日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-10-27から1日間の記事一覧

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(18)

・ハリウッド映画『未知との遭遇』で、エイリアンの巨大な母船が地上に降りてくる場面がありましたが、巨大な母船も動きが軽快で瞬間移動により消失するそうです。巨大母船に搭乗する異人の正体は詳しくは分かりません。金髪碧眼のノルディックは、人類に6千…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(17)

・核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』のため、人間タイプの異星人である金髪碧眼のノルディックの情報のリークは乏しいようです。米国の太平洋艦隊の元情報将校のリークが大きな衝撃を呼んだそうです。…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(16)

・現代では、「グレイの後に金髪碧眼のノルデックといわれている人間タイプの異星人が飛来して、その後に“東洋人タイプ”が来た」といわれていますが、そこで情報漏洩はストップしているようです。東洋人タイプには日本関係する神々(異星人)も混じっていた…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(15)

・グレイも1メートルくらいの小柄な存在が普通の認識です。しかし、人間のような長身なグレイのリゲル人というように遥かに進化して、レプタリアンの部下のような働きをしている異星人もいます。リゲル人も人間化しているのかもしれません。エササニ人の様に…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(14)

(2019/3/30) ・松村雄亮氏と「宇宙友好協会(CBA)」における活動は、日本における宇宙人とのコンタクト話で非常に貴重だといわれます。1960年代や70年代は宇宙連合の白人タイプ(トールホワイト)との宇宙人と日本人とのコンタクト話がありました。あ…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(13)

『闇の支配者に握りつぶされた世界を救う技術』 ベンジャミン・フルフォード ランダムハウス講談社 2009/4/23 <円盤技術の鍵は古代文明の中に> <9千5百年前に存在していた超・古代文明> ・普通、世界史では、もっとも早く発生した古代文明はメソポタミア…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(12)

『地底世界人は本当に存在した』 天国と地獄は地下にある ティモシー・グリーン・ベックリー 徳間書店 2010/4/8 <妖精やエルフ> ・アイルランドの民間伝承で、レプラコーンと呼ばれる存在は、周辺諸国では妖精やエルフとして知られている。1フィートから高…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(11)

『ものしりUFO事典』 (平野威馬雄) (日本文芸社) 1979/1 <“宇宙友好協会(CBA)の歩み”から> ・CBAという円盤研究グループがあった。1958年そのグループの主宰者、松村雄亮が再三、宇宙人に会い、いろいろ会話を交わしたという。堂々たるリポ…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(10)

『宇宙の彼方より』 (金星人ダイアンの言葉) (ダナ・ハワード)(宇宙友好協会) 1960年 <テレポーテイション(遠隔移動)> ・地球の子よ、このテレポーテイション(遠隔移動)は遠隔移動によって、私達が遊星から遊星へと旅することができるからです。…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(9)

『月に別世界の宇宙船がいた!』 (宇宙飛行士ジム・アーウィンの証言) (根岸邦明) (朋興社) 1995/4 <アポロ15号 宇宙飛行士ジム・アーウィンの証言> ・アポロ15号(1971年)ジム・アーウィンほど、誠実で勇気ある宇宙飛行士はいないと思う。…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(8)

<小人名称の三種類> ・一つ目は、竪穴住居に住む人(神)を意味するとおもわれる名称です。「トイチセコツチャ」「トイコイカモイ」「コッチャカモイ」「トイチセウンクル」がありました。二つ目は、フキの葉の下の(神)を意味する名称です。「コロボルグ…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(7)

『日本神仙伝』 (不二龍彦)(学研) 2001/5 <宮地水位> <日本初の本格的「霊界探訪記」『異境備忘録』を著した宮地水位> <シャンバラも含む幽界の多様性> ・また、チベット密教で言う「シャンバラ」とおぼしき幽区についての記述もある。 シャンバラ…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(6)

<柳田国男氏の山人=異属説> ・ところで過去、明治時代から昭和時代にかけて、民俗学者の柳田国男という人がいた(1875-1962)。歴史の教科書にも載る位の大学者だったこの人が、実は、鬼、天狗などの問題に関係して、一つの注目すべき説を提唱していたの…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(5)

<最上徳内『渡島筆記』(1808年)> ・むかしコロブクングル(フキの下にその茎をもつ人の意)と呼ぶ小人がいたこと、道東ではこれをトイチセウンクル(竪穴住居に住む人の意)と呼ぶこと、アイヌ女性のイレズミがこの小人の習俗に由来すること、声は聞いて…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(4)

『図説 日本の妖怪百科』 宮本幸枝 Gakken 2017/6/6 <相撲好きでおとなしい ケンムン> ・「ケンムン」は「ケンモン」ともいい、奄美諸島一体で伝えられる妖怪である。 奄美の民話では、ケンムンは月と太陽の間に生まれたが、天に置いておけないため、岩礁…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(3)

『ペンタゴンの陰謀』 (新兵器開発に隠された驚愕の事実) (フイリップ・J・コーソー著) (二見書房) 1998/2 <ペンタゴン(米国防総省)とエイリアンとの交渉> ・ロズエル事件のファイルより開発可能なテクノロジーのリスト「暗視装置、光ファイバー、…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(2)

<バック・ネルソン さみしい農夫と恥ずかしがりやの宇宙犬> ・ネルソンが最初に空飛ぶ円盤を目撃したのは54年。家畜たちが突然騒ぎだしたので外に出てみると空に3機の空飛ぶ円盤が浮かんでいたという。この時彼は3枚の写真を撮影し、その1枚にだけ2機の円…

米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。(1)

『週刊ポスト 2021/11/5』 「UFOは実在する!」 <UFOは実在する! 人類がその証明に情熱を注いできた全記録> <米政府がひた隠しにしてきた「UFO機密情報」の全容> <トランプ前大統領はなぜ「公開」を決断したのか――> ・米政府はすでにUFO…