日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2022-01-14から1日間の記事一覧

小規模事業者の場合、税制のインセンティブが働くので、労働者に賃金を払ったら、残りを自分たちの役員報酬として分配するところが少なくありません。だから70パーセント弱の日本企業は赤字なのです。(12)

・政治については、各党の政策もいろいろ出揃ってメディアにでておりますが、私たち一般人には単純に比較検討することは難しいようです。様々な政策には、いろいろな学者たちも作成するのに加わっていると思いますが、誰が何を参考にして政策を考えたのかわ…

小規模事業者の場合、税制のインセンティブが働くので、労働者に賃金を払ったら、残りを自分たちの役員報酬として分配するところが少なくありません。だから70パーセント弱の日本企業は赤字なのです。(11)

・現在は、ラエリアン・ムーブメントで活動しており、クローン人間の問題等で米国などで社会問題を起こしたりしたようです。先端的な考えや行動は多くの社会のいわゆる良識派やキリスト教会から反発と抵抗をうけたようです。ラエリアン・ムーブメントのホー…

小規模事業者の場合、税制のインセンティブが働くので、労働者に賃金を払ったら、残りを自分たちの役員報酬として分配するところが少なくありません。だから70パーセント弱の日本企業は赤字なのです。(10)

<これが霞が関だ> ・社会保険庁に何度も調査要請をした結果、基礎年金番号に統合されていない宙に浮いた記録が、65歳以上で2300万件あることがはじめて判明した。5000万件の内数だ。 ・最終的に「資料を出さないと委員会を止める」という言葉が効いた。官…

小規模事業者の場合、税制のインセンティブが働くので、労働者に賃金を払ったら、残りを自分たちの役員報酬として分配するところが少なくありません。だから70パーセント弱の日本企業は赤字なのです。(9)

<女性に「甘い」日本経済> ・ただ、断っておきますが、私は日本の生産性が高くないことの「犯人」が女性たちだなどと言っているわけではありません。かといって、女性たちがやっている仕事が正しく評価されない、もっと給料を上げるべきだと言っているわけ…

小規模事業者の場合、税制のインセンティブが働くので、労働者に賃金を払ったら、残りを自分たちの役員報酬として分配するところが少なくありません。だから70パーセント弱の日本企業は赤字なのです。(8)

『超高齢社会の未来 IT立国 日本の挑戦』 小尾敏夫・岩崎尚子 毎日新聞社 2014/12/27 <人類が経験したことのない少子・超高齢・人口減少社会> ・少子・超高齢・人口減少社会である日本は、いまだかつて世界が経験したことのない未知の世界が広がっている。…

小規模事業者の場合、税制のインセンティブが働くので、労働者に賃金を払ったら、残りを自分たちの役員報酬として分配するところが少なくありません。だから70パーセント弱の日本企業は赤字なのです。(7)

<2040~2050年> 2040年 日本の自治体の半数が消滅?地方の人口減少を止められるか。全国1800市区町村のうち49.8%の存続が危うくなる。 (仮想通貨が通貨として認知される)儲かるチャンスと背中合わせのリスク。 ハイリターンだがハイリスク。 (ガソリン…

小規模事業者の場合、税制のインセンティブが働くので、労働者に賃金を払ったら、残りを自分たちの役員報酬として分配するところが少なくありません。だから70パーセント弱の日本企業は赤字なのです。(6)

『日本の未来100年年表』 洋泉社MOOK 2017/10/19 人口減少時代を勝ち抜く鍵は先を見通す力にある! 2025年 ロボット手術で人類はがんを克服 2030年 地方から銀行が消える 2031年 年金制度が破綻 2040年 日本が先進国でなくなる 2045年 AIが人間の能力…

小規模事業者の場合、税制のインセンティブが働くので、労働者に賃金を払ったら、残りを自分たちの役員報酬として分配するところが少なくありません。だから70パーセント弱の日本企業は赤字なのです。(5)

『天才政治』 (天才に権力を!) クロード・ボリロン”ラエル” MRJ出版 1985年 <天才に権力を与える方法> <原始的な民主主義すなわち平均政治> <天才政治すなわち選択的民主主義> ・すなわち、全ての人間に対し、その知性を測定する科学的テストを…

小規模事業者の場合、税制のインセンティブが働くので、労働者に賃金を払ったら、残りを自分たちの役員報酬として分配するところが少なくありません。だから70パーセント弱の日本企業は赤字なのです。(4)

<だから、ぼくは死ぬまで本を読む> 本は最後まで、人生のよき相談相手になってくれる 老いると、たしかに読書はちょっと大変だ 一日の読書は、新聞記事を読むことからはじめたい 読むたびに、何度でも感動できる本がある あなたには、死ぬまで読んでいられ…

小規模事業者の場合、税制のインセンティブが働くので、労働者に賃金を払ったら、残りを自分たちの役員報酬として分配するところが少なくありません。だから70パーセント弱の日本企業は赤字なのです。(3)

<社会の激変期と日本の選択> <昭和維新の失敗と敗戦に学ぶ、日本の潜在的リスクであるエネルギーと地政学> <▼今後予想されるシナリオ・ストーリー> □日本は非常に脆弱なエネルギー政策しか取れないのが現状だがAC(アフターコロナ)の世界では、省エ…

小規模事業者の場合、税制のインセンティブが働くので、労働者に賃金を払ったら、残りを自分たちの役員報酬として分配するところが少なくありません。だから70パーセント弱の日本企業は赤字なのです。(2)

(2021/5/31) 『大前研一 世界の潮流 2020~21』 大前研一 プレジデント社 2020/5/29 <「人間の営みの底流に流れるものは何か」> <新型コロナウイルス> ・2020年が幕を開けてまもなく中国の武漢で発生した新型コロナウイルスは、想像を超えるスピードで…

小規模事業者の場合、税制のインセンティブが働くので、労働者に賃金を払ったら、残りを自分たちの役員報酬として分配するところが少なくありません。だから70パーセント弱の日本企業は赤字なのです。(1)

(2022/1/14) 『「強い日本」をつくる論理思考』 データを重視しない議論に喝! デービッド・アトキンソン、竹中平蔵 ビジネス社 2021/8/4 <「論理思考」が欠落した日本> <世の中の理不尽なこと> ・考えてみれば、今の日本の社会には、確かに不条理と感…