日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

巨人たちの記録は、さらに聖書だけに限らず、マヤやインカもその神話の中で「神々」が起こした洪水の前に現れた種族は、巨人族であったとしている。(2)

 

 

『鬼』 

 (高平鳴海、糸井賢一、大林憲司)(新紀元社)1999/8

 

 

 

<目一つの鬼>

日本最古の鬼は「目一つの鬼」で出自は「出雲風土記」だそうです。

酒呑童子茨木童子、伊吹童子、八瀬童子、護法童子などのイメージは、人間タイプとモンスター・タイプが混ざるものが多いようだ。

 

<鬼はなぜ童子とよばれるのだろうか?>

童子とは、つまり元服前の稚児を示す言葉だが、童子はいわば蔑称で、時の支配者らが用いた言い回しである。鬼は確かに人々を驚かしていたが、その力を認めたがらず、下っ端=目下の者=童子と呼んだそうです。

 

<<日本の伝承に残る鬼として>>

桃太郎の鬼(温羅)(うら)

蝦夷の鬼王(悪路王)(あくろおう)

有明山(信州富士とも呼ばれる)の鬼族(八面大王)(長野県の伝承)

黄泉より還りし悪鬼(大嶽丸)(おおたけまる)(三重県鈴鹿山近辺の伝承)

霊の化身(鬼八法師)(きはちほうし)九山岳地帯の伝承

飛騨の怪人(両面宿儺)(りょうめんすくな)

「伊吹弥三郎」と「伊吹童子」の伝承(岐阜県北部伝承、日本書紀御伽草子に登場)

近江の伊吹山にいたとされる伊吹弥三郎は、創造神という顔と、魔物=鬼という顔がある。伊吹童子はその息子だという。

 

天邪鬼(あまのじゃく)(人々に親しまれた小鬼)(和歌山県串本町の伝承)

同胞を助けた「赤鬼」(せっき)、出自は安倍晴明物語。

 

 

 

『UFO―X―ファイル』

(竹本良+開星文明)(三一書房)1996/9

 

 

 

諜報機関の監視>

・「異星人の身長は、1.3メートルだ。頭部は西洋ナシのようだった。体の割りに大きく、目はモンゴロイド系だ。まるではめ込まれているようで、まぶたはなく、ひだのようになっていた。鼻はわずかに盛り上がっていた。唇はない。

舌は薄く退化。口の中は、5センチの空間があり、歯は見あたらなった。レントゲンの結果、小顎肢、大顎、頭蓋骨の存在が明らかとなった。耳たぶはない。耳孔の内部に関しては我々とよく似ている。 頭髪もなく、灰色の皮膚は動かせた」

 その医師は、頭部については自分の専門外なので解剖できなかったと述べて、「君の頭部のスケッチだが、頬骨をなくし、輪郭をもっと滑らかにすべきだ。首はそんなに長くはない。肩にしてもそれほど傾いてはいない。腕は我々より長いのだ。足はつま先がないが、レントゲンでは普通の骨構成である。胸部には退化した乳腺があり、性器も退化していたようだ」と付記している。

 

・53年アリゾナ州にUFOが墜落し、三体の異星人の死体がライトパターソン空軍基地に運ばれた

 

隠蔽工作をしたのは社会的なパニックを起こすことを避けるためだ。

 

・不均衡なデカ頭、4本しかない指、赤血球や消化管が全くない身長4フィート(約130cm)の小人の地球外生物の存在。肌は蛇のよう。

 

<50年代初期の最高機密>

<信頼すべき医学関係者の証言>

・ 彼らが見たと言う異星人のプロファイルを要約すると、

1、 異星人の平均身長は1メートルから1.3メートルぐらい(1.5メートルのデータもある)。体重は18キロ。

2、 頭のサイズは胴体や手足に比べて大きい(生後5ヶ月の人間を思い浮かべればいい)。

3、 脳容積は不明。

4、 髪の毛は全然ない。てっぺんに少しちぢれ毛があるという目撃者もいた。体毛はなし。

5、 顔は型にはまったようにほとんど似かよっていた。

6、 瞳孔のない大きな二つの丸い目。濃いまゆ毛。目は少し吊り上っていて「東洋人風」に見える。

7、 耳たぶはないが、頭部の両側には穴がある。

8、 小さな鼻、わずかに盛り上がった鼻孔が2つある。

9、 口は小さい「切り口」。おそらくコミュニケーションや食事の手段として機能していないのだろう。

10、 歯については不明。

11、 首は細い。

12、 胴体は細く小さい。着衣のためへそがあるかどうか分からない。

13、 腕は細長く、膝のあたりまで伸びている。

14、 手には2本の指が他の2本より長い4本の指があって、親指がない。指の間に水かきがあったとの報告が3例ある。爪は不詳。

15、 足は細く短い。つま先がなかったという事例がひとつ。足には何かを履いていた。オランウータンの足に似ていたとの報告もある。

16、 皮膚の色はベージュ、黄、茶、茶っぽいグレー、ピンク気味のグレー、ほとんどが灰色で、よくいわれるように緑色ではない。あるケースは、超低温光の中で青みがかったグレーに見え、または焼けて焦げ茶色になっていた。きめは爬虫類のような鱗状ともあり、頭や筋肉質部分では伸ばしたり動かすことができた。体臭、発汗作用。線状の筋肉はない。

17、 体液は無色。赤血球、リンパ球もない。

18、 生殖器に関しては、ある目撃者は男性器も女性器も見当たらなかったという。彼らはホモサピエンスのように生殖するのではなくて、クローニング(細胞増殖)とか道の方法によるのかもしれない。

19、 異星人は一種類以上存在する。地球のホモサピエンスに似ていて、グロテスクなタイプや別種型は知られていないが、そういう種族がいるとすれば、別の太陽系か他のルーツから来るのであろう。

 

 

 

『人類はなぜUFOと遭遇するのか』

(カーティス・ピ-ブルズ)(皆神龍太郎:訳)(ダイヤモンド社)2002/7

 

 

 

<ラージノーズ・グレイが人類を創造した>

・クーパーは、1947年から53年にかけて、27機のUFOが墜落した、と主張した。全部で91体の異星人の死体と、5人の生きた異星人が回収されていた。1948年には2機のUFOが、ニューメキシコ州アズテックの近郊で回収されていた。その円盤の中で、人間の体のパーツが多数発見された。

 

・空飛ぶ円盤に関する情報は、トップ・シークレットに分類されていた。

 

・また、クーパーによれば、1953年に、地球へと向かう巨大な物体を天文学者が発見していた。その後その物体は地球上空で、非常に高い軌道に入った。その時、ブロンドのヒューマノイド系異星人のノルデックと呼ばれる異星人が、軌道に乗った巨大な宇宙船内にいる異星人について危険を警告するため、政府に連絡を取ってきたという。

 

・ノルデックは、人類が自己破壊の道を歩んでいる、ということについても警告した。

 

・クーパーは、後から、1954年には、「ラージノーズ・グレイ」という種族が、ホロマン空軍基地に舞い降りた、と主張した。彼らは、赤色巨星であるベテルギウスにある惑星からやって来た、と述べた。

 

・彼らの世界は死にかけていたために彼らは新たな住みかを必要としていたのだった。

 

アイゼンハワーも同席の上、二回目の着陸が、エドワーズ空軍基地で行われた。彼とラージノーズ・グレイは、技術交換する条約に基地で署名した。

 

・クーパーはさらにラージノーズ・グレイのために働いているグレイと、人間に良く似ているが赤毛なために「オレンジ」と呼ばれている二種類の種族についても話をしている。

 

・1955年には、異星人は条約を破って、自分たちが生き残るため、人間や動物をミューテーションし始め、そのリンパ液や酵素や血液を取り出し、遺伝子実験を行っていたことは明瞭だったと、クーパーは語った。

 

・人類を創造したのは、ラージノーズ・グレイであり、また長い間、宗教や秘密結社、さらに魔女や悪魔崇拝、魔術やオカルトなどを通して、彼らは人類を操っていた、ということにも気がついた。

 

 

 

『謎のカタカムナ文明』

(阿基米得)(廣済堂出版)1981/5

(秘教科学の最終黙示録)

 

 

 

<宇宙的巨人アントロポスに匹敵する根本言語>

・この根本言語の起源は、人類のいわゆる言語革命の成立する時期に求めることが出来よう。宇宙的巨人アントロポスの死によって、全ての物が発生したように、根本言語の死によって人類に言語が発達した・・・。

それはいつのことだろうか。今西錦司氏によると、今から10万年ほど前、それまで長い間かけて進展していた人類の大脳の発達、すなわち大脳化の過程がストップし、そして量から質へと転化するような形で数万年ほど前に、言語の発生すなわち言語革命が起こったという。

とすると、10万~数年前にこの根本言語があったとするのが妥当ではないのだろうか。興味あることにこの推定は、楢崎氏が考えたカタカムナ文明の時期ともほぼ一致するのである。

 

<数万年前の科学を伝える書>

カタカムナ人は根本人種だった>

・古代中国以外にも、古代ユダヤ神話には世界最大の巨人「アダム」がいて、全ての人類は最初からアダムに含まれているとされた。また古代インドの神話には原人「プルシャ」、古代ペルシャでは「ガヨマート」、バビロニアでは「ティアマート」、北欧神話では「ユミル」等々、宇宙的巨人の消息は広く、アントロポス神話として知られている。アントロポスとは、主に古代末期の秘教学派であるグノーシス派の体系に見出される原人間であり、「全ての人間でもある一人の人間」を意味する。今は物質の中に多様に分散されているが、やがて再び一つの原人間にまとめ上げなければならないとされている。

そして、広義のカタカムナ人はこれらの宇宙的巨人の原型、すなわち根本人のようなものであるともいえよう。狭義とあわせて、カタカムナ人は、いわば根本人―根本人種という視座から改めて見直さなければならないだろう。

 

 

 

 

『プロジェクト・ルシファー』

(並木伸一郎)(徳間書店)2006/9

(NASA2/裏NASAと支配エリートがたくらんだ第4の選択の陰謀)

 

 

 

ノアの箱船か?それとも巨大な宇宙戦闘艦だったのか?>

<人工天体か、衛星イアペタスで発見された数々の謎>

・イアペタスは、現在まで確認されている土星から17番目の衛星で、衛星の大きさで言えば、タイタン、レアに次ぐ三番目にあたる。

 

<巨大な人工天体であることを示す事実!>

だが、イアペタスが人工天体だったとすると“ノアの箱船”以外にもう一つの可能性も考えられる。

それは、ステルス技術が活かされた“見えない金属”をまとった“超巨大戦闘艦”である。これは、ノアの箱舟説の180度逆である。すなわちイアペタス自体、超巨大な破壊兵器として製造された“天空の大破壊の主人公”だったのかもしれないのである。その場合、小惑星の爆発はもちろんの事、今も地球各地の神話に残る、太古に起きたとされる神々の壮絶な戦いの中心にあったのは、この巨大戦艦イアペタスだったのかもしれない。

 

 

 

『天使と人間』

ルドルフ・シュタイナー)(イザラ書房)1995/7/25

 

 

 

<暗黒の霊・地球の不当な王であるサタン(悪魔)>

・「日の進化のあいだにエクスシアイの位階にまで、上昇することになっていたにもかかわらず、アルカイまでしか到達しなかった存在がいる」とイメージしてください。

 

・即ち「根源の力たち」の背後には、本来ならば「激しい力たち」になることができたはずの存在が隠されているのです。「サタン」と呼ばれる存在が属しているのです。

 

・不当な王としてのサタンという名称は、まことに当を得ています。というのも本当の王はヤハウェあるいはエホバという「激しい力たち」だからです。サタンは人間に作用する時代の霊を絶えず混乱させ、人間を時代の霊に対抗させることで、自分自身を表現します。サタンとは、「暗黒の霊」もしくは「地球の不当な王」とも呼ばれ、現実的な霊存在であり、自分こそが人類を導き、指導する権限を持っていると考えています。

 

・一般的な天使の名称

アンゲロイ(天使)

アルヒアンゲロイ(大天使)

アルカイ(権天使

エクスシアイ(能天使

デュナミス(力天使

キュリオテテス(ドミニオンズ)(主天使

トローネ(座天使

ケルビム(智天使

セラフィム熾天使

 

 

 

『天使と人間』

ルドルフ・シュタイナー)(イザラ書房)1995/7/25

 

 

 

<民族霊とは大天使を指す>

・大天使は、人間の領域、そして自分たちの領域を知覚します。人間にとっての自我に対応するものが、大天使の領域です。

 

・「大天使たちは全ての民族の指導者である」という点に表現されています。民族霊、即ち民族に共通の霊と言われているものは、具体的には大天使たちのいずれかを指すのです。

 

ヘブライ民族は最高神としてヤハウェ、あるいはエホバと呼ばれる神を崇めました。このヤハウェ神は、彼らにとって、「開示たち(エクスシアイ)」の位階に属するものでした。それはヘブライ民族が自らの神として認めた崇高な存在でした。しかし、彼らは「エホバの高位の使者としての任務を担って、我々を導くのは“ミカエル”である」と言いました。ミカエルとは、「神の前に立った者」という意味です。古代のヘブライ民族はミカエルのことを「神の顔」とも呼びました。

 

・現代の人間の意識にも遠い昔の伝説のようにウリエル、ガブリエル、ラファエル、ミカエルといった大天使の名前が知られています。もし他の大天使の名前を知りたいならば、『エノク書』を調べればすぐに分かります。

 

・このような大天使の中にはファマエルの名を見出すこともできるはずです。ファマエルとは、秘儀参入を志す者が助けを求めるとき、それを守護する存在だったのです。

 

・大天使スラキエルは、都市や地域全体に広くはびこる不道徳的なものを根絶し、それを道徳的なものに造り変えるという使命を担っています。

 

 

 

『天使と人間』

ルドルフ・シュタイナー)(イザラ書房)1995/7/25

 

 

 

<人間は死後、肉体の形成に携わるだけではなく、さらにデヴァカン(神界)において活動しなくてはならない。>

・現在進化の途上にある人類は、木星の意識へと成長していきます。人類が将来獲得することになる木星意識は、現在既に天使が具えている意識と同じものになるでしょう。このような意識の持ち主であるからこそ、天使は現在、事実上人類の指導者であり、導き手であるわけです。天使は、人類のために準備します。

 

・そして今、人類は自らのアストラル体を造り変えて、少しずつ完全な霊我を形成する時期にさしかかっています。

従って、進化のヒエラルキーの中で「天使とは人間がアストラル体を霊我に変える仕事を指導する霊である」と、言うことができるのです。

 

・人間は死ぬと、「まず最初に、たった今過ぎ去った人生に関する記憶の長い映像の数々を見ることになる」ということを思い起こす必要があります。

 

・それからエーテル体が解き放たれて、後には過ぎ去った人生の果実だけが精髄として残されます。この人生の果実はその後の時間も蕩尽から離れることはなく、その本質の中に組み込まれます。

 

・人間は死後、肉体の形成に携わるだけではなく、さらにデヴァカン(神界)において活動しなくてはならない。

 

・デヴァカン(神界)の国の中から地球を造り変える仕事に協力するために地球の人間を導くものが存在するのです。それらの存在は、一人一人の人間の個性と地球の進化の間に調和をもたらし、地球進化がそれぞれの個性にふさわしいものになるように配慮します。これらの存在こそ天使にほかなりません。

 

・天使はそれぞれの人間の個性と共に働き、アストラル体の中に霊我を形成するという仕事を成し遂げるまで、人間を導いてくれます。だからこそ、キリスト教の教養のある部分には、守護天使についての記述が見出されるのです。

 

 

 

『天使と人間』

ルドルフ・シュタイナー)(イザラ書房)  (1995/7/25)

 

 

 

<天使・アンゲロイ、大天使・アルヒアンゲロイ>

・人類が、かっての土星の上で、またぼんやりとした意識状態にあったとき、現在の人間と同じような高みにある存在たちがいました。

また、現在、人類がようやく本来において到達できるような進化段階を既に獲得している存在もいます。人間よりもすぐ上の段階にいる存在たちを私達は、秘教的なそしてキリスト教的な呼称に従って「天使」またはアンゲロイと呼んでいます。

 

・つまり天使とは、私達の地球に先行する月の段階で、既に人間の意識に到達し、今日の人類よりも一段上に位置する存在たちなのです。現在の人類も木星存在の段階にまで到れば、天使やアンゲロイと呼ばれている存在たちが今日備えている意識を獲得するようになるでしょう。

 

・天使の上には「大天使」すなわちアルヒアンゲロイがいます。そして、それに続いて私達が、アルカイと呼んでいる「根源の力たち」の位階があります。その次には、「開示たち」もしくは、「激しい力たち」としてのエクスシアイがいます。続いて、「力たち」であるデュナミス、「支配たち」としてのキュリオテテス(ドミニオンズ)の位階があり、更にトロ-ネ、ケルビム、セラフィムがいます。そして、セラフィムよりも更に上に目を向けるとき、私達は、ようやくキリスト教的な意味において「神性」と呼ばれるものについて語ることが許されるのです。

 

 

 

『レムリアの真実』 (シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ)

(オレリア・ルイーズ・ジョーンズ=著)(太陽出版)2007/5/18

 

 

 

<シャンバラとその役割>

・現代と未来における、シャンバラの役割とその起源、政府、主な目的とは何ですか?

 

シャンバラという都市は、もはや物理的な都市ではありません。かなり以前から物理的ではなくなっています。現在、五次元・六次元・七次元の波動を保ち、まだエーテル界に存在しています。基本的にはこの惑星のエーテル界の本部で、サナート・クマラと彼を手伝う存在がいる場所です。現在、サナート・クマラは公式的には金星に、戻っていますが、引き続きシャンバラに焦点を合わせていて、今でも私達の惑星を援助しています。シャスタ山とワイオミング州のロイヤル・ティトン・リトリートとシャンバラには、この惑星の霊的な管理階層が住んでいて、集まって会議をする主要な拠点となっています。シャンバラといま述べた二つの場所は、常にこの惑星の霊的政府の中心地です。もちろん、他にも惑星の至るところに主要なエーテル界の中心地がいくつもあります。

 

<地球の内側に住む人々>

・地球の中心部と内部には、大昔に他の世界や宇宙から来た太古の文明人が住んでいます。彼らは、昔、アセンションを遂げた意識の状態にいますが、なかにはある程度の物理的常態に留まっている人たちもいます。大部分が五次元と六次元の気づき、またはさらに高次の気づきをもって生きています。

 

・アガルタ・ネットワークは「地下」の百二十の光の都市から成り立っており、ほとんどがハイパーボーリア人の都市です。少なくとも、四つの都市にはレムリア人が住んでいて、二、三の都市には、アトランティス人が住んでいます。地下都市に暮らす存在で、地上の波動にかなり近い人たちも、アセンションを遂げた状態にいますが、物理的状態をある程度は保っています。シャンバラ・ザ・レッサーという都市が、アガルタ・ネットワークを統括していました。そこにはハイパーボーリア人が住んでいます。つい最近、都市テロスがアガルタ・ネットワークを統括する都市になったところです。

 

 

 

『愛と転生の秘密』

(ジナ・サーミナラ)(たま出版)1994/3

 

 

 

<ヨガ>

・パタンジャリの古典的ヨガの本の中には、ヨガの行者が達成できる17の精神力の一つとして、過去世を見通せる能力が記されている。インドを旅行した多くの人たちは、ヒンズー教のヨガの行者がこのような能力を持っていることを報告している。ヨガの行者にとっては、過去世を見抜くこと自体は重要な目的ではなく、真の目的は、空しく消え去っていく森羅万象の全ての知識を超越することである。とはいえ、このことは、少なくとも精神的発展のかなりの段階を示しているのである。

 

・過去世の記憶は本来いわゆる“魂の記録”あるいはヨガの行者たちのいう“アートマン”“超越的魂”“スートラマ”などと呼ばれるものの中にあるものであり、同一の魂が人生経験のために周期的に生まれ変わり、出で変わりしているのである。瞑想を通し、顕在意識の動揺を静め、一度この日常の習慣的動揺の段階を超えると人格的自我意識の中心と一致するのである。この状態においてこそ、過去世の記憶を明確に把握することが容易なのである。色々な理由により、瞑想はー博愛と奉仕の生活とともにー自己を知り、己の過去世の存在を認識する最良の道であることが最終的には証明されるだろう。

 

 

 

『神秘の法』 (次元の壁を越えて)

大川隆法)(幸福の科学出版)2005/1/1

 

 

 

<UFOによる誘拐事件の真相>

・相当の数の人が記憶を消されてアブダクション(誘拐)に逢っているのではないか?

 

・不思議なことは、連れ去られる際、壁などの、この世の物体をまったく無視した行動がとられることである。特殊な光線を当てられると体が浮いて、窓からでも玄関からでも、そのままスーッと出て行くのです。まるで魂の体外離脱と同じような現象が起きています。

UFOから出ている、この牽引光線の性質が、一体どのようなものなのかについては、これから研究がなされることになると思います。

 

・UFOによる誘拐事件は特にアメリカに多いのですが、おそらくアメリカは地球で一番進んだ国なので調査の対象に選ばれているのでしょう。

 

・異星人は、3次元空間と4次元空間を行き来することができるため、こちらは彼らを逮捕することが出来ません。彼らは壁を通り抜けられるのですから、どうしようもないのです。幽霊を捕らえられないこととまったく同じです。このような現象は、数多く起きており21世紀の大きな問題になってくると思います。

 

<異星人の地球への介入には制約がある>

・ 科学技術の差からすれば、異星人にやりたい放題のことをやられる可能性があるので、心配かもしれません。ただ、宇宙には地球の国連と同じようにもう一つ別の意思決定機関があり、機関としての約束事があるので、異星人たちも一定以上はできないようになっています。

 

 

 

『神秘の法』 (次元の壁を越えて)

大川隆法)(幸福の科学出版)2005/1/1

 

 

 

<地球に来ている何種類もの異星人>

・ 現実に異次元ルートを通って地上に現れてきている異星人の種類は非常に多く、何種類なのか、つかみかねるぐらいです。

地球人の姿に最も近い異星人は、北欧系の人間によく似ています。肌が白く、金髪もしくは銀髪で、鼻筋の通った感じの非常に人間に似たタイプです。おそらく、人間にかなり対応させた肉体だと思います。

 

・映画「太陽の法」に出てくるような「レプタリアン」(「爬虫類の」という意味)といわれている、爬虫類型の異星人もいます。

「グレイ」といわれる、有名なものもいます。アーモンド型の目をしていて、身長は1メートル20センチか1メートル30センチぐらいです。これはどちらかというと、生き物としての宇宙人ではなく、つくられたもの、半ばサイボーグだと考えてよいでしょう。

 

・それから、「ビッグフット」といわれている巨人族のようなものも来ています。非常に毛深くて、足の大きさは60センチ以上、身長は3メートル近くあります。雪男の仲間のような大きいものです。

このように地球には何種類もの異星人が来ていて頻繁に出入りしています。ただ、日本では霊界についての情報が少ないのと同じように異星人関係の情報も非常に少ないのです。こういうものを疑うことが正義であり、真理であると思われているので「情報鎖国」をされていて、情報がきちんと入ってこないのです。

部分的な情報は色々あるのですが、それが活字になったり、ニュースになったりすることはほとんどないので、出るときは、たいてい「インチキを暴く」という形です。そのため、異星人に関して日本は非常に遅れた感じになった。

 

 

 

『神秘の法』(次元の壁を越えて)

大川隆法)(幸福の科学出版)2005/1/1

 

 

 

<UFOと霊界科学>

<UFOは霊界を通って移動する>

レーダーで捉えることのできるものであるならば、ずっとあり続けて、姿が消えることはないし、レーダーで捉えることのできないものであるならば、ずっと捉えられないというのが、この世の法則です。

しかし、UFOは肉眼で見えるとレーダーにも映り、肉眼で見えなくなるとレーダーからも消えるのです。UFOは現実に三次元世界で活動しているので、霊界だけの存在ではありません。三次元のほうにも足場がある者たちの活動であることは真実です。

 

・実は異星人たちは霊界ルートを知っており、霊界ルートを使って、あの世とこの世を行ったり来たり出来るのです。彼らの科学技術はこのレベルまで進んでいるわけです。

地球の現代の科学技術も実際には、それにかなり近いところまで来ているのですが、あの世とこの世を行ったり来たりするには、もう一段の理論的な進歩が必要です。

 

・宇宙やUFO、エイリアン(異星人)などの解明と、この世と霊界の境界を越える技術の発明とは、おそらく同じものになってくるでしょう。21世紀中には、かなりのところまで分かるのではないかと思います。現に、4次元世界を通って地球に出没する人たちがいるわけですから、それは科学で研究できるターゲット(対象)であるということです。

霊界においては、事実上、距離がありません。感覚としては距離を想像するのですが、具体的な距離はないのです。

 

・異星人たちは、宇宙船に乗り異次元空間を通って地球に来ています。地球までは、何光年か何十光年、あるいはそれ以上の距離があるので、3次元空間を飛んでくると年をとってしまって帰れなくなるのですが、異次元空間を通ってくるので、一瞬で地球に来ることができるのです。

 

 

 

『鬼』

 (高平鳴海/糸井賢一/大本穣司)(エーアイスクエア)1999/8

 

 

 

<鬼女の伝承>

・長野県戸穏の女盗賊(紅葉)(くれは)

各地の伝承でも能舞で語られる場合でも、絶世の美女であったと伝えられる。しかし、罪を問われて戸穏に逃れ、その後悪事を重ねるごとに醜い姿になっていった。一説には、その身長は3メートルほどもあったという。

 

・英雄を助けた鬼女(鈴鹿御前)(すずかごぜん)

どの伝承を見ても、絶世の美女だったと記録されている鈴鹿山の鬼女も「女」で「盗賊」だったことから、立烏帽子と呼ばれるようになったと考えられる。

 

・御前は田村丸を「光輪車」という神通力で飛行する乗り物に乗せたかと思うと、瞬く間に内裏に降り立った。そして、光輪車で去っていった。

 

<熱き情念の化身>(清姫・(異名)白拍子白拍子花子)

和歌山県熊野地方の伝承。容姿については、伝承のパターンによって、ふたつ存在する。ひとつには夫に先立たれた寡婦(やもめ)で、イメージとしては妖艶な中年女性だろう。もうひとつは白拍子の少女の姿である。清姫といった場合、特にこちらの少女を指す。

さらに彼女は、全長10メートルもの大蛇に変身することができ、これが第三の姿と呼ぶこともできる。

清姫の物語は、熊野権現と関係が深く、その舞台は道成寺という寺である。主な登場人物は、清姫と彼女が恋焦がれる安珍という僧だ。