日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

著書『私はヒトラーの女中だった(I am Hitler’s Maid』(1940)で、パウリーネ・コーラーは、ヒトラーの影武者5人が彼女の台所のテーブルを囲んで座っていた様子を回想している。(1)

 

ヒトラーは英国のスパイだった! 上巻』

グレッグ・ハレット  ヒカルランド   2021/1/19

 

 

 

オーストリアの浮浪者

・これまでの歴史でもっともあり得なさそうなのは、オーストリアの浮浪者で、通りを掃除するゲイの男娼がドイツ首相になり得たということである。ヒトラーは見えざる手で世界の著名人に押し上げられた、脅しが利く無名の人々多数の仲間入りをしている。

 言外の意味……歴史はイルミナティの長期計画によってひも解かれている。戦争は数十年前から計画され、国家破壊、人口減少、士気喪失を達成するため、そしてもちろん力と利益のために画策されている……。イルミナティは対立を刺激するため「敵」を援助する……超富裕層は人間を食い物にし、永遠の覇権を確立するために頭を働かせている。

 

アドルフ・ヒトラー ――近親相姦のユダヤカトリック教徒

カトリックの近親相姦

ヒトラーにはアロイスとクララという公然たる近親婚の両親がいた。父アロイスの祖父母と母クララの曽祖父母が同じで、2親等と3親等の近親婚だった(通説では、アロイスの養父母とクララの祖父母が同一人物とされている)。妻(24歳)は夫(47歳)の姪、すなわち夫は妻の叔父にあたる。ヒトラーはがこれを知っていたこと、そして家族史の研究者が混乱したことは間違いない。

 

・アドルフは身内のどんな記録も、彼らが働いた悪事も、親族間での近親相姦の傾向も、そして自分のユダヤ系とのつながりも、とにかく消し去ろうと必死だった。ドイツの民族検査では1750年にまで遡ってアーリア人が祖先であることを証明する必要があったからである

 

・パウラ・ヒトラー(アドルフの妹)は1945年7月12日、第101空挺師団の聴き取り調査でこう述べている。

 

「シュミード家とコッペンシュタイン家は私たちの大切な身内で、シュミード家のいとこの中にはコッペンシュタイン家の人間と結婚した者もいました。父の家族のことはまったく知りません。姉のアンゲラとよく話していたんです。『父さんだって親戚がいたはずだけど、私たちはそれが誰かさえ知らないのよね』と」

近親相姦はドイツ人とオーストリア人の間では珍しくなく、第1次世界大戦後には一族の墓所を破壊したり教区の簿冊を焼き払ったりして家系の情報を処分する、ということが至って普通に行われていた。

 

ユダヤ系の出自

・アドルフの祖父は近親相姦のカトリック教徒の系図には含まれていなかったが、ヨーロッパでも指折りの資本家だった。彼の祖父(アロイスの父)が何者かを理解するには、当時のヨーロッパの状況を理解する必要がある。

 

ユダヤ人と経済生活』の中で、1820年以降は「ロートシルト英語圏では「ロスチャイルド」と発言される)家の時代」だったと述べている。そして「ヨーロッパで唯一の勢力、それはロートシルト」と締めくくっている。

 一族の祖だったマイヤー・アムシェル・ロートシルト1812年9月19日に亡くなったが、遺書で子孫に対する具体的な指針を定めていた。

 

財産を一族の中で保持するため、いとこや、またいとこ同士で結婚すること。また、団結した金融勢力の体裁を維持すること

 

・そのため、マイヤー・アムシェルの孫の結婚18組のうち16組はいとこ同士だった。息子のヤーコブ・マイヤーも兄ザロミン・マイヤーの娘と結婚している。これが近親婚の文化を生み(いとこと結婚するのは合法であるが)、またマイヤー・アムシェルの息子5人には一族以外の嫡出子が作れなくなることを意味した。この代償として、彼らと使用人の間に非嫡出子ができることも多々あった。

ヒトラーの心』の著者である精神分析学者のウォルター・ランガーによると、アドルフ・ヒトラーロートシルト家の一員を祖父に持つドイツの残忍な指導者とされている。通説ではアロイス・ヒトラーの父はヨーハン・ゲオルク・ヒードラーであるが、

 

「ヨーハン・ゲオルク・ヒードラーがアロイスの父であるという点を真剣に疑う人々もいる……マリア・アンナ・シックルグルーバー(ヒトラーの祖母)が妊娠した際【1836年8月31日】ウィーン在住だったことがわかる。【オーストリアの文書がおそらく作られていたとされる】……当時彼女はロートシルト男爵宅で使用人として雇われていたが、家族に妊娠が知られるとすぐ自宅【オーストリア、シュトローネス村13番地】に戻された……そこでアロイス【シニア】が生まれた」

 

・これに対し、ヒトラーオーストリアのデラースハイムの町を襲い、墓地を戦車の訓練に使った。このとき、ユダヤ人の祖先の明かす存在であった父の出生記録も始末された。

 ヒトラーは1938年にウィーンにあったロートシルト家の銀行、S・M・フォン・ロートシルトも廃業させた。彼の祖父候補の1人、ザロモン・ロートシルトが所有していた銀行である。

 ナチスの指導者たちは手榴弾を使って自らのユダヤの家系を隠した。【ラインハルト・】ハイドリヒの親衛隊の入隊許可も彼の一族の墓石を破壊するまで延期された。ハイドリヒは母方の祖母からユダヤ人の血を4分の1受け継いでおり、ユダヤ人へのテロ行為とナチス支配における抑圧のほぼすべての責任者となった。感情に動かされず、際立った残酷さの持ち主だった。

 ロートシルト家はみなイルミナティに属していた。イルミナティとは1776年に始まった独立の組織で、既存のフリーメイソンを取り入れ、最終的にはそちらからエリートを誘い出していた。

 

・1836年にはロートシルト家はヨーロッパ最大の影響力を持つ一族になっていた。彼らはアメリカの革命を作り出し、いかにも銀行らしく、双方に資金を供給した。

 ロートシルト家の非嫡出子には2つの目的があった。1つは味方を作ること、もう1つは敵を作ることだった。「味方」は彼らの金銭取引の隠れ蓑に、「敵」は戦争を起こすために利用された。ロートシルト家は戦争で両軍に資金を提供し、戦争関連の取引で巨額の利益を得た。彼らは何もかも所有していたから、裁判所からの報復などちっとも恐れていなかった。

 

オカルトの出自

・1776年以降、【8月31日】はロートシルト家が戦争の子どもたちを生み出す種まきをする悪魔崇拝の夜として空けられていた。内輪での神秘的な集まりである「黄金の夜明け」で「戦争工作員」を身ごもるための大切な日である。このオカルト的行為は午前1時30分から午前3時10分の間に起こるよう計画された(13にちなむ)。これは非嫡出子をガイ・フォークス1605年にイギリスで起こった火薬陰謀事件で逮捕された人物。事件を記念して彼の人形を焼いたり花火を上げる風習がある】になぞらえており、ロートシルト家はハロウィーンの仮想をした。

 8月31日は北半球の夏の最終日にあたり、当局が異教の儀式に目をつぶる夜であった。南半球で2月末になるとすさまじい勢いでビーチ・パーティが開かれるのと似ている。

 

・8月31日、ロートシルト家の目標は女性を脅えさせ、自分が悪魔と関係を持っているという絶対的な恐怖の中で身ごもらせることにあった。要はロートシルト家の3人が毎回関わりを持つ輪姦で、1人が襲い、もう1人はその場で相手に支配と困惑の感情を植え付け、残りの1人が外にいるという役割を交代で行ったのである。

 ドイツの貴族階級は国王、王子、公爵、侯爵、辺境伯、男爵などから騎士まであり、騎士は「フォン・リッター」という姓を持った。これがドイツの階級制で、結婚を希望する者は誰でも侯爵か辺境伯あるいはその両者の承認が必要だった辺境伯は地域を統治し、結婚式の夜にその妻と性交する権利を持っていた。これは初夜権と呼ばれ、イングランドスコットランドをはじめヨーロッパ各地でも同じだった。

 初夜権ラテン語では初夜の法を意味する」、フランス語では領主権、狩猟犬、租税権、農場経営、そして処女の花嫁との性交を意味する「droit du seigneur」の歴史は、「処女を奪うのは平民の花婿が耐えうるより大きな責任があるとみなされた………統治者の信用を反映しているだけのことだった……真の勇気とたたえられた……」など、まったく現実離れしたものだ。

 この慣習は特にフランスとイタリアで広まっていたが、フランスの騎士がイギリスに移り住んだとき、イギリス人が大げさにこの国の農民の女たちが自分たちより大きいと言い立てたので、フランス人は初夜権を破棄した。

 

初夜権について「すべての資本家が自分の工場のどれかで働くどんな女性とも寝られる権利」と書き換えている。

 

・この「夜の権利」は「男爵」の肩書を与えられた人間が手当たり次第に我がものにした。ロートシルト家の人間もみなこの爵位を持っており、姓をバロン・ド・ロートシルトロートシルト男爵)と変えた者もいた初夜権のおかげでロートシルト家には数世代にわたって多数の非嫡出子が誕生したが、マイヤー・ロートシルト1812年9月19日死去)によってこの習慣は正式に禁止された

 代わりに、ロートシルト家の人間は身元を隠す仮面と衣装を身につけて非嫡出子をもうけることになった。

 

・平民は初夜権に対抗し、適齢期の娘の寝室に入り込むのもさほど難しくなくなった。当時のオーストリアとドイツでは、特に若い男が深夜、雨どいや格子伝いに結婚前の娘の部屋までよじ登っていき妊娠させる「窓伝い」が実践されていた。

 娘の父親も全面的に反対するわけでもなく、娘が妊娠したら2人が結婚して、向こう見ずな若者は農場の人出候補になると考える向きも多かった。農業が主体の地域では家族経営の農場を手伝う子どもたちも必要だった。今でもドイツには娘が妊娠したら結婚するという根強い文化がある

 

・誰かが雨どいを登ってくる音を適齢期の娘が耳にすると、脅えるどころか自分の身支度を整えた――アナグマの毛の歯ブラシで歯をさっと磨き、天然素材のスポンジで体もきれいにする。夏の終わりは特に目移りしながら関係を持つ時期で、娘たち、特に貧しい者――そしてカトリック教徒の半数は相手を1人に絞らなかった。何しろ、「父と御子と聖霊」は三位一体、つまり別の姿を取っているかもしれないということも考えておく必要があったのだ。

 

手間を省くため、莫大な資産を持つロートシルト家は使用人の少女を雇った。使用人の少女との間に非嫡出子をもうけるのはごく一般的で、中には20人も子どもを作り全員を認知し、しまいには遠縁にあたる無反応な妻を遠ざけて愛人と一緒に暮らしてしまった者もいる。

 8月が始まると使用人の多くは夏休みをもらい、代わりに臨時雇いの使用人がやってくる。臨時雇いは8月31日のことを頭に入れて選ばれることが少なくなかった。戦闘要員懐妊の日には、主人と使用人がひと月を経てうまい具合に親しくなっているからだ。

 ヒトラーの祖母、マリア・アンナ・シックルグルーバーはそれほど利口とはいえないカトリック教徒の少女で、1836年の夏にウィーンのロートシルト家での仕事を紹介された。

 

過去のユダヤカトリックの出生の由来をごまかす

つまり、アドルフ・ヒトラーロートシルト家とユダヤ人の血が4分の1入った準近親婚のカトリックの家系の出で、非嫡出子の戦闘要員として生まれたロートシルト家の一員である。一族とは物理的には敵だったが財政的には同盟関係にあり、無制限の財政的・政治的支援を受けていた。

 ロートシルト家の非嫡出子であるアドルフ・ヒトラーは、その時代の歴史において大きな役割を果たした。彼の地位は秘密組織の金融エリートにも十分認識されていた。だから、彼らの目的を達成するため全面的な支援を与えられた。当時、アドルフ・ヒトラーはこのように認識されていた。

ヒトラー ―― ロートシルト、悪魔的なカトリックユダヤ人」

 

イギリスでのアドルフ・ヒトラー

・気取り屋のアドルフはマージ―川河岸を行き来して過ごした。当時リヴァプールにはドイツ人の強固なコミュニティがあり、バーやカフェ、レストランを経営していた。アドルフはアロイスとブリジットのもとを出入りしつつ6カ月過ごし、その間アロイスとアドルフはかなり長い時間をかけてイングランド各地を旅行した。それより以前の22カ月間(1911年1月から1912年11月まで)の所在についてはちょっと謎である。当時の年齢は21歳から23歳だった。

 これはヒトラーの人生における失われた年月と考えられている。ヒトラーは『我が闘争』に記した自分史で、1908年9月からウィーンの安宿で売春婦やホームレスに混じってさまざまな安宿に住んでいたとしている。ヒトラーはこれを人生のどん底時代と表現した。とはいえ、「唯一の証人たちが仲間の売春婦やその記憶だけというのは頼りにならず不完全だ。ウィーンでのヒトラーの目撃証人は疑わしい」。『我が闘争』では、1912年には芸術専攻の学生としてのウィーンの生活に失敗したとも書いている。

 1913年5月24日、ヒトラーはウィーンを出てミュンヘンに移った。全844ページ、脚注数681、13ページにわたる引用文献付きという、ヒトラーに関してもっとも信頼がおける書籍にも1911年1月から1913年5月までの情報や写真はない。

 

・1911年1月から1913年5月までの真相はこうだ。ヒトラーは1911年の間はずっと遺産を使って過ごしていた。その後9カ月間(1912年2~11月)はイギリスのタヴィストックとアイルランドのイギリス軍「心理作戦学校」で訓練を受けた。最後の6カ月間(1912年11月~1913年5月)はリヴァプールの異母兄夫婦のもとで、自身の回復とロンドンやその他イギリス国内の港の「観光」旅行で心理作戦のテキストの学習に努めた。

 

 アドルフ・ヒトラーはイギリス軍工作員として訓練を受け、ドイツ軍工作員となり、そしてイギリス軍の二重スパイとしてドイツ軍総統(首相)になった。銀行家のロートシルト家の人間である彼のユダヤ人の祖父はこえで大きな利益を得た――もっと正確に言えば、祖父の子孫たちである。

 ヒトラーオーストリアでの兵役を逃れた。「捕まるのを防ぐため、彼は1909年(20歳のとき)、ウィーン市営宿泊所(ホームレス男性用の家)に5歳で亡くなった5歳下の弟エドムントの名で登録したエドムントの出生証明を使うことで、アドルフは自分を死んだ弟と偽ることができた。エドムント・ヒトラーの名で兵役を逃れたものの、ウィーン警察はアドルフ・ヒトラーをくまなく探していた」。

 

・スパイマスター 「ドイツ警察はミュンヘンでイギリスから帰国したアドルフ・ヒトラーをようやく捕らえ、徴兵忌避で摘発した。彼は栄養失調で病気という旨の診断書を作って兵役を逃れた。イギリスの諜報機関は常に支援者がいたから介入しなかった。ヒトラーが失敗しても他の人間がいるし、彼の経歴には戦争の経験が必要だった」

 

「イギリスの諜報機関は第1次世界大戦中2度ヒトラーを救った」

 

「イギリス滞在中、ヒトラーは演説家として訓練を受けた。重要な点を強調するためにジェスチャーを取り入れることを教えられた。そして彼はドイツ風とは異なる信じられないほど効果的な自分のスタイルを作り上げた。MI6(イギリス軍情報部第6課。国外での情報活動を主に行う)はダブリンのトリニティ・カレッジの演説法の講師にヴォイス・レッスンをさせ、声のトーンを変えて強調する方法を教えた」

 

工作員の訓練の多くは性的な関心に沿ったものだった。工作員は薬物や酒を与えられ、催眠術をかけられ、他の工作員接触できるようにして、教官は干渉せずに何が起こるかを観察する。アドルフはバイセクシャルの兆候を示したが、それはMI6の訓練設定では珍しいことではなく、後にもっと複雑な倒錯も現れ、他の諜報員の卵たちをげんなりさせた。

 

ヒトラーの異母兄アロイス・ヒトラー曰く、「馬鹿言っちゃいけない。芸術家だって! 下手な絵描き以外の何者でもないさ。美術学校の学生としてだって受け入れてもらえなかっただろう。それに模写して自分の名前で署名する芸術家なんているか

 ヒトラーの謎の2年4カ月は1911年1月から1913年5月24日までの期間である

  • ヒトラーは1911年の間ずっとウィーンの安宿で遺産を使って過ごしていた。
  • 1912年2月から11月まで9カ月間は、イギリスのタヴィストック心理作戦訓練学校とアイルランドの別の心理作戦訓練学校で訓練を受けた。
  • 1912年11月から1913年4月まではリヴァプールの異母兄宅を拠点とした。ここからタワーブリッジ、船や港を含む戦略上重要なイギリスの建造物を調べに行った。当時ドイツの旅行者を装った多くのスパイがしていたのと同じである。
  • 1913年4月にウィーンに移った。
  • 1913年5月24日に……ミュンヘンに移った。

 

ヒトラーの二重スパイ訓練

・基本的にはヒトラーは人生における最初の20年間のイデオロギーを除去され、秘密組織フリーメイソンイルミナティの戦時中のイデオロギーを植え付けられた。解体の後の再統合で目の色が変わることは珍しくなく、青い目が茶色になってまた元に戻ることもありうる。

 

すべての戦争は秘密の戦争である。そして一番秘密の多い戦いがもっとも長く続く。>

・過去三代の治世で、イギリス連邦は別の意味で「女王陛下万歳」を歌っておくべきだった。イギリスの君主はみな同性愛者とセックスをしてきたのだから。こうして、秘密が取引されたのだ。フリーメイソンは君主の性的習慣を秘密に保ち、代わりに君主は抗争をするフリーメイソンの計画を秘密に保ち、より正当な戦争を生み出す手助けさえした。そうすれば「ぶつかって、襲って、とりあえずやってみる」のではなく本格的な人口減少の実践となり、国境や社会政策、社会単位の構成も移動できるようになるからだ……。

 

・ジョージ4世(1820年即位)以降イギリスの男性君主は全員フリーメイソンで、性的な面で譲歩を余儀なくされていた。君主とそのパートナーの一方または両方を性的に譲歩させるのは、その国を乗っ取り軍を支配する最初のステップである。第1次大戦と第2次大戦を通じ、イギリスの君主はみなバイセクシュアルでIQの低い男性だった。

 

ヒトラーの性的関心

ヒトラーの同性愛に関した記録を書いてもっと影響を持ったオットー・フォン・ロッソウ司令官で、ミュンヘンの軍司令官となった人物である。彼は1920年代初期のヨーロッパで非常に強い力を持ち、記録は何もかも手に入れることができ、ヒトラーにとっては厳しい敵だった。ある夜、夕食の後で彼は友人を自分の書斎に招き、ミュンヘンの同性愛風俗取締班から夕食に招いた客のうち数名に届いた秘密の手紙を読んだ。これは1920年初期のヒトラーに対するもので、若い男を探し、ときには相手に金を払って自室に連れ込み夜をともに過ごしたという。

 

ヒトラーとヘスは1923年のミュンヘン一揆後、ランツベルグ刑務所で同房だった。ヘスはナチ党の敵からもナチ党からも常に同性愛者と見なされており、「アンナお嬢さん」とまであだ名がついていた。エルンスト・ハンフシュテングルはヒトラーとヘスが刑務所で恋人同士だったと後に証言している。「ヒトラーの奇妙で漠然とした性的関心【バイセクシュアル】はランツベルグでヘスと一緒だったときに始まった。ヘスと関係を以ていたのは疑うべくもない」

 

ヒトラーの同性愛者に対する非難と、ナチ党の新たな同性愛嫌悪は「史上最悪の反同性愛弾圧だった」。およそ10万件の調査と5万件の裁判があり、5000~1万5000名がマウトハウゼンなどの強制収容所に送られた。重労働が課され、脱出できた者は数少ない。ヒトラーは彼の過去を知りすぎていたゲイの暗黒社会を沈黙させる必要があり、その計画は4分の3世紀の間はうまくいったが、イギリスの支援があったからこそ可能だったことである。

 

・もう1つの問題が、昔の戦争仲間で「ゴースト・ライダー」というあだ名がついていた通信員ハンス・メントだった。彼はヒトラーの同性愛について噂を流し続け、窮極の対価を払うことになる。彼は逮捕され、拘置中の1942年に、不可解な状況で命を落とした。彼にとって不運だったのは、1915年のヒトラー西部戦線における同性愛行為を目撃していたことである。

 

歯の妖精

・欧米では、抜けた乳歯を枕の下に入れて歯の妖精がお金に換えてくれるという伝承がある。

 

ヒトラーは成人してからずっと頭の中で声を聞いていた。「地下壕にいるとき、『起きて、ここを出ろ』という声が聞こえた。だからそうした。しばらくすると直前まで一緒に食事をしていた集団のところで手榴弾が爆発し、誰も助からなかった」

 その後もずっと自分に呼びかけ導く声が聞こえており、あまりに続くので彼は自分が「選ばれし運命の男」だと確信した。彼は群衆に向かい、「私は砂漠から呼びかける声だ……我こそが天命をもたらすのだ……」と叫んだ。

 

スパイ行為

ヒトラーがドイツで「イギリス軍情報部」のために働いていたとき、彼はドイツのスパイのふりをしてあらゆる小政党の情報を集めた。ドイツ人に対しては、政党に関わらないことになっていた。イギリス人に対しては、政党に関わりを持ち、自分の受けた心理作戦訓練を利用して党を導き組織し、ドイツを支配の手段として利用することになっていた。

 

・これは以下のようなイギリスの主張を実現する手段となるものだった。

 「お前はドイツを支配する。偉大な支配者になる。イギリスより偉大な帝国を築く。その名を世界一有名にする。お前ほどの著名人は誰もいない。ワグナーよりも有名になる。ワグナーから引き継いで、彼の音楽と政治論が広げた夢を実現する。お前の祖母のマリア・アンナ・シックルグルーバーはユダヤ人の貴族に強姦された。ユダヤ人を倒せ。奴らの金と権利を奪って殺せ。お前はドイツ人が今までに見たことがないほど偉大な予言者になる。まったく想像しなかったところから支援が来て、いつでも必要なときには利用できるだろう。お前は人類最高の開放者になる。世界的な名声を持って人生の全盛期に突入する。お前が千年期を覆すのだ」

 

 何もかも、取るに足らない無一文の放浪者が世界に足跡を残そうと必死になったことから来ている。それはうまくいった。彼はいまだに世界でもっとも悪名高き人物である。

 30歳のとき、ヒトラーは簡単に操れる政党を見つけ、その党名を変更した。「1919年、ドイツ軍の情報屋として活動する一方、彼は小政党の活動をスパイし、その中の1つの党員となって1920年に党名を国民社会主義ドイツ労働者党、通称ナチと改名した」

 

まるで、ヒトラースターリンが同じ戦争学校に参加したことをモロトフが頭に入れていたかのようだ。もちろん、2人ともイギリスのタヴィストックの学校に入っていたのである

 

ヒトラーの影武者

着実に占領が進むと、仕上げにヒトラーの影武者の1人が身代わりとなってプラハに向かった。かつて国王たちの住まいだった城の3階から、彼は市内を見渡した。パレードで通り過ぎるドイツ軍に驚いた人々が静まりかえる中、通りから17メートルの高さのその場所で、手も振らず大根役者のように彼は突っ立っていた。ヒトラー本人は当時イギリスとの会議に出席しており、プラハにいた影武者は俳優のアンドレアス・クロンシュタットだった。

 

それぞれの影武者

・イギリス空軍の情報将校フレッド(フレデリック)・ウィンターボーザムは、ベルリンでは誰もが運転手付きの車から走り出てくると直角に曲がり、急ぎ足で建物に入っていく様子に興味をそそられた。SSの1人が言った。「我々がこうするのは共産党の暗殺者、スワローズのせいだ

 1930年代半ばになると彼らもこれに疲れ果て、突撃隊員の兵隊の中で重要人物のそっくりさんコンテストを行った。各地区つまり「大管区」ごとに判定が行われ、最終選考まで残ると史上最大級に風変わりな「ガウ(大管区)・生き写しコンテスト」、要はヒトラーのそっくりさんコンテストのため本部に送られた。候補の数名は整形手術を施され、さらに似通った容貌になった。出場者はもちろんこんな言葉を口には出したりはしない。

「私は世界平和を求める」

 

ゲーリングの生き写しもいればヒトラーの生き写しもいた。ゲシュタポはそれから候補者の素性を調べ、子どもを愛する大家族の父親を優先した。子を十分に愛していない人物は賄賂が通用しないので落とされた。影武者はナチの行状に目をつぶり、何も聞かなかったことにするように求められるのだ。

 

軍幹部、突撃隊指導者、「大管区指導者(地区司令官)」には全員影武者がいた。いなかったのは内反足で足が不自由だったヨーゼフ・ゲッペルスだけだった。このため、ゲッペルスと彼の妻子は終戦時にソ連へ差し出された。総統官邸の地下壕に残っていた本物の遺体は彼らのものだけで、ヒトラーエヴァとされた遺体の本物感を醸し出すのに一役買っているソ連軍はゲッペルス一家を全員特定し、他も全部想定通りの人物の遺体だという結論に誤って飛びついてしまった。不運にも、彼らはスターリンにこれを伝えてしまったので、策略と気づいた後もその話に固執していた。

 著書『私はヒトラーの女中だった(I am Hitler’s Maid』(1940)で、パウリーネ・コーラーは、ヒトラーの影武者5人が彼女の台所のテーブルを囲んで座っていた様子を回想している。それぞれ貧しい労働者階級の出で、自分の子どもについて話す優しい男たちだった。彼女はいつも彼らに同情して、近くにいても気が許せたという。ヒトラーと一緒のときにはあり得なかったことだ。彼ら父親たちはヒトラーの命令を受けており、自分の家族に対してと同じようにヒトラーに忠誠を誓っていた。

 

 この中には、グスタフ・ウェーバー、俳優アンドレアス・クロンシュタット、ヒトラーがお気に入りの運転手のユリウス・シュレックと、1944年7月20日にクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐がヒトラーのテーブルの下に仕掛けた爆弾で殺されたハインリヒ・ベルガーがいた。

 

・「古プロイセンの国家的フリーメイソンから人道主義者を明確に区別する境界がある。我々、古プロイセン・グランドロッジは、世界の人々の間の一般的かつ人道的な親交活動への参加を拒否する」

 

 これを古プロイセン・グランドロッジ・フリーメイソンを保護していたナチが認識すると、人道的フリーメイソンは軽視されるようになった。

 1933年3月28日、正式に認められていなかった「秘密の」フリーメイソンが解散することが決まり、休止状態となった。最後の決議で彼らも国のマザーロッジ(最古のロッジ)である「3つの地球」と同様、ヒトラーを支持することを決めた。1933年3月下旬、3つのグランドロッジが帝国のヒトラー首相に祝辞を送り、ドレスデンのグランドロッジは博士号を持つゲッペルスへの忠実な支持を伝える電報を送った。1933年3月31日までに、ドイツのフリーメイソンはすべてヒトラーを支持するようになった。

 ヒトラーは実際、P2ロッジのグランドマスター、リーチオ・ジェッリから崇拝されており、他のフリーメイソンの主宰者であるファン・ペロンやトゥーレ協会のカルト的設立者、ルドルフ・グラウアーも同様であった。

 

・『オメガファイル』によると「フリーメイソンスコットランドでの慣習はフランスのイエズス会系のクレルモン学院に由来し、主体とするのは世界政府の提唱と全国境、主権、文化の打破である。伝統的『家族』構造がすべて崩壊することで、すべての子どもたちが世界州の保護下に置かれる。そして人に魂がある、という考えを破壊し、むしろ人間は単に進化した動物で精神的な性質はなく、神は不要だとするつまり、個人の表現を許容しない均質化した共同社会だが、その代わりに管理された秩序への絶対的な服従を強化する」という。

 

世界大戦すら計画・実行するフリーメイソン    船瀬俊介

“黒い教皇”パイクの予言

世界大戦まで計画通りに起こす

■第3次大戦:パイクは、こう記している。

「(中東で)シオニストイスラエル)とアラブ人との間に、イルミナティのエージェント(工作員)によって引き起こされる」。さらに、こう続ける。「それによって紛争が世界的に拡大し大衆はキリスト教に幻滅し、ルシファー(堕天使)に心酔するようになる」。つまりは、ユダヤ人にアラブ諸国のど真ん中に建国させたのも、次なる第3次大戦への“仕込み”だった……!

 

「金融」「兵器」で巨大暴利

ヒトラーロスチャイルドの血

ヒトラーの家系は、それほど杜撰なものだった。そして、その血脈ルーツにはロスチャイルド家が登場する……。一族の祖マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドはこう書き記している。「財産を一族の中で保持するため、いとこや、またいとこ同士で結婚すること――

 さらに、彼らは“戦闘要員”を多く生み出すため使用人の女を輪姦した。彼らは、その夜を“種まきの日”と呼んでいた。

 アロイスの母マリア(ヒトラーの祖母)はネイサン・ロスチャイルド男爵宅で使用人として雇われていた。しかし、家族に妊娠が知られると、すぐ自宅に戻された。そこでアロイス(ヒトラーの父)が生まれた。ちなみにネイサンはマイヤーの息子である。結論はこうだ

……ヒトラーの祖父はライオネル・ネイサン・ロスチャイルドで叔父は初代ロスチャイルド男爵、いとこは第2代ロスチャイルド男爵である」「ヒトラーロスチャイルド家のために金を紡ぎ出し、彼らが第2次大戦だけでも財をなしたのも間違いない」(本書、要約)

 ヒトラーの中に流れるロスチャイルド一族の血……。であれば若きヒトラーが英国諜報員の1人にスカウトされたのも自然な流れだ。

英国こそ王族以下、要員はすべてフリーメイソンという秘密結社の“王国”だったからだ。

 

空白の9カ月、英スパイ養成機関にいた!

・1912年2月から1913年5月まで……これが、若きヒトラーの空白時期である。「ヒトラーに関して最も信頼がおける書籍にも、この期間の情報や写真はない」のも、当然である。

 彼は、英軍極秘機関「心理作戦学校」でスパイ養成の特訓を受けていたからだ。

 

究極の家畜社会“アジェンダ21”の戦慄

<“かれら”の目指す“理想社”>

・具体的に表すのが「ジョージア・ガイド・ストーン」だ。1979年、米ジョージア州エルバート郡の小高い丘に突然、謎の巨大石碑が出現した。そこには、主要8カ国語で来る21世紀の理想像が銘記されていた。そこに「21世紀、地球の理想人口は5億人」とある。石碑の設立者は不明だが、研究者はフリーメイソンによるメッセージと結論づける。“かれら”が理想とする未来世界が「新世界秩序(NOW:ニュー・ワールド・オーダー)」だ。

 それを具体的に示すのが“アジェンダ21”だ。

 これは1992年、ブラジルのリオで開催された国連環境サミットで採択された「21世紀行動計画」に潜まされていた

 それは10カ条あり、NOWの正体が明白だ。

  • 国家の廃止 ②人口大幅削減 ③全宗教の禁止 ④私有財産の否定

⑤居住自由の否定  ⑥職業自由の禁止  ⑦子どもは国家没収

⑧教育は最低限に ⑨反対は一切禁止 ⑩資源・企業は国家管理

 

 あなたは息が止まるだろう。そして、あなたの頭に1人の男の顔が浮かんだはずだ。

 アドルフ・ヒトラー……。そう、“闇の支配者”たちが夢見る未来社会とは、ヒトラーが唱えた第三帝国と重なってくる。戦慄のファシズム体制。

 さらに、その究極に待つのは、奴隷社会より劣る“家畜社会”である。

 

・稀代の極悪人アドルフ・ヒトラー ――彼も、その“闇の勢力”の操り人形の1つに過ぎなかったのだ。

 

マルクスヒトラー、2人の“工作員

イルミナティ工作員と告発書

ヒトラーは英国工作員だった……。本書で、その衝撃事実が赤裸々となった。読み終えて、ふと、もう1人の“工作員”の存在が思い浮かんだ。その名は――カール・マルクス

 

・そのマルクスヒトラーと同等に論じる。そんなことなど、マルキシストの方々からすれば、論外……というより、憤激を招く所業であろう。 

 しかし――、マルクスは“闇の勢力”つまりイルミナティ工作員であった、と告発する歴史家がいる。

 ユースタス・マリンズ氏。その著書『カナンの呪い』は、歴史の暗部を抉る名著である。

 

背後にロスチャイルド財閥

・そこに、次のような一節がある。「……『共産主義インターナショナル』は、英国ロスチャイルド商会のライオネルと詩人ハインリッヒ・ハイネ、そしてカール・マルクスというたった三人が当初の構成員だった」これは衝撃的というしかない。

共産主義インターナショナル』(コミンテルンは、国際組織として1919年に正式に設立され、1935年まで7回の大会を開催している。つまりは、世界の共産主義者たちにとっての“総本山”だ。その世界共産主義運動の発起人に、ロスチャイルド一族が名を連ねていた……。これは、ただ仰天の一言だ。

 

「金融」「兵器」の“市場創造”

闇の支配者の底知れぬ悪意と正体

・つまりは「金融」「兵器」の実に狡猾巧妙な“市場創造”である。カール・マルクスの思想は、そのマーケティング思想に他ならなかった。世界のコミュニストは、唖然呆然だろう……。

 

マルクスヒトラー…20世紀の歴史を動かした二大立役者。それを闇から操ったイルミナティ。その現代の別名は、ディープ・ステート(影の政府)。

 2020年末、トランプvs.バイデンの米大統領選挙で、その正体は露となった。史上空前の不正・犯罪選挙……。それは、闇の支配者の最期の悪あがきのようにも映る。マルクスヒトラー、つまりコミュニズムファシズム………いずれのリーダーも、“駒”として操った“やつら”が、果たして生き残れるのか? 衰退するのか?その最終戦争ハルマゲドンこそ、米大統領選なのだ。正義と悪魔の戦い――。それをいま、世界の目覚めた市民たちは、固唾を呑んで見守っている……。