日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-09-03から1日間の記事一覧

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(21)

・小人族のグレイと金髪碧眼のノルディックの宇宙人情報も60年間、『厳秘』ということで、大衆に衝撃を与えないという目的のために確実に隠蔽されてきたようです。グレイが生体ロボットかアンドロイドだという説も多いようです。グレイの母星は地球から37光…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(20)

・死後の世界の精霊界は、人間世界と相似の世界だそうですが、当然、死後の世界の記述は、世界共通で似てくるといわれます。『天国』に自由に出入りしているのは、シリウス星人だといわれます。 死後世界で人間が遭遇する天使的宇宙人とは、『天国』に自由に…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(19)

・昔話は、当時の表現で書いてあるので、ナンフィクションとフィクションの区別がわからないことが多いようです。私たち一般人は、学者ではないので『御伽草子』の『梵天国』のことは詳しくは分かりません。この物語でも「三千里走る車」というものがでてき…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(18)

・世界的不況で困難に直面している産業界が渇望している宇宙連合の超テクノロジーは「エリア51」などで、米国は国家機関の総力をあげて取り組んでいるそうです。『ペンタゴンの陰謀』という本によれば、エイリアンの超テクノロジーが現在までかなり新兵器な…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(17)

(2020/5/13) ・新型コロナウイルス感染症についても、危機管理局の準備の甘さが目立ったといわれます。危機管理体制の統一化が必要のようです。大地震、大津波、大型台風や大雨による堤防決壊とリスクや危機が増えているそうです。「災害等で困っている人…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(16)

『雑誌「ムー」2008年7月号(学研)』 <ジュセリーノ予言:四川大地震が的中!!> <9月13日に中国と日本を大地震が襲う!> ・予知夢で90パーセントの的中率を誇るブラジルの予言者ジュセリーノ。世界で最も注目されている予言者> ・5月12日、中国・四川省…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(15)

「異星人遭遇事件百科」 (郡純) (太田出版)(1991年) <牛の顔をした異星人> ・牛の顔をした異星人は、人間を下等動物としかみていない邪悪な心、醜悪な姿形を持っている。 <(テレパシーによる情報)> 1、我々は、牡牛座の2番目に大きな星に人口…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(14)

「UFOと悪魔の世界政府666」 (コンノケンイチ)(学研)(2002年) ファチマ聖母予言が月面探査とケネディ暗殺の謎を解く!! <蛙のような3つの汚れた「霊」とは?> ・まず「蛙のような3つの汚れた霊」だ。この謎めいた存在が最終戦争に直結すると「エゼ…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(13)

「宇宙人の魂を持つ人々」 (スコット・マンデルカー)(徳間書店)1997/6/1 覚醒したET人格ウォークインとさまよえる魂ワンダラー <ウォーク・イン、ワンダラー> <“魂”だけが、いわば“意識体”として地球に移動してきている> ・現在、この地球上にはかれ…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(12)

「ガイアプロジェクト2012」(地球5次元化計画) (チャング・フィヨング)(徳間書店) 2008/3/1 <シリウスやプレアデスを経由して送られた地球5次元化計画のガイドたち> <シリウス星の管理本部は、完熟エネルギーを全銀河に広めるため、地球に送る大量の…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(11)

「異次元の旅へ」 (藤崎ちえこ)(徳間書店)2005/12/1 <天才透視能力者ジョー・マクモニグル> ・彼は、元アメリカ軍の軍人でしたが、ある日パーティーでビールを飲んでいたら、突然倒れてしまい、そのまま意識を失ったのです。そしてその間、彼は体外離…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(10)

『日本政府はUFOを知っていた』 (太田東孝)(KKベストセラーズ)(1992年) <UFOの存在を認めた現役自衛官の証言> ・「そもそも全ての自衛隊の内部ではUFOの存在を認めています。報告義務もあります。もちろんUFOとは既存の航空機や天体、…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(9)

『空飛ぶ円盤ミステリー』 (グレイ・バーガー)(高文社)1973/6/25 <金星によく似たエーテル体の副金星からやって来る> ・エーテル人は一体どこから来るのだろう。彼らの世界は我々の世界と共存すると考えることができるから現在あなたと共に部屋にいる…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(8)

「『あの世』と『この世』の散歩道」 いかに生き、いかに往くか (天外伺朗) (経済界)2001/5/1 <宇宙は、目に見える物質的な宇宙「明在系」と、その背後に存在する目に見えないもう一つの宇宙「暗在系」により成り立っている> <物理学が説く「あの世」…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(7)

「宮澤賢治とでくのぼうの生き方」 (話 桑原啓善)(でくのぼう書房)1995 <宮澤賢治の4次元宇宙> ・「<宮澤賢治の作品の素晴らしさ> なぜ宮澤賢治の詩だとか童話が素晴らしいのかと申しますと、その秘密は、賢治は、物質世界だけでなくて、彼に言わせ…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(6)

『UFOに乗った! 宇宙人とも付き合った!』 僕のコンタクティとしての半生の記録 津島恒夫 ヒカルランド 2014/12/17 <「空船(うつろぶね)の事から現在の漂着地名を固定> ・享和3年3月24日、常陸国「原舎浜」というところに、異船が漂着した。その船の…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(5)

『大いなる秘密 爬虫類人(レプティリアン)』 デーヴィッド・アイク 三交社 2000/8 <68光年の彼方から火星経由、地球にシュメール文明を打ち立てた金髪碧眼のアルデバラン星人> ・ドイツの研究者ヤン・ファン・ヘルシンクは、その著書『20世紀の秘密結社…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(4)

<天狗山から鼓の音> ・小川の国境峠に天狗山があります。海抜654メートル。昔から天狗の隠れ住む山と伝えてきました。 今でも国境集落の人びとは、 「トン、トン、トン、トン」 と、天狗山から鳴り出す鼓の音を聞いています。 やがて鼓の音は、集落を囲ん…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(3)

・(ヒチマジブン) 海の怪。国頭地方でいう。単にヒチともいい、夜道に筵を持っていくとヒチに連れられる、夜、櫛を挿していくとヒチに惑わされるなどといった。 ・(ヒツギノマジムン) 器物の怪。棺の変化。今帰仁村で美しい女に化けて青年を誘惑した。 …

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(2)

『茨城の妖怪図鑑』 中沢健 TOブックス 2019/7/1 <人が生んだ蛇――朝房山> ・ヌカヒメという女性が、名前も知らない男性との間に生んだ子が、蛇だったという伝説がある。ヌカヒメはごくごく普通の人間であると思われるので、相手の男性が妖怪だったのかもし…

折口の眼差しのなかにあったヤクザやゴロツキのたぐいは、そうした聖なる異人の末裔であった。(1)

『異人・生贄』 怪異の民俗学7 小松和彦 責任編集 河出書房新社 2001/5/1 <よそ者・来訪者の観念 吉田禎吾> <憑き者筋の起源とよそ者性> ・日本の村では、狐、犬神、オサキ狐などを持っている(あるいは飼っている)という家があって、こういう動物が人…