日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

中国の政治体制と社会、さらに人々の人間関係の根幹には秘密結社的な要素が組み込まれている。むしろ私に言わせれば、秘密結社を知らないで、どうやって現代中国がわかるのかとすら思ってしまうほどだ。(12)


・外見は普通の人間と変わりはない。しかし、本質は超人(アデプト)であるが、超能力を隠すと誰も識別できなくなるようです。米軍の将兵の前でその超能力を示したと言われている、あの小柄なバイオロボットともいわれるグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくるそうです。彼らには、目の前で消えたりするテレポート(瞬間移動)の技術は、それほど難しくないテクノロジーだそうです。
 東日本大震災を予言・的中させた松原照子さんもブラヴァツキー夫人などの不思議な世界の人々とのコンタクティということで、25年前に本を出版しました。が、最近になって「大地震の予言・的中」ということで再びブログで注目されているそうです。現代において、日本でブラヴァツキー夫人とコンタクトしているというのは、不思議な話です。「事実は小説よりも奇なり」なのでしょうか。
 「世界の中心」というのは、近年『アガルタの地下都市のネットワーク』という本が数冊、出版されていますが、「異次元の都市」ではないでしょうか。異次元に突入した都市型の超巨大宇宙母船なのかもしれません。神智学ではエーテル界やアストラル界に『都市』があるといいます。「神々の都市」で神々と魔女達が何をしているのか不明です。ちなみに、「アガルタの住人の末裔がヨーロッパの放浪の民ジプシーである」という説もあるそうです。三合会の「神の聖なる都市」『柳の都市』と同じでしょうか。霊界にある「天国」と似ているが違っている「神々の都市」とは、どのようなパラレル・ユニバース(並行宇宙)にあるのでしょうか?

「宇宙連合のマスター達」が中世のパリに現われたのでしょうか。昔のコンタクティの話は、宇宙母船でマスター(大師)と呼ばれる霊格の高い宇宙人と会見したという話が多かったといわれます。「薔薇十字団員は、天使的な異星人だった」という説を当時フランスで唱える者もいたそうです。現代においても「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうですが、その実態は、薔薇十字団以上に不明のようです。パリが狂喜した薔薇十字団員の超能力とは、シリウス星人のものだったのでしょうか。

 

・「新型コロナ感染」2020/5/2基準で世界の感染者数は329万2000人、死亡者は23万7000人ですが、早く新型コロナウイルス感染症の特効薬やワクチンが作られることが期待されます。また注目されている薬「アビガン」についての報道が多いようです。ワクチンも開発が進んでいるようです。

BBCニュース(2020/5/5)によりますと「新型コロナウイルスに対するワクチンや治療薬開発に向けた国際会議が4日開かれ、参加者らが総額80億ドル(約8500億円)以上の拠出を約束した」と報道されています。

 

・ヤフーニュース(2020/5/6)KYODOから引用

「米でコロナワクチン臨床試験開始 ファイザー、9月許可目標」

【ワシントン共同】「米製薬大手ファイザーは5日、新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験を米国で開始したと発表した。ニューヨーク・タイムズ紙電子版は、9月にも食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可を得ることを目指していると報じた。

 

 同社は、順調なら年末までに数百万回分のワクチンを用意するとしている。ドイツのバイオテクノロジー企業ビオンテックと共同開発。ドイツでも4月に臨床試験が始まっている。

 ウイルスの特徴の一部を再現できる人工遺伝子を用いたワクチンを体内に注射し、本物のウイルスへの抗体を、あらかじめ作る仕組みだ」とのこと。

 

・ちなみに、「歴史を変えた医薬品」としては「20世紀最大の発明」といわれる世界初の抗生物質の「ペニシリン」を思い出しますが、「ペニシリン」以後は劇的に細菌感染の病気が治ったといわれます。多くの人々の命が救われたようです。そのために終戦後から「ペニシリン」の名前は、庶民層にも全国的に広まったといわれます。

ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)から引用。

ペニシリン

「1946年からは占領軍が招聘したテキサス大学のジャクソン・フォスター教授の指導の元に日本の製薬会社各社が生産を開始し、翌1947年から病院を通して日本中へと広まった。その結果、日本では抗生物質の開発及び生産が著しく増大し、感染症の治療法が普及し、乳児から高齢者までの全ての年齢層で感染症による死亡率が著しく減少し、平均寿命の上昇に大きな影響をもたらした」とのこと。

 

・アビガンについては、次の報道がありました。

ヤフーニュース(2020/5/6)日刊ゲンダイデジタルより引用。

アビガン共同開発者・白木公康氏に聞く 新型コロナとの戦い方

早期に投与すれば重症化を避けられる

 「新型コロナウイルス感染症の治療薬候補として注目される、国産の抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」(一般名:ファビピラビル)が、5月中にも薬事承認されそうだ。安倍首相が同4日の記者会見で明らかにした。同剤の共同開発者である富山大学名誉教授の白木公康氏(千里金蘭大学副学長)に取材した。

 ――なぜ抗インフルエンザ薬のアビガンが新型コロナウイルス感染症に効くのですか?

 

 インフルエンザや新型コロナのウイルスは遺伝子にDNAでなくRNAを持っているからです。アビガンは、細胞内に侵入したウイルスが、RNAの複製に必要な酵素「RNAポリメラーゼ」によく似た構造をしています。ウイルスが間違えてアビガンを取り込むと、RNAのコピーができなくなり増殖が止まるのです。RNAウイルスは同じような仕組みで増殖するものが多いため、昔からインフルエンザ以外のRNAウイルス感染症にもアビガンは有効だと考えられてきました。実際、2014年には、ギニアエボラ出血熱の患者に投与して死亡率を下げたとの研究報告があります。

  今回、中国政府が、すぐに使うために7万の既存薬からアビガンを新型コロナウイルス感染症の薬候補として選んだのはこうした理由からです。

  アビガンが新型コロナウイルスに効くのは中国の論文からも明らかです。実験室レベルの研究ではエボラと同じ用量での効果が認められていますし、臨床試験でも「アビガン治療群では平均4日でウイルスが消失し、対照群では平均11日を要した」と報告されています。解熱までの期間や咳が緩和する期間の短縮が確認され、日本で心配されている副作用についても「明らかな副作用も見られず安全性は高い」と書かれているのです。

  にもかかわらず、日本の感染症の専門家は「アビガンの有効性については判断できない」とするのはなぜでしょうか。少なくとも、「中国では有効性が確認されているが、わが国では判断できない」というべきではないでしょうか」と記載されています。

 

・『今こそ知っておくべきフリーメイソンの謎と爬虫類人種の陰謀』の著者、並木伸一郎氏は、「UFO研究やUMA研究など、オカルト分野の第一人者ともいわれる」と伝えられています。

 「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうですので識別不能のようです。レプティリアンといっても普通は「見えない宇宙人」なので、憑依された人間は、識別が難しいようです。ときどき、イルージョンや幻覚、幻視としてレプティリアンの正体が見えるというのですから不思議な話です。昔の「龍神」もかなり進化しており、現代では正確には分かりません。「生きている人間の肉体を乗っ取り、霊体として支配する」という、憑依のようなスタイルをとる場合があり、これを「ウォーク・イン」といわれます。遥かに進化した異星人は、ワンダラー(転生)やウォークイン(憑依)やその他のさまざまな形態で人間界に出てくるともいわれています。また人は皆、記憶喪失の異星人だといわれます。「宇宙人と普通の人間を区別できなくなっている」時代だそうです。見えない宇宙人の方が、進化の速度がはるかに速く、想像を絶する程度に異次元から人類に影響を与えているといわれます。私たち一般人は、「宇宙人の憑依現象」については理解できません。「進化した異星人」である、天使や堕天使、大天使の活動や影響力は見えないため、科学の対象にはならないといわれます。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。 「グレイ」は人間の無意識の中に入ってくるといわれます。物質化、非物質化が自由にできる高度なエイリアン・エンジニアリングを持っているといわれます。「異次元のアストラル界はとても巨大です。ここに存在する全ての世界からおよそ600億人の人間タイプの生物が集まっている」といわれます。米国と協定を結んだと言われる異星人も、マニアや研究者によって、不確かな情報が流れてきています。

幽体や霊体で、人間が見えない世界のアストラル界やエーテル界のパラレル・ユニバース(並行宇宙)に自由自在に棲息しているという進化した異星人たちの「この世に実体化」した動向も少しずつですが、メディアに登場するようです。フリーメーソンについては世界に10万冊以上の書籍があるといわれます。そして「日本国憲法フリーメーソンの理性主義の産物」という説もあるといわれます。「日本の知識人が欧米人を理解できないのはフリーメーソンを知らないからだ」そうです。とことん悪魔崇拝フリーメイソンリーが画策したアメリカ建国と指摘されています。なお金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、といわれます。

 

・「太古、日本は地球の中心で天皇は宇宙船に乗って世界各地を巡行した」という『竹内文書』は、偽書としては否定できない要素を現代になって持ちだしたそうです。スイスの有名なプレアデス星人のコンタクティ、ビリ-・マイヤーによると、プレアデスのとある惑星に日本民族の原郷となる惑星があり、彼らは、今も宇宙旅行をしているといわれます。

また聖徳太子は神人と交わりがあったとか、多くの伝説があり、歴史上、謎の非常に多い人物として現代でも、議論が多いそうです。

 

・人類が50世紀に小人になる可能性はあるのでしょうか。戦後米国に飛来した映画でもお馴染みの小柄なグレイは、人造ロボットで最下層の労働者階級だとする説(金髪碧眼の人間タイプのノルディックは位が高い)もあって、正体に関する説は色々あるといわれます。その諸説の一つにグレイの「人類の未来の姿説」、「人類の未来からのタイムトラベラー説」というのもあって、激しい核戦争を繰り返して、人間タイプがだんだん退化していき、グロテスクになり、我々の見る小人の異星人になったそうです。なお、ゼータ・レチクル星人は、多種多様なようですが、実際のスター・ウォーズは、激烈で惑星を吹き飛ばす超兵器も登場したようです。

インドの古い叙事詩にもありますが、特にスター・ウォーズの歴史は非常に多かったようです。未来には人類の進化したものと神人の2系列があるといわれます。また、巨人タイプもおり、フランスの有名なコンタクティのラエルの報告では、小柄で完全な人間タイプで20万年進化しているリラ(琴座)星人もいるそうです。神々の世界は時空を超えているので王仁三郎の『霊界物語』はリアルな感じがするといわれます。

 

・「人は皆、記憶喪失の異星人である」という説がありますが、地上には「異星人であった記憶を持つ地球人」もいるそうです。特に米国などの異星の記憶を持つ人々がいるそうで、異星人の世界と霊界の世界が交差しているようです。当面、2013年のアセンションに関してオカルト・マニアの書籍が多く出てくるようです。「人間を実験室で作った」リラ(琴座)星人と「遺伝子操作か思念(?)で人間を創った」シリウス星人とかいろいろな話がチャネラーやコンタクティたちから伝わります。小柄なグレイも「人造ロボット説」が有力ですが、「人類の未来の姿説」というのもあり、核戦争を繰り返してだんだんと体が退化して小柄になっていったというのです。ですから、グレイは、人類の未来から来たタイム・トラベラーだという説もあるそうです。当然、チャネラーの話は洋の東西を問わず相似してくるといわれます。映画『スター・ウォーズ』を地で行くような、もっと物凄いスター・ウォーズが太古に行われていたようです。

  米軍は、アイゼンハワー大統領と宇宙人の会見後、ゼータ・レチクル座に留学生を送ったという話がありますが、どこの国でも、異星人とコンタクトできれば、同国人を異星に送り込むことでしょう。だからこそ、異星人情報は、『厳秘』扱いなのでしょうか。

 

・明治時代などの天狗の神隠しと現代の米国のUFOによるアブダクション(誘拐)とは、似ているのでしょうか。メキシコは現代でもUFOなどの不思議な現象で知られているそうです。記録にある金髪碧眼の白人のケツァルコアトルという中南米に飛来した神様と戦後グレイとともに米国に飛来した金髪碧眼のノルディックが同種の種族とすれば、ナチスの崇拝した金髪碧眼のアーリア人種とスペインの金髪碧眼のウンモ星人等の関連が窺われ、宇宙連合の諜報機関は、歴史の転換点に登場するのでしょうか。

  宇宙母船には直径100kmのものもあり、都市型の超巨大宇宙船も報告されているそうです。超巨大宇宙母船がエーテル界に突入したり、次元移動して恒星間飛行をすることも予想されます。宇宙連合の諜報機関は、太古から地球にコンタクトしており、人類の創造にかかわったようです。米国のチャネラーからの報告にはそのような話が豊富にあるそうです。異星人や神人、異人なども日本に昔から来ており、多くの伝説や伝承になっているようです、ちなみに「『かぐや姫』が聖徳太子の祖母だった」という説もあり、異人や神人と聖徳太子との関係が窺われるそうです。ケツァルコアトルは金髪碧眼の白人の神様で、現代米国に飛来した金髪碧眼のノルディックのイメージと一致するようです。そして、ケツァルコアトルタイム・トラベラーのようです。

 

・1952年6月15日に発見された、紀元7世紀の王・パカルの石棺の蓋に彫られたレリーフが「パレンケの宇宙飛行士」等と呼ばれています。まさにパカル王が小型宇宙船を操縦している図絵で、よくUFO関連の書籍に登場し有名です。マヤの異星人たちが、当時の世界中の異星人の地球の着陸地と結んでいたことが窺われ、異星人のネットワークがあったのでしょうか。当時の聖徳太子と神人の交流の記録もあり、当時、宇宙連合の諜報機関が動いていたのでしょうか。なお、南米の有名なケツァルコアトルは、金髪碧眼の白人の神様で、戦後米国にグレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックとの相似が窺われます。世界中に金髪碧眼の白人タイプの神々の伝承があり、金髪碧眼のノルディックが太古から地球にコンタクトしていたのでしょうか。日本には『童子』、『鬼』の伝説が非常に多いのですが、「聖徳太子は鬼の一族と関係があった」という説もあり、鬼を異星人と見る見解もあるそうです。

 

・戦後米国にグレイとともに60年前に飛来した金髪碧眼のノルディックと呼ばれる宇宙人は、金髪碧眼のウンモ星人と似ているようです。スペインでは黒目黒髪のスペイン人のイメージですが、混血が進んでおり、人種問題も複雑なため、ヨーロッパでは、人種に関することはタブーなようです。ヨーロッパでは太古から現代まで、人種間での争いや虐殺も非常に多く、そのおぞましい歴史を明らかにすることは無理なようです。金髪碧眼の白人そのもののケルト人やナチスが狂った金髪碧眼のアーリア人種など、ヨーロッパでは、金髪碧眼の神々の神話は、豊富なようです、スペインのバスク人も謎の民族で、混血が進んでいるようですが、本来は金髪碧眼の白人タイプだそうです。バスク語は世界のどの言語とも異なる極めて独特な言語であり、バスク人は系統不明の民族だそうです。また、バスク人は85%がRh-型の血液であり、このことから、バスク人はヨーロッパで最も古い種族ではないかと推測されているようです。

「ヨーロッパのジプシーがアガルタの住人の末裔だ」とする奇説もあり、戦後米国に小柄なグレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックは、ヨーロッパの金髪碧眼の白人タイプ(白系ロシア人等)の源流なのではないかと窺わせます。金髪碧眼の宇宙人の話は世界中で数多くありますが、宇宙人は金髪碧眼ばかりではなく、人間タイプの宇宙人は多種多様で、黒目黒髪の東洋人タイプ、日本人タイプもいるそうです。ちなみに「グレイの後に金髪碧眼のノルディックが来て、その後に東洋人タイプが来た」そうですが、情報はそこでぷつんと切れているとされています。アバブ・トップシークレットの『厳秘』のため日本のマスコミも手がでないようです。日本の書籍でもよく登場する、ナチスとも言われた金髪碧眼のノルディックは、米軍の将軍様を乗せて、プレアデスにでも去ったのでしょうか。

 

・国常立命は、ウシトラの金神ともいわれ、祟り神として封印され、抹殺された神々の代表みたいな神だそうです。大本教をはじめとする多くの新興宗教の教祖などに憑依して、頻繁に登場しているそうです。サナート・クメラといえば、貴船神社鞍馬寺、魔王尊、地球の霊王、シャンバラの王などと単語が連なりますが、ウシトラの金神とともに有名です。現代のチャネラーの中にもウシトラの金神とチャネリングする者もいるといわれます。官憲に弾圧された大本教は、その巨大さゆえに官憲に恐れられたのでしょうか。古史古伝マニアのいう『竹内文書』の「太古、日本は世界の中心だった」という話もいずれ再構成される時がくるのでしょうか。太古から神々が争い、殺し合い、スター・ウォーズがあったのでしょうか。

 

神代文字は、アヒル文字、モリツネ文字、タネコ文字、ホツマ文字と色々あるようですが、一見すると単純でモダンな感じのする文字で、太古、何種類もの異星人が飛来していたようです。欧米では「天使文字」といわれるものもあるそうです。茨城県の海岸に江戸時代に現れた“うつろ船の蛮女”もウンモ星人のようで、スペインのウンモ星人に関する書籍も数冊日本で出版されています。ウンモ星人は、戦後米国に飛来した金髪碧眼のノルディックと似ており北欧系の白人タイプのようですが、黒目黒髪のスペイン人タイプもいるのでしょうか。宇宙人は進化の程度がそれぞれ違い、プレアデス星人は人類に7千年、リラ星人は2万年進化しているといわれています。が、一部のプレアデス星人もシリウス星人にコンタクトして天国に出入りしているそうです。宇宙連合のつながりから、より上位次元の異星人とコンタクトしようとする動きがあるからでしょう。どの異星人も神々にコンタクトしたいようです。「神々に近づきたい」とする行動動機が、異星人の最大の行動要因だそうです。人類はあまりにもレベルが低いために、宇宙連合に参加できないと言われているといわれます。ウンモ星人に関する書籍は日本でも以下のように出版されています。

「宇宙人ユミットからの手紙 (5次元文庫)」、「アメリカが盗んだ宇宙人ユミットのプラズマ科学 (超知ライブラリー サイエンス)」、「宇宙人ユミットからの手紙(1)(2)(3)」、「宇宙人ユミットの謎―今世紀最大のX‐ファイル 」

 

・いくつかの神代文字の中には、現代の漢字よりもモダンな感じのする文字もあり、宇宙人飛来の文字であったことを窺わせるそうです。天狗にまつわる昔話などを総合すると、宇宙人であったと判断され、明治時代に東北地方の遠野などに現れた“赤い顔をした異人”ではなかったのでしょうか。なお、異人とは民俗学で、共同体の外部から訪れる来訪神を指す概念。マレビトともいうとされていますが、日本の各地を異人や宇宙人、神々が徘徊していたのでしょうか。天狗の神隠しは、現代のUFOのアブダクション(誘拐)と相似するようです。

  「ベントラ」という言葉は、スイスの有名なプレアデスのコンタクティのビリー・マイヤーが言っていた言葉だそうです。宇宙友好協会の会員の中には、当時日本にも来ていた宇宙連合の諜報機関員とコンタクトしていた者もいたそうです。金髪碧眼の美女や、007のような諜報員が日本にも飛来して地上を徘徊していたそうです。また、その会員は金髪碧眼の宇宙人がたくさん乗っている宇宙母船にも連れてもらったといわれます。作家の三島由紀夫は、外国人がびっくりするような自殺をしたので、外国人の日本人に対する評判を非常に悪くしたそうでした。有名なノーベル文学賞作家の川端康成も自殺をしましたが、「死後、親に会えない、地獄に落ちて、ろくなことのない自殺者」なのですが、有名人も自殺するくらいですから、ちなみに毎年3万人が自殺しているそうで「政治の貧困ここに窮まる」ということだそうです。ここ10年でも合計30万人も自殺しているそうで、日本民族存亡の危機ともいわれていますが、自民党公明党の連立政権の責任だそうで、「政権交代」でもなれば、あわれな自殺者は少なくなるでしょうか。以前は「経済一流、政治二流」と言われたのですが、今は「経済二流、政治二流、学識二流」で落ち目で外国人の評判も悪いそうですが、政権のもと緊急対応策が必要となります。

  モデル県があるとすれば、モデル県で色々な新規の施策を実施して、成功すれば、全国に広めるという手法があります。モデル市町村もあるようです。何事も小規模で実験してみて、うまくいけば、大規模に実施するという手法は重要です。全国のモデルとなるように色々なことをすすめていくような気構えが大事です。神示は、無視できないほどの影響力があるようです。

 

・天国に自由に出入りして、人間の転生や人間への憑依を自由に操作できるシリウス星人は、『心霊攻撃ができる』といわれています。思念で人間を創ったというシリウス星人だけが『魂のメカニズム』を知悉しているのでしょうか。魂のメカニズムは誰も分かりません。『心霊攻撃』ができるシリウス星人に対抗できる異星人は少ないでしょう。死後、シリウス星人の宇宙船に乗るという話は、外国の話でも少なくないようです。シリウス星人は高次元に存在する天使のような、神々に近い高等知性体なのでしょうか。死後の三島由紀夫チャネラーに霊界通信の形で、テレパシーで送ってきたそうですが。シリウスの宇宙船に乗った三島由紀夫のその後とは?ちなみに、死後の三島由紀夫の霊界通信によれば、「自殺者は親に会えず、地獄に落ちてろくな目にはあわない」という説もあるといわれます。死後、誰でも天使的な宇宙人のシリウス星人に会うことができるようです。そして、地球はシリウスの植民星なのでしょうか?

  イタリアでは最近はクラリオン星人とのコンタクティが登場しましたし、教皇キリスト教関連で、昔から宇宙連合とのコンタクトは多いそうです。第二次世界大戦後、米国で宇宙連合の諜報機関のコンタクトが本格化しだしたようです。宇宙連合の諜報機関と米国の諜報機関は、混じり合い、米国はフリーメイスン王国ですので、イルミナティなどの秘密結社などを通じて、影響、支配が貫徹しているのでしょうか。イルミナティの円盤は、タイムトラベルができるといわれているそうですが、米軍の将軍様でも乗っているのでしょうか。

 

・ルシファーやサタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人の一派は、遺伝子科学者であったという説もあるようです。UFOの中で生体実験を受けたという報告も多くありますが、ルシファーは神のように不死で健在のようです。ナチスの生体実験とマスコミなどで報道された宇宙人の生体実験やおぞましい動物などの生体実験場の話は結びつくのでしょうか。「ネガティブなシリウス星人も遺伝子操作などで、人間が嫌悪する生物を創ったので神に嫌われ、最後に神によってそれらの生物は(大変動・大洪水などで)全滅させられた」という太古の話は現代にも再現されるのでしょうか。太古、二派に分かれて破滅的なスター・ウォーズがあり、“オリオンの邪悪な宇宙人”ともいわれていたようですが、近年は宇宙連合の活動も活発化して、  大規模なスター・ウォーズはなくなったといわれます。太古、天使団の3分の1を率いて神に反逆したという堕天使ルシファーの物語は、宇宙大戦争スター・ウォーズ)であり、その後、宇宙連合が創られたそうです。そして、昔から宇宙連合の諜報機関が地球にコンタクトしてきているようです。米軍基地に住んでいる人間タイプの異星人の諜報員の話は、一般人と見分けがつかず、第二次世界大戦後にコンタクティより報告されだしたようです。

  

・宇宙には多くの種類の動物タイプの宇宙人もおり、異類から進化した神々も存在するのでしょうか。爬虫類人レプティリアンの宇宙人の話も多いようです。異類といえば日本でも「鬼などはモンスタータイプの宇宙人だった」という説もあるようです。神々しい観音像とは別のイメージです。しかし、「鬼」とよばれたものの中にも美女がいたという昔話もあるそうです。また、「鬼の一族」が聖徳太子だったという説もあり、聖徳太子と宇宙人を結びつける話もあるそうです。フリーメイスンイルミナティの背後には、神々の宇宙連合の諜報機関が、存在しているそうです。色々な現象は、宇宙連合の諜報機関の活動とみることができるようです。CIA(米中央情報局)に代表される米軍の諜報機関と宇宙連合の諜報機関はどこかでまじわり、秘密が保たれているのも、『厳秘』として処理されているからでしょうか。テレビ映画『Xファイル』のような世界なのでしょうか。先進諸国は実質的にその諜報機関によって現実的には動かされているという『諜報機関優位説』も根強いといわれます。「人類の歴史は平和の時代よりも戦争の時代のほうが長かった」そうですが、モロク神が裏世界に存在するからでしょうか。ちなみに奇説として「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なために戦争が頻繁に起こった」という話もあるといわれます。

 

・諸悪の根源のような魔神がモロク神なのでしょうか。イエス・キリストを殺害して、全人類の上に君臨する絶対的な独裁者であるモロク神は、異類から進化した高等知性体で、「異類混血がスター・ウォーズの原因となった」といわれます。異類から進化したモロク神のような高等知性体は、人間をゴキブリ以下に思っているような種族もいるそうですが、にわかに信じられない話のようです。宇宙には非常に多くの種類の宇宙人がおり、動物タイプの宇宙人も多いそうです、まるで映画“スター・ウォーズ”の世界のようです。イルミナティの円盤はタイムトラベルができるといわれます。

ウォーク・イン(憑依者)やワンダラー(転生者)たちも活動しているという説もあるそうです。いわゆる異星人の魂を持った人たちは、米国に多いといわれます。現在、多くのチャネラーアセンションを語っていますが、はたして何が起こっているのでしょうか。

 

・霊界と高次元の高等知性体の世界は相似しているようです。シリウス星人は天国に自由に出入りし、人間の転生と人間への憑依を自由に操作しているといわれています。死後に出会う天使がシリウス星人のようです。平凡な主婦がチャネラーになれるのも、ビジネスマンとちがってゆったりとリラックスできる時間が多いからでしょうか。遺伝子操作などを通じて人間が嫌悪する生物を創って神に嫌われたのもシリウス星人で、ネガティブなシリウス星人とよばれているようです。闇の世界の一方のリーダー格的存在、黒魔術師のようです。なお、「ひとはみな、記憶を失った異星人だ」そうですので、死後に天使のシリウス星人と出会うことになるのでしょうか。また、「シリウス星人は世界中で奇蹟を演出している」ともいわれています。

「地球はシリウスの植民星だ」といわれます。

プレアデス星人は人類に6千年進化しており、「実験室で人間を創った」リラ星人が2万年進化しているそうです。しかし、「思念で人間を創った」シリウス星人は、はっきりとした記録がないようですが、天使的な存在で人類に進化すること数十万年というところでしょうか。「宇宙人は人類の進化に干渉をしてはならない」とする宇宙法があるとの話もあるようです。フリーメイスンは「神の嫌悪」で、フリーメイスンの主神が堕天使ルシファーといわれています。堕天使ルシファーは遺伝子科学者だという話もあり、地球にコンタクトしてきているそうです。アメリカ合衆国フリーメーソン王国で、極論すれば、宇宙連合の諜報機関が、フリーメイスンを裏から指導しているともいえるそうです。

  梵天とか帝釈天とか昔の人は宇宙人とのコンタクトにより神々の図絵や彫像を残したのでしょう。スイスの有名なプレアデス星人のコンタクティのビリー・マイヤーは、「プレアデスにある、とある惑星に日本民族の原郷がある」といっていたそうです。「オリオンは階級社会だが、プレアデスはそうではない」との報告もあるようです。戦後米国にグレイとともに飛来した「金髪碧眼のノルディックはナチスだ」という話もあったようです。ちなみに「私はアセンションした惑星からきたー金星人オムネク・オネクのメッセージ」(徳間書店)によると「ドイツの原郷から来た」といっているそうです。

 

・米軍だけがプレアデスに到達しているのでしょうか。地上にも異星人が住んでいるとのことですが、詳細は全く不明。金髪碧眼のノルディックはプレアデス星人ということですし、日本民族の原郷であるプレアデス星人は黒眼、黒髪で日本でも報告されているようです。美男美女からモンスタータイプまで、また老若男女から始まっていろいろで、容貌から判断できないのは「そもそも人は皆、記憶を失った異星人」だからそうです。記憶が蘇った元異星人も欧米では多くいるそうで、自称元宇宙人でも登場しないと分からないようです。精神の人格転換がゲイ(LGBT等)だそうですね。精神状態だけが違っているということでしょうか。

日本でもごく普通の平凡な主婦が、一転してチャネラーになることも最近では多くあるようです。昔は神々が憑依してチャネラーになり、天理教などの新興宗教の教祖様になった例も少なくないようです。

色々な理由からマスコミでは裏世界の裏カルチャーは、低調なようです。ちなみにプレアデス星人は人間に一番近いそうです。ただ、耳たぶに特徴があったそうですが。小柄で映画やマスコミによく登場したグレイはランクが最下位の生物ロボットだという説が有力説になりつつあるようです。

江戸時代にUFOのような乗り物の船で茨城県の海に出現したという伝説の「うつろ船の蛮女」は、ウンモ星人ではなかったのでしょうか?

 

・プレアデスは日本民族の原郷ともいわれ、昔からコンタクト話が多いようです。街中のコンタクティも少なくなく、ただ、マスコミ嫌いか何かで、世間に対して沈黙しているようです。プレアデスに行った日本人もいたといわれます。宇宙人も美男美女タイプから、ごく普通の街中の「おっさん」タイプまでいろいろのようです。この世のものとは思えない美男美女という表現もあるようですし、天狗のように顔が真っ赤なタイプもいたそうです。宇宙人が住んでいたという町中の笑えない話。

30年前の「空飛ぶ円盤」の時代には、新聞社やマスコミもコンタクティと一緒に取材活動をしていたそうですが?

 

・経営と精神世界の関係を説く経営コンサルタントは少ないようですが、ミクロの企業経営こそ、マクロの経済問題、マクロの世界の動向の予測が必要であり、「百年に一度の経済危機」「経済のハルマゲドン」「資本主義の終焉の時代」には、視点を変えたアプローチが必要となるでしょうか。船井氏は、「精神世界」の関係者とも交流が多く、興味深い内容のものもあるようです。米国では「精神力」や「潜在意識」を使ってビジネスに成功しようという「ハウツー本」が多くて、かなりの本が日本にも、翻訳紹介されているそうです。

  米国のテレビ映画などでも窺えますが、CIA(中央情報局)や国家安全局、米軍などの諜報機関の特別の諜報部員のみが異星人や神々の情報に通じているようです。米軍は特殊作戦として、透視能力などの人間の特殊能力を研究する組織もあり、当然、異星人とのコンタクトもしています。英国情報部などもそうですが、昔から異星人と諜報機関はなじみがあり、神々の情報が諜報機関で消されており、宇宙連合のメンバーも情報部員であり、諜報機関そのものだとする説もあるそうです。日本の昔の防衛庁の時代にもUFOのような情報を担当する部署もあったそうです。異星人の情報は各国ともトップ・シークレット(最高機密)で公務員の守秘義務で厳格に守られているようです。当然、異星人や神々の情報は、国家として最高の情報財産の一つとも言えるようです。警察の「大衆に知らしめるな」という伝統は、そのためだそうです。経営コンサルタントで有名な船井氏も「お金の運用」や「事業経営」を突き詰めていけば、「精神世界」の道に通じるといわれます。

 

・姿か顔形を変える超技術は、現在の美容整形手術が、驚くように顔形を変えるように容易なのかもしれません。エイリアンは、異類混血や遺伝子操作を通じて、人形に近づこうとしているという話もあるようです。クラリオン星人は、どちらかと言えば、リラ(琴座)星人系らしいのです。世界各国の諜報機関は、異星人情報を『厳秘』として、その超テクノロジーを入手しようとしているようです。もしエイリアンの超テクノロジーを入手できれば、米国のように地球での覇権を握れるでしょう。コンタクティやチャネラーの報告が期待されています。

  アガルタのシャンバラについては、マオリッツオ・カヴァーロは、昔からヨーロッパにある説と似ていますが、異次元世界のことは、明確には分からないようです。やはり米国人の異星人に関する書籍のほうが、昔から豊富にあるそうです。ウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)の形で「人はみな、記憶を失った異星人」であることを実証しているようです。天国に自由に出入りして、人間の転生や人間への憑依を自由に操作できるシリウス星人は、太古に「人間がぞっとする生物を遺伝子操作により創造したために、神に嫌われた」という話もあったといわれます。マオリッツオ・カヴァーロは、最近のイタリア人のコンタクティなのですが、日本からも最近のコンタクティは出現していないのでしょうか。

 

・宇宙連合のメンバーが、昔に来た場合、「神々」と見なされたようです。あまりに地球のレベルが低いため地球は、近未来には宇宙連合に入れないといわれているようです。異人(いじん)とは、民俗学において、共同体の外部から訪れる来訪神を指す概念ですが、またマレビトともいわれているそうです。異人は、地上を徘徊した宇宙連合のメンバーではなかったのでしょうか。30年前は、日本の宇宙友好協会のメンバーとコンタクトがあったという話もあったようです。最近ではイタリア人のコンタクティがクラリオン星人とのコンタクトで書籍をだしています。クラリオン星人といえば、30年前に米国のコンタクティと接触して、話題となった異星人だそうです。

 

・30年前には、日本で宇宙人とコンタクトして異星に行った日本人が本を書いたこともあったようです。当時、宇宙連合のメンバーが日本にも来ていたそうです。宇宙連合のメンバーは世界中で、一般人として潜入しているという話もあるようです。「シリウス星人は、思念を通じて物を創造する力を持っていた」そうで、「遺伝子操作か思念(?)で人間を創ったシリウス星人」とフランス人のコンタクティ、ラエルで有名な「実験室で人間を創ったリラ星人」は、宇宙を2分する種族だといわれます。

 

・サタンもルシファーも遺伝子科学者という説もあるそうです。高次元に存在するもの同士の高等知性体間でも戦争があったことが窺われるようです。「中位および上位アストラル界の都市」およびエーテル界の都市に住む神々は、何をしているのでしょうか。死後の世界の霊界と似ている「中位および上位アストラル界の都市」は、なかなか想像するのも困難なようです。高次元の高等知性体も人間体を装い、一般社会に溶け込んでいるという話もあるそうです。テレビ映画『Xファイル』に登場した「神のような人物」が印象的でした。

「シャンバラは、物質界に存在するものではないが、惑星の統治機関であるという意味では、アメリカ合衆国のホワイト・ハウスに相当する」とのことですが、異次元の高等知性体も社会を構成しているのでしょうか。昔から異次元の高等知性体は、人類を監視し、影響力を行使してきたようですが、私達のような一般人には理解不能な観念だそうです。ウォーク・イン(人間に高次元の異星人が憑依すること)やワンダラー(人間に転生してくること)は、外見や話の内容からからは、見分けがつかないようです。「人は皆、記憶を失った異星人だ」といわれます。ゲイなどの変わった人たちも、高次元の異星人に『人格変換』されたのでしょうか。

2012年のアセンションンにむけて、多くの本が出版されていました。もっとも、「私は、たいてい毎晩、睡眠中に魂体でシリウスを訪れている」とのことですが、シリウスとはどのようなところなのか詳しく知りたいものです。「シャンバラの議事堂への出入りが許される」とは?

 

・戦後、米国に飛来した金髪碧眼のノルディックは、プレアデス星人ともいわれていますが、キリストに関する情報でも持っていたのでしょうか。異星人は、一般人や米軍基地の軍属として、秘密裏に地球に滞在していると多くの米国のコンタクティの報告がありますが、米軍は、プレアデスや“神の領域”に到達し、交易しているという結末になっているのでしょうか。グレイの一派だけが秘密協定で異星の超テクノロジーを米軍に渡したという話もあったようですが?ロズウェル事件から60年、空白は大きいようです。「人造ロボットのグレイの後に人間タイプの金髪碧眼のノルディックや赤毛のオレンジが来て、その後に東洋人タイプが来た」そうですが、そこでぷつりと情報は切れているそうです。地球のレベルがあまりにも低すぎて向こう数百年間、宇宙連合に参加できないそうですが、宇宙連合の先遣隊や調査隊(観察隊)、スパイは昔から「空飛ぶ円盤(UFO)」で地球に来ていたといわれます。

欧米のチャネラーの話「夢の中でアストラル・トリップ(幽体離脱)をしてクリスタル・シティでキリストに出会った」は、多くの人が体験していて、熱烈なキリスト教徒を生み出す原因なのかもしれません。

自分の神秘体験を小説にして発表する人は多いそうです。小説の形をとることで、いろいろな誤解を避けることができるからでしょうか。「世にも不思議な話」は、小説の形をとることで、世の中に受け入れられるからでしょうか。14万4千人という数字は精神世界の本によく出てきますが、「古代リラ星人の数だ」という説もあるようです。反キリストの話も謎の多い問題のようです。

 

・自殺者などの幽霊がでるホテルの話は世界中にあり、日本でも多くあり例外でないようです。自殺者の怨念がその地に留まり幽霊としてよく出てくるという話だそうです。目に見えない自殺者があなたの隣にいつもいるという気味の悪い話。自殺者の増加が社会問題になっています。政府は自殺者を減少させる有効な手段を打てないでいるといわれます。ちなみに自殺をした作家の三島由紀夫が、死後の世界から霊界通信で送ってきた内容には「自殺者は、死後世界で親に会えない」とい残酷な仕打ちにあうようです。なんとか、世の識者は、自殺者の社会問題に有効な政策を考えなければならないといわれます。

死者の出る病院でも、幽霊話は多いようですね。非常に多くある幽霊話は死後の世界の幽界と霊界と我々の住む現実界のつながりを窺わせるもののようです。米国では、「UFOを見た」「宇宙人にインプラントされた」「キャトルミューティレーションに遭遇した」「神秘体験をした」「天使に会った」「前世の異星での生活を記憶している」「死後の世界を信じている」という人の数が、驚くような数字だそうです。

「空飛ぶ円盤」から「UFO」の時代へと、この60年間、世の中は大きく変わりましたが、『厳秘』が施行されているため、インターネットによる出版不況でマスコミも元気がでてこないようです。メイジャーなこととマイナーのことが全く逆の世の中になってしまい、「大衆は3S、スポーツとスクリーン(映画)、セックス(風俗商売)で政治を忘れさせよ」というシオンの議定書の呪いがきいているようですね。