日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

中国の政治体制と社会、さらに人々の人間関係の根幹には秘密結社的な要素が組み込まれている。むしろ私に言わせれば、秘密結社を知らないで、どうやって現代中国がわかるのかとすら思ってしまうほどだ。(10)

 

 

「続 悪魔(ルシファー)最後の陰謀」 

 小石泉  (第一企画出版) 1994/5/1

ロスチャイルド家1999年の予言書

 

 

 

この不思議な都市には誰が住めるか

「私はまた新しい天と新しい地とを見た。先の天と地は消え去り、海もなくなってしまった。また聖なる都、新しいエルサレムが夫のために着飾った花嫁のように用意をととのえて神のもとを出て、天から下って来るのを見た。また御座から大きな声が叫ぶのを聞いた。『見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや死もなく、悲しみも、叫びも病みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである』」 (黙示録21;1~4)

 

・ここには人と神が共に住むと書かれている。目から涙を全くぬぐいとって下さるとある。そこには。夜が無く、死がなく、悲しみも叫びも痛みもないとある。ここは清らかなところで、罪人(つみびとと読む「ざいにん」とは少し違う)は入ることができない。

 

・ここには不思議な都市がある。新しいエルサレムというその都市は、透き通ったガラスのような純金とあらゆる宝石で作られている。この都は、一辺が約2000キロメートルの立方体である。そこには水晶のように輝く川があり、その岸には命の木が生えている。

 

・読者は、エデンの園に「善悪を知る木」と「命の木」があったことをご存じだろう。人類はそのうちの「善悪を知る木」の実を食べて、罪人となり、悲惨な歴史を作ってきた。しかし、ここにはそれはなく、ただ「命の木」がそれも一本ではなく無数に生えている。

 

・私が面白いと想うのは、この都市である。我々日本人が考える天国とは。都市ではなく農村のイメージではないだろうか。いわゆる桃源郷、川が流れ、桃が実り、山があり。ところが、聖書は都市のイメージなのである。これは砂漠に住む民にとっては、自然とは厳しく、荒々しく安らぎがない土地だったからだろうか。

 

・立方体の都市。この幾何学的な天国のイメージは、日本人には納得がいかないかもしれない。これは実は、旧約聖書の神殿の奥の正殿の拡大した姿である。前に長方形の控えの殿がある。前を聖所、後ろを至聖所という。この正殿が立方体であった。だから新しいエルサレムとは神の住む場所という意味を強調したものであろう。都市には郊外もある、農村もある、心配いらない。

 

・考えてみれば、サタンは、人類の歴史以前からいたわけであり、人類の歴史と共にいたのである。我々が知っている歴史は西洋史を中心とするものだが、これにはこの事は全く出てこない。ところがサタンは、この間ずっと眠り続けていたのではなく、活発に動いていたのだから、その歴史もまた存在しなければならない。さらにサタンも学習する。クリスチャンといえば最も新しいものでも、聖書に出てくる2000年前の姿しか知らない。しかし、彼はこの2000年間人類と共にいて、人類とクリスチャンを観察し、学習し作戦を練ってきたのである。

 

 

 

「天使と悪魔の真理」 歴史の闇に隠された秘密結社の陰謀を暴く!

イルミナティキリスト教    世界陰謀研究会  GB 2009/3/1

 

 

 

天使と悪魔の対立は、どちらが勝者となり終焉するのか

悪魔主義結社イルミナティの謎

・1307年フイリップ4世は、フランス全土において、テンプル騎士団の団員を異端として一斉逮捕。またフイリップ4世は、ローマ教皇クレメンス5世を取り込み、テンプル騎士団の活動禁止を決定させた。テンプル騎士団が培ってきた資産は全て奪われ指導者たちは生きたまま火あぶりの刑に処されたのである。

しかし、テンプル騎士団のメンバーには生き残った者たちもいた。いつの日か、必ずやキリスト教に復讐する、とー。その意図は約400年の時を経て、イルミナティに受け継がれたのだ。

 

<第3次世界大戦のシナリオ

・三度目の戦争はシオニストとアラブ人との間に、イルミナティ・エージェントが引き起こす意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている・・・・」という計画通り第三次世界大戦は中東で引き起こされることになる。宗教問題によって紛争の絶えないパレスチナは、ヨーロッパの火薬庫であり、その可能性は否定できない。

 

キリスト教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により真の光が迎えられる・・・・」と。

 

・これはイルミナティが憎むカトリックの終焉とイルミナティ支配による世界統一政府の樹立を表しているのではないか。

 

 

 

日月神示 艮の戦」 

正神VSイシヤ=イルミナティの世界最終戦

中矢伸一  (徳間書店) 1993/10/1

 

 

 

イシヤの脅威

・イシヤが悪魔的と思われたのはその独善的な革命思想によるのみではない。イシヤが信条としたのは理性礼賛である。その信条に基づき、人々の純粋なる心の発露である信仰を根こそぎ破壊し、合理主義を植えつける必要があった。

 

イシヤより更に上がある

・ある霊視能力者によれば最高位に属する人間は全部で十二人、この十二という数は不変で欠員が出ると直ちに補充される仕組みになっている。十二人が打ち揃い、ある秘教的儀式を行うと、その十二人に別の一個の人格が発生するという。ルシファーの霊格が移ってくるのだろうか。彼らが本当にこの世を支配する最高峰の人間たちだとしたらー。

 

ユダヤ=イシヤではない

日月神示ではさらに日本人とユダヤ人を「ヒツグの民」と「ミツグの民」という言葉でも表している。

 

・「ヒツグ」とは、“霊(精神)を継ぐ”の意であり、「ミツグ」とは“体(物質)を継ぐ”の意である。

 

・イシヤはユダヤ民族をその毒牙にかけて操縦し、さらには日本民族まで餌食にしようと策謀している。

 

・イシヤを改心させ、しっかりと手を握る。これこそ、岩戸を開く鍵だというのである。

 

イシヤの真相に民間の側から迫ることは実際不可能に等しい

ヒットラーはイシヤの陰謀に対して立ち上がった

ヒットラーは、ユダヤ人そのものを諸悪の根源と見誤るが、確かにイシヤの謀略にたいして、敢然と立ち向かったことは事実である。

かくして、第二次世界大戦が引き起こされることになる。

第二次世界大戦は、イシヤ対反イシヤ国家との戦争であった。その反イシヤ陣営にあった国家が、ドイツ、イタリア、日本の三国であった。

 

経済破壊―イシヤ経済が世を破壊する

・非ユダヤ人に害を与えるために我々は、経済恐慌を惹き起した。それがためには、ただ手の届く限りの金の全部を金融界から引き込めるだけで十分であった。かくて巨額の金額が我々の手中に貯蔵されたが、一方では非ユダヤ人国家は資金が全く枯渇したので、結局やむを得ず我々に国債の引き受けを請わざるを得ないようになり、これがため非ユダヤ人国家はこの国債で多額の利子支払の義務を背負い込むに至った」 (第20議定書)

 

社会破壊ー3S政策と大衆の愚民化

・有名な3S(スリーエス)政策も日本においては多大な効果を上げている。3Sとは、大衆を愚民化し、烏合の衆たらしめる三つのS、スポーツ、スクリーン、セックスのことである。

 

かくしてイシヤの目論見は潰される

イシヤと正神との大戦

七度目の大峠の様相

出口王仁三郎によれば、これまでに人類は地球的規模の大天変地異を六回経験している。そしてまもなく起ころうとしている大峠は、七回目のもので、過去最大級で最後のものになるという。この説は大本から派生していった多くの新宗教においてもよく言われていることである。

 

そしてミロクの世が訪れる

 ・「神の国臭くて足の踏み場もないぞ。なれども見て御座れ、三千世界一度に開いて、世界一列一平一つのてんし(スメラミコト)で納めるぞ」

 

イシヤの改心により悲惨な未来は回避される

・「今度の立て替えは敵と手握らねばならんぢゃ。敵役の神々様人民よ、早う訪ねて御座れ、この方待ちにまぅているぞ。引っぱったのでは、心からでないと、役に立たんのぢゃ」

 

・「外国人よ日本の国にいる外国魂の守護人よ、いよいよとなりて生神の総活動になりたら、死ぬことも生きることも出来ん苦しみに一時はなるのざから、神から見れば、そなた達も子ざから、思う神の下に帰りてくれよ、いよいよとなりて来たのだぞ、くどう気付けるぞ」

 

真正日本の復活がイシヤを改心させる

地域ごとに食料の自給体制を><食の改革と身魂の磨き

人類が穀物採食に改めればミロクの世に変わる

イシヤは採食主義である

ヒットラーはなぜ採食主義だったのか>

言霊により世は浄化され、イシヤは改心する

・「今の世によき様に説いて聞かして、まず17,49人、343人、2401人の信者早うつくれよ。信者は光ぞ。それが出来たら足場出来るのだぞ」

 

「早う足場をつくれと申してあろうがな。三千の足場つくったら、神の光出ると申してあろうがな。足場つくれよ。・・・足場なくては何も出来ん道理、人間にもいたりそうがな、何より足場第一だぞ」

 

「心出来たら、足場固めねばならん。神の足場は人ぢゃ、三千の足場。五千の足場」

 

真人ネットワーク作りを急げ

今こそ一人一人が行動を起こすとき

イシヤの仕組みが少しずつ判ってくるとその理解に比例して我々日本人のあまりの無策無防備ぶりがよく判ってくる。破れたイシヤは、彼らにとって最後の砦とも言える日本に対して、総攻撃をかけようとしている。今やその一歩手前の段階にまで来ていると言えるだろう。実際に「神力と学力」の大戦が起きればどうなるのか。

 

日本に伝達された天啓

日月神示とは、日本が終戦を迎える直前の昭和19年より、およそ16年間にわたり断続的な日本に伝達された天啓である。

 

・その日月神示によれば、そうした陰謀集団は実在する。ただその正体は「ユダヤ民族」と単純に括弧でくくれるようなものではない。その根源は、もっと遥かに奥が深いものだ。神示では彼らを「イシヤ」と呼ぶ、その世界支配戦略は、「イシヤの仕組み」という表現で出されている。

 

・神示によれば、世界はいよいよ“神と悪魔との最終決戦”を迎えようとしている。

 

日月神示バブル経済の崩壊も予告済み!!

金で世を治めて、金で潰して、地固めしてミロクの世と致すのぢゃ

 

「この世が来た折には世界中の困難となりてどこの国にも金銀の入用はほど知れず、金融はだんだんに逼迫になるし、何う為様もなきように、一旦世界は火の消えたようになるから・・・・」>

 

石屋の悪の仕組み

・何故「石屋」と称するかというと、それは古代の西洋における石工業者のギルド(組合)を起源とする秘密結社・フリーメーソン(メーソンとは石工職人の意)を指しているためらしい。

しかし、その背後には人智では計り知れない途方もなく巨大な神霊の世界があって彼らの行動と密接にかかわっている。

 

イシヤはなぜ日本魂の復活を恐れるのか

秘密結社フリーメーソンとイシヤ

・世界各地に支部を持つフリーメーソンは、600万人という会員数を有し、組織力において最大規模を誇る。「兄弟愛」「困窮者の救済」「真実」という三つの徳目を基本美徳として掲げ、宗教枠を超えて、信仰の大切さを教え、会員たちに出来得る範囲内で地域社会に貢献するよう奨励するという友愛団体である。

しかし、それは表向きの顔で、ピラミッド型の階層構造を持つ。その組織は上層部にいくほど不透明で秘密主義的、オカルト的な性格が強くなっていく。

 

 

 

「楽園実現か天変地異か」 2012年に何が起こるのか

坂本政道   (アメーバブック新社) 2008/5/1

 

 

 

複数の起源をもつ今回の人類

・今回の人類は実は、別々のところからやって来た複数の集団の寄せ集めのようだ。そのひとつはプレアデス星団からやって来たグループである。プレアデスは牡牛座にある散開星団だ。日本ではこの星団を昴(すばる)とも呼ぶ。

 

・このプレアデス星団には大きな生命集団がいる。ここには非物質生命体から物質に近い生命体までがいる。だが、地球上のような完全に物質的な生命体はいないとのことだ。そのため物質的な生命を体験するには地球まで来なければならないらしい。

 

・このプレアデス星団から地球へやって来て人間になっている生命体が多数いるとのことだ。

 

・二つ目の起源はオリオン座の三つ星と言われている星から来たグループである。オリオン座は天の赤道上にあり、牡牛座の東にある。中央に三つ星が並んでいるのが特徴だ。三つ星はシンタカ、アルニラム、アルニタクという名前がついている。

 

・最近分かったのは、この二つのグループではなく、全然、別次元から地球にやって来て人類になった集団もいるということだ。そっちの方が先に地球に来ていたらしい。この集団はひとつだけでなく、複数いた可能性もある。彼らは、別次元からシリウス経由でこの宇宙へ入り地球にやって来たということだ。

 

シリウスおおいぬ座のアルファで、太陽を除けば、地球上から見える最も明るい恒星だ。

 

・『ハトホルの書』によれば、ハトホルは我々人類の先輩であり、兄弟姉妹であって太古の昔から人類の進化を見守って来た次元を超えたエネルギー的存在である。もともとは別の宇宙からこの宇宙の入口であるシリウスを経由してやって来たという。やはりシリウスはこの宇宙への入口なのである。

 

・彼らは、さらにシリウスから太陽系に入り金星の非物質界に落ち着くことになった。古代エジプトでは、豊穣の神として祀られていたハトホル女神をとおして我々を導き、さらにチベット仏教の形成期にラマ僧たちと交信していたとのことだ。

 

・つまり別次元からシリウス経由でやって来て人類になったものもいれば、人類にはならず、我々を導いているものもいるということである。

 

シリウスの入口を通ってこの宇宙に入り、さらに地球にやって来たグループは、地球にいる霊長類にちょっと手を加えて、人類を創り出した。遺伝子操作をしたわけだ。それは今から数十万年前、いやもっと前かもしれない。

 

・その後に今度はオリオン・プレアデス系のグループが結託して地球にやって来て人類になった。

 

 

 

「世の中、大激変」

 船井幸雄 (徳間書店)2005/4/26

今一番知ってほしい大切なこと

 

 

 

中小企業経営者が知っておくべきこと

・恐ろしいのは、アメリカの銀行が原則として投資銀行だということだ。したがって、設備資金などの融資でも、期間は原則として5年以内、期日に返済ができなければ、担保物件の所有権は、銀行に移り、その物件を売却して貸し借りは終了する。いわゆるノンリコース(担保物件を渡せば借金は消える)である。

 

・しかし、日本の中小企業は銀行から事実上、資本金を借入している。借入の大半は事実上、資本金として工場や店舗に投資され稼働しているから、実際は返済なし(借替)、利息のみを配当として払うのが実情だ。しかし、米銀の考えはこれを不良債権と見なす、したがって、最長でも5年で全額返せと要求する。

これはとんでもない問題だ。(日本の銀行の)米銀への合併が強行されれば、膨大な中小企業の倒産が起こり、大変な不況や混乱が始まる。中小企業は、今から中小金融機関への借入金を準備すべきである。

 

これからの10年は地球が優良星になる絶好のチャンス

・これまで、フォトンベルトに関していわれてきたように、2012年12月に地球は大量の「フォトン」を浴びるのではなく、地球に思念子や生命子という地球を活性化させるエネルギーが大量に降り注ぐというふうに置き換えてみると、先に紹介した文章は次のようになります。

1980年代からあらゆる生命体を活性化する思念子や生命子が太陽系に多く降り注ぎはじめ、2012年12月頃に非常に多くなる。そして、それが2000年間ぐらい続く・・・。こう考えると、これからの10年あまりはフォトンベルトの仮説のように人類が滅亡に向かうのではなく、地球が優良星になる絶好のチャンスということになります。マヤ人など一部の人たちには、それが分かっていたのではないでしょうか。

 

特定客化を志向しないと儲からないことを知りません

・私がいま一番言いたいことは根源的なことについて誰でも本当のことを知ってほしいということです。

 

・私は、40年以上も経営コンサルタントを業としてきました。また、経営コンサルタント会社を作り、その会社のトップを30年以上も務めてきました。

 

たいていの経営者は、1、不特定対象のビジネスは、特定客化を志向しないと儲からないことを知りませんし、2、長所伸展法を実施すると一挙に売上げや利益が増えますが、短所是正法をやると業績が悪化するという経営ノウハウのイロハニもご存じないからです

 

・これらは経営の根元的なことですが、今多くの人は、多くの経営者と同じように人として生きていくうえで、大事なことをほとんどご存じないように思えます。

たとえば、次のような五つのような重要なことをご存じないのです。

 

A、私達の本質は霊魂であって肉体は容れものであること

B、私達の魂はほとんどの場合、また地球上に人として生まれ変わってくること

C、死んでも終わりではないこと

D、私達が、いままでのように自分と今が最も大事と考えて「自分だけ、今だけ、そしてお金だけ」という生き方をしていると、近未来に人類は破滅に瀕する確率が高いこと

E、人間の想いが動植物だけでなく、物質にまで大きな影響を与えること

 

 

・ともかく、忌々しいことは、根元的なもっと大事なことだけでも知ってほしい、しかも真実というか本当のことを知ってほしいということなのです。その理由は、いま世の中が大激変中だからです。あと20年くらいの間に、私達の価値観も常識も変わると思います。多くの人々が、今想像もされていないような地球と社会になる可能性が高いからです。たぶん素晴らしい世の中になると思われます。しかし、それは私達が、本当のこと、大事なことを知り創り上げなければならないのです。

 

 

 

「人間塾」この世の役割は  

 船井幸雄    ビジネス社 2003/7/19

 

 

 

「天の理」の時代への橋渡しをしたい

・今のこの世はエゴを中心に組み立てられています。そして自分とともに自分の肉体が一番大事とみんな思っています。すなわち死んでは、いけないというのは、この世の考え方です。しかし、詳述してきたように、この世は一見するとエゴのかたまりたちの監獄のようなところなのです。

 

・その中で人は、カルマを解消していかなければなりません。一所懸命生きている間にエゴにとらわれる虚しさを知り、カルマを解消していくのです。そう言う意味で何度も述べたように、この世は、監獄兼学校なのです。

 

・前世で悪いこと(良心に恥じること)をしてカルマがあれば、この世に生まれ変わってくるようですから、この世は監獄というより、地獄のようなところかもしれません。

 

・今度こそ、エゴ、すなわち「地の理」を捨てて「天の理」の時代を迎え、一レベル上の星の人類になりたいものです。

 

座して死を待つ日本経済

・国内に雇用がないということはGDP国内総生産)も増えないということです。国内の経済規模が縮小していくのですから不良債権問題も解決しませんし、世界に突入したデフレによるショックもきついものになります。「座して死を待つ」といいますが、日本経済の今の姿は、まさにこの言葉とおりだと思わずにいられません。

 

断末魔にあがく資本主義

「地の理」の矛盾が噴出

・「天の理」とは1、単純で、2、調和している、3、共生(協調)できて、4、開けっ放しで、5、自由で、6、公平で、7、融合し、8、アナログ、9、効率的で、10、「長所伸展」によって生成発展していくシステムです。

 

・しかし、あるとき地球上の人間のDNAが一ヶ所書き換えられてしまいました。それまで、オフだった「嫉妬」のスイッチがオンの状態になってしまったようなのです。これにより、人間にエゴが生まれることになりました。人類の歴史を振り返ってみるとエゴによる争いが続いてきたことがよく分かります。

 

・このエゴの発達によって地球は「地の理」によって動くようになったのです。「地の理」とは、1、複雑、2、不調和、3、競争、搾取が行われ、4、秘密があり、5、束縛され、6、不公平で、7、分離していき、8、デジタルで、9、ムダ、ムラ、ムリが多く、「短所是正」によって生成発展していくというシステムです。

 

現代社会のシステムは、非常に複雑化しています。ものごとは、本来もっと単純明快なものであるはずなのに、エゴを押し通すために非常に複雑なシステムになってしまっているはずです。

 

2012年12月22日、フォトン・ベルトに突入

・ご存じのように、地球上のすべての物質は原子からできています。原子の中心には原子核がありますが、これは陽子と中性子からできています。原子の種類はこの陽子の数で決まります。この原子核の周りをまわっているのが電子です。

この電子の反粒子である陽電子ポジトロン)が、電子とぶつかったときに生まれるのがフォトンで強い光のエネルギーを持つ粒子です。フォトンは同時に波動としての性質を持っていて、電磁波として観測されます。

陽電子と電子の衝突によって、フォトンは二、三個生まれますが、これにより陽電子と電子は消滅してしまいます。

 

フォトン・ベルトはプレアデス散開星団の円盤のような面に対して直角に交わるような形で大きなドーナツ状をしていました。ベルトの幅は1222兆8795キロもあります。

・地球はいままさにこのフォトン・ベルトに突入しようとしているのです。

 

波動は量子学上の最小単位

・量子学で物質の最小単位まで迫っていくと、全ての物質は粒子であり、波動であるところまで行きつきます。これは、全ての物質が波動を出しているということです。したがって、波動ですべて説明できるはずです。

 

四つの性質

以下、私がまとめた波動の四つの性質について説明します。

 

1、同じものは引き合う

2、違うものは反発しあう

3、自分が出した波動は自分に返ってくる

4、劣位の波動は、より優位の波動に変移する(優位の波動は劣位の波動をコントロールする)

 

・「命がけのいい波動」が思いを実現させる。

 

私は、働いている人間には四種の人間がいると考えています。

1、サラリーマン的な人間

2、天職発想する人間

3、人財になる人間

4、命がけの人間

これを仕事の能力という観点から見ると次のようになります。

まず天才のような能力、すなわち神のレベルの能力は、生命をかけてないと出てきません。次は、人から嫌われないこと、慕われて応援してもらう能力です。これは人財になると、できるようになります。

その次が、プロとしての能力です。これは天職発想するか、命がけにならなければ、身につきません。

そして、次が運を引き寄せる能力です。これは天職発想する人財になるか、命がけになれば、舞い込んできます。サラリーマン的な発想をしていては、決して運は引き寄せることができません。

 

・そして最後が思ったことを実現する能力です。天才が命がけでやれば、すぐに実現します。人財というのは、またちょっと別ですが、天職発想している人は多少、実現しやすいといえるでしょう。普通のサラリーマンは、なかなか思いを実現することができません。

 

・したがって、できるだけサラリーマン的発想をやめるようにといいたいのです。サラリーマン的な考え方をしていては、人間の根源的な能力を発揮できないからです。そしてこれは、意識の問題でもあります。サラリーマン的な考え方をしている限り、いい波動は出てこないといっていいでしょう。

 

 

 

「オスカー・マゴッチの宇宙船操縦記」 

(オスカー・マゴッチ) (明窓出版)2008/3/1

 

 

 

背の高いブロンドの髪をした男

・背の高いブロンドの髪をした男が一人、皮の肘付け椅子がいくつか置いてある部屋の隅に立って、私の方を向いている。宇宙艦隊提督のようだ。体にぴったり合ったチュニックを上品に着て、胸には見覚えのある大きなメダルをつけている。温かい微笑みを浮かべながら、私に椅子に座るようにと合図した。

 

惑星地球は今、もうすでに根本的な宇宙サイクルの変化を経験するところに来ています

・新しい次元に順応でき、その意思もある生存者達が救出された後で『ノヴァ・テラ』という地球に似た惑星に案内されます。この『ノヴァ・テラ』は既にここと地球の間の次元に準備中です。貴方の乗った円盤がもっと高い中間の次元で母船に収容されたとき、貴方はこの地球に似た惑星を既に垣間見ていますよ。

 

アーガスの話によると、全く同じ都市が何十も、この惑星の至る所にあるそうだ。そうした都市の周囲には、田舎の風景が何百も々も続いており、散在するコミュニティーに大半の訪問者が滞在している。各コミュニティーの近くにドームに包まれた大きな地域が数ヶ所あり、隔離された実験場となっている。こうした実験場の方にずっと強い好奇心を感じた。ドームの中には無人にちかいものもある。そこには子供くらいの大きさの「シャボン玉」がたくさん、地上高い所に浮かんでいる。しかも、大変驚いたことにそうした泡の中には人が入っていて、自分の力で空中浮揚しているのだ。他のドームには内部が奇妙な建設現場といった感じのものもある。石板がどこからともなく、「物質化」してきたり、どうやってやるのかその方法が見えないのに、炎で切断されたり、クレーンもないのに高く浮き上がって適当な場所に収まったりする。アーガスの話だと、このようなことは基本的には、超自然的な種類のエネルギーを発生させ、それを転換して行うそうだ。

 

・私達が、いるところは、噴水や巨大な彫像や彫刻がある公共広場の端だ。動くベルトの歩道が、人々の群れを色々な方向に運んでいる。彼らは、乗って来た様々な大きさの車両を降りると、すぐに動く歩道に乗るのだ。この人達はヒューマノイドだが、その種類は多様を極めている。見かけが非常に人間に近いのから全く非地球的なものまでいろいろといる。体色も虹の七色のほぼ全部がある。身長もおよそ1.2メートルから2.1メートルほどで、幅がある。ここで私の格好も改めてしげしげと見られるには値しないと思える。

 

ガーディアンには、次元なんてありません。複宇宙のどの物質的次元を探してもそんなところにはいないんです。彼らは、こうした複宇宙の構造『外で』、完全に非物質的なレベルの最上位に存在し、機能しているんです。彼らは、霊的な存在で部分的にすら顕在化していないのです・・・・

「すると幽霊みたいな存在」

「違います。彼らは、死んだことはありませんからね。彼らは、ずっと昔のことですが、まだ人間の肉体にある間に不老不死になったのです。肉体は必要としませんから、彼らの意識は魂の本質と呼びうるものの中に住んでいて、物質界にとって近づけない存在です。そこから彼らは、私達の物質世界が適切に機能し進化していくのを監視していて、必要な場合に小さな軌道修正を行います。だがこの修正は宇宙全体の構想と合致している場合ですが」

「合致しているかどうか、どうして分かるのですか」

グレート・アンマニフェスト(偉大な潜在)」からの洞察を通して分かります。時々、諸条件が整えば、アセンデッド・マスターズ(高級教師)と協議をして分かることもあります