日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

中国の政治体制と社会、さらに人々の人間関係の根幹には秘密結社的な要素が組み込まれている。むしろ私に言わせれば、秘密結社を知らないで、どうやって現代中国がわかるのかとすら思ってしまうほどだ。(3)

 

『今こそ知っておくべきフリーメイソンの謎と爬虫類人種の陰謀』

並木伸一郎   辰巳出版  2020/3/1

 

 

 

地球に潜伏する5種族の地球外生命体

「パルサー文書」では、アメリカ政府の許可を得て地球に滞在している異星人たちについて次のように分類している。

 

ここでは、とりわけ地球に長く存在し、人類の歴史にも大きな影響を与えたという5種族について触れておこう。その5種類とは以下の通りだ。

タイプA=「リゲリアン」:グレイ種

タイプB=「レティキュリアン1」:グレイ種

タイプC=「レティキュリアン2」:グレイ種

タイプD=「ノルディック」:人間型

タイプE=「レプティリアン」:爬虫類人

 

・「パルサー文書」にはグレイの3種類のタイプが記されていて、グレイⅠ型は、オリオン座星系にある、B型超巨星のリゲル・スター・システムから来た「リゲリアン」(タイプA)である。身長約1~1.5mで、大きな頭とアーモンド型のつりあがった大きな目が特徴である。地球人の繁栄には一切の関心を示さず、己の生命の維持に必要な栄養素を人間の分泌物から得ているという。ちなみに、月の裏側には「LUNA-1」と呼ばれるリゲリアンの基地があり、これがアポロ計画の宇宙飛行士らによって目撃され、写真に撮られたものだという。また、母艦クラスの大きなUFOがあり、非常に大きな機械を使用した大掛かりな採掘作業が行われていたと、目撃報告書には記されている。

 

2種目のグレイⅡ型(タイプB)は、レチクル座星系のゼータ・レティキュリー1と2の太陽系から飛来。外観はⅠ型と同じだが、指の配置や顔つきが少し異なる。またⅡ型はⅠ型よりも洗練されており知識が高い。彼らは攻撃的ではなく、Ⅰ型のように人間の分泌物を必要としないという。そして3種目のグレイⅢ型(タイプC)は、Ⅰ型とⅡ型に従属したクローンだⅠ型とⅡ型に比べ唇が薄く、唇がない者もいる

 

・人類にもっとも近い存在である「ノルディック」(タイプD)についても触れておこう。彼らはプレアデス星団、オリオン座星系、アルデバラン星系から飛来した地球外生命体である。外観的には北欧人にとてもよく似ており、約2mの高身長だ。まれに暗い髪と、茶色の目をした者もいるが、基本的には金髪碧眼が多い。

 人間に力を貸すようなことはないが、グレイの行動が人間に直接的な影響を与えた場合にのみ介入する。ノルディックの母星は非常に暑く乾燥しており、地球に比べて酸素含有量も低くわずかながら強い重力を持っている。目は惑星に存在するすべての要素である有害な輻射熱、ほこりをろ過する内側の透明なまぶたによって保護されており、紫外線には極端に弱い。耳の形状は人間のそれに似ているが、超音波とサブ音波を認識する聴力を有するという。また、味覚がなく、ベジタリアンである。人間よりも頭が長く、脳は地球人と同じ構造とサイズだが、中脳は地球人よりも大きく複雑で、この部分がテレパシーと念力を起こす超能力を司っている

 

実はこのノルディックにもさらに3種類が存在するという。まずは人間によく似ているが、かすかに灰色がかった皮膚を持つ「ノルディック・クローン」。彼らはグレイⅠ型に作成された制御ロボットだ。そして、身長が約2~2.4mと非常に高い「トール・ホワイト」。既述した通り、彼らの中には地球人と協力関係にある者もいるという。そして最後に、太陽系から約6光年離れたバーナード星から飛来した赤髪のノルディックが「オレンジ」である。身長約1.2m、体重17㎏と小柄。知的な生命体を尊重しているといい、人間に対しても中立的な立場をとっている。

 

・最後に紹介する「レプティリアン」(タイプE)は、爬虫類型の地球外生命体である。日本でのなじみは薄いかもしれないが、欧米諸国では異星人といえばグレイタイプとともに、この爬虫類タイプを思い浮かべる人も多いという。

 レプティリアンは非常に好戦的で危険視されている存在だが、一方で惑星ニビルの生命体アヌンナキの一族だとも言われている。というのも古代の遺跡から、レプティリアンと思われる像や壁画が、世界各地で見つかっているからだ。現在でも龍や蛇を神格化している地域は多い。ここからもレプティリアン=アヌンナキがいなければ、現在の人類はこれほどまでに発達し、文明を手に入れることはできなかったのであるだが、非情な彼らの性質がトリガーとなり、“神々の戦争” が起こったともされている。

 

レプティリアンこそが陰謀組織の真の支配者、ダーク・ルーラーだった

彼らレプティリアンの特技は擬態である。異空間から人間界に干渉しつつ、ときに人間に擬態もしくは憑依して、何食わぬ顔で紛れ込んでいることもあるようだ。とくにヨーロッパ地域はレプティリアン種が多いと言われており、最たる例は英国王室とされる。彼らは血統を守るため、レプティリアン系同士で婚姻を繰り返しながら、繁栄してきたというのである。支配者層に入り込んだレプティリアンは、影から人類を支配してきた。と書けばもうおわかりであろう。そのための組織がイルミナティであり、下部組織がフリーメイソンなのである。

 

血塗られた神々の戦い“ノルディックVSレプティリアン

・「パルサー文書」は、墜落したUFO内から発見された天体図などから、人類の創造と進化、文明の興亡には様々な天体から飛来した地球外生命体が深く関与していたことも明らかにしている。それを裏づけるのが神話だということは既述の通りだ。

 直近の例としては、シュメール神話を紐解いたゼカリア・シッチンの主張がもっとも興味深い。約55万年前、惑星ニビルから地球に降臨し、シュメール文明を興した地球外生命体アヌンナキにはエンキとエンリルという二大神がいて、それぞれが地上に君臨した。ふたりは異母兄弟だが、地球上にいたサルにアヌンナキの精子をからめて人類を誕生させたのがエンリルで、「エデンの園」でアダムとイブに“知恵の木の実”を与えた“ヘビ”と描写されたのがエンキだった。以来、エンリルは人類に知恵を与えたエンキを敵視し、やがて両雄は、地球の覇権をめぐって人類を抱き込みながら激突する。このときに勃発した核戦争でエンキが敗れている。

 その両雄について、シュメールが遺した円筒印象や立像の姿形から、エンキが爬虫類人レプティリアンだったことと、エンリルがヒト型種のノルディックだったことが見てとれるつまり、世界中の様々な神話で綴られる神々の戦い――王位継承をめぐり、凄惨きわまりない戦いの物語――の発端は、地球の覇権をめぐって激突した、このエンキ(レプティリアン)とエンリル(ノルディック)にあったのだ。

 

・たとえば、エジプトの猫の女神バストテ、ギリシアの神アポロンキリスト教の聖パトリック、インドの聖鳥ガルーダは、人間に邪悪な叡智をもたらす魔術とオカルトに精通する“蛇神=ヘビ族=レプティリアン”の残党を根絶するため、勇敢に戦ったノルディック族の戦士たちである。彼らの活躍により、ピュトン、アポピス、ナーガといった強大なヘビ族のリーダーたちは退治され、追放されていったのである。 このように、善と悪の戦いの物語は、世界の主要な文明すべてに存在している。そしてヘビ族=レプティリアンは、神族=ノルディックによって、再三打ち負かされてきた。陰謀、謀反が渦巻く“神々=地球外生命体”の血塗られた戦いにおいて、支配欲と征服欲にかられた彼らは戦い続けた。その場合、戦いに勝利した者だけが世界に君臨できることは、これまでの歴史が証明している。

 戦いに敗れたレプティリアン勢力は、一時的に弱体化した。そしてノルディックが台頭したことで、シュメールからエジプトへと文明の“バトンタッチ”がなされたということも十分に考えられる。

 

・とりわけレプティリアンは狡猾にも、遺伝子操作や異種交配によって生み出した交配種やクローンを使い、彼らを兵士や科学者、宗教家、そして政治家として世に紛れ込ませてきたのだ。指導者的立場に就かせた彼らを通じて、裏から世界を意のままに操作し、地球の覇権を奪取しようとしているのである。恐ろしいことに地球人類を巻き込んだ地球外生命体同士の“代理戦争”は、すでに始まっているという。

 

背後で高まるレプティリアンとノルディックの対立!

フリーメイソンは神々の“代理人”だった!

英国王室のレプティリアン

・地球を舞台にした地球外生命体による覇権争い――。

 この仮説は、いかにも荒唐無稽に思えるかもしれない。だが、ここまで見てきたようにわれわれの知る神話は、創造主たる神々が太古の地球に降り立った地球外生命体だったことを物語っている。その地球外生命体たちは、人類を裏から操り、あるいは表舞台で先導しながら、人と組織、さらには国までも操ってきたのである。人類が自らの手で歴史を記す前から、地球は彼らの掌の上にあったのだ。

 その“最大派閥”とも言えるのが、古の時代から地球と深い関りを持ち、人類と同化してきたレプティリアンだ。

 そしてこの派閥の中心にいる“代理人”を輩出してきたのは、イギリス王室だと目されている

 

ヨーロッパに巣食うレプティリアン

レプティリアンがイギリスに君臨し続けてきたのであれば、ヨーロッパのほとんどの国がレプティリアンだということになる周知の通り、かつて欧州諸国を治めた王室は、互いに蜘蛛の巣のように絡み合った血縁関係にあるからだ。

 現在も世襲君主制をとるスぺインやノルウェーは、イギリスに黄金時代をもたらしたヴィクトリア女王の子孫だ。ベルギー王室は、ウィンザー家と同一家系。フランス、ドイツ、そしてロシアといった国々にも、王制時代にさかのぼれば互いに血縁関係があったいうまでもなく、その血縁の根源に流れているのはレプティリアンの“それ”である。彼らはその血統を守るために、同族間で婚姻を繰り返してきたのだ。

 さらに言えば、小国でありながら絶大な影響力をもつヴァチカンも、最高位にある教皇からしレプティリアンであることが有力視されている。

 

いや、ついでに言ってしまえば、キリストも人間ではなくレプティリアン、シェイプシフターであった可能性が指摘されているのだ。だとすればローマ・カトリック教会レプティリアンの巣窟だったとしても何の不思議もないだろう。ヘビが神エンキの象徴であることは既述したが、それを重要建造物に意図的にデザインしているのである。

 いや、トップである教皇にも、シェイプシフター説が存在しているのだ!

 こうした事実は、レプティリアンらが着々と人類支配を進めており、“道具”として宗教を利用していることの証左と言えるだろう。改めて指摘するが、ヨーロッパはレプティリアン代理人によって長らく統治されてきたのである。

 

日本もレプティリアン支配下にある ⁉

・これについては、アジアも例外ではない。すべての神々の祖とも呼べるレプティリアンの痕跡は十二分に残されている。西アジアから中国、極東の日本に至るまで広く見られる「蛇神」や「竜神信仰」が“それ”だ。

 たとえばカンボジアには、クメール王国に7つのヘビの頭をもつ「守護神ナーガ」がいる。中国では洪水で壊滅した文明を再建した「伏羲」がそれだ。上半身が人間で下半身はヘビなのである。伏羲の妻である「女媧」も同様で、ふたりは人類の創造主だとされている。つまり、エンキの血をひくアヌンナキといっていいだろう。その延長線上にある秘密結社「洪門」は、実態はフリーメイソンそのものであり、レプティリアンの手下ということになる。ちなみに、フリーメイソンリーと言えば、金正恩もメイソンである“証”を自ら示している。右手を懐に入れる有名なポーズだ。このポーズこそまさにフリーメイソン独特の仕草、特別な所作なのだ。

 

もちろん日本にも、古くからレプティリアンは「侵入」している

 法隆寺の塑像に、「トカゲのような容姿をした人物=レプティリアン」が混ざっているのだ。件の像は「侍者像」と呼ばれ、それぞれ「馬頭形」「鳥頭形」「鼠頭形」と名づけられている。これらはイラクのウバイド遺跡から発見された「レプティリアン像」にきわめて酷似しているのである。                              

 また日本神話にも龍やヘビに変身する神や人物は数多く登場する。よく似た像が飛鳥石造物のひとつ「猿石(女)」であり、同じ明日香村の飛鳥坐神社にある「寒の神」である。

 ちなみにこれらレプティリアンを象った像は、なぜか奈良県に多い。もしかすると彼らがこの地に住み着いていた時期があった“名残り”なのかもしれない。レプティリアンの血を引く者だけが、彼らの“代理人”だとは限らない。レプティリアンは異次元から人間に憑依する能力も有しており、その特殊能力で政治家を操ることもあるというのだ。

 

ノルディックとアメリカの蜜月関係

アメリカでは、イギリスから独立した国という歴史的背景があるためか、さらに複雑な勢力構造が見える。“母国”イギリスの中枢がそうであるように、レプティリアンが権力を有していることは間違いない。だが、20世紀以降は対抗勢力であるノルディックが急速にその勢いを増しているようだ。この事実を明らかにしたのはNSAとCIAの元職員で、アメリカが行っていた大規模な個人情報収集を暴露したエドワード・ノーデンだ。

 彼がもたらした機密文書は、アメリカの大統領が地球外生命体によって操られているという事実、つまり大統領が地球外生命体の代理人であったことを明らかにした。それによれば、ノルディック系エイリアンのトールホワイトが、1930年代にヨーロッパ中を敵に回したナチス・ドイツUボート艦隊を構築する手助けをし、その後にアメリカとも接触。1954年には、当時のアメリカ大統領であるアイゼンハワーと会談し、提携関係を結んだという。

 

トランプ政権成立を揺るがす“代理戦争”

アメリカ=ノルディック連合による“裏のアメリカ政府”が樹立され、今日に至るまで蜜月関係が維持されているとはいえ、当然ながら内部では摩擦が生じているはずだ。アメリカの中枢は二極化し、トールホワイトと反トールホワイトの権力闘争が続いているのだ。この反トールホワイト勢力が、レプティリアンであることは想像に難くない。事実、この二大勢力の闘争は、様々な形で顕現している。

 

・大統領選に勝利した暁には、エイリアンに関する情報を開示するとしていたヒラリー・クリントンは、こうした“影の支配者”の権力闘争の渦中にあり、ノルディック派閥の勢いを取り戻すために何らかのアクションを起こそうとしていたとも考えられる。勝利したトランプ政権も盤石とは言えず、絶えず迷走を繰り返していることから、ノルディック派閥が再び影響力を取り戻しつつある可能性も考えられなくはない。

 もちろん、こうした事象は一過性のものかもしれない。トランプ大統領は第2期も視野に入れているというから、アメリカ政府がノルディックとの関係を断ち切り、レプティリアンに寝返った可能性もある。だとすれば国内における権力構造のパラダイム・シフトが起きたわけで、トランプ政権の弱体化も、伝統的なノルディック派の反発が起こったと考えれば合点もいく。

 いずれにしても、これは筆者の推測に過ぎない。

 

古の時代に消えたシリウス信仰とイルミナティ・メイソン

・失われたフリーメイソンの秘儀――。

 その源泉は、古代エジプトにある。

既述した通り、1ドル札の裏側にはフリーメイソンのシンボル、キャップストーンが浮遊したピラミッドと万物を見通す目=ウシャドの目が描かれている。ウジャドの目は「ホルスの目」であり、「ラーの目」とも呼ばれ、古代エジプトのシンボルである。ホルスは、オシリスとイシスの子であり、宇宙と再生を意味している。そして同時に、フリーメイソンのシンボルであり、彼らが建国したアメリカの国璽でもある。

 

古代エジプトでは、シリウスは特に重視された。いや、古代エジプトのみならず、古代文明の建設者たちは、いずれもシリウスについて現代科学をしのぐ知識を有していた。ところが紀元前3000から同2000年にかけて、メソポタミアやエジプトにおいては、シリウス信仰から太陽信仰への大がかりなシフトチェンジが行われた。

 その結果、旧来のシリウス信仰は支配階級の宗教として秘儀化していくこととなる

 

・だが設立から10年とたたないうちに、イルミナティは反体制結社として守旧派から弾圧を受け、解散を余儀なくされる。これを契機に、イルミナティに深く傾倒していたフリーメイソンリーイルミナティ・メイソン)は地下に潜るか、新興国アメリカへと渡ったのである。つまり、アメリカの“建国の父”であるフリーメイソンリーたちは、イルミナティの洗礼を受けた者たちであったのだ。アメリカの国璽イルミナティのシンボルであるウジャドの目=ホルスの目が選ばれたのは、このような経緯があったのである。

 実は、今日のフリーメイソンにはふたつの派閥があると言われている。「自由・博愛・平等」を唱える“表のメイソン”と、陰謀を企てる“裏のメイソン”である。そして、この裏のメイソンこそ、イルミナティ・メイソンとされているのだアメリカを建国した彼らは、そのまま合衆国の政財界の中枢に居座り続けるために、様々な知略や計略を企ててきたはずだ。フリーメイソン絡みの陰謀論アメリカでもっとも多いのも、これに起因していると考えて間違いないだろう。

 

終わりなきホルスとセトの戦い

・大ピラミッドに秘められた巨大なパワー、ヒエログリフが明らかにした“軍用兵器”の存在、オシリスの時代に運用された核エネルギー………。

 これらのキーワードを俯瞰して見れば、誰しもが世界各地に神話的に語られる「古代核戦争説」を思い出さずにはいられないだろう。

 

・エジプト王として君臨すべく、王位継承権を巡った争いで、オシリスはセトに殺害されてしまう。セトはオシリスの死体を14の肉片に切り刻み、エジプト全土にばらまいた。オシリスの妻イシスは、オシリスの死体を求めてエジプトをさまよった。イシスは完全とはいえなかったが、なんとか拾い集めた肉片を魔術によってつなぎ合わせ、夫の体から精子を取り出したうえで、来世の生命を与えたのだ。そして取り出した精子を自分の子宮に迎え入れたのである。

 こうして生まれたのが「ホルス」である。

 

・そして今度は、ホルスとセトの間で戦いが始まる。

 オシリスの後継者となったホルスは、王権を奪おうとするセトに狙われ、ふたりは「神の湖」のほとりで激しい肉弾戦を戦わせた。

 

・6日後、セトは再びホルスに戦いを挑み、今度は空中戦となった。ホルスは「ナル」という武器でセトを迎え撃つ。「ナル」とは「炎の柱」という意味だが、ホルスのシンボルであるハヤブサを模した武器で、先端にふたつの目を有しており、その色は赤と青に交互に変化したという。

 一方、セトはというと、電光を放ってホルスを撃った。電光はナルを直撃し、その片目が失われてしまう。ホルスは報復としてセトをめがけて銛を撃ち込む。銛は見事命中し、セトは睾丸を失った。ふたりの戦いは激しさを増す一方となり、ついには神々の会議が招集される。はたして、ホルスがエジプトを支配し、セトはエジプト以外の土地の支配を命じられることで決着がつけられた。エジプトはホルスが単独統治していたのだが、世界全体で見ればホルスとセトが分割統治することになったのである。

 かいつまんでの紹介となってしまったが、神話のなかには核爆発を連想させる炎の柱、ミサイルを想像させるハヤブサ型の武器、大ピラミッドのまとう電気エネルギーを喚起させる電光、航空機の存在を示唆する空中戦が描かれていることがご理解いただけただろう。こうした記述は、神話や伝承、聖典に様々な描写で残されているが、それらがすべて偶然の一致だとは考えにくい。超古代文明であれ、異星人の文明であれ、人知を超えたテクノロジーとそれを扱う存在が確実に存在していのだ。そして、その存在の再臨を待ち続けているのが、誰であろうフリーメイソンなのである。

 

1ドル紙幣に描かれたイシスの秘儀

・仮に、オシリスの神話が現実に倣ったものだとすれば、筆者にその結末が不気味でならない。確かに、エジプトの王位継承権争いにおいてはホルスが勝利をおさめた。だが、セトとホルスの戦いは、本当の意味では終わっていない。単に後世に持ち越されただけなのである。そして再びセトとホルスが戦うとき、それが全世界を二分する戦争になることは明白だという。

 エジプトの伝承によれば、オシリスとセトの争い、そしてホルスとセトの戦いは神々がエジプトを支配していた時代のことだ。それはメネスがエジプト第1王朝を擁立する数万年前のこと、つまり神話の時代の物語である。

 だが問題は、この神話が他の神話と違って、決着していないという点である。

 

・この神話の鍵ともいえるオシリスは、古代エジプト語では「アサアル(AS-AR)」」と呼ばれる(オシリスギリシア語)。「アサアル」には「死神」あるいは「闇」という意味があるが、オシリスシリウスと同一視されていたことから「光」という意味を表わした。

 つまり、オシリスは、「光と闇」を併せ持つ神だったのである。オシリスの後継者としてホルスとセトのふたりが名乗りをあげたのは、原初は融合していた光と闇痾ふたつの分裂したことを意味しているのだろう。

 ちなみにこのオシリスの神話は後世のユダヤキリスト教世界において、天使アザエルの物語として語り継がれる。アザエルという名称がオシリスのエジプト名「アサアル」に由来するものであることは明らかだろう(アザエルには、アザゼルアジエル、アゼルといった別名もある)。

 

アザエルは智天使(ケルビム)の位置に属する高位の天使だった

人間が価値のある生物であるかどうかを判断するため、神の命を受け、天使シェムハザとともに地上に使わされたとされる。ところが、地上でレメクの娘ナアマを見て欲情し、神の使命を忘れて肉欲に溺れ、ついには堕天使になってしまうのだ。

 堕天使と化したアザエルは、200人の堕天使をたばねる21人の長のひとりとして、悪行の限りを尽くす。しかし謎めいたことに、堕天使となった後のアザエルは「善き天使」でありつづけた。人間の男に武器を与え、女に化粧を教えたのはアザエルである。これは人間にとって文明を教えられたという意味では善行だったが、神にとっては人間に闘争と虚栄を教えたという意味で悪行だったのだ。

 善と悪、あるいは光と闇――相反するものでありながら、表裏一体をなすふたつの原理、どちらが正しく、どちらが間違っているとは一概には言えない。いずれにしても、オシリスの死によって善と悪、あるいは光と闇が分裂して以来、このふたつの原理は互いに反発しながら対立し続けてきた。そう、ホルスとセトの戦いは終わっていない。オシリス、ホルス、セトの神話は決して過去のものではないのだ

 

 

 

『超新論 古史古伝』 

 佐治芳彦 徳間書店  2004/8/3

異端の歴史書群だけが知る「本物日本」史

 

 

 

竹内文書

上古25代

天孫として天日国(アメヒノクニ)から天浮舟(アメノウキフネ)に乗って地球(天元根国)の天越根国(日本)の飛騨山脈立山に天降った初代天皇(21世続く)から第25代天皇(8世続く)までの期間を「上古25代」という。代こそ25代だが、各代に複数の「世」がいることから、計437人の天皇(スメラミコト)が在位していたことになる。しかも、それらの天皇はいずれも「即位後の○億年にして神去る」とあるから、この期間は「天神七代」ほどではないにせよ、かなり悠遠なものである。

 

・初代一世天皇は多くの皇子・皇女を地球の各地に派遣した。彼らは、その地域の人類の始祖となり、その子孫はその地の「民王」となり、その地域を統治した。第2代一世天皇は、文化の普及に熱心であり、後に天神五代神と融合して「エホバ」ともよばれたという。この時代(上古25代の期間)には、地球規模の大異変が幾度となく起こり、人類の肌の色の違いが生じた。すなわち、それまで黄人だけだったのに、青人、赤人、黒人、白人の別が生じた(五色人の発生)。

 

・皇祖の祖先を祀る皇祖皇太神宮には、アトランティスオリハルコンを思わせる「年月を知らない貴金属」であるヒヒイロカネでおおわれ、五色人の巡礼がたえず訪れた地球の神都である高天原(たかまがはら)の「万国の政府」では、世界各地の民王が天皇から親しく「万国の政法」を学んだ。

上古歴代天皇の中でも、第4代天之御中主天皇は偉大な天皇であった。万国の政法の制定、産業の開発振興、文字の制定、度量衡の制定など多くの治績が伝えられている。

だが各地で大異変(天変地異)が起こり、内乱や叛徒の処刑などが行われた。そこで、天皇は、12人の息子を世界の12の地域に派遣し、鎮撫工作を担当させた

 

聖徳太子17条憲法チベット16条憲法がモデル

・17条の憲法には太子の名を借りた後世の創作であり、それこそ、偽書の定義第1条に該当する。すなわち、書紀でいう太子とほぼ同時代のチベット(仏教先進国)にて16条の憲法が制定されたという事実があり、その第1条は「争う者は罰せられる」という内容である。まさに「和をもって貴しとなし忤(さから)うことなきを宗(むね)とせよ」ということだ。しかも、このチベット憲法は、インド最大の仏教保護者のアショカ王まで遡る。つまり、仏教国には、王が仏説にしたがって憲法(道徳律)を制定するという例が多かった。なお、17条の憲法聖徳太子如意輪観音の化身とされていたが、16条の憲法を制定したチベットのソンツェンガンボ王は観音菩薩の化身とされている。

 

 

 

王仁三郎の霊界物語大予言』 

 海野光彦  徳間書店  1995/11/1

 

 

 

50世紀まで見通す人類最大の「予言暗号書」

王仁三郎は50世紀の未来を見通した

・「24世紀の今日は、天国浄土の完成時代だ。中空をかける飛行機、飛行船はすでに廃物となり、天の羽衣という精巧無比の機械が発明され、汽車は宙を走って、1時間に5百マイルという速力だ。蓮華の花は所狭きまで、咲き乱れ、何ともかとも知れない黄金世界が現出しているのだ」  (『霊界物語』第14巻8章より)

 

王仁三郎はミロク浄土の完成を目指していたが、それは24世紀、今から約3百年経なければ、本当のユートピアは生まれないと予言している。ミロク超科学文明が生まれると、黄金のUFOが大空を飛び交い、世界中に美しい花が咲き乱れる。これは彼の予言の中で最も楽観的なものである。

 

・さらに王仁三郎は、はるか50世紀頃の人類の様子をも透視している。

「何、神界ばかりか、現実もこの通りですよ。一番図抜けて大男といわれるのが、3尺(90センチ)内外、1尺8寸(54センチ)あれば、一人前の人間だ・・・。

少しも手足を使わないものだから、身体はおいおい虚弱となってしまい、もはや50世紀の今日では、こんな弱々しい人間になってしまった・・・・。

それと反対に6尺(1.8メートル)以上の体を持ち、現幽神界において神の生宮として活動しているミロク人種もありますよ」   (『霊界物語』第3巻20章より)

 

・つまり50世紀の人類は、ほとんど小人で頭脳だけの存在になっている。脳をある種の液体に入れて、スーパーコンピューターをつなぎ、あらゆる指令がコンピューターから出される。

一方、普通以上の体を自由自在にテレポートさせ、現界と霊界を行き来するミロク人種も少数存在する。現代から見れば、完全なSFの世界である。

 

・50世紀の交通機関は奇妙なことに黄金の翼を人間に直接取り付けて、超高速で飛ぶようになっている。

すなわち、松彦は、「みな様、しばらくお待ちくださいませ。空中交通機を上げましょう」と又もや指先にて空中に、何事か記す其の刹那、金色燦然たる鳥の翼のごときもの四組、何処ともなくこの場に降り来たりぬ。「サァー、これを御着けなされ」と言ふより早く自然的に四人の肩の辺りに、金色の翼はピタリとくひつきたり、四人は一度に、「アア、これは立派だなァ」と羽ばたきを試むるや、身はますます高く空中に飛ぶ揚がり一瀉千里の勢をもって電波よりも早く、西の空を目がけて進み行く。

                  (『霊界物語』第15巻21章)

このように王仁三郎の世界はまことに幅が広い。超古代から50世紀のはるかな未来まで見通した彼のような予言者は世界中どこにも存在しない。だからある面では、シャカ、キリストさえも超えた予言を述べていたことになる。

 

 

 

『消された惑星 冥王星の黙示録 2012』 

神谷充彦 学研 2009/7/1

占星術大予言!!第3次世界大戦の勃発か!準惑星アセンションを引き起こす!!

 

 

 

チャネリングが暗示するアメリカの真実

チャネラーの多くが、地球人類のルーツは宇宙にあり、特に関係の深いのが、シリウス人、オリオン人、プレアデス人だと述べている。

 

・この銀河における人間型生命体の歴史は、琴座の領域で始まった。

 

・その生命体は、琴座(リラ星)全域に分散して、それぞれの惑星で文明を発展させた。

 

・そのうち、ベガ星人がネガティブな方向へ進み、他の琴座人と対立する。

 

・一方、琴座に生まれた第3の文明がエイペックス文明。彼らは、核戦争で大多数が死滅し、惑星全体がレチクル座と呼ばれる星団の一角へ移動。これが現在のゼータ・レチクル座である。

 

ゼータ・レチクル人たちは、戦争への反省から遺伝子操作によって感情の働きを抑え、代わって、高度な知性を発達させた

 

グレイ型異星人とは、いわゆるゼータ・レチクル人のこと。彼らは、悪者扱いされているが、実は核戦争という過ちを人類が犯さないように支援している。このあたりまでが、琴座とゼータ・レチクル星の物語である。

 

次にシリウスとオリオンへ移ろう。再び時間軸は琴座における琴座人とベガ星人との対立のところまで戻る。

 

一部の琴座人とベガ星人は琴座領域での争いを避けてシリウスに到達し、そこでシリウス人がつくりだされた。

 

・しかし、シリウスでも再び争いが生じる。

 

そこで、特に争いの激しい人々が、オリオンへ移され、そこで、壮大な宇宙戦争が長年にわたって繰り広げられた。

 

・しかし、その争いもやがて終焉へ近づき、その葛藤を最終的に調整するための新たな舞台として地球が選ばれた。

ところで、その計画の以前から、地球には人間型生命体がやってきていたという。ここで、再び時間軸は琴座における琴座人とベガ人との対立のところまで戻る。

 

・琴座における初期の争いを逃れた一団は、地球に到達し地球にもともといた霊長類の遺伝子を自らの体内へ組み込んだ。これが琴座系地球人の始まりである。

 

・その琴座系地球人たちが地球環境に適応したところにオリオンからの集団がやってきた。

 

・争いを避けたい琴座地球人たちは、地球を離れることを決意。そして、たどり着いたのが、プレアデス星団だった。

 

その後、琴座系地球人とプレアデス人たちは、オリオン人たちの計画に、琴座人やシリウス人たちとともに、参画。自らの遺伝子を提供することで、地球人類の創成に寄与した

 

・さて、一見するとこれは何の根拠もないトンデモ話しかない。

だが、複数のチャネラーによって似たような話がもたらされていることもあり、そこには何がしかの真実が隠されているに違いない。

 

  

 

『古代マヤ文明が日本を進化させた』

 高橋徹  徳間書店 1995/4/1

 

 

 

時空間の交差ポイントを重視したマヤ人

トゥランとは、もともとはマヤの伝説の起源の場所だった。そして、地上的には、一種の文明の交差点(原点)であり、英語でポータル(門、入口)と呼ばれるような次元間の通路だったのだろう。

 

マヤ人はタイムトラベルの力を持っていた

ウシュマル遺跡の107人の行方不明者

・最近(1995年2月)知った某スポーツ紙の怪しげな情報がある。それは、古代マヤ遺跡で、数多くの人がまるで神隠しにあったかのように、消えているというものだ。

 

・場所は、メキシコの中でも有数の都市のひとつ、メリダ市から近い「ウシュマル」という遺跡の中の「魔法使いのピラミッド」での出来事である。

1990年以来、107件の行方不明者が出ているという。

 

・もともとメキシコという土地柄は、UFOの目撃談や異星人によるアブダクション(誘拐)のケースも含め、奇怪な情報をたくさん生んでいる。

従って、この情報も信じるか信じないかは読者の自由だが、少なくともマヤの遺跡はたいていの場合、異なった次元との交流場所であることが多い。そのため、このような出来事が起こっていたとしても、特別、不思議なことではないのかもしれない。

 

2013年、人類文明は折り返し点を迎える

・例えて言えば、過去のアトランティス期と現代がシンクロする現代人にとってアトランティスが裏に回って影になっているとしたら、実体と影が融合するような現象である。

 

聖徳太子は、マヤ人=次元間調整者だった

聖徳太子は、まさに偉大なる「キミ」として、世界の橋渡し、すなわち次元間の調整者としての任務を持って、日本の歴史を再編成したと考えることができる。すなわち、彼もまた広義の意味でマヤ人だったのである。

 

マヤを撤退させたアステカ人とシンクロする鎌倉武士

・アステカ人のあいだに一つの言い伝えがあった。それは「ケツァルコアトル回帰の預言」として知られるもの。マヤ人によってククルカンと呼ばれるあらひと神であるケツァルコアトルは、トルテカ王国から一般によく知られていた。ケツァルコアトルは、紀元947年から999年の52年を生きた、より伝説的な神としての人間である。

 

マヤの波動で現代日本が蘇る

マヤ伝説の地「トゥラン」と日本の関係

・マヤの『カクチケル年代記』には、マヤの起源の「トゥラン」(トゥーラ)という場所に関する次のような伝説が記されている。

 

東にトゥランがひとつ、もうひとつは、シバルベイ(冥界)にあり、西方にもトゥランがあり、そこから彼らは、やって来た。もうひとつのトゥランは神がいるところにある。

 

・トゥランないしはトゥーラは、マヤの伝説の土地を指す名称、伝説の神でもある。ケツァルコアトルもまたトゥランの王である。

 

・「ケツァルコアトルという王が長い間統括したトゥランの町において・・・・ケツァルコアトルは徳性の点で別格だった・・・。現地におけるこの王の地位は、ちょうど英国人のあいだでのアーサー王のようなものである。

 

・トゥランの原義は「太陽」のことを指すという説もある。また、ラテン語のテラ(地球、大地)を連想させる言葉でもある。また、ヒットラーとも関連の深かったとされる「トゥーレ協会」と結びつけて考えられるかもしれない。トゥーレ協会は、アトランティス時代の英知を継承するとされる魔術師たちの集まり、ヒットラーのころの同協会の中心人物は、魔術師に通じたオカルティストであり、詩人であるディートリッヒ・エッカルトだと言われている。

 

トゥランは地球と地球外を結ぶ中継ステーション

人智学者ルドルフ・シュタイナーの『アカシャ年代記より』でシュタイナーは、アトランティス人の第4亜種、トゥラニア人にわずかだが言及している。トゥラニア人とは、トゥランの人という意味。

 

・マヤ、アステカの本拠地がトゥランであり、それは地上的にも4つのトゥランの中央=中南米に置かれたと考えることができる。

 

・別な見方とすれば、トゥランとは、地球と地球外をつなぐ中継ステーションのようなものではないか。次元的にも私達が、通常知覚する3次元的な認識空間と、それ以外の次元を仲介する場を指すものだ。

 

「高度な文明を持つ銀河の航行者」マヤ人

・マヤ人は宇宙における一種のエンジニア=工学的な技師であり、生命有機体「地球」と、そこに住む人類がDNAプログラムによって定められた進化の道筋を健全かつ順調に歩んでいけるようにサポートする使命を担っていたのだ。そして、必要に応じて、地球のあちこちを訪れた。また空間移動(テレポーテーション)やタイムトラベルといったSFのような技術も身につけていたに違いない。

 

・筆者自身、この見解を受け入れることでマヤに関する様々な謎が解けてきた。特に、マヤ人の手腕は、宇宙における「次元調整」、なかでも各次元における時間や周期の問題と深くかかわっている。

 

・マヤの神官たち・・・・・エジプトのピラミッド建設にも深くかかわりを持つ賢者および技術者集団。本書では、彼らのことをマヤ人と呼ぶ。

すでに述べたように、マヤはもともと中米のジャングルに住んでいた現地人ではなく、彼らに数多くの知恵を与え、一部はそこで地元民と同化しようとした人々のこと全般を指すのだと筆者は考える。

 

ホピ族とマヤの「赤い都市伝説」

アメリカ・インディアンのホピ族は、南方の赤い都市にまつわる神話物語をも伝えている。この物語は、南の熱い地方からホピ族が移動するさまを描いたものだ。移動の途中で、彼らは、四つの段階構造を持つ神殿都市「パラトクワピ」を建てた。この建物の目的は知識の体系を獲得し、統合することだった。

 

・建設作業が終了すれば、都市を放棄し、知識に対する記念碑としてその都市を残すという命令が下されていた。しかし、この命令を忘れた住民は、次第に退廃へと向かっていく。そうした時に、部族間の競争状態が彼らを目覚めさせる。彼らは、自分たちの使命を思い出し、ついにパラトクワピという南方の神秘の赤い都市を放棄するのだ

 

・この神話は何を物語るものだろうか?この「赤い都市」を建設し、そしてそこを去っていくという彼らの行動がマヤにも当てはまること、すなわちマヤ文明は滅亡したのではなく、ただそこに知識の体系を残し、去っていっただけだという見解を筆者は支持する。建物や都市に対するこだわりのなさも注目に値する。

 

聖徳太子とマヤ歴が日本を動かしてきた

聖徳太子とマヤの神官のあいだには交流があった

・パレンケのパカル王は、私達の言葉で言えば、一種の「魔術師」であり、同類の人々との宴会を楽しんでいたという。そのパレンケ宮殿の宴会には、中国、ジャワ、インドの魔術師、さらにはケルト地方の代表的な魔術師、マーリンも参席したという。

 

・これはアグエイアス博士のフイクションともナンフイクションとも受け取れる物語の中での話だが、そもそもパレンケ自体が、その石棺の蓋の図により、「宇宙人説」が頻繁に登場するくらいなので、それに比べれば、これははるかに穏便な見解であろう。