日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

中国の政治体制と社会、さらに人々の人間関係の根幹には秘密結社的な要素が組み込まれている。むしろ私に言わせれば、秘密結社を知らないで、どうやって現代中国がわかるのかとすら思ってしまうほどだ。(14)

 

スター・ウォーズともなれば惑星を吹き飛ばす兵器もあるようなのです。中東での殺戮の連鎖により中東での核戦争は、ヨハネの黙示録などによりハルマゲドンとして、聖書などに予言されているといわれています。原子爆弾の理論、製造技術はそれほど難しくはなくイランなどのイスラム諸国は当然保有し使用する動きとなり、殺戮の連鎖の行くつく先は核兵器の投げ合いとなるのでしょうか。予言の侵略軍ゴグをロシアと解釈する説が多いのですが、ロシア製の武器を持つ国と解釈する説もあるといわれます。天使のイメージは絵画などでよく表現されていますが、神の正体は、光が強烈で目が明けていられないといわれていますが、インドの絵画に見られるように普通の人間タイプとして登場するのでしょうか。異星人が地球の一般社会に溶け込んでいるように、神々も普通の人になり溶け込んでいるという説もあるといわれます。影響力を行使しないので「神はいないと考えた方が良い」という説もでてくるのでしょうか。

サタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人のことは、ラエルというフランス人のコンタクティで有名です。数冊の日本語訳の本も出版され30年ほど前から日本経済新聞などにも広告が出ていたのでご存じの方も少なくないと思います。ラエルによればサタンという名前は遺伝子学者の一派だということです。『不死の惑星』から飛来したサタンと呼ばれるリラ星人は「実験室で人間を創った」といい、「不死は可能」と主張しているようです。「 実験室で人間を創った」というリラ星人と「思念で人間を創った」というシリウス星人の宇宙の2大種族は太古から対立関係にあり、スター・ウォーズの原因となったようです。サタン(悪魔)と天使クラスの宇宙人と神との対立構造は、地球にも波及しており、宗教戦争の要因ともなったといわれます。「新しいエルサレム」という都市は、異次元にあるエーテル界の都市なのか都市型の超巨大宇宙船なのか不明ですが、都市の規模ほどある宇宙に輝くシャンデリアのような超大型の宇宙母船の姿は、異星人のコンタクティの報告にもあるようです。プレアデス星人が異星の移住に使った宇宙母船は直径100キロメートルもあるとの報告もあり人間の想像を超えているといわれます。日本のラエリアン・ムーブメントのホームページもあり、そこから数冊の電子ブックが無料で読め、便利な時代になったものです。『宇宙人からのメッセージ』『マイトレーヤ』『クローン人間にYes!』『ハーモニーメディテーション』『真実を告げる書 マンガ本』『異星人を迎えよう』『天才政治』などが読めるそうです。

なお、ラエリアン・ムーブメントは世界的に活動中で、米国ではクローン人間に関して社会問題を起こしたこともあり、政治的にたたかれ非難されたこともあり、「どんな宗教団体にもあるトラブルとは無縁ではないので注意することだ」といわれます。

第二次世界大戦後、米国に飛来した小柄な宇宙人グレイと人間タイプの金髪碧眼のノルディック。金髪碧眼のノルディックはプレアデス星人だそうですが、フリーメイスンの主神ルシファーに関係しているのではないかという説もあると指摘されています。肝心の人間タイプの金髪碧眼のノルディックの情報は、『厳秘』として、秘匿され、情報は漏れてこないといわれます。天国に自由に出入りし、転生や人間への憑依を自由に操作するシリウス星人は、「歴史のシナリオを描く連中」ともいわれていますが、サタン(悪魔)のリラ星人とともに第三次世界大戦のシナリオを表現しているのでしょうか。

 

・「人類の歴史を見れば平和の時代より戦争の時代のほうが長かった」といわれるように「人間には『殺こう』という本能、遺伝子があるので、殺し合いや戦争が絶えない」といわれます。「フリーメーソンの背後には人智では計り知れない途方もなく巨大な神霊の世界があって彼らの行動と密接にかかわっている」そうですので、目にみえない『闇の政府』の存在などは私達一般人にとっては理解不能、識別不能のようです。サタン(悪魔・リラ星人)の王がルシファーで、フリーメイスンの主神であり、フリーメイスンアメリカ合衆国を建国したといわれているのですが?イルミナティはリラ星人の地球におけるネットワークなのでしょうか。

悪魔(サタン)の会堂であるフリーメイスン組織やイルミナティが「闇の政府」によって、太古から人類を支配しようとしているという“陰謀論”も少なくないといわれます。“天使と悪魔“というテーマは大きなテーマですが、フリーメイスン王国のアメリカ合衆国は、悪魔の王ルシファーを主神とするフリーメーソンが建国した国だといわれます。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙でしょっちゅう戦争が起こる」という説もあるようです。2000年以前は日本のマスコミに非常に多く登場した『第三次世界大戦勃発の予言』も全て期限切れとなり、大間違いだったということになりました。

しかし、その後マスコミもおとなしくなりましたが、最近では、そろそろ『中東における殺し合いからの第三次世界大戦の勃発の予言』が登場しはじめました。人間には『殺こう』という本能、遺伝子があり、太古から殺戮や戦争は絶えないといわれます。「サタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人」も「天使と呼ばれるポジティブなシリウス星人」もタイム・トラベラーですし、両者とも未来の様相を知っているそうです。『歴史のシナリオを描く』といわれるシリウス星人はどのようなアジュンダ(計画書)を持っているのでしょうか?

「3度目の戦争はシオニストとアラブ人との間に、イルミナティ・エージェントが引き起こす意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている・・・・・・」という不気味な話もあるようです。サタン(悪魔)(リラ星人)という名前は、遺伝子科学者の一派だという意味だといわれます。「神示によれば、世界はいよいよ“神と悪魔との最終決戦”を迎えようとしている」という(聖書を含めて多くの)予言もあり「人類は困難を乗り越えて輝かしい未来に至る」という予言もあり、ハルゲマドン(最終戦争)を回避しようとする力も働いてくるといわれます。リラ星人もシリウス星人も両方とも、人間のコンタクティがいるそうなのですが?

天国に自由に出入りして「思念で人間を創った」といわれるシリウス星人、「実験室で人間を創った」サタンと呼ばれる琴座のリラ星人。両者の対立抗争が、スター・ウォーズ(天の戦争)になったようで、サタンの王がルシファーで、遺伝子科学者でありグレイのような生物ロボットを創ったという説もあるそうです。ラエルというフランス人のコンタクティのラエリアン・ムーブメントで有名なサタンというリラ星人は、一種の遺伝子科学者の名前だという話なのですが?

リラ星人は「神はいない」と言っているようですが、私は「神はいないと考えたほうが良い」という意味の解釈をしています。ネガティブなシリウス星人は、遺伝子操作によって「人間がぞっとする生物」を創り神に嫌われたという神話があるといわれます。

 

・現在はリーマン・ショックから米銀が「百年に一度の経済危機」に見舞われております。が、自動車とか金融のように米国が先端を走っていた分野だそうですが、ここにきて挫折に見舞われている皮肉な現象だといわれます。年金基金のファンドなども50兆円失ったとか、1500のヘッジファンドが倒産したとか、驚くような数字が飛び出してきているといわれます。まさしく、世の中、大激変です。

シリウス星人が天国に自由に出入りし、人間の転生や人間への憑依を自由に操作している」そうなのです。

個人でも会社でも国家でも「短所是正」よりも「長所伸展」によって生成発展していくシステムをとればサバイバル出来るといわれます。

「非常に細かい波動の粒子の世界が霊界のようなエーテル界で、そこに超近代的な都市があり天使のような進化した高等知性体が存在する」と言われているのですが、「あの世が実相で、この世が写し世である」「全ての物質が波動を出しており、波動ですべて説明できる」といわれてもピンとこないのがほとんどのようです。

 

・欧米の異星人のコンタクティによってガーディアンやアセンデッド・マスターズ(高級教師)などの情報がもたらされたようです。「ガーディアンやアセンデッド・マスターズ(高級教師)が実在し我々人間界に影響力を行使している」そうなのですが、私たちのような一般人には皆目分からず、「天使の影響力と同じ」で、我々には理解不能で認識不能の観念だといわれます。「歴史のシナリオを描く連中」といわれるイルミナティ(リラ星人)やシリウス星人を認識できる人々は、「天使」と同じようで少なくないそうなのですが?

異星人の長老クラスとのコンタクトの報告もあるそうですが、異次元に存在するといわれる高等知性体は現実の地球世界にも影響力を行使しているそうですが不明のようです。

米国でも宇宙人情報は、『厳秘』として、情報機関ににぎられていると語られています。

 

ナチスをはじめ歴史のおぞましい虐殺・戦争の歴史には、ハム系とかセム系とかの血流の対立・抗争が底流にあるという説もあるそうです。堕天使ルシファーが天使団の3分の1を率いて神に反抗したという太古の物語は、現代では「天使と悪魔」、「キリスト教会とイルミナティ」の争いとかの流れになっているようです。フランス人のラエルというコンタクティで有名なサタンと呼ばれるリラ星人は「実験室で人間を創った」といわれ、一方、シリウス星人は「思念で人間を創った」と指摘されています。また、シリウス星人は遺伝子操作で人間がぞっとする生物を作ったので、神に嫌われたといわれます。イルミナティはサタン(リラ星人)に関係しているグループなのでしょうか?

事件から60年も経っていますが、少なくない異星人が地球の一般社会に紛れ込んでいることしか分かっていないそうです。異星人情報を『厳秘』)にしているのは異星人からの要請もあるとも伝えられています。有名な元テレビディレクターの矢追氏の次の書籍が期待されているようです。

「人間は、みな記憶喪失の異星人だ」そうですので、広い意味では人類全員が、異星人のDNAを持っているといえるといわれます。「大衆をして3S(スポーツ、スクリーン、セックス)で政治を忘れさせよ」という、どこかの議定書(アジェンダ)があるそうですが、最近はマスコミの関心度も低調のように思われると指摘されています。

異星人の故郷の惑星は二つの太陽が特徴だという話が多いようです。書籍によれば、米軍はUFOの反重力エンジンを国家機関の総力をあげて開発しているといわれているのですが?河童(グレイ)も昔から日本に来ているようだし、異星に到達した日本人も少なくないのかもしれないそうです。少なくない数の宇宙人が地球の一般社会に溶け込んでいるとも伝えられています。人間タイプの金髪碧眼のノルディックの原郷であるプレアデス星座にも米軍人の交換留学生を送っているのでしょうか。観光名所になったエリア51も多くのハリウッド映画に登場しましたが、こう言うことに関しては日本のマスコミも手がでないそうです。

アダムスキーの時代の60年前ほどから米軍の軍属にエイリアンが混じっていると報告されているそうです。異星人情報は米軍やCIAなどの諜報機関に埋めこまれており、ハリウッド映画にも多く出てくるようです。宇宙人情報は、『厳秘』のため60年経っても公式の情報は公表されていないとも伝えられています。

 

 

 

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」

国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

シリウス星人の故郷である天体イジュニュは、もっと高い周波数で共振する6次元の天体であり、地球の宇宙と同時に存在するパラレル・ユニバースに存在するのだろうか」

 

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド