日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-11-10から1日間の記事一覧

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(20)

・「イルミナティなどのフリーメーソンに入ると『神』に会える」という与太話があるそうですが、神か悪魔か、とにかくとてつもなく進化した異星人のようです。神々が人間に化身したとしてもその実態をとらえることは難しいようです。太陽の異次元には天使が…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(19)

・大統領の多くがフリーメイスンだったといわれます。フリーメイスン王国の米国のルシフェリアンも我々一般人にとって不思議な存在のようです。フリーメーソンと金星人の繋がりが窺われます。「メイソン結社員でないと商売がうまくいかない」ともいわれてい…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(18)

・日本のパイロットたちには、UFO遭遇はタブーのようです。茨城県と言えば、1825年の『うつろ舟の蛮女』で有名な空飛ぶ円盤と女性のエイリアンの存在が江戸時代の『兎園小説』に記載されていました。現代ではウンモ星人のタイム・トラベラーという説…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(17)

・amazonに「核兵器」とうちこめば、871件の書籍が分かります。「兵頭二十八」と入れれば、87冊の書籍がでてきます。『兵頭二十八の防衛白書2016』、『「地政学」は殺傷力のある武器である』、『隣の大国をどう斬り伏せるか』等です。日本の核装備には専門家…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(16)

・「日本の知識人が欧米人を理解できないのはフリ-メイソンを理解できないからだ」といわれます。膨大な会員数や欧米の支配階級を網羅する内容、多額な慈善資金、秘密結社の長い歴史などを考えると、そこに超常的なものが窺われるといわれます。また、「昔…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(15)

『深{地球史}宇宙人UFO大辞典』 ジム・マース 徳間書店 2002/2 <月宇宙船説とアルカディアの「月以前の人々(プロセレネ)」> ・旧ソ連の二人の学者は、この理論(月は地球外知的生命が創造したものか?)を発展させ、月はその全体が自然にできたわけ…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(14)

<少女が雲で飛行> 【静岡県/岡安西の何丁目か発】 店で子守をしていた少女が、お使いに行ったまま行方不明に。ひょっこり帰ってきて驚くべき体験を語った。 ◎昔はしらず今開明の世には、いと受け難き話なれど、確かなりとの知らせによりて書き残す一奇話は…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(13)

『宇宙人と地球人の超真相』 (深野一幸)(徳間書店) 1997/10 <『大統領に会った宇宙人』フランク・E.ストレンジス (たま出版)1996/12> <ビクター・シリーズの宇宙船> ・地球を観察するビクター・シリーズの宇宙船287機。日本を監視する29機…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(12)

『闇の支配者に握りつぶされた世界を救う技術』 ベンジャミン・フルフォード ランダムハウス講談社 2009/4/23 <円盤技術の鍵は古代文明の中に> <9千5百年前に存在していた超・古代文明> ・普通、世界史では、もっとも早く発生した古代文明はメソポタミア…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(11)

『地球大維新』 2012年、世界次元上昇(アセンション)までどう生きるか 中丸薫 KKベストセラーズ 2011/9/25 <TPPの目的は農産品ではない> ・TPP交渉で米国が日本に対して狙っているのは、関税の撤廃ではないのです。 ・郵政民営化は米国が強く要…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(10)

『最高支配層だけが知っている「日本の真実」』 副島隆彦 編著 SNSI福島国家戦略研究所 2007/2/15 <なぜ一般国民には大きな真実が知らされないのか?> ・本書が提供するのは「日本の最高支配層の人間たちだけ」が知識と情報として占有し、隠し通し、一般国…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(9)

『いますぐ飛行機に乗りたくなる本』 秋本俊二 NNA 2008/7/7 <機長らのUFO目撃談> ・搭乗中、目撃してもうかつにしゃべれない。 ・多くのパイロットがフライト中のコクピットから実際にUFOを見ているーということは私も聞いたことがあります。で…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(8)

『フクシマ以後』 ―エネルギー・通貨・主権 関 曠野 青土社 2011/10/11 <TPP考> ・今年の日本は、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に参加するかどうかの問題で大きく揺れそうだ。 ・日本経済の輸出依存度は、これまで高かった年でも17%、貿易が…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(7)

『巡航ミサイル1000億円で中国も北朝鮮も怖くない』 北村淳 講談社 2015/3/23 <中国軍の対日戦略が瓦解した日> ・現実には(2015年3月現在)日本には中華人民共和国に対してだけでなく、いかなる国に対しても海を越えて報復攻撃を実施する軍事力は存在しな…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(6)

『リベラルタイム』 2015/12 特集『5年後の「日本社会」』 《政治 ▶景気回復なら次期首相は「谷垣禎一氏」 平河敦》 ・安倍晋三首相は内閣改造後、経済最優先を唱え、「新3本の矢」を掲げたが、3年後、安倍首相が後継に谷垣氏を指名できれば自民党は安泰。一…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(5)

『独走する日本』 精神から見た現在と未来 日下公人 PHP 2007/11/5 <日本は「原子爆弾を持て」という結論になる> ・その26の階段を手っ取り早く言って、その登りきった先に何があるかと言えば、「日本は原子爆弾を持て」という結論がある。 <借金を踏…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(4)

『国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ』 安部芳裕 徳間書店 2010/2/10 <民主党の政策が日本を滅ぼす> ―日本が中国共産党に呑み込まれる日は近い?! <民主党政権の政策は亡国への道> <日本は人民元ブロックの一員になってしまう!?> <「東アジア共同…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(3)

『宇宙戦争を告げるUFO』 知的生命体が地球人に発した警告 元航空自衛隊空将 佐藤守 講談社 2017/5/25 <すでに火星にはコロニーが> ・私が二冊の本を上梓したあと、サリバン氏との縁で、アメリカ・アダムズ山でのツアーで知的生命体との遭遇を経験した…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(2)

<L(ローカルクライシス)の第一波――今回はまずL型産業が大打撃をこうむっている> ・今回の危機は、感染症リスクに備えるために人々が様々な経済活動を控えることから生じている点で実体経済から始まっている。金融サイドから始まった経済危機であるリー…

私は、ジャポニスム(日本式)がもう一度世界の衆目を集めるとかねがね思っていた。(1)

(2021/11/9) 『日本経済復活への新シナリオ』 米中覇権戦争で加速する世界秩序の再編 エミン・ユルマズ KADOKAWA 2021/9/29 ・世界の富と頭脳が日本に集まり、日本はアジアの金融・貿易ハブとして栄える。これらは私の希望的観測ではなく、夢物語でもない…