日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

トムリンソンによれば、プーチンは「1979年からMI6とロイヤル・アーチ・フリーメーソンのマインドコントロール下にあった。そして1994年までKGB内の彼らのスパイのひとりだった」(1)

 

『タヴィストック研究所の謎』

世界を牛耳る洗脳機関  

ダニエル・エスチューリン   ティー・オーエンタテインメント2013/12/15

 

 

 

タヴィストック研究所

・イギリス、サセックス州のタヴィストック研究所は、表向きは精神病理学、臨床倫理学の世界的拠点として知られている。だがその真の姿は、英国王室とロスチャイルド家の資金により設立された、洗脳・プロパガンダ研究に関する世界屈指の秘密機関かつ国際諜報機関である

 

水瓶座の陰謀

・イギリスのサセックス州に本拠地を置くタヴィストック研究所は、集団洗脳と社会工学研究の中心である。第ニ次大戦にウェリントンハウスで緊急始動したこの研究所は、やがて地球という惑星全体の運命を形作り、その過程で時代社会のパラダイムを変える最先端の組織へと成長した。

 500キロトン級核爆弾の爆発と同じ威力を持つ革命的な本書は、タヴィストック・ネットワークとその洗脳方法、世界の名だたる機関がそれを応用し、大規模な社会工学的プロジェクトに適用している事実を明らかにしている。

 1974年、スタンフォード研究所では、「チェンジング・イメージ・オブ・マン」と名付けられた研究が超極秘のうちに行われた。洗脳者たちが自らその研究を指して言ったように、これは「水瓶座の陰謀」である。

 

・われわれはみな、日々の生活のなかで国家がなし崩しにされていくのをひしひしと感じ、個人的にそれを体験している。だが、それは自然の成り行きでも、偶然の出来事でもない。われわれが目にしているのは、世界最大の権力を持つ者たちが仕組んだ、計画的な世界経済の崩壊なのだ。タヴィストック研究所に関する本書は、戦慄すべき陰謀が現実のものであることを明らかにし、陰謀の黒幕とその長期的目的を暴いて、どうすれば彼らに地獄へ引きずりこまれずにすむかを示している。

 

・繰り返すが、タヴィストックの陰謀は厳然たる事実だ。彼らは人々を堕落させるために音楽を作る。無知な環境保全守護者を洗脳し、利用する。麻薬中毒者は、人間の精神を破壊し、退化させることを最終目的とした政府の長期的政策の犠牲者だ。あらゆるヨガ・マニア、超越瞑想法の信奉者、急進的左翼および右翼、バハーイー教の感受性訓練者および超能力者、宇宙意識グループ、ニューエイジの恋人、宇宙意識体験の探究者、「意識啓発」の信奉者が、政府の後援、財団の資金援助によるプロジェクトの派生物だ。

 

・第ニ次大戦中、イギリス軍の心理戦本部として、タヴィストックはイギリス特殊作戦執行部との取り決めにより、心理戦の方針に関してアメリカ軍に指示を送っていた。

 周囲を見まわしてもらいたい! 世界の名だたる社会科学者や行動工学者が地球の未来に仕掛けた正面攻撃の結果、善を勧め、悪を懲らしめるという国家モラルの拠り所は崩壊した

 

・人間のあらゆる内なる要素がプロファイルされ、記録され、コンピュータ・システムに保存される。前述の緊密な連携態勢をとる社会科学者、心理学者、精神分析医、考古学者たちの集団と、様々なシンクタンクおよび機関を取り仕切っているのは、主にヴェネチアの黒貴族からなる少数独裁組織のエリートたちだ。彼らが行動変容をもくろむ目的は何か?われわれの生き方、考え方を、本人の同意なしに、本人の知らないあいだに、強制的に変えることである。

 

対破壊行動作戦

・人心を操作して社会を思うままに動かすテクニックは、人類と同じくらい長い歴史を持つ。封建社会の領主たちは、変化を食い止め、権力を保ち、強化するために、罰と拷問を常用した。何千年も前の時代ですら、このテクニックは「分割し、征服する」道具として意識的に使われ、支配階級の助けとなった。しかし、特定のテクニックあるいはセラピーがどれほど効果をあげようと、それだけでは対破壊行動作戦とは呼べない。「単発的に恐怖を使うだけでは、破壊行動の制圧を進めることはできない。支配階級もしくはその傀儡は、意識的かつ組織的にそれを適用する必要がある」 1930年代における心理学および精神病学の転換が、まさしくここで言われていることを達成した。

 

・1980年の晩春に早送りし、エルサレムのエイン・ケレム通りにあるロシアの東方正教会修道院に飛ぶとしよう。1980年には尼僧院として運営されていたものの、そこはKGBの「スパイセンター」として知られていた。トムリンソンによれば、この厳重に守られた敷地には「ウラジミール・プーチンやほかのKGBのロイヤル・アーチ・フリーメーソンたちが滞在していた。イギリス諜報部の新人たちは主に、エイン・ケレム通りの中心にある聖ヨハネ教会の裏の、「ユース・ホステル」に滞在した。

 トムリンソンによれば、スパイが暗躍するこの逆さま宇宙では、驚いたことに「“訓練生”は夜毎KGBのエージェントとこれらの建物のベランダに座り、煙草を吸い、ウォッカを飲み、ばか話に興じた」。ロシア語を話すトムリンソンは、このグループの事実上の通訳を務めたという。

 ここで初めて顔を合わせたウラジミール・プーチンとは、その後何度も会うことになる。プーチンはこのとき26、7歳、トムリンソンより何歳も上だったが、実際の年齢よりもはるかに若く見えた。

 

・さらに早送りして1993年、今度はポートランドだ。ソヴィエト連邦が崩壊すると、ポーランドはヨーロッパの諜報活動における最大の蚤の市となった。世界一の鉱物資源、最大の石油備蓄を持ち、アマゾンよりも多くの森林資源は言うまでもなく、ソヴィエト時代の武器の膨大な備蓄を持つポーランドは、文字通りそれをはぎとられていった。西欧の軍事行動に対抗できぬよう、ロシア政府を無政府状態にするためだ。

「誰がどの機関のために働いているか、どの機関がどこと手を結んでいるか、さっぱりわからない状態だった。誰もがなりふりかまわず、“手当たり次第にかっさらって”いた。この飛び入り自由の争奪合戦には、MI5、MI6、CIA、IRA(アイルランド共和国軍)、その他多くの機関が集まってきた。情報、麻薬、武器、とにかくなんでも手に入れようと必死だった。世界中の諜報機関、マフィア組織が参入していた」

 

・トムリンソンは説明する。「ウラジミール・プーチンは当時、東ベルリンの国家保安警察KGB管理者として働いていたが、その仕事を失った。サンクトペテルブルクでは飢饉が起こっていたというのに、KGBの給料は何か月も滞っていた。様々な街で家族が飢え死にしていた。ウラジミール・プーチン自身の家族も例外ではなかった」

 助けを必要としていたプーチンは、自分の敵であるはずの人々に連絡してきた。MI6のモスクワ支部にいたジョン・スカーレットだ。スカーレットはプーチンと同じように、ロイヤル・アーチ・フリーメーソンだった。

 スカーレットがプーチンとどんな取引をしたのか、それはトムリンソンには見当もつかなかったが、彼はいくつか非常に価値のある情報を加えている。

 トムリンソンによれば、プーチンは「1979年からMI6とロイヤル・アーチ・フリーメーソンのマインドコントロール下にあった。そして1994年までKGB内の彼らのスパイのひとりだった。

 プーチンは急激に状況が悪化していくサンクトペテルブルクから家族を連れだす必要があった。スカーレットはイギリスでドイツ語教師(プーチンは母国語のようにドイツ語を話した)として新しい身分を用意することに同意した」

 プーチンの妻とふたりの娘はしばらくしてから合流することになっていた。しかし、その途中でスカーレットはこの取引を翻し、どういうわけかMI5は、安全な経路でロシアから出たプーチンがイギリスの土を踏むとすぐに彼を捕え、拷問したあと殺害することに決めた。

 しかし、MI5はやがてロシアの大統領となるプーチンを甘く見ていた。プーチンは自分がそれまでに築いた広範なスパイ・ネットワークを通じてMI5の企みを嗅ぎつけ、取引を反故にしてロシアに戻った

 そして1994年、反撃にでた。この年、MI6のラップトップがヨーロッパから消えはじめた。

 

KGBのロイヤル・アーチ・フリーメーソンは、まるでタランチュラのようなフリーメーソン組織のなかの、これらの部門のひとつだった。

 

<幸せの青い鳥>

・「記憶の国」は、昔からマインドコントロールと対破壊活動計画の主要な対象だった。今日では20世紀の前半ほど使われないかもしれないが、どこかで「幸せの青い鳥」というフレーズを聞いたことがあるにちがいない。だが、これがベルギーのノーベル賞受賞作家であり劇作家であるメーテルリンクの最も有名な作品『青い鳥』(1909)に由来していることは、このフレーズが盛んに使われた当時ですら知らない人々が多かった。劇中、ふたりの子どもが幸せの青い鳥を探しに出かけ、様々な冒険をする。CIAはマインドコントロールを完成させるため「青い鳥」プロジェクトを始めとする様々なプロジェクトで、一種の聖杯探索とも言えるメーテルリンクの劇の多くのモチーフを繰り返し使っている。

 

タヴィストックと邪悪な同盟

ケネディの暗殺には、オカルト信仰者、さまよえる主教、アメリカの諜報部、ナチの科学者からなる不快な霧が渦巻いているそのすべてがジョン・F・ケネディの暗殺者とされるリー・ハーヴェイ・オズワルドの知り合いだった。彼らはみな幽霊と話し、黒魔術の儀式を行い、交霊会のテーブルを囲んで手をつなぎ、ニューオーリンズのアパートで鶏を生贄にしていた。

 

CIAと悪魔崇拝のカルト信者たち、20世紀後半の神秘主義は、驚くほど緊密に結びついている。CIAはもちろん、現実に存在している。ブルーバードからアーティチョーク、MKウルトラまで、彼らのマインドコントロール・プログラムは、公式の記録に載っている。政治がらみの暗殺と様々な外国政府転覆の歴史も同様である悪魔崇拝も「オカルト秘密結社」とみなすべきかもしれないが、存在し、記録に載っている。古代の儀式を通じてより高い霊に接触しようとする彼らの試みも、きちんと記録された、よく知られている事実である。

 

・マインドコントロールを研究する者たちが、オカルト実践者、魔術師、魔女、ヴードゥー教のまじない師、シベリアのシャーマンたちの記録をかき集めはじめるのは時間の問題だった。そうした魔術は有史以前から、健常で、心地よい、ごくあたりまえの意識を人から奪い去り、そのあとに強力な、全知の、ときには凶暴な、常に人をあざむく個性を据えてきた。

 

イルミネーションによる抹殺

・人心操作そのものは、何世紀も存在してきたが、近年、争いの武器として“再発見”された。きっかけは第ニ次世界大戦だった。韓国、フィリピン、ヴェトナム、アフリカ、中東、ラテンアメリカ、心理学を駆使した作戦のリストは長い。

 

ペーパークリップ作戦

・ワシントンの政策立案者たちは、次の主な対立は合衆国とソヴィエト連邦の間で起こることを知っていた。したがって、原子力兵器のテクノロジーと超極秘に開発されていたロケットV・1とV・2の開発に携わっているドイツのトップレベルの科学者たちを、ロシア人の手の届かぬアメリカに連れ去り、さらにおそらくこちらのほうが重要だが、強制的に合衆国のために働かせることが最重要とされた。

 

その目的のために、複数の戦時諜報作戦が実行された。そのなかで最も有名なのがペーパークリップ作戦だ。ペーパークリップ作戦について聞いたことのある人々は、大半が、それは宇宙プログラムの手伝いをさせるために、ナチの科学者たちを合衆国へ連れてくるプログラムだったと考えている。しかし、ペーパークリップ作戦とそれに続くナチの徴募には、ロケット科学よりもはるかに多くの目的があった。心理戦の専門家、ゲーレン諜報機関のスパイ、暗殺者、破壊工作員やナチの医療担当者が含まれていた。

 ペーパークリップ作戦の物語は長く、非常に混み入っている。実際、アルファベットのパスタ入りスープのように見えるほど、頭文字の略語だらけになる。CROWCASS(戦争犯罪・治安犯罪容疑者中央登録所)からCIC、SIS、OCC、CIA、JIOA、その他多くの諜報機関とその作戦がそれに関わっている。何十という国とその諜報機関、軍、政党、カトリック教会、刑事司法制度がこれに関与した。ペーパークリップ作戦が終了するころには、何千というナチの科学者同様、ウクライナ武装親衛隊の一師団がそっくり、ドイツを逃れていた。彼らの多くはこの戦争の最も極悪非道な行為に関わった罪、戦争犯罪者として告発されていたにもかかわらず、あっさり合衆国や南アメリカ、中東に移住してしまったのだ。

 

マインドコントロール

・マインドコントロールとひと口に言っても、それが使われている範囲が非常に広く、そのために使われる方法もきわめて巧妙である。

 

・その後まもなく、マリオネット・プログラミングと呼ばれたマインドコントロール・プロジェクトが、ナチス・ドイツから輸入され、“プロジェクト・モナーク”と改名されて復活した。モナーク・プログラムとは基本的に、極度のトラウマを使って現在では解離性障害と呼ばれる多重人格障害を誘発し、巧みに心を操作することだった。

 

CIAの陰謀

・CIAの展開は、基本的にあらゆる主な既存施設への組織的浸透に向けられていた。この浸透は、アメリカを支配する一族の助けを得て、“準合法”ファシスト組織が既存の組織を乗っとるための準備段階だった。

 

王殺し

・世界の人口の大多数は音楽を聞く。だが、実際にその歌詞の本当の意味と、それが聞き手にもたらす影響を理解している人間はほんのわずかしかいない。ビルボードのチャートで上位になる流行歌の多くにはきわめて重要な意味と趣旨がある。実はその多くが、悪魔礼拝かオカルト、その他の霊的な意味を歌詞に持っている。だが、そうした象徴的表現は、ふだんまったく無視されている。

 

言葉の力

・これらを語るのは歌の詞だけではない。ミュージックビデオにも、オカルトやフリーメーソンじみたシンボルが溢れている。黒と白のモザイク模様の床は言うまでもないが、とくによく見られるのは、神の全能の目を意味する“プロヴィデンスの目”と様々な形のピラミッドだ。彼らが歌う新世界秩序がどういうものか、想像はつく。イルミナティという名もダン・ブラウンの人気小説のおかげで聞いたことがある。だが、このレイマンというのは誰か?

 

なぜはっきりわかるところにあるのか?

・静かに世界をコントロールしようという陰謀が実際に存在するとしたら、その首謀者たちはなぜそれを隠す代わりに、歌やビデオやハリウッド映画で宣伝するのか?実は、この結社は秘密を誰にでも明らかに見えるところに隠すのが好きなのだ。それもビデオや歌のなかだけではない。もしも私がこう言ったら、信じてもらえるだろうか。JFKは儀式の生贄になった。あれはオカルトの世界では、「王殺し」と呼ばれる儀式だった、と。そしてその証拠を示したら?

 あの暗殺の公式に発表された“事実”では、一匹狼の暗殺者が魔法の銃弾で大統領を殺したことになっている

 ケネディの暗殺を理解し、それがタヴィストックの洗脳、秘密結社、グローバル政府設立へとつながる陰謀で、ナチ特製のオカルトだと知るためには、生命の詳細とそれが見事に一点に集中するように見方を変え、知覚の扉を開いて、知られざる黄泉の世界へと入らねばならない。それが古代の人々の方法だった。彼らは名前が持つ意味から始め、場所が持つ意味を読み、緯度や経度の線、地理と地図製作における度数の区分、ふたりの会合から派生する妄執的行動、すなわち儀式を含め、あらゆるつながり、シンボルを探知するヴィジョンを包括して世界を見た。

 

・これらのシンボルは露骨なほど明白で、簡単に見分けがつくこともある。だが、その裏に隠された意味やメッセージはほとんどの人にはわからない。われわれの脳が自動的に取るに足らない、意味のないものだと判断して取り除いてしまうからだ。ところが、実はそのひとつひとつが意味を持っている。その意味で、現場の明らかな混乱状態にもかかわらず、JFKの暗殺は驚くほど整然と組織的に行われたと言えよう。

 

ジョン・フィッツジェラルドケネディ暗殺の究極的な目標は、政治的なものでも、経済的なものでもなく、魔術だった。白昼夢を見ている心をコントロールし、その心が持つ力を操るのは、この嘘に満ちた残酷で堕落したシナリオのなかに偏在する力だ。恐ろしいウィルスはばらまくだけでいい。残りは病がやってくれる。1963年11月22日、アメリカの人々の心のなかで何かが死んだ。理想主義、無垢な心、あるいは高いモラルの追求が、そして人類は変わった。人類を変えること、これこそケネディ殺害の真の理由であり、動機だった

 マインドコントロールと秘密結社、オカルトについて調べるにつれて、巧みな隠されたシンボルが見えてくる。ケネディの暗殺の裏には、いわゆる「名前の科学」、言葉の魔術がある。「JFKの暗殺は決定的な形でこの科学と出会う。そこには暴力、倒錯、陰謀、死、退化に関わるまぎれもない悪夢のように複雑なシンボルが含まれている

 

王の殺害

・ジェイムズ・シェルビー・ダウナードの手になるアングラ文学の古典『魔法、セックス、暗殺、象徴の科学』は、様々なアメリカの歴史的な事件を取りあげ、秘密結社の壮大なオカルト計画と結びつけている。ケネディ暗殺に含まれた仰天すべきリンクを明らかにした調査の結果は、いまも金字塔として残っている。

ケネディ大統領と夫人はテンプル・ヒューストンを出て、フォートワースで真夜中にこの精力的な“太陽神”とまばゆいばかりに美しくセクシーなその妻、“愛と美の女王”を迎える疲れを知らぬ群衆を熱狂させた。11月22日の朝、ふたりはダラスのラヴ空港の28番ゲートへと飛んだ。28という数字は、カバラ数秘術ではソロモンを示す数字のひとつ、28という数字に割り当てられているのは“ビール”だ

 またテキサス州の緯度28度線上には、かつて広大な“ケネディ牧場”があった。緯度28度には、ケネディの様々な功績によるだけでなく、死によっても可能になった月旅行のロケットが発進したケープ・カナヴェラルもある。なぜなら、フリーメーソンを月に置くことは、王を殺したあとでなければ不可能だからである。28度はテンプラー狭義では、“太陽の王”を示す。大統領と夫人はエアフォースワン――コードネーム“天使”で到着した。

 車によるパレードはラヴ空港からディーリー・プラザへと進んだ。ディーリー・プラザはダラスにおけるフリーメーソンの神殿がある場所(現在は完全に破壊された)で、プラザにはこの事実が語る跡が残されている。

 

・ディーリー・プラザを通過のさいの重要な“保安”戦略は、ニューオーリンズのCIA支局が立てたが、この支局はフリーメーソンの神殿がある建物に本部を置いていた。テキサス州ダラスは北緯33度から南に16キロの位置にある。33度はフリーメーソンでは最も高位の階級で、正確に33度上にあるサウスカロライナ州チャールストンに作られたスコッティッシュ・ライトの創設ロッジである。

 ディーリー・プラザはトリニティ川に近く、洪水を制御する手段が導入されるまえは、定期的に水没していた。したがって、三叉とそれを持つ海神ネプチューンのシンボルだ。この三叉およびネプチューンを示す場所に、“愛と美の女王”とその配偶者は、王殺しの儀式の生贄としてやってきた。ここでいう“女王”とはジャッキーのこと、スコットランドでは、ケネディの紋章と図像は民話に満ちている。シンボルとして使われている植物は樫で、紋章にはイルカがのっている。そう考えると、JFKがディーリー・プラザの樫の木付近で頭を撃たれたことは、とうてい偶然とは呼びがたくなってくる。

 

・ダラスの地図にあるように、エルム、メイン、コマース通りが立体交差の下で三つ叉を作っている。ケネディ待ち伏せた一斉射撃には、分析者のほとんどが、少なくとも三人の暗殺者が関与しているとみなしている。

 三人の暗殺者、これはフリーメーソンの重要な教義と一致する。ソロモンの神殿の建築者であり、フリーメーソンの神話の創始者ヒラム・アビフは、伝説によれば、“卑しい職人”に殺された。フリーメーソンはゲーム盤である地上(基盤の目、そのためフリーメーソンの床は市松模様)と、その“ゲーム”を容易にする補助的な一致に執拗にこだわる。フリーメーソンは鉄道とそこで働く人々に極端に関心を持っているため、法律家とサーカスの芸人以外には、鉄道で働く者が最も多い。

 JFKが殺されていくらもたたぬうちに、三人の“浮浪者”(“卑しい職人”)がディーリー・プラザの裏にある鉄道構内で逮捕された。

 彼らの素性、および逮捕した警官の“素性”については、どんな記録も明らかにされていない。あの数分間で残っているのは、一連の写真だけだ。王を殺害する儀式という黒ミサの儀式達成、これはフリーメーソンの殺人であることを示す名刺のようなものだ。“何の責めも受けないであろう”三人の“卑しむべき職人”ユベラ、ユベロ、ユベラムの登場、“キャメロットの王”を殺す秘術を達成するためには、この儀式のシンボルが必要だった。

 

リー・ハーヴェイ・オズワルド

・「オズワルドは“聖なる強さ”を意味する。指小語“オズ”は強さを意味している。聖なる強さは、王を殺す儀式には不可欠であり、“聖なる強さ”がディーリー、すなわち“女神の支配”において、この儀式で果たした役割は、注意深く考慮する必要がある。

 また、オズの魔法使いの“ルビー(色)のスリッパ”との関わりで、(ジャック)ルビーの、“オズワルド”殺し(破壊)の意味も留意する必要があるオズの魔法使いおとぎばなしだとばかにするかもしれないが、たとえおとぎばなしでも、“ルビーの光”もしくはレーザー光線は、計り知れない力を象徴している。

 オズワルドはミンクス市にある行動制御センターで“ボランティア”をしていたときに、ソヴィエト連邦に洗脳された可能性がある。また、彼はキューバ人たちと暮らし、カストロの配下と親しくしていたとされる。この男の素性は、“鍵となる人物”としか発表されていない。言うまでもないが、“鍵”はフリーメーソンでは最重要のシンボルのひとつ、沈黙を意味している。

 

アーリントン死亡告示

ケネディとオズワルドは、どちらも“アーリントン”に埋葬された。JFKはワシントンDCの国立墓地に、オズワルドはテキサス州アーリントンに近いローズヒル墓地に。“アーリントン”は、フリーメーソンの魔術と神秘主義に重要な意味を持つ言葉だ。その隠された意味は、死霊崇拝とつながりがある。

 

葬送の儀式

・「古代の神秘では、大望を抱く者はパストス――寝台もしくは棺――のなかに横たわらなくては最高位の秘密にあずかることはできないとされた。自分を棺に横たえるのは、象徴的な死と呼ばれ、そこから出ることは“よみがえり”だとされた。古代の作曲家シュトベウスによれば、神秘主義におけるイニシエーションと同じように“心”も死に苦しむ。前世紀初期、フリーメーソンの棺は透写台の上で見つかった。そしてそれは常に三段階のシンボルの一部をなしている。それが示すのは、古代神秘主義のパストスの象徴とまったく同じである」

 

ケネディの遺体は棺に入れられ、首都の丸天井の下の円の中央に置かれた。棺台は「埋葬のシンボルと墓所や記念碑を意味するシンボルに適切に飾られた木製の仮のもの。これは“悲しみのロッジ”の飾りの一部である」。フリーメーソンの百科事典には、フレンチ・ライトのロッジにおける第三段階の儀式に関する説明がある。

 

・もちろん、あらゆる類の梯子がある。バラモンの梯子(7段)、カドッシュの梯子(7段)、薔薇十字会員の梯子(7段)、ヤコブの梯子(段の数は様々)、カバラの梯子(10段)、それから古い“ティム・フィネガンの梯子”、これは“不運の梯子”とも呼ばれ、どれも偽りの段からなっているようだ。

 

ケネディの葬儀の数か月後、トランスアメリカ・コーポレイションの保険部門オシデンタル・ライブが、“新種の”(たしかに独創的ではあった)団体生命保険の広告を打った。“これまで、団体保険で現金を得る方法はひとつしかありませんでした”というドキッとするようなキャッチフレーズ付きだった。明らかに“王の殺害”が既成事実となったあと、あるがままに受け入れるという姿勢に根本的な変化が生じたのだろう。

 

・JFKは死の旅を始めるまえ、彼はユーゴスラヴィアの独裁者チトーとホワイトハウスの階段で写真におさまった。ソロモン王に任命されたと言われる最初の判事にして主監のヒラム皇太子に与えられた称号であるチトーは、フリーメーソンでは重要な名前だ。ソロモンはチトーを気に入っていたと言われる。ソロモンの神殿は、盗み、両替、男女の売春、魔術の温床だったが、古代のチトーはその神殿の監督官のロッジを取り仕切る、イスラエルの“12部族の12人の騎士”のひとりだった

 ケネディ大統領はチトーの先に立って、暗殺された大統領ガーツィールドの肖像画へと階段をおり、そこで写真におさまった。もう1枚は階段に立ち、リンカーンケネディが撃たれたときに乗っていたリンカーンコンチネンタル・リムジン)の写真の前で撮影された。

 ジョン・F・ケネディは、合衆国史上初めてにして唯一のカトリック教徒の大統領で、人間の贖罪の山羊、“ファーマコス”となった。“ファーマコス”もしくは“ファーマク=ヴォス”は、“薬や魔術で魅せられた状態”や、“打たれ、傷つけられるか生贄にされる”という意味もある。秘法では、王殺しはT字型十字に蛇を磔にして表わす。

 イエス・キリストは、彼を憎み、恐れていたソロモン神殿の男たちが企てた陰謀の結果、拷問され、殺された。男たちはエジプト、バビロン、フェニキア神秘主義に染まっていた。

 フリーメーソンは人を殺すのに太古の方法ならどれでも用いるわけではない。JFKの暗殺では、彼らはこの極悪非道な行為を自分たちが信奉する王殺しという古代豊穣の聖餐式にするために、驚くほど細部にこだわると同時に、非常な危険をおかした

 

・ダラスでケネディが暗殺されたとき、三人の浮浪者が逮捕されたのは、少なくとも作戦上重要だったのと同じくらい象徴的な意味でも重要だった。彼らはフリーメーソンの言う“三人の卑しい職人”に呼応する、と私は述べた。この象徴は犠牲者とその仲間に対する心理的一撃と、失敗した調査のしるし、殺人者たちの真の正体を探る調査の愚かさ、そして実際の殺人を行った三人の暗殺者、あるいはそのドッペルゲンガー死の直前などに本人の前に精霊となって現れる分身)を表わしている。

 

ウォーレン委員会

・「フリーメーソンリンドン・ジョンソンは同じくフリーメーソンのアール・ウォーレンを任命し、カトリック教徒のケネディの死を調べさせた。フリーメーソンで、33階級のメンバーであるジェラルド・R・フォードは、陰謀を仄めかすささいな証拠や痕跡を握りつぶし、それらが委員会に届くのを防いだ。ウォーレン委員会のために情報を集める責任にあったJ・エドガー・フーバーフリーメーソンで、33階級のメンバーだった。元CIA長官でこの委員会にCIAのデータの大半を差しだした責任者は、フリーメーソンのアレン・ダレスだ

 これらの証拠で委員会が入手した情報を疑うのは被害妄想か?

 

儀式的殺人の錬金術

・『フリーメーソンの操心術』の共同執筆者で、世界で最も注目に値するケネディ暗殺の権威のひとりマイケル・ホフマンは、こう説明する。

「集団心理学を学ぶ者にとってその理由は明白だろうが、ケネディの暗殺がテレビで報道され、衝撃を受けたアメリカの人々はほとんど即座に退化しはじめた。この変容を示す指標はいくつもある。1年もたたぬうちに、多くのアメリカ人は柔らかい自然な色合いのコットンの服から、どぎつい色のポリエステルを好むようになった。流行の音楽はより大きく、テンポが速く、耳障りなものになり、麻薬が初めて自由奔放なサブカルチャーのゲットーの外に出て、一般市民のなかへ広がっていった

 

・「暗殺者たちはまんまと逃れ、ウォーレン委員会は事態を取り繕うことに終始し、大統領の暗殺を命じた男たちは、どこかでカクテルを飲みながら笑っている、という印象を拭えなかった。まるで幻覚のようなあざやかな疑いがアメリカ市民の頭に居座り、恐ろしい戦慄が国中を走った。犯人が誰にせよ、白夜堂々と大統領を殺し、まんまとそれを隠しおおせることができるとしたら、そいつは何でもやってのけられるにちがいない、と

 

「国を治めている政府を裏で動かしている陰の政府の存在が、国民の潜在意識に鋭く焼きつき、われわれの現実に幻覚剤がもたらすような暗流を加えた。『オズの魔法使い』の世界にようこそ! それもこれも、オズワルドとルビーの背後にいる人物のおかげだ

 

アメリカの一般大衆の意識のなかで、この国の最高権力は国民に選ばれた大統領という公の権力から、それをあっさり抹殺する力を持つ選挙によらぬ見えないグループへと移った

 

・「1826年に作家ウィリアム・モーガンフリーメーソンに暗殺されて以来、アメリカの国民は隠れた力がこの世を支配しているというめまいのするような現実と直面せざるを得なくなった

 

・「半覚醒状態の『夢見る』一般大衆をこんなふうに覚醒させたことは、あらたな幻影を生む原因となった。現実とは正反対の新しい“現実”をぶつけて人々に衝撃を与えるのは、秘密政権が昔から使ってきたシナリオなのだ錬金術的プログラミングのこの局面は秘密政権内部では『喧噪』と呼ばれている。

「いまや、アメリカ人はもうひとつの恐ろしい現実と向かい合うことを余儀なくされた。自分たちの力の及ばない正体不明の影の政権が、確かに存在しているのだ。羊飼のプロセスはますますエスカレートし、前衛的な広告や音楽、政策やニュースが(とくに電子的メディアを通じて)、ときに刹那的に、ときに露骨に、現実の“陰の部分”、道徳的規準に欠けた、過激なセックスと暴力、スピード狂、アングラの“びっくりハウス”を描き出す」

 

・「宗教、政府、政治、ビジネスの各分野で体制側に属し、指導的な立場にある人たちは、一様にスーツにネクタイを締めて、いかにも物静かな印象を与える。しかし、このイメージこそ、彼らが陰の国家に従属していることをそれとなく暗示しているのだ。これら指導者はこぞって、アメリカ人に対する監視の目を使いこなして、いかなる攻撃をも切り崩してしまうことだ。しかも彼ら自身は、スピード狂や“びっくりハウス”の雰囲気とは無縁なのである」

 

ケネディ暗殺の調査官でもあったJ・G・バラードはこう述べている。

「宇宙開発戦争、ベトナム戦争ケネディの暗殺、マリリン・モンローの自殺が彩る眩しい王国で……ほかに類を見ない錬金術が使われ……感覚と感情が消滅し、愛情が死滅した。そうして変質した想像力は、あの忌まわしい10年間、地球という病的な太陽のように地球という遊び場を支配していた

「われわれに割り当てられたのはゾンビの役どころ、陰のご主人様に呼びだされ、あっと驚く芝居のなかで、端役や決まりきった役割を演じさせられる。そうして目くらましされ、シニカルで堕落したダブル・マインドを作りだす」

 

あらゆる伝統が、どこかの「専門家」、「左手の道を行った兄弟たち」か「黒魔術師」が、道を間違えたと告げている。彼らは苦労して手に入れた知識と洞察力を使い、自分たちの、きわめてプライベートな、しばしばきわめて邪悪な目的をさらに推し進めた。プロパガンダ、集団トラウマ、セレブ崇拝、殺人などのプログラムを。そして文化の元型を適応性のある型に作りなおし、深遠な幻覚体験で現在のだらけた影絵芝居を超え、ぴりぴりしながら次のショックを待っている。

 

<リアーナ>

・もうひとつの例を挙げよう。エミネムの「モッシュ」のビデオのなかには、プロビデンスの目のイメージが使われている。この「すべてを見る目」は、その起源をエジプトの神話とホルスの目へとたどることができる。多くの人々がこれを、陰から世界を支配している秘密結社の「すべてを見る目」だと解釈してきた。「下院はイラクに870億ドルの予算を承認した」という見出しとともに、その目がビデオのなかでアメリカ人兵士の姿に重ねられている。プロビデンスの目とは、すべてを見る目のこと、イルミナティとグローバル政府のシンボル、また天帝、すなわち宇宙の創造主のシンボルでもあることは、ほとんどの人々が知っているアメリカの1ドル紙幣にある未完成のソロモンの寺院を表わすフリーメーソンのシンボル、頂点のないピラミッドの上に描かれているからだ。これに関しては、もっと不吉な解釈もある。

 

イシスのカルト

ホルスの目はエジプトのㇷプトレマイオス王朝の下で生まれた。邪悪なイシス・カルトの一部だった。このカルトを作ったのはデルフォイの神殿の太陽神を崇拝する祭司たちだ。彼らは以前から存在するエジプトの神々、主にバビロニア古代ギリシャのモデルに基づいて、新しい宗教カルトを作り出したのだ。同じプトレマイオス王朝下で、同じ祭司たちが作った禁欲主義のカルトも、イシス(古代エジプトの豊穣の大母神)のカルトとして半宗教の形をとり、同じイデオロギーを体現している。

 イシス・カルトと禁欲カルトは、アポロ崇拝の祭司たちによりローマにもたらされ、ローマ帝国の主な異教カルトとなったデルフォイの司祭たちは、イシス・カルトを作るときにエジプトの神々の一部を選び、ギリシャオルフェウスとデュオニュソス・カルトをバビロンのアポロ・カルトと組み合わせた。ギリシャオルフェウス(死の)・カルトはオシリス冥界の王で死者を裁く神)を中心に作られている。エジプトの女神であるイシスは、デュオニュソスの母であり、個人的な所有物として語り伝えられている。オイディプスと近親相姦の神話は、オシリス、イシス、ホルス(エジプトの太陽神)の三神にまつわる話で、フリギアのデュオニュソス・カルトか、それと同等のローマのバッカス・カルトの神話に基づいている

 

フリーメーソンの起源はかつて強大な権力と富を有していたテンプル騎士団とつながりがある。テンプル騎士団のこのモザイク模様は、騎士たちの戦いの旗に使ったボー・シオンと呼ばれた白い四角の上に黒い四角をのせたデザインだった。黒い四角はテンプルの騎士が後に残してきた罪の黒い世を、白い四角はキリストの兵士として受け入れた無垢な命を意味していた。

 秘密結社は、なぜ明らかに見えるところに物事を隠すのか? 彼らの信仰システムによれば、その理由のひとつは、最も差し迫った時代に逆心理を通して世界の政治に影響を与えるためだ。シンボルは所有者の縄張りを示すしるしでもあることを、思い出してもらいたい。

 地球上のあらゆる主な企業を管理し、潜在意識にしろ、はっきり見える形にしろ、フリーメーソンとオカルトのシンボルをメディアにはめ込むことで、秘密結社は自分たちの力を誇示しているのだ。イメージは視覚に訴えるだけではない。一方で意味を伝えながら、もう一方で同時に見る者を混乱させる優れたツールでもある。つまり、心理的攻撃の一形態、そしてその最重要なターゲットは、合理的信念システムをかき回し、犠牲者を不安に陥れることだ。