日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-09-08から1日間の記事一覧

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(19)

・地球外起源の超テクノロジーに関しては、ヨーロッパをはじめとするほかの諸国がもはや取り返しのつかない遅れの中に取り残されてしまったといわれます。ヨーロッパに現れた宇宙人ユミットも金髪碧眼だそうで、米国に登場した金髪碧眼のノルディックと近い…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(18)

・「日本はヘルメスが統治する国だ」そうですが、大天使ミカエルも活動しているのでしょう。シリウスの大天使の代表であるというヘルメスは、ギリシア神話に登場する青年神です。国常立神(くにのとこたちのかみ)はヘルメスだと言う説もあるといわれます。…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(17)

・本からの情報によると「サン・ジェルマン伯爵は、現在サハラ砂漠となっている地上の楽園に生まれたが、紀元前1050年にエホバの神の預言者サミエルとして現れた後、イエスの父ヨゼフになる。3世紀には、キリスト教徒で殉教者となった聖アルバン、5世…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(16)

(2020/5/18) ・南米にアプ星人が飛来しているといわれます。イエス・キリストはアプ星人だったといわれ、様々な惑星に転生を繰り返しているといわれます。このように進化した異星人は、人間に憑依したり転生したりして、人間の歴史に関わってきたようです…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(15)

<地球乗っ取りを狙う金髪碧眼のアヌンナキ・人間の混血種> ・20万~30万年まえ、レプティリアンの遺伝子交配プログラムによって同じく爬虫類型異星人であったアヌンナキと人間の混血種が創りだされた。そうだ、私は「レプティリアン以外の異星人が人類と交…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(14)

「UFOに乗った少年」 (星野明彦)(ストーク)1999/10/1 (あなたはアブラハムの子)(天中童(ペンネーム)の体験) <郷土の伝承とUFO> ・四国・松山の隣りである砥記町のある池では、夜になると水面に浮かんだ金の亀の中から金色の王子が出てきて…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(13)

「謎のアガルタ宇宙文明」 (高橋良典) (自由国民社)1986/12/1 <ヒトラーの制作したUFO”ヴィマーナ”> <失われた楽園と地下都市の秘密を探る> <すべての権力の陰にアガルタの秘密がある> ・ヒトラーが最初に手掛けたのは第一にナチに内部に確固た…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(12)

「政府ファイルUFO全事件」 機密文書が明かす「空飛ぶ円盤」50年史 (ピーター・ブルックスミス) (並木書房)1998/1/1 <進まぬイギリスの情報公開> ・イギリス人は民主主義のあらゆる権利を享受しているものの、実際にはこの国の公民ではなく、法的に…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(11)

「レムリアの真実」 (シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ) (オレリア・ルイーズ・ジョーンズ)(太陽出版)2007/5/18 <山の内部に住んでいるレムリア人> ・山の内部に住んでいるレムリア人は、優雅な存在で、2.1メートル以上の背丈があり、長…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(10)

「2013:人類が神を見る日」 (半田広宣)(徳間書店)1997/4/1 <プレアデス的統制からオリオン的統制へ> ・―人間が意識進化を起こすためにはプレアデス的統制の成熟を待たねばならないーとオコツトは言った。これは言い換えれば、物質とは何かという命題…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(9)

『この星の守り手たち』 ドロレス・キャノン ナチュラルスピリット 2010/6/27 <スピリチュアルな領域によるヒエラルキー> ・(ドロレス)この星は、わたしたちが知っている銀河にあるのでしょうか? (フィル)シリウス星団にあります。地球からも観測され…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(8)

<物事はすべて見掛けどおりとは限らない> ・“遮蔽記憶”という術語を、UFOや宇宙人に関連した著作で使用したのはホイットリー・ストリーバーだった。これは、ある出来事や物事の不正確な記憶のことである。実際に起きた出来事がなんらかのものにより覆い…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(7)

『宇宙からの大予言』 迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ 松原照子 現代書林 1987年1/10 <予言者誕生の物語> ・私は、いつもいろいろなことを見ようとして暮らしているわけではありません。ただ人に質問されると、テレビのスイッチを入れたように、目の…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(6)

<18世紀末にゲーテによって示されていた農法> ・「大豆を植え、野菜を植え、雑草を育てなさい。そうすれば、永遠に農業は可能である」 このゲーテの言葉こそ、わたしがこれまで自分で悪戦苦闘してきた自然栽培の原点だったのです。その哲学がすでに18世紀…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(5)

『奇跡のリンゴ』 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 石川拓治 NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」 幻冬舎 2011/4/12 <宇宙人に会った話> ・木村が酔って気分が良くなると、決まってする不思議な話がある。 宇宙人に会った話だ。 ・「あれは…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(4)

『実録 自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO』 佐藤守 元自衛隊空将・南西航空混成団司令 講談社 2010/7/22 <なぜ自衛隊でUFOはタブーなのか> ・ただ単に、「UFOなどという非科学的なものを見たというような人物は精神的にどこかおかしい」と…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(3)

『アプ星で見て、知って、体験したこと』① むかし、むかし、地球はアプ星の一部だった 通過なきユーアイ・シデレウスの世界 ヴラド・カペタノヴィッチ ヒカルランド 2012/9/26 <通過なきユーアイ・シデレウスの世界> <文明の極致ギャラクシーX-9/アプ星…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(2)

『神仙道の本』 (秘教玄学と幽冥界への参入) (学研)2007/3 <山人界(天狗界)> <多種多様な天狗らの仕事と生活の実際> <高級山人が住まう壮麗な宮殿> ・山人とは山の神のことだが、天狗の異名として用いられることもある。「お山には善美を尽くし…

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(1)

『天狗と山姥』 怪異の民俗学 5 小松和彦 責任編集 河出書房新社 2000/12/1 <加賀・能登の天狗伝説考 小倉學> ・天狗は、「山中でのさまざまな怪異現象に関して、それを起す本体と考えられている妖怪」、あるいは「鼻が高く、修験山伏のような服装をし、羽…