日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2022-02-04から1日間の記事一覧

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(17)

・「二派の対立とは火星由来のアーリア人に対するアヌンナキ・レプティリアン(爬虫類人)の争い、戦争」であるともいわれます。「タウ人の遺伝子を使ってグレイを作るために主に子供を標的にして誘拐し、殺して細胞とホルモンを取りだしたのでタウ人がグレ…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(16)

・太古から神々や堕天使、天使が人間に化体して、原住民と交わった伝承は数多いようです。神人や異人が、人間の女と交わって「子ども」を授けた話も多いそうです。人間に憑依したり物質化する堕天使の生態は分かりません。堕天使が地球の女を狙って降りてく…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(15)

・「人は皆、記憶喪失の異星人だ」といわれますが、様々な異星人の遺伝子を持っているようです。 「中世のドイツの領主はほとんどが異人か、その異人の末裔だった」ともいわれています。昔から、世界中で「神人、異人、グレイその他」がアストラル界から現れ…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(14)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ (2022/2/3) 「被造物は、ユダヤ教およびそれに起源するキリスト教、イスラム教などのアブラハムの宗教で、ヤハウェにより創造されたものを意味する」といわれます。しかしながら、動物タイプの宇宙人はネガ…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(13)

『闇の支配者に握りつぶされた世界を救う技術』 ベンジャミン・フルフォード ランダムハウス講談社 2009/4/23 <円盤技術の鍵は古代文明の中に> <9千5百年前に存在していた超・古代文明> ・普通、世界史では、もっとも早く発生した古代文明はメソポタミア…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(12)

『地底世界人は本当に存在した』 天国と地獄は地下にある ティモシー・グリーン・ベックリー 徳間書店 2010/4/8 <妖精やエルフ> ・アイルランドの民間伝承で、レプラコーンと呼ばれる存在は、周辺諸国では妖精やエルフとして知られている。1フィートから高…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(11)

『ものしりUFO事典』 (平野威馬雄) (日本文芸社) 1979/1 <“宇宙友好協会(CBA)の歩み”から> ・CBAという円盤研究グループがあった。1958年そのグループの主宰者、松村雄亮が再三、宇宙人に会い、いろいろ会話を交わしたという。堂々たるリポ…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(10)

<●●インターネット情報から●●> ウィキペディアWikipedia (ロブサン・ランパ) ロブサン・ランパ(Tuesday Lobsang Rampa、1910年4月8日 – 1981年1月25日)は、偽書『第三の眼』(だいさんのめ、The Third Eye)の著者として知られる人物。本名はシリル・ヘ…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(9)

『宇宙と人間の謎――人類に危機が迫っている』 (深野一幸)(成星出版) 1998/2 <5次元以上にも生命体は存在するか?> ・5次元以上にも生命体は存在する。以下はマゴッチの伝える情報である。 ◆5次元の生命体 4次元の宇宙人(人間)が進化して、肉体に宿るこ…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(8)

『コロポックルとはだれか』 ―中世の千島列島とアイヌ伝説 瀬川拓郎 新典社新書 2012/4/24 <封印されたアイヌ伝説> <小人伝説はおとぎ話か> ・昔は十勝川に沿ってアイヌのほかにコロポクウンクル(ふきの下に住む者)という、ふきの下に5、6人が集まって…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(7)

『「あの世」と「この世」の散歩道』 (天外伺朗)(経済界)2001/5 <宇宙の「明在系」と「暗在系」> ・―宇宙は、目に見える物質的な宇宙、「明在系」と目に見えないもう一つの宇宙「暗在系」により成り立っている。「明在系」のすべて、人間、時間、ある…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(6)

<●●インターネット情報から●●> ウィキペディアWikipediaより、 「鈴鹿御前の物語」 ・現在一般に流布する鈴鹿御前の伝説は、その多くを室町時代後期に成立した『鈴鹿の草子』『田村の草子』や、江戸時代に東北地方で盛んであった奥浄瑠璃『田村三代記』の…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(5)

【茨木童子】【酒呑童子】の家来。 【牛鬼】石見国(島根県)で語られる。水辺で赤子を抱いた女が声をかけてきて、赤子を抱いてくれと言ったり、食べ物を求めたりする。赤子受け取ると急に石のごとくに重くなり、動けなくなったところで牛鬼が現れ襲われると…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(4)

『図解 アイヌ』 角田陽一 新紀元社 20187/7 <天地の図> ・アイヌモシリ(人間世界)からふと空を見上げてまず目に入るのはウラルカント(霞の天)。春の訪れとともに靄が湧く空だ。続いてランケカント(下の天)、人間世界の山頂近く、黒雲が渦巻き白雲が…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(3)

<カステン> ・アイヌに伝わる悪神。カスンデと表記される場合もある。疱瘡神(パコロカムイ)と人との間に生まれた男で、彼が歩くとどんなに暗い夜でも水面に月が浮かぶように光り輝いたという。 このカステンはイクレシェという人物を唆し、イクレシェの…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(2)

『北極の神秘主義』 (ジョスリン・ゴドウィン)(工作舎)1995/9 (局地の神秘・科学・象徴性、ナチズムをめぐって) <以来この世界はデミウルゴスとヒュペルボレア人の戦場となった。> ・劣位の擬神のひとりであるこの「デミウルゴス」は一種の人間を作…

岩舟;長壁姫の乗っている空を飛ぶふしぎな船。「長壁大神」が侍女たちを連れて前橋城から出掛ける際に乗っていたといい、富士山や武蔵国秩父山、出雲など日本各地をはじめ、高天原などにも出掛けている。(1)

(2022/2/3) 『日本怪異妖怪事典 関東』 朝里樹 氷厘亭氷泉 笠間書院 2021/10/5 <茨城県> <虚舟(うつろぶね)> ・「うつろ舟」、「うつぼ舟」、あるいは「空舟」とも書かれる。常陸国(茨城県)に流れついたとされるふしぎな扁円状のかたちをした舟、…