日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-07-22から1日間の記事一覧

能の物語では、生きている人間が主役になることもありますが、“この世ならぬもの”である神・亡霊・鬼などの霊的存在が主役になることが多い、という特徴があります。(11)

・ウィキペディア(フリー百科事典)によると、「日本における人口当たりの核シェルター普及率は、0.02%という現状である。(全人口に対し、何%の人を収容できるシェルターが存在するかを基準として)これはスイス・イスラエル100%、アメリカ82%、イギリ…

能の物語では、生きている人間が主役になることもありますが、“この世ならぬもの”である神・亡霊・鬼などの霊的存在が主役になることが多い、という特徴があります。(10)

・「火星霊人と金星蛇人の対立・戦争」は、神と天使長ミカエルと堕天使ルシファーの「天の戦争」、スター・ウォーズだったようです。堕天使ルシファーに従ったのは天使団の3分の1だったともいわれているようです。現代でも宇宙連合は2種類あるようです。その…

能の物語では、生きている人間が主役になることもありますが、“この世ならぬもの”である神・亡霊・鬼などの霊的存在が主役になることが多い、という特徴があります。(9)

(2014/9/14) ・神が翁の姿をとりこの世の者とコンタクトするという話は少なくないようです。「容貌魁偉な老翁」のイメージは、どのようなものなのかは分かりませんが、人間的な老人のイメージではなさそうです。現代では「神々も市井の人となり普通の生活…

能の物語では、生きている人間が主役になることもありますが、“この世ならぬもの”である神・亡霊・鬼などの霊的存在が主役になることが多い、という特徴があります。(8)

『被災後を生きる――吉里吉里 大槌・釜石 奮闘記』 竹沢尚一郎 中央公論新社 2013/1/10 <被災後の行動から理解されること、改善されるべきこと> <被災者の語りは何を示しているのか> ・被災の直後に大槌町の人びとがどのように行動したかの生々しい証言を…

能の物語では、生きている人間が主役になることもありますが、“この世ならぬもの”である神・亡霊・鬼などの霊的存在が主役になることが多い、という特徴があります。(7)

『超怪奇UFO現象File』 (並木伸一郎)(学研)2008/1 <江戸時代の海岸に漂着したのは宇宙人か「虚舟」> ・「江戸時代のUFO飛来事件とおぼしき出来事を伝える記録がある。時は享和3年(1803年)2月24日午後、旗本の小笠原越中守の知行所に、常陸国の…

能の物語では、生きている人間が主役になることもありますが、“この世ならぬもの”である神・亡霊・鬼などの霊的存在が主役になることが多い、という特徴があります。(6)

『図説 奇形全書』 マルタン・モネスティエ 原書房 1999/9 <奇妙な人あれこれ> <しっぽのある人> ・1910年に旅行家のW・スローンは、ニューギニアの奥地で、四肢に加えてしっぽのある部族を発見した。公式発表によると、それはしっぽ状の突起物で、ヒヒ…

能の物語では、生きている人間が主役になることもありますが、“この世ならぬもの”である神・亡霊・鬼などの霊的存在が主役になることが多い、という特徴があります。(5)

『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』 スチュアート・A・スワードロー 徳間書店 2010/6/18 <リゲル 米政府と協定を結んだオリオン連盟リーダー> ・この集団は1954年に米国政府と協定を結び、彼らの技術と科学情報を米国に与えるのと引…

能の物語では、生きている人間が主役になることもありますが、“この世ならぬもの”である神・亡霊・鬼などの霊的存在が主役になることが多い、という特徴があります。(4)

『妖怪になりたい』 水木しげる 河出書房新社 2003/5/20 <近藤勇と国境線> ・調布というところは、百姓の多いところで、僕は常に狭い土地の境界問題で頭をなやまされた。たとえば、右側の百姓は、茶の木から一尺という領有権をゆずらず、建具屋はそんなこ…

能の物語では、生きている人間が主役になることもありますが、“この世ならぬもの”である神・亡霊・鬼などの霊的存在が主役になることが多い、という特徴があります。(3)

『河童の日本史』 中村禎里 日本エディタースクール 1996/2 <河童の相撲> ・人にたいする河童の攻撃行為には、水中に引きこむ行動のほか、いくつかの特異な方式がみられる。なかでも目立つのは相撲の挑戦である。 ・河童の行動の第一段階の終わりごろには…

能の物語では、生きている人間が主役になることもありますが、“この世ならぬもの”である神・亡霊・鬼などの霊的存在が主役になることが多い、という特徴があります。(2)

『能を考える』 山折哲雄 中公選書 2014/3/14 <「翁」とは誰か> ・最初の問題であるが、私はかねて仏像の顔はその多くがみんな若々しいのに、古い神像の方にはむしろ森厳な老いの表情が漂っているということに不思議な思いを抱いていた。「ホトケは若く、…

能の物語では、生きている人間が主役になることもありますが、“この世ならぬもの”である神・亡霊・鬼などの霊的存在が主役になることが多い、という特徴があります。(1)

『能から紐解く日本史』 大倉源次郎 扶桑社 2021/3/21 <伝統文化> ・私はずっと、日本の伝統文化の中で「能楽」を見直すとはどういうことか?という問いを考え続けてきました。私たちが生きたしるしをいかに次の世代へ伝えるか、その役目を引き継いで、微…