日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-08-17から1日間の記事一覧

実際、不動産業界ではずいぶん前から、「どんな商売であっても、土地を買って建物を建てて経営が成り立つ商売はほとんどない」と言われています。(13)

・「無神論」の系譜については、学者でない私たち一般人は、当然詳しくはありません。が、リラ星人エロヒムのコンタクティであるフランスのクロード・ボリロン・ラエルによると遺伝子操作による「不死の惑星」に行ってきたが、リラ星人は「無神論者」であっ…

実際、不動産業界ではずいぶん前から、「どんな商売であっても、土地を買って建物を建てて経営が成り立つ商売はほとんどない」と言われています。(12)

・『略奪者のロジック』は2013年に出版され、『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』は、2017年に出されています。7年間に、その後の数字がどのようになったのか、私たち一般人は、認識できません。事態は、好転しているというよりも悪化している…

実際、不動産業界ではずいぶん前から、「どんな商売であっても、土地を買って建物を建てて経営が成り立つ商売はほとんどない」と言われています。(11)

『地球人は科学的に創造された』 クロード・ボリロン・ラエル ラエリアン・ムーブメント e-book 2013/3/8 <エロヒムと名乗る人々は遺伝子工学とDNA合成技術を使って人類を含む地球上の全生命を実験室で科学的にデザインし創造しました> ・若いカーレー…

実際、不動産業界ではずいぶん前から、「どんな商売であっても、土地を買って建物を建てて経営が成り立つ商売はほとんどない」と言われています。(10)

『光のアカシャ・フィールド』 超スピリチュアル次元の探究 よしもと ばなな × ゲリー・ボーネル 徳間書店 2009/7/23 <エイリアンは我々にテクノロジーを与えてくれます> ・-今、よしもとさんが言った話は、異次元から来る異次元人みたいな感じでしょうか…

実際、不動産業界ではずいぶん前から、「どんな商売であっても、土地を買って建物を建てて経営が成り立つ商売はほとんどない」と言われています。(9)

『クローン人間にYes!』 (ラエル) (無限堂)(日本ラエリアン・ムーブメント)2002/10/7 「本書は私達が未来に向かって前進をするための手引書」 <(クロード・ボリロン・ラエル)> ・1946年フランス生まれ。当時カーレーサーであった彼は、1973年12…

実際、不動産業界ではずいぶん前から、「どんな商売であっても、土地を買って建物を建てて経営が成り立つ商売はほとんどない」と言われています。(8)

<知性のない国民が知性のない政治家を選ぶ> ・このように物事を考えられない国民がそれにふさわしい政治家を選ぶことを「形式性」と言います。 <政治家も国のおカネの流れを知らない> ・国家予算は大体100兆円だと伝えられていますが、これは一般会計と…

実際、不動産業界ではずいぶん前から、「どんな商売であっても、土地を買って建物を建てて経営が成り立つ商売はほとんどない」と言われています。(7)

『略奪者のロジック』 響堂雪乃 三五館 2013/2/21 <おそらく真理は清廉よりも、汚穢の中に見出されるのだろう> <グローバリズム> ・グローバリズムという言葉は極めて抽象的なのだが、つまるところ16世紀から連綿と続く対外膨張エリートの有色人種支配に…

実際、不動産業界ではずいぶん前から、「どんな商売であっても、土地を買って建物を建てて経営が成り立つ商売はほとんどない」と言われています。(6)

<し> ・17世紀のヴィクトリア朝では貴族階級が大衆紙を駆使し、「認知支配」のプロトタイプを確立したが、近代においてはナチス・ドイツがそれを広報に援用したのであり、今社会で展開されるプロパガンダはその体系理論に基づくのだ。つまり前景化した報道…

実際、不動産業界ではずいぶん前から、「どんな商売であっても、土地を買って建物を建てて経営が成り立つ商売はほとんどない」と言われています。(5)

『続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』 秋嶋 亮(旧名・響堂雪乃) 白馬社 2019/5/27 <被選挙権のない者たちが法律を作っている> ・ニホンで制定される法律の80%以上は官吏が作る「内閣立法」です。つまり国会議員の作る「議員立法」は全体…

実際、不動産業界ではずいぶん前から、「どんな商売であっても、土地を買って建物を建てて経営が成り立つ商売はほとんどない」と言われています。(4)

『フェルドマン教授の未来型日本経済最新講義』 ロバート・フェルドマン 文藝春秋 2020/8/27 <フェルドマン式未来型経済のポイント> ◉生産性の高いIT人材を育成する ◉技術革新が経済復興のカギ ◉国のお金は公共投資、研究開発費、教育費へ ◉大学生の海外…

実際、不動産業界ではずいぶん前から、「どんな商売であっても、土地を買って建物を建てて経営が成り立つ商売はほとんどない」と言われています。(3)

<ポストコロナ時代の8つのグローバルな構造変化> ・新型コロナウイルス感染症が収束すれば、元の世界が戻ってくるというのは、完全な幻想である。 人類が撲滅できた感染症は天然痘だけ、とも言われている。歴史的にみると、感染症の拡大とグローバリゼー…

実際、不動産業界ではずいぶん前から、「どんな商売であっても、土地を買って建物を建てて経営が成り立つ商売はほとんどない」と言われています。(2)

『経済危機はいつまで続くか』 コロナショックに揺れる世界と日本 永濱利廣 平凡社新書 2020/10/17 <新型コロナウイルスのパンデミック> ・新型コロナウイルスのパンデミックによって、世界経済はリーマン・ショックを超える危機に見舞われている。大国ア…

実際、不動産業界ではずいぶん前から、「どんな商売であっても、土地を買って建物を建てて経営が成り立つ商売はほとんどない」と言われています。(1)

『不動産2.0』 マーケットの常識をアップデートせよ 長谷川高 イースト・プレス 2019/12/15 <「不動産の常識」が変わろうとしている> <地方で続出している「値段のつかない不動産」> <土地を買ってまで成り立つ商売がない> ・地方では今、急激に人口が…