立国で750社もの会社を設立して、ドイツの存続に備えた男が、みずからの逃亡への配慮を怠ったはずはないだろう。(11)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ (2021/6/11) ・どこまでがフィクションで、どこまでがナンフィクションなのか不明の伝承・説・話のようです。ガセネタ、フェイクニュースの多い世界のネット情報ですが、フェイクニュース・フェイク情報の真…

ボルマンが戦火に引き裂かれたベルリンで死んだというのは疑わしい。中立国で750社もの会社を設立して、ドイツの存続に備えた男が、みずからの逃亡への配慮を怠ったはずはないだろう。(10)

『変性意識の舞台―新しいシャーマニズムのステージ』 (菅靖彦)(青土社) 1995/6 <アブダクティ(被誘拐者)> ・「アブダクティ(被誘拐者)」によるエイリアンの描写には、様々なバリエーションがあるようだが、基本的な共通性もあることが指摘されてい…

ボルマンが戦火に引き裂かれたベルリンで死んだというのは疑わしい。中立国で750社もの会社を設立して、ドイツの存続に備えた男が、みずからの逃亡への配慮を怠ったはずはないだろう。(9)

『宇宙の古代遺跡』 「月・火星他文明の痕跡」「宇宙の謎と不思議」を探求! 深沢久夫 編著 Gakken 2008/10 <火星のオリオン・ミステリー> <宇宙文明の存在を示唆するものか?> ・古代火星文明の建設者と古代地球文明の建設者には密接な関わりがあった――…

ボルマンが戦火に引き裂かれたベルリンで死んだというのは疑わしい。中立国で750社もの会社を設立して、ドイツの存続に備えた男が、みずからの逃亡への配慮を怠ったはずはないだろう。(8)

<秘密組織フリーメーソン> ・詳細は既刊に譲るが、結果として、人類はノアの大洪水を生き延びることができた。箱舟がアララト山に漂着し、そこから出てきた4人の男、すなわちノアと3つ子の兄弟ヤフェト、セム、ハムは、ともに神聖なる預言の鍵を手にしてい…

ボルマンが戦火に引き裂かれたベルリンで死んだというのは疑わしい。中立国で750社もの会社を設立して、ドイツの存続に備えた男が、みずからの逃亡への配慮を怠ったはずはないだろう。(7)

<先王朝時代の遺産> <5柱の神々はシリウスから来た異星人だったのだろうか?> ・エジプト学者と呼ばれる人々の間では、王朝期以前のエジプトに進んだ文明のあった証拠はないというのが定説となっているようだ。では初期王朝時代のエジプト人はいったいど…

ボルマンが戦火に引き裂かれたベルリンで死んだというのは疑わしい。中立国で750社もの会社を設立して、ドイツの存続に備えた男が、みずからの逃亡への配慮を怠ったはずはないだろう。(6)

<彼らのマインド・コントロールは完璧だ!> ・「我々は頭蓋骨を貫いて、あなたの意識を完全にコントロールすることができるのだ」 ・この金属盤は、私を低温から守るものだったのかもしれないが、一度もこれについて質問をしようと思わなかった。 洞窟の床…

ボルマンが戦火に引き裂かれたベルリンで死んだというのは疑わしい。中立国で750社もの会社を設立して、ドイツの存続に備えた男が、みずからの逃亡への配慮を怠ったはずはないだろう。(5)

<●●インターネット情報から●●> ウェブサイト『ヒトラーの予言(完全バージョン)』より「引用」 『1999年以後 ─ ヒトラーだけに見えた恐怖の未来図』 (祥伝社/五島勉著/1988年10月出版)に 書かれている「ヒトラーの予言」の紹介 2000年…

ボルマンが戦火に引き裂かれたベルリンで死んだというのは疑わしい。中立国で750社もの会社を設立して、ドイツの存続に備えた男が、みずからの逃亡への配慮を怠ったはずはないだろう。(4)

<こと座人と爬虫類人(レプティリアン)――宇宙の創成と壮大なサバイバル・コンテスト> <50億年前、天の川銀河に入って来た天使存在(半霊半物質のこと座人)> <原初の「神の心」は全てが一体> ・創世のとき、神は、心の動きとして存在しただけだった。…

ボルマンが戦火に引き裂かれたベルリンで死んだというのは疑わしい。中立国で750社もの会社を設立して、ドイツの存続に備えた男が、みずからの逃亡への配慮を怠ったはずはないだろう。(3)

<星々のなかの土星> ・占星術は土星をめぐる枠組みの一環だ。土星は死、制限、権威、支配、服従、貧困、恐怖、そして時間を表している。肉体の中でも骨を支配することから、土星の支配するイルミナティでは、髑髏マークが強力なシンボルになっている。スカ…

ボルマンが戦火に引き裂かれたベルリンで死んだというのは疑わしい。中立国で750社もの会社を設立して、ドイツの存続に備えた男が、みずからの逃亡への配慮を怠ったはずはないだろう。(2)

『ハイジャックされた地球を99%の人が知らない (上)』 デーヴィッド・アイク ヒカルランド 2014/8/12 <世界最高水準の濃厚なる最深鋭地球陰謀情報大公開!!!> ✵爬虫類人(レプティリアン)が支配する月は「巨大な宇宙船」であり、その背後に「黒い太陽」…

ボルマンが戦火に引き裂かれたベルリンで死んだというのは疑わしい。中立国で750社もの会社を設立して、ドイツの存続に備えた男が、みずからの逃亡への配慮を怠ったはずはないだろう。(1)

『イルミナティ』 世界を強奪したカルト ヘンリー・メイコウ 成甲書房 2009/5/19 <人類はサタニストに支配されている> <「ユダヤ人の陰謀」なるものは実在するのか> <ヒトラーを利用した副総統ボルマン> ・ナチス・ドイツでヒトラーに次ぐ権力者だった…