日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

応神天皇(ホムダワケ)が羅津から日本列島に渡来した際、この黄金ファンドを伴った理由は、日本皇室がウバイド人の正統だからと考えられます。(11)

 

ゼータ・レチクル人は、個でありながら、まるで、蜂のように集合意識の一員として生きている

・こうした現状を踏まえると、現在、地球人がゼータ・レチクル人と遭遇していることには大きな意味があります。ゼータ・レチクル人は、多くの意味で地球人とは対照的な種族です。彼らには、個性と呼べるものがほとんどなく、個でありながら、まるで、蜂のように集合意識の一員として生きています。ゼータ・レチクル人は、彼ら種族の集合意識と一体なのです。地球人が個の喪失を恐れているなら、彼らは、集合意識から切り離されて個になることを恐れています。ゼータ・レチクル人と地球人との出会いは、まさに両種族にとっては必然です。彼らとの出会いは「一人一人が集合意識の一部である」と気づくきっかけを地球人に与えているのです。

 

プレアデス人は、地球人と最も深い遺伝的なつながりを持つ

チャネリング

・無限に存在する異次元の現実から情報を得るプロセス。チャネリングは文筆、話言葉によるコミュニケーション、芸術活動、作曲、また、他のあらゆる創造的活動を通しても行われる。

 

プレアデス星団(スバル座)

・プレアデスは地球から約410光年の距離にある、牡牛座の散開星団。250から500の恒星があり、そのうち9つの星に呼び名がある。地球の古代文明はプレアデスに七つの星があると記録している。古代ギリシャでは、これを「アトラスの七人の娘」と呼んだ。プレアデス人は、地球人と最も深い遺伝的なつながりを持つ。

 

コンタクティー

・何らかの形で宇宙人との接触がある人、あるいは、接触があると主張する人。

 

エササニ人

地球人とゼータ・レチクル人の融合によって生まれる混血種属の一つ。ただし、現時点の地球人からすると、彼らの種族は、ゼータ・レチクル人が地球人を対象に行っている遺伝子実験がもたらす複数の可能性のあるうちの一つである。

 

未来の地球人

現代の地球人よりも遺伝子レベルの融合や意識面の進化を遂げた地球人のこと。通常、人は物質的な現実(3次元)だけが、唯一の現実であると確信しているが、本来、人は多くの異なる次元にまたがって生きる多次元的な意識である。

 

逆行催眠

暗示によって催眠中に時間を遡らせて、本人が顕在意識で記憶していない過去の出来事を思い出させること。

 

<集合意識>

ある集団が共有する単一のアイデンティティー。たとえば、地球一人一人の意識が集まってできる単一のアイデンティティーが地球の集合意識である。

 

ゼータ・レチクル人

・身長約90~150センチ、皮膚の色はグレイ、白、またはベージュで、通常、毛髪はなく、体に比べて大きな頭を持つ宇宙人種。鼻はまったくないか、とても小さい。目はとても大きく、瞳の色は、通常、黒で白目はない。男女の肉体差がなく、体外の生殖器は見当たらない。「グレイ」や「レチクル座のゼータ星人」とも呼ばれており、人間を誘拐する主要な宇宙人種であると考えられている。

 

 

 

「政府ファイルUFO全事件」 

  機密文書が明かす「空飛ぶ円盤」50年史

ピーター・ブルックスミス)  (並木書房)1998/1/1

 

 

 

進まぬイギリスの情報公開

・イギリス人は民主主義のあらゆる権利を享受しているものの、実際にはこの国の公民ではなく、法的には依然として王室の臣民なのである。この重大な憲政上のポイントによって、公務員は国民に何かを公表するという義務を一切持たないのである。なぜなら、彼らは、国民ではなく王室に雇われているからだ。

 

・1911年の公職秘密法は、しかるべき許可がないかぎりは、政府職員食堂のメニューのような些事を公表することさえ懲罰の対象とする内容だった。後の立法措置によって、政府の不正を内部告発した者は、逆に情報を漏らした疑いで告発されても、国民の利益の優先を弁護手段として使うことができなくなった。

 

・政府と官僚は、情報公開法制定の要求に何十年間も抵抗し続けている。

 

・イギリス政府と軍の記録を閲覧することはできるが、その対象は、30年以上たったもので、国家安全保障に影響をおよぼしたり、存命の人間を当惑させない内容に限られている。

 

・こうして第2次世界大戦中の多くの秘密はいまだにベールにおおわれており、1936年のエドワード8世の退位に関する文書は2036年まで秘密にされている。こうした手順は、UFO研究者にとって望ましいものではない。

 

・ロンドン(AP)

・「英国立公文書館は14日、未確認飛行物体(UFO)の目撃情報を収録した政府の公文書を公開した。これまで極秘扱いになっていたもので、英国防省が調べたUFO情報数百件が、1000ページ以上にわたり記されている。今回公開されたのは1978年から87年にかけての8文書。UFO研究者の要請で公開された。ただ、UFOの存在を熱烈に信じる人たちにとっては、失望を招くものとなった。

 83年の国防省のメモは「国防省にとってのUFO目撃情報に関する関心は、防衛に関係するかどうかだ」と指摘。目撃情報は、宇宙ゴミの大気圏突入による炎上や、珍しい形の雲の形成、気象観測用の風船などによって説明することができるとしている。その上で、地球外生命体の乗った宇宙船が地球に着陸した証拠はないと結論付けている」と報道されています。

 

 

 

「これから宇宙人が救いにきます」 

(UFO搭乗、あなたはできる人?できない人?)

(田村珠芳)(ハギジン出版)2008/4/1

 

 

 

ところで、前述のロズウェルで見つかった宇宙人といわれている人たちは

・遺伝子組み換えのロボットだったんです。生き残ったロボットが交信して呼んだのは、私達のと同じかちょっと背の高い、170センチから180センチある宇宙人なんですが、とてもハンサム、とても美しい人たちです。

 私の見たところ、プレアデスではないかなという気がします。プレアデスの人たちは、ちょっと大柄なんです。

 

今、その人たちが金星ゲートを通って、地球にきています。今、地球に来るゲートは、金星ゲートしか開いていないんです。ですから、金星ゲートを通ってどの星の宇宙人もきます。

 プレアデスも、シリウスも、みんな金星のゲートを通ってきます。金星のゲートは宇宙連合の中にある銀河連邦の人たちが交代で見張っていて、ゲートが壊されないように見守っていますから、金星ゲートだけはいつでも安定して通ることができるんですね。ゲートを通るとなぜいいのかというと、目的地に瞬時に到達できるんです

 

・要するに、この宇宙には歪みがあって、歪みと歪みをくっつけると、瞬時にある場所から別の場所へ行かれるから、何万光年も通ってこなくていいんです。

 

・いわゆるワープというんですが、ワープすることで瞬時に移動ができるんですね。この地球にも、いくつか窓とよばれる出入り口があります。

その窓は、エジプトのピラミッドの上空にもあります。アメリカの五大湖オンタリオ湖の上空、日本ですと富士山の上空にもあります。

そういう窓といわれている所は、安定していないので、今でも閉じたり開いたりしているんです。使おうと思ってきてみたら閉じていたというと、ほかへ回らなくちゃいけないんですね。

瞬時に動けるからどこだってよさそうなものですが、地球にはいくつも安定した窓があったんですが、かって宇宙戦争が起こった時に、ほとんど全部閉められました。

 

 

 

「政府ファイルUFO全事件」 

  機密文書が明かす「空飛ぶ円盤」50年史

ピーター・ブルックスミス)  (並木書房)1998/1/1

 

 

 

バスク人と異星人との関わり

・『アクエリアス』は、過去2万5千年間にわたってこの惑星上に存在してきた異星人の歴史と、フランスとスペインの国境地帯に山地に住むバスク人たちとの間で最盛期を迎えた異星人と人類との関わりの歴史を編纂する計画である・・・」

 

バスク語は世界でも特異な言語で、彼らの民族的叙事詩には自分たちが失われたアトランティスの住人たちの末裔であることが歌われている。

 

 

 

「私はアセンションした惑星から来た」 

(金星人オムネク・オネクのメッセージ)

(オムネク・オネク)  (徳間書店)2008/3/1

 

 

 

火星人は東洋や太古のスペイン民族の歴史と関係しています

黄色人種は火星から来ました。彼らは細身で背が低く、髪は金色または濃い茶色をしていて、肌はオリーブ色から黄色がかった感じの人たちです。目は大きく、つりあがっていて、瞳の色は灰色か濃い茶色の間で人それぞれです。火星人は秘密主義の傾向があり、SFのイラストに描かれているような、幾重にも重なった精巧な未来都市を築いていることで知られています(火星人の生命波動も地球人の物理的な密度のものではありません)。火星人は東洋や太古のスペイン民族の歴史と関係しています。

 

太古の昔、地球に植民がなされた

・太古の人類は、現代人が考えるよりももっと頭脳明晰であったのです。そして彼らは決してこの宇宙の中で孤立した存在ではありませんでした。私が生まれ育った金星の都は、チュートニアという名前で「ドイツの子孫」という意味です。それは、むかし金星を訪れて私達の発展に貢献した才能溢れるあるドイツの科学者を記念して名づけられたものです。(訳注:それは西暦1900年前後のことだそうである)。子供の頃には私はその地球の男性の物語をチュートニアの歴史学院で教わりました。そこは学校というよりは、タイムマシーンのようなところでした。

 

・現在、アーリア人という呼び名で多くの人が知っている白色人種は、金星から来ました。私たちは、しばしば背の高い“天使のような存在”として、あなた方の世界のUFOのコンタクティたちに語られています。私達の身長は通常2メートル15センチから2メートル40センチほどで、長いブロンドの髪と、青または緑色の瞳をしていることで知られています。

 

 

 

バスクバスク人

(渡辺哲郎)(平凡社)2004/4/16

 

 

 

海外移民という産業

・「大航海時代」のバスク人の活躍に刺激を受けて海外に活躍の場を求められた19世紀半ばまで、移民は、ガリシアなど他の地方とともに、バスクの伝統的な「産業」である時代があった。それを受けて、「真のバスク人は、家の原点を示すバスクの苗字を持ち、バスク語を話し、アメリカに親戚がいること」という格言がある。

 

バスク一体化の難しさ

・18世紀、バスクに関する歴史的解釈は新たな展開を迎えた。マドリードからの中央集権の圧力に抗して、バスクアイデンティティが追及され、記録のない先史時代からバスクは独立した国であり、バスク人が自由な市民であることの「証明」が語られ、それを神話化する試みが始まったのだ。バスク人が創世記にあるトゥバルの子孫であったり、聖ヤコブサンティアゴ)がバスクに近い地に現れたりする。バスクにはキリスト教以前の原始的な一神教があり、バスク人が、その時代から使途的な役割を持つ選民である、とも主張された。

 

バスク人の風体を思い浮かべるとき、その角張った顔をおおうばかりに目深くかぶったベレー帽姿が印象にある。

 

・風変りな集団、その集団の住む所がバスクであるが、想像する外観ほどには日常生活をするうえで、異様さを感じさせない。バスクそのものが人口も少なく、地域も小さい、スモール・サイズである。しかし、山椒も小粒のたとえではないが、異彩を放つ。

 

 

 

「UFOが・・・・ 飛んでいる!」 

 フランス政府機関の観察と研究

(ジャン・ジャック・ヴラスコ/ニコラ・モンティジアニ)

(宝島社)2008/2/21

 

 

 

フランス市民によるたくさんの目撃例

・二つの影があった。光を当てると「潜水夫」のような姿をした二人の小さな人物が照らし出された。肩幅が極端に広く、身長1メートルもないぐらい。ヘルメットをかぶった人間のような生物であった。

・そのときだった、直径3mくらいもある円盤が、自分の庭にあるのが目に入った。彼は肝をつぶした。円盤の中から顔中毛だらけで目はたった一つしかない、お化けのような「小さな人間」が出てきた。身長は、1m20センチくらい小さく、すばしっこい動きでルカのほうに近づいてきた。

 

・円盤のような形の乗り物が着陸して、それには小さな「生き物」がいて、接触を試みてくる。そして素早く姿を消すといったパターンだ。

 

・身長が低く(1mか1m20センチ、ひょろりと細くて、顔も細長く、あご髭のようなものがあった。猿のような長い腕をしていて、子どもというよりむしろ、小人であった。小人4人はじっとしていなかった。

 

・兄妹がいることに気づいたからか、小人は球体の中に戻っていった。といってもドアはなく、頭の先から垂直に飛び込んでいくのだった。3人が吸い込まれたところで、球体は離陸し始めた。ひとりは取り残されそうになったが、すでに高度を上げていた球体に向かって飛びあがって中に吸い込まれていった。

 

日本航空ボーイング747の機長に目撃された空母2隻の大きさの「円盤」>

・寺内機長はその後すぐに、この信じられないような話を報道関係者に明らかにする。だが、このことによって彼は日本航空パイロットをおろされ、地上勤務に回されてしまった。

 

UFOを否定したがる人々

・「陰謀説」を信じる人々は、とりわけ軍部が情報隠しをしていると糾弾している。しかし、私自身は、事実を導き出すために十分な情報はすでに入手可能だと思っている。それよりも、私は、この本を書きながら、世の歴史学者たちがUFOに対してこれまでいかに無関心であったかということに驚いている。これほどの資料が揃いながらアメリカのみならず世界の歴史を書き換えるような材料がありながら、数万ページにもわたる資料の大半が捨て置かれているのである。

 

知っていた人々

・世界最強の軍隊が、正体不明で不死身の物体による領空侵犯を許している・・・そんな状況を、もしも一般の人々が知ったら、軍はその不名誉を考えると、居ても立ってもいられなかった。UFOをあたかも伝染病のように扱い、そのまわりに人を寄せ付けないように必死だった。

 

ペンタゴンの宇宙人来訪説

・47年7月10日、午後5時ごろ、ラパスは、フォート・サムナー(ニューメキシコ州)に妻と息子たちと一緒にいた。その時彼ははっきりと見た。雲の下に巨大な物体が静止していた。楕円形で色は白。正体は分からなかった。突然その物体は、ゆれ動きながら上昇し、雲の後ろを過ぎて少し離れた場所に姿を現した。移動はあっという間で、従来の航空機ではあり得ない速さだった。

 

科学者とUFO、タブー

残念ながら、これら「UFO研究の学者」たちは、国家安全保障や政治戦略、軍事戦略の秘密に抵触するという理由で、自分たちの立場を明らかにできなかった。

 

有力な仮説

知的レベル大差説

・我々人類の文明は「彼等」の目から見て原始的なものにすぎず知的レベルがきわめて低いために興味を惹かないのだとする説。彼らの通信技術は人知をはるかに超えた物理法則に基づいており、人類は近代文明が存在することすら知らないジャングルの未開人のようなものである。

 

人類未熟説

・現段階の人類とは対等なやり取りが成立せず、受け身のコミュニケーションに終始させる恐れがある。接触するには時期尚早と考えているとする説。

 

動物園説

・人類は銀河系の自然保護区域に隔離された原始文明の住人であるとする説。私達人類が地球上の自然保護区域に立ち入らないのと同じ理由で「彼ら」も人類への干渉を差し控えている。この仮説を採用するなら、UFOは自然保護区域の警護に当たっているのだという、SFじみた筋書きが思い浮かぶ。

 

第一級国家機密として守られた極秘地域

謎の物の出現が多い地域

・謎の物の出現が多いニューメキシコ州アルバカーキテキサス州サン・アントニオ、それにワシントンDC周辺には政府、民間、軍のインフラストラクチャーがひしめいている。とくにアルバカーキ周辺には「空飛ぶ円盤」が集中している(未確認物体の出現の21.4%)。ここには秘密の軍事基地があり、戦略兵器(原子爆弾)の開発、改良、テストを行っていた。

 

・ロスアラモス(核兵器マンハッタン計画の本拠地)、アルバカーキ(「全軍特殊兵器プロジェクト」を行うサンディア研究所の所在地)、ホワイトサンズにある試験場(ミサイル性能試験場)、カートランド空軍基地(特殊兵器部隊)、アラモゴルド(45年7月6日に初めてプルトニウム爆弾を爆発させた「トリニティ実験を行った砂漠」、さらにロズウェル(509爆撃大隊:アメリカ唯一の原子爆弾投下部隊)。

 

これらはいずれも第一級国家機密として守られた極秘地域なのである

 

・「通常ではない航空機」「異常な飛行物が実在」の209の事例のうち、74.4%は秘密基地上空の目撃事件である。

 

・29.4%はロスアラモス上空、18.7%はアルバカーキ、サンディア研究所、カートランド空軍基地の上空、9.6%はアラモゴルド、ホロマン空軍基地、ホワイトサンズ試験場の上空、1.4%はロズウェル上空である。残りの15.3%はテキサス州にある別の2つの戦略基地、核兵器保管施設のあるフォートフッド基地と世界最大の陸軍基地キリーンだ・・・このような飛行にはいったいどんな意味があるのか?

 

空飛ぶ円盤の存在を証明する

・目撃事件の数が際立って多いのは、いわゆる「急所」である。つまり「戦略的な」ゾーンに集中している。

 

 

 

「写真で見る日本に来た?! UFOと宇宙人」

 (矢追純一)(平安)(昭和51年)

 

 

 

北海道函館市にはUFOの基地がある?

・北海道の南端、函館市をのぞむ小さな港町、上磯では、しょっちゅうUFOが目撃されるそうだ。

 

地元でもUFO目撃者の数が多い

 

吉川さん親子も白昼、巨大なUFOが頭上を通過して行くのを見た。それはまるで巨大な扇風機が飛んでいるようだったという。丸い円盤型のUFOで、全体がものすごい勢いで回転しているように見えた。そして、アッという間に急速にスピードをあげ、海上に消え去ったという。

 

・小坂さんたちは、ひんぱんに現れるUFO基地を探してやろうと毎晩のように近くの山々を探検してまわった。そして、ついに大沼山近くの、通称、貧乏山という山の裏側にUFO着陸跡らしい巨大な円形の焼け焦げを見つけたのである。

 

・グループのメンバーは毎晩交替で見張ることにした。そして、UFOらしい大きな怪光がオレンジ色に光りながらこの貧乏山を出入するのを8ミリにおさめることに成功したのである。

 

 

 

「UFOが飛来する国 ミャンマー」 心優しき人々との出会い

(小寺ゴン太、なしなし・ひらつか) 

文芸社ビジュアルアート)2007/3/1

 

 

 

(アジア各地の太古からの宇宙人とUFOの伝説)

UFOが飛来する国 ミャンマー

・今から60年前、この国を舞台に日本軍とイギリス軍との間で壮絶な殺し合いが行われ、何十万もの尊い命が失われたことを知らない。

ミャンマーはアジアで最も貧しい国の一つ。

 

カロー

UFOが飛来する国・ミャンマー  [ゴン]

・「カローは、空気が澄んでいてとても静かな町ですよ。イギリスの避暑地だったので、洋風のモダンな建物が建っています。ここは、竹でできた仏様が有名です」

 

・ここからなら、朝霧に覆われたカローの町が一望できる、桃源郷に来たような気分だ。

「おや、あそこに変なものが飛んでいるぞ。UFOじゃないか」と、突然J氏が叫んだ。

「どこどこ、何もみえないぞ」

「ほら、あそこ。向かいの山の頂上だよ」

「ええ。どこ、どこ」

「すごいスピードで、折れ曲がって飛んで行った。あれは絶対にUFOだ」

彼は山原を指差し、口からアワを飛ばし力説した。残念ながら私には未確認飛行物体を発見することはできなかった。

しかし、そんなものが飛び交っていても何らおかしくないカローであった。

 

 

 

「ツインソウル」

 (エンリケバリオス)(徳間書店)2008/1/10

 

 

 

別世界への入口

・「公平よ。ルーカス。あなたは、その試練を受けなかった。でもこんなことはできないでしょう」そう言うと手のひらを前に向け両手を伸ばした。すると目の前に真昼のある庭の風景が現れた。それは高さ2メートル、横1.5メートルほどの3次元のスクリーンのようで、まるで別世界の入口のように思われた。

 

・「これはプレアデス星団の、ある惑星の庭へと続く階段よ」そう言いながらスクリーンへと近づき、ドアの中に入ってその信じられないような幻想の世界の中からぼくのほうをふり返った。奇妙な藪にしげる紫色の広い葉をなでながらぼくを呼んだ。

 

「あなたも来たらいいわ」ぼくは仰天した。「きみはプレアデス星にいると違うの?」

エリナは、スクリーンからぼくのほうへ向かって出てくると、空を見上げてプレアデス星を探し始めた。その星団を見つけるとこう言った。「あんな遠くまで旅をする宇宙船を作るにはすごく費用がかかるし、到着するまでには何世紀もかかるでしょうね。でも、この近道を使えば・・・・」

 

・エリナは、再びスクリーンの庭の中へ入っていった。「すごく速いし簡単よ。あなたが、苦労しなかった分の価値はあるわ。こっちに来て」ぼくは前に進んだ。異次元の入口にさしかかったとき体全体に凝縮された低い電圧のようなものを感じた。それに驚いて後ろに退いた。彼女は笑った。

 

・「私達の心は今ひとつになったから、もう一度プレアデス星へ行くことができるかどうかためしてみましょう」彼女がそう言って両手を前に出して集中すると、異次元へと続くスクリーンが現れた。今度現れたのは、以前見た庭の風景ではなく、昼間の小川だった。地球の日中の光ほど眩しくない、スミレ色やピンクや薄紫といった感じの色調に近い光が差していた。

 

 

 

ナチスNASAの超科学」

 (ジム・キース) (徳間書店)2007/12/11

 

 

 

支配者たちがUFO/エイリアン/煽動操作の迷宮を作り出す意図とは?

アブダクションの宇宙人はドイツのナチスのようだった?!

・バーニー・ヒルは誘拐者のリーダーの第一印象を「あいつはドイツのナチのようだった。あれはナチだよ」といっている。

 

ヒットラーは、また人類が新時代の人類と人間以下の種族との二つのタイプに進化しつつあるといっていた。「我々は、この二つの種類を神人と動物集団と命名する。人は神になろうとしているのだ。人は生成途上の神である」

 

・トゥーレ協会とヴリル協会は過激な優生学的世界観の中で、“劣勢種族の根絶とアーリア人による超人種族の創造”を提起した。

 

ヒットラーは、また非アーリア系の「亜人類」をこの宇宙的宿命を完遂するのに必要な労働力―最終兵器V2号建造のため地下施設で働く数百万の働き蜂―とみていた。

 

 

 

アメリカが盗んだ「宇宙人ユミットのプラズマ科学」』

 (ジャン=ピエール・プチ)(徳間書店)2007/12/1

 

 

 

アメリカは、エイリアンの超テクノロジーに関しては、圧倒的優位に立っている。>

・原爆開発のマンハッタン計画や宇宙開発のアポロ計画に匹敵する規模で、アメリカの闇の権力者たちによる超極秘プロジェクト「ブラック・プログラム」が年間1000億ドル以上もの秘密予算で深く進行している。そして、これら特殊プロジェクトの根幹には、地球外起源の科学が深く関与している・・・・・。

 

・こうしてプチ氏のフランスにおけるMHD(磁気流体力学)研究が、本人も知らないうちにアメリカで想像絶するほどの成果に結びつき、ヨーロッパをはじめとするほかの諸国がもはや取り返しのつかない遅れの中に取り残されてしまったのだ。

 

アメリカがこのような圧倒的優位にたっていることは、我々の誰もが漠然と感じていることではあるが、ここまで明確かつ理論的に解明したのは本書が初めてであろう。原爆開発から60年あまり、なるほどもっと強力な兵器が誕生したとしても不思議ではあるまい。