日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(19)

 

・地球外起源の超テクノロジーに関しては、ヨーロッパをはじめとするほかの諸国がもはや取り返しのつかない遅れの中に取り残されてしまったといわれます。ヨーロッパに現れた宇宙人ユミットも金髪碧眼だそうで、米国に登場した金髪碧眼のノルディックと近い種族なのでしょうか。グレイ(小柄な異星人、ゼータ星人)ですら色々なスター・システムに81種類以上もいるそうですので、人間タイプの異星人も多種多様なことでしょう。国家機関・資金の総力をあげて、60年間に渡ってエイリアンの超テクノロジーを取得しつつある米国の独走態勢にフランスの科学者も気づいたのでしょうか。異人は、諜報機関、スパイ機関に溶け込んでいるようなイメージをテレビ映画「Xファイル」などを見ますと印象付けられるといわれます。

 

・河童(グレイ)や異人の乗り物がUFOだそうですので、日本には、昔からUFO目撃談が多いのも当然でしょうか。題名は忘れましたが、「河童が宇宙船に乗って地球を去っていく」というストーリーの日本映画もありました。太古から河童(グレイ)や異人が日本人を観察していたようです。日本の伝説には、河童や異人と農民との不思議な交流伝承が多いようです。ちなみに明治時代に消えたという日本のジプシー『サンカ』が、“アガルタの住人の末裔”であるという奇説もあるといわれます。長い間、UFOディレクターと言われた矢追氏の今後の活躍、出版物を期待したいものです。テレビという現代の武器で、私たちにUFOを知らしめた矢追氏の功績は大きく、後任のディレクターの活動次第では、状況も変わってくると思われます。自衛隊パイロットのUFO目撃談の公表は、公務員の守秘義務でタブーだといわれます。

 

・アーリアの「超人」たちは、テレポート(瞬間移動)ができるようで、大戦後、米国に現れた金星人も「テレポート」ができました。このテレポート(瞬間移動)の技術が奇跡のテクノロジーということで、「神」と誤解される原因となったようです。米空軍も異星人に関しては、ショックを受けて、『厳秘』にしているのでしょうか。金髪碧眼のノルディックは、ゼガリア・シッチン「地球年代記の著者」のいう惑星ニビルから飛来したアヌンナキ(エロヒムネフィリム)という異星人で「天から降りた人びと」(神)であるという説もあり、シリウスの星系からきているといわれます。例のグレイ(ゼータ星人、バイオ・ロボット)もすくなくとも81種類以上ぐらいあり、その上に君臨する人類を30万年前に創造し、シュメール文明を授けたアヌンナキ(金髪碧眼のノルディック)が飛来しているという説が事実なら大変なことでしょう。アヌンナキは、ギリシャ神話のゼウス、インド神話のインドラのモデルともなったという説もあるそうです。ゼウスは、「神の中の神、王様」ともいわれているのだからすごいことでしょうか。現代米国に現れた金髪碧眼のノルディックは、プレアデス星人だという話もあり、米空軍が公表しない限り正体不明なことでしょう。

メン・イン・ブラックが、テレポート(瞬間移動)ができるオリオン星人だというチャネラーの話もあるようです。異類も遺伝子操作や異類混血などで、「人形(じんけい)」に近づきつつあるという説もあるようだ。なぜなら「神の似姿が人間だからだ」そうです。デーヴィッド・アイクの1000ページの「トンデモ」本だという人も多いのですが、内容が濃密なので参考になるのでしょうか。2本のハリウッド映画にもなった『メン・イン・ブラック』の正体も不明で、『厳秘』と公務員の守秘義務のため、何もかもがはっきりしないようですね。

 

・映画では、『宇宙警察』、『諜報員』、『スパイ』のイメージのようでした。『厳秘』を扱う軍情報部とかCIAなどの諜報組織に異人が紛れ込んでいるといわれます。また、力関係からすると「異人が諜報組織を動かしている」とも言えるそうです。地球に来ている異星人は、いわゆる“情報目的”で来ているので、諜報組織に隠れるのが当然でしょうし、昔から諜報員の世界ですし、まるでハリウッドの映画のように「異人しかできない諜報活動」もあるのでしょうか。敗戦国の日本は現在ですら実際上「本格的な情報組織を持てない」そうで、このようなことに関しては、60年遅れている“スパイ後進国”なのでしょうか。当然、国家の諜報組織としては、自国に飛来する異星人とはコンタクトしているでしょう。「本格的な諜報機関を持てない国家は、歴史上衰退してきたし、衰退する国家になる」といわれます。

 

 ・戦後、ナチスの情報部員の幹部の多くが、米国の情報部に移籍し、米ソの冷戦に対応したそうですし、米国のCIA(合衆国中央情報局)と英国諜報部、フランス情報局は、形成過程で、フリーメイスンなどの共通の基盤を持っているといわれます。現在「諜報機関が異人に対応している」そうで、当然CIA・米軍情報部は、「“厳秘”の豊富な異人情報を持っている」と思われます。

 

・<ナチスの狂気>「ナチスの迷宮」というブログによれば、「レーベンスボルン(生命の泉)計画」のことが記載されてあるといわれます。

(参考文献)「ぼくはナチにさらわれた」(アロイズィ・トヴァルデツキ)(共同通信社

「・1940年5月にヒムラーは、東方の子供たちを毎年人種選別する計画を立て、1941年の後半から、占領地区で「アーリア的」な子供を探して誘拐することを開始したのであった。

 

・戦争中、ドイツに占領されたポーランドの西部の町々ではナチスにより2歳から14歳までの少年少女が大勢さらわれたが、その数は20万人以上といわれている。

 

・大変に特徴的だったのは、その子供たちがみな「青い目で金髪」であったことである。彼らは名前をドイツ名に変えられ、修正された出生証明書とともに、選ばれた家族の元に送られた。子供の多くは本来の家族の元に帰されることはなく、更に彼らは、自らがポーランド人であることも知らなかった。(このため、戦後になると両親とも不明の孤児が多数出現するという悲惨な事態を招いた)。

 

ノルウェーのレーベンスボルン

・「生命の泉」計画は主としてドイツ国内で実施された。しかし、ヒトラーは「金髪」「碧眼」「長身」といった身体的特徴を持つノルウェー人を「より純粋な」アーリア人と考え、ドイツのアーリア化をノルウェーにおいても促進した。

 

・ドイツ降伏後に当時のノルウェー政府が「対敵協力者」の処分を行い、ノルウェー人女性14000人を逮捕、そのうち約5000人が18ヶ月の間強制収容所に入れられた。特にドイツ兵と結婚した女性についてはノルウェー国籍を剥奪された。このように政府が「公式に迫害」したのはノルウェー政府だけであった」と記載されています。

 

・<ウィキペディア(フリー百科事典)>によると

占領地域下での子供の誘拐>「生命の泉」計画ではポーランドチェコ、フランスと言った占領地域下での子供の誘拐が行われた。ポーランドではおよそ5万人から20万人の子供が誘拐された。検査後に「アーリア人」の条件を満たすとされた子供は修正された出生証明書と共に選ばれた家族の元に送られた。子供の多くは本来の家族の元に帰されることはなく、更に彼らは、自らがポーランド人であることも知らなかった」といわれます。

 

ヒトラーナチスの「人類に対するおぞましい犯罪」については多くの書籍があります。が、「金髪碧眼のアーリアの超人」願望への具体的な施策は、戦後明らかになったようです。歴史のおぞましい陰の部分が多すぎるようです。なぜ、ヒトラーナチスは、金髪碧眼の子供たちを狙ったのでしょうか、そしてその協力者たちの正体は、異人たちだったのでしょうか。米軍もグレイ(小柄な異星人)と金髪碧眼の宇宙人ノルディックを『厳秘』にしています。しかしながら、不思議なおぞましい話も漏れてくるようですね。

「金髪碧眼のアーリアの超人」たちに狂ったヒトラーナチスの「金髪碧眼の子供の誘拐」の謎もあったと指摘されています。

 

・河童(グレイ)とともに飛来したと思われる“異人”の伝説が全国各地に存在しますが、彼らの正体は依然、謎のままのようです。“異人”すなわち異星人が、全国各地を徘徊していたのでしょうか。また、米国では、異人が、一般人として、巧妙に一般社会に溶け込んでいるといわれます。

 

ヒトラーナチス・ドイツが崇拝した「金髪碧眼のアーリアの超人たち」は、現代の米国に現れた金髪碧眼のノルディックであるようです。ノルディックは、オリオン星人かプレアデス星人なのでしょうか。金髪碧眼のノルディックと金髪碧眼のアルデバラン星人がよく混同されるそうです。ノルディックとオレンジは、両方ともプレアデス星座の“アルテア4・5”から来ているといわれています。

ノルディックが大昔、レプティロイド(爬虫類人)を異次元の地下や他の恒星、4次元や5次元に追い払ったといわれます。「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。

「最も肝心な論点は、この 『レプティリアン爬虫類人)』を地球産の爬虫類とまったく同じ種と見てはならない!ということである」そうです。宇宙には、様々な生命形態があるといわれます。

悪魔(レプティリアン)の宿主(霊媒)、ヒトラーの正体は謎だったといわれます。現代の米国に姿を現した金髪碧眼のノルディック、ラージノーズグレイたちの正体は、アバブ・トップシークレットにされています。

悪魔(レプティリアン)の宿主(霊媒)のヒトラーという解釈のほうが誤解をまねかないでしょうか。一説では「ヒトラーは、菩薩(邪神)に憑依されていた」とか「ヒトラーは、かってホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)の団員だった」とか「ヒトラーはベルリン陥落後も生きていた」とか、いろいろな説があるようですが、一般人が誤解するような説では説得力がないのでしょう。

ヒトラーはブラジル人の愛人と95歳まで生きていた」という話もあるようです。ヒトラーナチス・ドイツが崇拝した「金髪碧眼のアーリアの超人たち」とは、現代米国に現れた金髪碧眼のノルディックという宇宙人のようです。当時のドイツは世界一の科学の進んだ国といわれ、宇宙人は科学の進んだ国に姿を現すともいわれているといわれます。ユダヤ人の大量虐殺を遂行したヒトラーナチスが渇望したエイリアンの超テクノロジーは、大戦後の米国が入手しつつあるようです。もちろん、金髪碧眼のノルディックもグレイと同様に異次元移動ができるそうなので、「見えない超人」にヒトラーは恐怖したといわれます。ヒトラー霊媒で、宇宙人のアブダクション(誘拐)に遭遇し、映画のように『人格転換』を受けたのかもしれません。

 

・米国は既にエイリアンと交渉し超テクノロジーを入手しつつあるそうです。ハリウッドの映画にもよく登場する“エリア51”付近は米国の戦略兵器の研究所が数多くある、『禁断の地』だといわれます。戦後米国と対峙していたソビエト連邦が、簡単に崩壊したのも経済的な理由というよりも、何か金髪碧眼のノルディックが絡むフリーメイスン組織のイルミナティの力でも働いたのでしょうか。米国の喜劇俳優チャップリンと風貌が似ているヒトラーは、金髪碧眼のハンサムなアーリア人種とはほど遠い風貌だし、ユダヤ人の血も混じっていたといわれています。

ヒトラー伍長が、第三帝国の総統にまでのぼりつめたのは、何か「超常的なもの」の力が作用したといわれているそうです。ヒトラーは現代風にいうとチャネラーであったようです。ヒトラーは、異次元の悪魔に『霊媒』として、人格転換を受け「霊界から来た男」ともいわれ、ドイツ民族に君臨し、世界大戦を引き起こしたようです。悪魔とは、『邪悪なオリオン星人』か、ヒトラーが恐れた『金髪碧眼のアーリアの超人』たちなのでしょうか。「米ソはいまもアガルタ探検を続け、超科学を入手しようとしている」という文章は、「米国はすでにエイリアン(金髪碧眼のノルディック)の超科学を入手している」と変えた方がよいそうです。ヨーロッパの昔からの複雑な人種問題はタブーであり、島国の日本人には誰も分からないそうです。ヨーロッパに昔登場したジプシーが、“アガルタの住人の末裔”という説もあるようです。

 

・米軍が金髪碧眼のノルディックやグレイなどの異星人情報を核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』にするのも当然でしょうか。が、広報活動の一環として、映画などで、意識的にリークする手法もあるようです。『公然の秘密』にすることによって、真の実態を隠す手法でしょうか!?人体実験とかのおぞましい話もどこまでがナンフイクションなのか分からないのでしょう。アメリカ・インディアンも昔からエイリアンと交流があったと指摘されています。それゆえに、インディアンが、異星に行って進化した可能性も十分考えられるそうです。

ニューメキシコ州のダルシーの地下軍事基地や『ダルシー戦争』なども有名だといわれます。『ダルシー戦争』での米軍特殊部隊とエイリアンとの交戦の話しとか、「米国はエイリアンと戦争状態だ」とかの噂が頻繁に流れてくるといわれます。UFO墜落事件のロズウェルを舞台にした、テレビ放映され評判をよんだ海外ドラマ『ロズウェル 星の恋人たち』という作品がありましたが、SF&青春ラブストーリーとは思えないような新鮮な内容だったといわれます。また不思議なインディアン役が登場していたといわれます。とにかくどこかの国と違って、エイリアンの情報を『厳秘』にして、国家組織・科学者陣の総力をあげてエイリアンの超科学を入手し、異星に留学生を送っていると思われる米国の優位、「一人勝ち」は、向こう数世紀にわたって続くものと思われるそうです。デーヴィッド・アイクの本は、『トンデモ本』だという人たちも多いのですが、異次元の話が入ると混乱するのでしょうか。しかし、その内容の量には圧倒されるようです。

ちなみに「金髪碧眼のノルディックは神だ」という説によると、グレイよりはるかに位の高い金髪碧眼のノルディックが『地球の主神』で、米国をしいては世界を間接に支配しているという仮説になるそうです。神々の世界も厳格な階級制度があるのでしょうか。

我々が住む3次元に、4次元、5次元を連想することは無理のようですが、『死後の世界』、『夢の中の世界』と思えば、少しは理解が進むそうです。我々にとっては「異次元の地下世界」という観念も理解不能の観念のようです。アブダクション(誘拐)にしても、あの小柄な異星人グレイですら、「締め切ったドアを透き通るようにして侵入してくる」といわれており、異次元移動ができるエイリアンには、どうしようもない現象だといわれます。人間の肉体をアブダクション(誘拐)するというよりも人間の異次元の体、幽体(アストラル体)を操作するようです。そして、記憶を消すのですから始末がおえないようです。「半神半人」であり「神と人との混血」(レプティリアンの混血種)という概念もエイリアンとの異類混血も太古から現われている現象のようです。

蛇の種族」は、アガルタ王国やシャンバラ王国に暮らす「金髪碧眼のノルディック」と支配権を争ったといわれます。

 

・小型人工惑星で、船内に三ヶ月間にわたって数千の人々の生活と楽しみに必要な一切の物がたくわえてある超大型宇宙船で宇宙旅行を楽しんでいるようです。金星といっても「異次元の別概念の金星」と観念したほうが、現在の科学知識においては誤解しなくてもよいのだそうです。ちなみに、金星人といっても『金星の宇宙基地を経由してくる宇宙人』と解釈したほうがよいというコンタクティもいるといわれます。1950年代において、現代における米国のグレイ(小柄な異星人)とともに現われた金髪碧眼のノルディックに、アダムスキーアリゾナの砂漠で遭遇したものと思われるのですが。UFOのインチキ写真を問題にするものがいたようですが、グレイや金髪碧眼のノルディックの情報が大きく、宇宙人問題の環境や人々の認識を変えたようです。米国の一般市民の意識やUFOマニアたちやマスコミの動向が、この種の問題に関して世界をリードしていくものと思われるといわれます。

 

・1950年代には金星人とか火星人とかが話題になっていたようです。

1950年代は、金星蛇人とか金星の美人宇宙人とかの表現に混乱があったようです。火星霊人の話もあったようです。今日、グレイ(小柄なヒューマノイド)と金髪碧眼のノルディックが同時に宇宙船に搭乗する話が、米国のアブダクション(誘拐)の話に多く登場するようになって50年代の謎の話が分かりだしたといわれます。宇宙には太古から2種類の宇宙人が存在し、争い殺し合いを繰り返してきて、戦争(スター・ウォーズ)が頻繁に起こっているといわれます。神と悪魔の争いでしょうか。太古の地球上では、金星蛇人に対して金髪碧眼のノルディックが勝利したといわれます。金髪碧眼のノルディックが、政治・経済を牛耳るといわれている秘密結社イルミナティを間接的に支配しているのでしょうか。

 

・日本でも神仏に憑依されて新興宗教を起こした人の実例があるように、人間に異次元の知性体が憑依して、当人を『人格転換』させ、社会に大きな影響を与えることもあるそうです。ヒトラー霊媒だったといわれます。『人格転換』といえば、ゲイ(LGBT等)もその例でしょうか。「米ソは今もアガルタ探検を続けている」とありますが、現実に米国は、エイリアンと遭遇接触し、金髪碧眼のノルディックの原郷『アガルタ』へ到る道しるべを手に入れたのでしょうか。ドイツ人が古くから信じてきたゲルマンの神々の都ヴァルハラや北欧神話の神々の地アスガルドへは、金髪碧眼のノルディックの案内で容易に行けるのでしょうか。ナチス・ドイツが狂い崇拝した『金髪碧眼のアーリアの超人』たちは、現代の米国に登場した金髪碧眼のノルディックだったのでしょうか。また、金髪碧眼のノルディックが、地球の政治経済を牛耳るといわれている謎の秘密結社イルミナティと関係があるのでしょうか。

ヒトラーは悪魔に憑依された」と解釈した方がよさそうだといわれます。

 

・「ドイツやオーストリアの昔の領主はすべて異人であった」という説もあるようです。異人側の策動により異人の正体は不明にされたようです。柳田国男の「遠野物語」などに現れる異人は河童(グレイ)とともに飛来した異星人だったのでしょうか。グレイは人間を誘拐するときに現れる異星人で、ヒエラルキーでいえば、一番下。現場の作業を行う種族。グレイはランクが一番下だそうですが、ランクが上の人間タイプの宇宙人、異人は、何も分からないことが多いのでしょうか。

 

・宇宙人遭遇のコンタクティの元祖アダムスキーの遭遇した金星人の母船は長さ数キロメートルのものもあり、宇宙旅行都市ともいえるといわれます。アダムスキーは、コンタクティ(「宇宙人と会見した」と自称する者の総称)の元祖として知られるポーランドアメリカ人)として有名なのですが、「当時は、当局から「詐欺師、ペテン師」扱いを受けたこともあり、コンタクティとしては、宿命の扱いを受けている。しかし、正当に評価する人も勿論多数存在するし、著作も量的に多く(日本語訳も10冊くらいある)、コンタクティの元祖として内容も濃厚なものだ」といわれます。

シャンバラが『都市型の超巨大宇宙母船』であるというのは、最近のカナダのコンタクティの書籍からのものだといわれます。プレアデス星人のコンタクティのスイス人ビリー・マイヤーによると直径100kmの宇宙母船もあるようです。つまり現代の米国に現れた金髪碧眼のノルディックの母船も巨大で、『都市型の超巨大宇宙船』もあるということでしょうか。

コンタクティの元祖アダムスキーの遭遇した宇宙旅行都市があったと指摘されています

 

・現代の米国にグレイや金髪碧眼のノルディックの宇宙連合の一派が飛来しているということと、日本に昔から河童(グレイ)やコロポックル、異人が飛来していたということは相似現象のようです。一部の河童(グレイ)やコロポックルは、高等知性体で異次元移動などができるので、捕獲されたことはないのでしょうか。エイリアンと農民との交流などが伝説に残っているといわれます。異類混血や遺伝子操作などで、グレイ・タイプも一部は人形(じんけい)に近づいてきているという説もあるといわれます。

 

・米国人のUFOに関する一般人の広報・情報活動は興味深いものだそうです。テレビや映画が、一種のリークの役割を果たしており、新しいやり方なのでしょうか。インターネットが、情報革命を起こしているので、この面からもリークがすすむでしょうか。ラスベガスに近いエリア51も映画で多く取り上げられたりして公然の秘密になったようです。

エイリアンの超テクノロジーの解明は容易でないといわれます。異星人の陰謀で隠蔽工作は完ぺきなのでしょうか。

 

・異人は昔も今も正体不明の存在だったようです。異人は神だったのでしょうか。異人はオリオン星人だったのかもしれません。河童の正体が、動物ではなく異星人(グレイ)であるという説が広く支持されだしたようです。「宇宙人がいるかどうか」を真面目に議論している学者も多くいるそうですが、現代の『地動説』『天動説』ということでしょうか。公務員の守秘義務コンプライアンスの徹底で厳格に守られているようです。ドイツやオーストリアの昔の領主はすべて異人であったといわれます。

 

・別の宇宙惑星や異次元世界を地下帝国の伝承にしかとれないところに昔の人たちの限界があったようです。某雑誌に「米軍はグレイの惑星に留学生を送った」というリークの記事がありましたが、エイリアンとの交流の一環として、当然米軍人が異星に行っていることと思われますが。『厳秘』の壁は厚いといわれます。テレビ映画『Xファイル』では、米軍の諜報組織に異人が紛れ込んでいるという印象を与えるシーンがありましたが、今後の米軍ウオッチャーの情報を期待したいものです。1950年代から50年を経て、異星人情報がテレビなどに流れるようになり、関係者の努力の賜物というところでしょうか。

どの書物も金髪碧眼のノルディックやグレイなどの描写は当然似ているのだが、ノルディックの詳しい情報が漏れてこないのは、当然でしょう。情報源が同じなので、どの本の情報も似てくるのは当然だといわれます。

 

・多くの人たちが『空飛ぶ円盤』に熱中した時代があったと指摘されています。現在でもそうなので、UFO書物は売れているのでしょう。

当時、CBA(宇宙友好協会)は、大きな影響力を当時、持っていたそうだ。巨大母船の2キロの通路など面白い話です。宇宙連合の情報員が当時、日本にも来ていたといわれます。

宇宙友好協会の元祖、松村雄亮は、野毛の喫茶店で金髪碧眼のノルディックの美人宇宙人とコンタクトしたといわれます。

円盤の飛行原理も空間を曲げて飛ぶとかいわれているそうですが、米国のように国家機関・科学者の総力をあげて、エイリアンの超テクノロジーを研究している国でも、難解な超テクノロジーなのでしょう。テレポート(瞬間移動)も普通人にとっては、「奇跡の超テクノロジー」で、「神様のような怪奇現象」ですが、宇宙人にとっては、「それほど難しくないテクノロジー」だといわれます。1950年には、小人の宇宙人の本が米国でベストセラーになっていたといわれます。

エーテリヤン(霊人)の存在は、普通人は、死後の世界(精霊界)に入ると知覚、遭遇するかもしれません。シリウス星人は、『天国』に出入りしているそうですので、その種の高次元の高等知性体が、人間にコンタクトすることがあるそうです。

宇宙人は、UFO、宇宙船でやってくるのではなくて、より進化すると『スターゲイト』を通じて地球にくるともいわれています。スターゲイトは「異次元の通路、ドア」とも解釈できるでしょう。簡単に言うと異空間を曲げて、互いに隣に密着させる技術だそうです。「スクリーンのようなドアを入れば別の星座の別の惑星のとある庭にはいる」そうですが、SFぽっくて信じられない話ですが、スターゲイトをとりあげた書物も増えてきているそうですし、ハリウッドの映画『スターゲイト』にもなったそうです。インドの神話に「宇宙を3歩で歩ける神々」の話がありますが、神々は『スターゲイト』を通って地球に来るのでしょうか。現代の神話は、SFの話のようになるようです。「天使は崇拝すべきではない」、「異人の非条理」とかの話でしょうか。エイリアンとの交流は、『厳秘』事項だといわれます。

 

・どこかの喫茶店で宇宙人とコンタクトしたという話が、日本人のコンタクティ(接触者)に、あるといわれます。なんてのどかな時代だったのでしょうか。四国にも昔から河童(グレイ)の伝承があり、共に飛来した異人たちは、一般社会に紛れ込んでいるのでしょうか。異人が巧妙に社会に溶け込んでいるので、何も知る必要はないという話もあるようです。

 

岡山市安井清隆(ペンネーム)氏も金髪碧眼の白人種のノルディックと遭遇したといわれます。昔よく話題になり本にもよく載った岡山市安井清隆(ペンネーム)氏は、金髪碧眼のノルディックの故郷惑星、つまりアガルタ、シャンバラに行ったということなのでしょうか。 コンタクティの話は、金髪碧眼の宇宙人、『厳秘』の異星人、ノルディックに相当する宇宙人と遭遇したという体験談が多いそうです。 金髪碧眼の美人と美男子の宇宙人ばかりでなく、黒目黒髪の東洋人タイプも来ているし、もちろん、美人・ハンサムばかりではないそうです。グレイとかレプティリアンのようなモンスター・タイプも宇宙人といえば、数は多いので人間タイプ以外は除くとした場合、金髪碧眼の典型的な白人タイプの異星人ばかりではないことに注意すべきだといわれます。 昔から神々や女神、異人は映画スターのように容貌は良いといわれているそうですが、異類もおり、例えば、顔が真っ赤だとか、十人並みとはいかない異人も多いようです。それぞれの国を代表するような神々は、容貌が良いのでしょうか。昔から神々の伝承が多いということは、人間として地上に降臨していたということでしょうか。

 

・マスコミでも活躍している秋山氏は、カシオペア座の付近の惑星に行って来たといわれます。同氏は、著書も多く、マスコミでは有名人であり、その後の話が続いていないのが残念ですが、金髪の宇宙人の正体とは、白人タイプの金髪碧眼のノルディックのことでしょうか。同氏は、「私は宇宙人と出会った」(ゴマブックス)(秋山眞人)など50冊くらいの本を出版している人ですが、メイジャーな情報になりきれないところに限界があるようです。国家機関の総力をあげてエイリアンの超テクノロジーを入手している米国の「一人勝ち」の状況が向こう100年間、はっきりと予想されるといわれます。エイリアンは、日本でも評判を呼んだテレビ映画『Xファイル』の中でも見られたように米国の市民社会に溶け込んでいるのであなた方は、何も知る必要はないそうです。新聞などのマスコミも追いかけないようです。日本に河童(グレイ)とともに飛来したといわれる異人も社会に紛れ込んでいるのでしょうか。昔は金星人とか火星人とか言われましたが、現代では、金髪碧眼のノルディックがグレイの母船に同乗するオリオン星人ではないかといわれているようです。また、プレアデス星人という説もあるようです。ノルディックとオレンジは、両方ともプレアデス星座の“アルテア4・5”から来ているといわれています。

宇宙人の“長衣”に関しては、1960年代後半にサンフランシスコを中心としたアメリカの若者の間で生まれたムーブメントで『ヒッピー』というのがありましたが、ヒッピーがよく着ていた“長衣”を思い出しました。何か契機があったのでしょうか。

ちなみに今話題の[YouTube]で、若いころのスコット・マッケンジーという歌手が“長衣”を着て、ヒッピーたちを背景にして、日本でもヒットした“サンフランスコ”を歌っているのを見ることができます。

また、驚くほど年老いたスコット・マッケンジーも[YouTube]で見れるので時代を感じます。

金髪の異人とは、米軍の情報にあるノルディックのことではないのでしょうか。当然ながら、異人の描写は『相似』するようです。こう言った話は完全性を求めることは無理なことで、フィクションとナンフイクションの境界が分からない話が多いようです。天中童(仮名)も金髪碧眼のノルディックとコンタクトしたといわれます。

昭和49年ごろは、北海道はUFO銀座ともいわれたことがあり、平野氏などの作家や多くの知識人が関心を示したそうです。昔から河童(グレイ)や異人が日本に飛来していたといわれます。

 

・北海道のアイヌの伝説に小人のコロポックルの話がありますが、グレイ(河童)の一種で、高等知性体だったようです。当時も今も小人のコロポックルの正体は不明のようだといわれます。ヨーロッパでも妖精伝説が多いようですが、コロポックルの伝承もそれと似ている話のようです。現代の小柄な宇宙人グレイの登場で、昔からの妖精伝説の正体が、分かりだしたといえましょうか。

金髪碧眼のノルディックとコンタクトしたという日本人もいたそうです。

 

・(アガルタ、シャンバラ関連の文献

参考文献、A・ローゼンベルク『二十世紀の神話』(中央公論社)、オッセンドフスキー『動物と人と神々』(生活社)、R・E・ディックホフ『アガルター虹の都』(密教科学社)、J・ベルジェ&L・ポーウェル『神秘学大全』(サイマル出版界)、

 

T・レブンズクロフト『運命の槍―オカルティスト・ヒトラーの謎』(サイマル出版界)、A・トマス『シャンバラ』(ユニバース出版社)、G・サスター『黒魔術師ヒトラー』(徳間書店)、E・バーンバウム『シャンバラへの道』(日本教文社)、R・ゲノン『世界の王』(平河出版社)、

 

D・スクラー『神々と獣たちーナチ・オカルティズムの謎』(大陸書房)、M・フィッツジェラルド『黒魔術の帝国』(徳間書店)、J・ゴドウィン『北極の神秘主義』(工作舎)、N・レーリヒ『シャンバラの道』(中央アート出版社)、J・ヴェルヌ『地底旅行』(岩波文庫)、横山茂雄『聖別された肉体―オカルト人種論とナチズム』(白馬書房)、『歴史読本=超人ヒトラーナチスの謎』(新人物往来社)』

 

・金髪碧眼の異星人ノルディックと宇宙都市(都市型の超大型宇宙母船か)アガルタ、シャンバラの物語がこれからの書物にはいろいろと取り上げられるのではないでしょうか。オカルト的な話と地球に飛来した異人のストーリーが解明されていくものと思われます。金髪碧眼のノルディックは、70年前のナチス・ドイツを狂わしたといえるほど、その超能力は凄いのでしょうか。

 

・『厳秘』のため金髪碧眼のノルディックの情報のリークは乏しいようです。米国の太平洋艦隊の元情報将校のリークが大きな衝撃を呼んだといわれます。ノルディックのような神々(?)を隠す勢力が昔からあったのでしょうか。金髪白晢碧眼のアーリア=ゲルマン人種は、ナチスが崇拝した『超人』のノルディックだったといわれます。邪悪なオリオン星人とは、グレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックのことでしょうか。ノルディックとオレンジは、両方ともプレアデス星座の“アルテア4・5”から来ているといわれています。

70年前にドイツに現れた金髪碧眼の『超人』(ノルディック)たちと第2次世界大戦の勃発との関係は、あったと指摘されています。「第2次世界大戦は堕天使ルシファーと大天使ミカエルの代理戦争だった」という奇説もあったといわれます。

50年前に米国にグレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックたちにより、キャトルミューティレーション(動物虐殺)やアブダクション(誘拐)が起こりましたが、米国政府の公式調査はないと指摘されています。歴史的な異変の裏にいる金髪碧眼のノルディックの正体とは、プレアデス人だったといわれます。ゲイのように人格転換を受けたチャネラー(霊的交流者)のヒトラーナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺という『人類史上最大の犯罪』の一つが起こりましたが、『ハム族、セム族という神々(悪魔)の争い、殺しあい、戦争』が太古から続いていたという遠因があったという説もあるようです。人類史上、「戦争の時代が平和な時代よりも長かった」といわれます。

ハム人種とセム人種との闇の争いがあったと指摘されています。「かくも多くのナチス・ドイツ人が金髪白晢碧眼のアーリア=ゲルマン人種という『超人』たちに影響を受けた」という歴史的事実は何を物語るのでしょうか。

 

・知られざる超人たちとは、ネガティブなシリウス星人のことでしょうか。ヒトラーはゲイ(LGBT等)のような人格転換者で、チャネラーであったので、ノルディックのような超人たちに「器」として利用されたのかもしれないといわれます。ヒトラーは一種の霊媒だったといわれているそうです。

 

・オリンピックで注目される中国も昔から異人の宝庫で、フリーメイスンが歴史を動かしてきた面もあるそうです。「神々の役所がある」という概念が面白いですね。

中国の仙人の世界は、階級意識の強い世界であるようです。真人や仙人とは異星人ということでしょうか。夢物語なのでしょうか。異星人でも階級意識や階級統制にこだわるのはオリオン星人の特色であるという説もあるといわれます。異次元にある異界は誰も夢想すらできないのでしょうか。

死後の世界の『精霊界』など、異次元については、人間は誰でも関係があるのですが、4次元、5次元といわれてもイメージがわきません。我々は、3次元に存在しているのですが、4次元、5次元に魂の実体があるそうです。現代物理学は非常に細かい粒子の世界については不明だといわれます。高次元のシリウス星人は、いわゆる『天国』に出入りしているといわれます。

 

ナチス・ドイツが崇拝した金髪碧眼のトゥーレの『超人』たちは、現代の米国に現れたグレイとともに母船に同乗する金髪碧眼の異星人ノルディックと同一の種族でしょうか。ノルディックがアガルタ王国やシャンバラ王国に住んでいたという説が異次元の地下王国とからめて唱えられているといわれます。金髪碧眼のノルディックの登場ですべてが明らかになるようですね。金髪碧眼のノルディックと同様に、髪の毛がオレンジで『オレンジ』と呼ばれる異星人も米国に飛来したといわれています。日本の茨城県の海岸の浜に江戸時代にUFOで漂着したといわれる『蛮女』も髪の毛は『赤毛』であったといわれます。「うつろ舟の蛮女」は、ウンモ星人といわれます。米国にあらわれた金髪碧眼のノルディックは、アガルタに住んでいたといわれているようです。

 

レプティリアンは、地球人がイメージする爬虫類人とは全く違うと理解しないと、デーヴィッド・アイクの説は理解できないといわれます。『トンデモ本』の範疇に入るとこの著作者(デーヴィッド・アイク)もよく批評されるようだが、実に特異な見解のようです。金髪碧眼、白い肌、レーザー光線のように輝く双眸のイメージは「GODS(神々)」の姿というよりもミカエルなどの天使のイメージでしょうか。金髪碧眼のノルディックと爬虫類人レプティリアンとグレイなどの間の関係も戦争状態になったり、休戦平和になったり複雑怪奇のようです。とにかく、映画でイメージができたグレイ、ラージノーズグレイ、ノルディック、オレンジと言われる4種類の異星人が来ていたと米国の公文書にはのっているといわれます。

メン・イン・ブラックたちも異星人が混じっているという説もあるといわれます。「進化した異星人」だからテレポート(瞬間移動)もできるのでしょう。このテレポート(瞬間移動)を人間が理解できず、「奇跡」は秘密にしようとするパワーがはたらくようです。グレイの巨大母船に同乗する金髪碧眼のノルディックはレプタイル・アーリアン白人種ということなのでしょうか。「異星人の情報」も多くの人たちの情報公開法やリークとインターネットの普及で、『厳秘』の状況がくずれてきつつあるともいえましょうか。

 

・月とUFOについても、マスコミに出るのは、両極端の話になるのですが、トルーマン時代からの隠蔽政策が、維持されているといわれます。

ラージノーズグレイのキャトルミューティレーション(動物虐殺)の話題も最近の米国事情はどうなっているのでしょうか。ケネディ元大統領の暗殺事件までからまったりして、陰謀論は、事実認定が難しいようです。陰の政府の陰謀論も盛んに流布されているようです。

日本にも河童(グレイ)とともに飛来した異人の伝承が豊富にあるそうです。

 

 ・市井の人になった天狗とのコンタクト・ストーリーもあったようです。天狗は異次元移動ができたようです。「神々も市井の人となり普通の生活をしている」ともいわれ、その超能力が示されなければ、誰にも分からないようです。宇宙人と人間の区別ができなくなったようです。遠野物語の異人や天狗も異類混血などやさまざまな方法で、人間と変わらなくなったようです。赤い顔も代を重ねると薄くなるのでしょうか。異人のネットワークもあるのかもしれません。

  異人や天狗も異星人だったようで、アストラル界の住人だったのかもしれません。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という話もあり、異人や天狗は邪悪なオリオン星人だったのかもしれません。そしてアストラル・トリップなどで自由自在に異次元を移動できるのかもしれません。昔から神人の翁や異人、故人が夢の中でコンタクトしてきたという伝説は多いようです。

  テレポート(瞬間移動)というのは人間には奇跡のような現象ですが、宇宙人にとって「それほど難しいテクノロジーではない」そうです。米国で宇宙人のアブダクション(誘拐)などで大きな問題となった小柄な宇宙人グレイは、「壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」ともいわれます。またアイゼンハワー大統領の前で、グレイが空中浮遊をしたとリークされています。あまりにもエイリアンのテクノロジーが凄まじかったので、驚愕して、国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いにしたそうです。

  『ペンタゴンの陰謀』(二見書房)という本によれば、米国はエイリアンの超テクノロジーを兵器などに応用しているようです。またロズウェルに墜落したUFOの事件は事実だったということです。アバブ・トップシークレットにして着々と国家の総力を挙げてエイリアンの超テクノロジーを導入研究している米国が1人勝ちになることでしょうか。またロシアなど世界的に異星人とのコンタクト・ストーリーがあるそうです。

  こういった面にも日本的な対応がなされているそうです。「あなたはUFOや宇宙人を信じますか」という段階でしょうか。私たち一般人は、UFOや宇宙人について研究する時間はありませんが、「UFOは人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象」だそうです。「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視調査し社会生活をしている」そうです。

 

 

 

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」

国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

シリウス星人の故郷である天体イジュニュは、もっと高い周波数で共振する6次元の天体であり、地球の宇宙と同時に存在するパラレル・ユニバースに存在するのだろうか」

 

グーグルのブロガー(多言語翻訳)にも書いています→UFOパラレル・ワールド