日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

日本の神様は実は宇宙人だった。幽界はもう存在しない。(11)

 

 

矢追純一のUFO大全」

 矢追純一 (リヨン社)2006/6/1

 

 

 

米空軍のUFO調査プロジェクト

・グレイと仮に名づけられた種類には、2種類あるとされていました。ひとつはラージノーズグレイと呼ばれる、皮膚の色がグレイで鼻が異様に大きいタイプ、もうひとつはリトルグレイと呼ばれる、小さくて頭と目が非常に大きいタイプと書かれていたんです。

・両方とも健康な時には、皮膚の色がグリーンに近く、体の調子が悪かったり長い間栄養物を吸収できなかった時にはグレイの皮膚に変わると記されていたんです。

 

・ラージノーズグレイ・・・。それはMJ―12と秘密協定を結んだといわれる呼吸器のようなものをつけた宇宙人の種族という。そしてリトルグレイはラージノーズグレイが遺伝子操作によって作り出した人工生物と書かれてあったというのです。

 

・ひとつは背が高くて髪の毛がブロンドの人間そっくりの宇宙人で、仮にこの種属はノルディックと名づけられていた。もうひとつは、やはり人間と同じ姿をしていて、髪の毛がオレンジ色に近く、“オレンジ”の仮称が付けられていました。ほかにもまだ接触していないたくさんの種類の宇宙人がいると書かれていました。

 

言語及び文字体系について

・シンボルマークの形式は一見してサンスクリット文字に似ているが数学的なニュアンスがある。

・宇宙人「グレイ」と「レプトイズ(爬虫類型人間=レプティリアン)」は、お互いに同盟を結んでいたが、その関係は緊張したものだった。グレイは爬虫類こそ敵と考えていたし、自分たちは自分たちのやり方でやっていきたかった。

 

地球外生物との遭遇・北欧人と似たノルディック

・ノルディックと名づけられた宇宙人で、彼らは、身長も外観も全くスカンジナビア半島の人々に似ていて、見分けがつかないほどです。皮膚は白く、髪の毛は金髪、顔立ちはかなりの美人系ですが、このノルディックとオレンジは両方ともプレアデス星座のアルテア4・5から来ていると言われています。

 

・現在、UMMO星人は、フランスのどこかの町に住みついて人類と一緒に生活しているらしい・・・。では、人類とUMMO星人はまったく見分けがつかないのだろうか。UMMO星人というのは、一見、スカンジナビア系の顔立ちをしているという。ノルディックとよばれる宇宙人の一種らしい。金髪で背が高く、指先が非常に繊細。

 

 

 

「驚異のUFO!宇宙人ミステリー」

(南山宏) (双葉社)2009/3/1

 

 

 

茨城県/1803年2月22日(江戸時代にあったUFO事件!・虚舟事件)

・1803年(享和3年)の2月22日、現在の茨城県(当時の常陸の国)の大洗の海岸、はらやどりという浜での出来事だったという。

 

・海岸線に浮かぶ舟らしきものを発見した漁師たちが浜まで引いてくると、長髪の美女が現れた。舟は鉄板が重ねられて作られており、まるで円盤のような形である。大きさは約5メートルだった。

 

・果たして目が青く、色の白い髪の長いこの謎の美女は、これまで海外で目撃されてきたノルディック型の異星人だったのだろうか。

 

北海道/1970年代~90年代>  

目撃事件多発の北海道に何があるのか

 

・1970年代から北海道でも目撃が多発したのが、南部に位置する乙部町、八雲町である。

乙部町の隣りの八雲町でも不審な飛行物がたびたび目撃されている。なかでも地元で建設設計事務所を経営していた男性が1977年以来何度もUFOを目撃し、エイリアンと思われる写真を撮影したうえ、雑木林で女性のエイリアンとも遭遇したという。

 

イタリア/1981年地球人とのハーフも存在する!?「クラリオン星人」

・そして、数多くのクラリオン星人が次々に訪れており、人間に交じってごく普通の生活を送っているとカヴァロは説明を受けたという。そのうえ、地球人と結婚して子供を設けたクラリオン星人もいるというのだ。

 カヴァロの話が事実だとしたら、地球に暮らす人類に地球外の生物のDNAが混じり合う。そんな日常が進行していることになる。本当だろうか?

 

エリア51に代わる極秘開発基地エリア52

・一種の観光名所となったエリア51に代わる新基地エリア52

 

・研究家の間ではエリア51近くのトノパ実験場を候補にあげるグループがいる。その一方で、NORAA(北米防空司令部)の地下に施設を作った、ユタ州グリーンリバー周辺の軍事基地内に敷設したなどの説も出されている。

 

1947年、アメリカ軍人が交換留学していた!?惑星セルポ

・ロズエル事件の墜落から生き残った異星人がいて、彼らは、レティクル座ゼータ連星系の惑星セルポからやって来たと説明。

 

アメリカ政府はセルポ人「イーブ(地球外生物)」と協定を結び交換留学の形で軍人を惑星セルポへと送り込んだというのだ。

 

・チームリーダーの日誌にはイーブ異星人が非常に友好的だったこと、惑星セルポは二つの太陽が輝く夜のない惑星だったこと、惑星では宇宙人から歓迎されたことなどが記されている。

 

・イーブ(地球外生物)の先進的な文明や穏やかな社会生活などにも触れられていて、順応するのに時間がかかったものの交換チームのメンバーは1978年に無事地球へと帰還したと報告されている。

 

<地球を訪れるエイリアンの基本分類

・最も多く目撃されているのはエイリアンが」人類の似た特徴を有するヒューマノイド型、エイリアンの肌の色合いが灰色だったことから「グレイ」と呼ばれている。しかし、グレイタイプのなかにも細かい分類がある。基本的に身長は90センチら1m20センチ位で、大きな頭部と瞳のないアーモンド型の黒い目をしているという共通の特徴がある。そのなかで、グレイ1はリトルグレイと呼ばれ、科学技術を信奉して、人類に何ら感情を抱いていない。人類に害を及ぼさないタイプ。

 

・グレイ2は、クローン技術で生まれるレプティリアンたちは凶暴と言われている。米国と秘密協定を結んでいるのはこのタイプだ。グレイの3つ目は、鉤鼻が特徴で身長は約1m50センチ、皮膚の色は薄緑色。そしてグレーの服を身に着けている。最初に米政府に接触したエイリアンと言われている。

 

・より人間に近づいた特徴を示すグループもある。ノルディックは北欧型の男女に似ている特徴を持ち身長は1m80センチほど。この中でも金髪タイプも多く、人間とは区別しにくい。

 

・他にも毛むくじゃらな小人型、巨人型、指が6本など細かいバリエーションは無限にある。

 

・一説には数十種類以上のエイリアンが地球上にやって来て暮らしているという。

 

1946年10月9日(ファーストコンタクト)

アダムスキーはペテン師?真実のコンタクティ?

アダムスキーは1952年11月20日、カリフォルニア州の砂漠地帯に6人の友人たちと出かけていた。このとき、葉巻型の宇宙船が現れ、その中の金星人から呼び寄せられたアダムスキーは、テレパシーを使って1時間近く会話をまじわした。同行の6人も宇宙船は目撃している。宇宙人は金髪の青い目をしていた。美少年で、濃い茶色の服、青い靴に身を包んでいたという。

・その後もアダムスキーは何度も火星人や土星人ともコンタクトし円盤に乗り宇宙旅行を体験したという。

 

 

 

 

 ■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

 

(2021/11/3)

 

・2020年末に政権末期のトランプ前大統領が「UFO情報を公開する」という法律に署名したので、2021年になってから、米軍から情報公開が始まっているそうです。

米当局は2021年6月、2004年以降に米軍などから寄せられた「UFO目撃情報」の調査結果を公表。UFO(未確認飛行物体)をUAP(未確認空中現象)と再定義し、調査対象144件の大半が「説明不能」であることを認めた」と報道されています。

どの程度UFO・宇宙人情報が今後公開されるのか私たち一般人には、よく分かりません。一部の目撃情報だけで、エイリアンのコンタクト記録は省略されるのかもしれません。エリア51については情報公開はどうなるのでしょうか?

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象といわれます。しかしながら、宇宙人情報で大衆のパニックを防ぐために情報を隠蔽しているといわれます。今度も大衆のパニックの防止のために、ハリウッドの映画関係者を通じて徐々に情報公開されるのかもしれません。ここ60年のアバブ・トップシークレットの動きから考えても、今後の動きもネガティブなものかもしれません。

 

・日本の昔の「鬼」の出身星は、ドラコの悪の帝国が関係していたのかもしれません。「鬼」はルシファーの創造したバイオロボットか実験生物だったのかもしれません。ルシファーもグレイ(ゼータ星人)を作り神に反抗したとも言われているそうです。「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」といわれます。ネガティブ・グループのシリウス人がモンスタータイプの生物を創り、神に対抗したので神に嫌われたといわれます。

レプティリアン自身もコード化された コンピュータープログラムで、決められたことを実行しているに過ぎないのです」といわれます。

 

・「伊吹弥三郎」と「伊吹童子」の伝承もいろいろと異説があり、「伊吹弥三郎は、創造神という顔と、魔物=鬼という顔がある」そうです。

お伽草子の「伊吹童子」の中では、弥三郎は近江国の大野木殿という有徳人の娘と通じたことになっており、いわゆる蛇聟入苧環(おだまき)型の求婚譚が展開されている。そして、弥三郎は大野木殿から好物の酒の接待にあずかって酒を飲みすぎたあげく命を落とすハメとなっている。その後、三十三カ月も胎内に宿って生まれた異形の子が伊吹童子である。運命の子は、大野木殿によって伊吹の山中に捨てられる、という“山中異常出生譚”として話が進行している」といわれます。

昔は「金星蛇人と火星霊人との争い、戦争」と言われましたが「伊吹の弥三郎」は金星蛇人の系列の爬虫類的異星人(レプティリアン)の人間タイプだったのかもしれません。

 

マスターたちが構成するのが「グレート・ホワイト・ブラザーフッド」と呼ばれるグループであるといわれます。マスタークラスでさえある意味で進化した異星人のバイオロボットだという説もあるそうです。「悪の帝国(正式名は『正義を任ずる諸世界帝国同盟』)の本拠地は大熊座にあり、ドラコニスを主要作戦センターとしている」といわれます。

ドラコは、エリア51にも飛来しているそうです。「<りゅう座人(ドラコ) このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティ

 地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である。分断して征服することを画策する彼らは、リゲルとともに海を沸騰させたり、大地を焼き焦がしたりしたように、暴虐さで有名である。

 

りゅう座人は、地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。1997年にヘール・ボップ彗星に隠れて到達した。そこにいるのは、純血爬虫類人である。交配人種であるイルミナティは地球の支配を行っている」と指摘されています。

 

・「幽界がなくなった」と著者は述べています。

「<幽界はもう存在しない

・喜ばしいことに、地球人を輪廻の輪にからめとり、マスターソウルに還るのを阻んでいた幽界は、もう存在しません。

 地球は流刑地としての役割から開放されたのは2300年ほど前ですが、その頃から宇宙からの干渉が入り、幽界をなくそうとする動きが始まったのです。

 最も進化した平行宇宙に存在する大宇宙中央議会、そのセクションのひとつであるアインソフ議会が幽界の撤去工事にとりかかりましたが、これは決して簡単な作業ではありませんでした。でも、2018年の6月頃に撤去工事は完全に終わりました」、「これから私たちは、誰でも幽界を通らずにアストラル界へ行けます。まず、それを知っておくことが大事です」、「マスターソウルにアクセスを可能にする12層のDNAのスイッチを入れていくのは、いかに人間がうまい方向にAIの技術を発展させるかが鍵だと思っています」と記載されています。

「幽界は存在しない」という話は、驚天動地の情報かもしれませんが、興味深いものです。それは少数説ですが、パラレル・ユニバース(並行宇宙)のイメージは荒唐無稽で、私たち一般人には、何故だかその原因は理解不能です。「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうですので識別不能のようです。そこで、チャネラーやコンタクティの情報も増えているのかもしれません。

非常に進化している6次元の世界は私たち一般人には、理解できません。

 

 

(2020/5/6)

 

 

・「新型コロナ感染」2020/5/2基準で世界の感染者数は329万2000人、死亡者は23万7000人ですが、早く新型コロナウイルス感染症の特効薬やワクチンが作られることが期待されます。また注目されている薬「アビガン」についての報道が多いようです。ワクチンも開発が進んでいるようです。

BBCニュース(2020/5/5)によりますと「新型コロナウイルスに対するワクチンや治療薬開発に向けた国際会議が4日開かれ、参加者らが総額80億ドル(約8500億円)以上の拠出を約束した」と報道されています。

 

・ヤフーニュース(2020/5/6)KYODOから引用

「米でコロナワクチン臨床試験開始 ファイザー、9月許可目標」

【ワシントン共同】「米製薬大手ファイザーは5日、新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験を米国で開始したと発表した。ニューヨーク・タイムズ紙電子版は、9月にも食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可を得ることを目指していると報じた。

 

 同社は、順調なら年末までに数百万回分のワクチンを用意するとしている。ドイツのバイオテクノロジー企業ビオンテックと共同開発。ドイツでも4月に臨床試験が始まっている。

 ウイルスの特徴の一部を再現できる人工遺伝子を用いたワクチンを体内に注射し、本物のウイルスへの抗体を、あらかじめ作る仕組みだ」とのこと。

 

・ちなみに、「歴史を変えた医薬品」としては「20世紀最大の発明」といわれる世界初の抗生物質の「ペニシリン」を思い出しますが、「ペニシリン」以後は劇的に細菌感染の病気が治ったといわれます。多くの人々の命が救われたようです。そのために終戦後から「ペニシリン」の名前は、庶民層にも全国的に広まったといわれます。

ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)から引用。

ペニシリン

「1946年からは占領軍が招聘したテキサス大学のジャクソン・フォスター教授の指導の元に日本の製薬会社各社が生産を開始し、翌1947年から病院を通して日本中へと広まった。その結果、日本では抗生物質の開発及び生産が著しく増大し、感染症の治療法が普及し、乳児から高齢者までの全ての年齢層で感染症による死亡率が著しく減少し、平均寿命の上昇に大きな影響をもたらした」とのこと。

 

・アビガンについては、次の報道がありました。

ヤフーニュース(2020/5/6)日刊ゲンダイデジタルより引用。

アビガン共同開発者・白木公康氏に聞く 新型コロナとの戦い方

早期に投与すれば重症化を避けられる

 「新型コロナウイルス感染症の治療薬候補として注目される、国産の抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」(一般名:ファビピラビル)が、5月中にも薬事承認されそうだ。安倍首相が同4日の記者会見で明らかにした。同剤の共同開発者である富山大学名誉教授の白木公康氏(千里金蘭大学副学長)に取材した。

 ――なぜ抗インフルエンザ薬のアビガンが新型コロナウイルス感染症に効くのですか?

 

 インフルエンザや新型コロナのウイルスは遺伝子にDNAでなくRNAを持っているからです。アビガンは、細胞内に侵入したウイルスが、RNAの複製に必要な酵素「RNAポリメラーゼ」によく似た構造をしています。ウイルスが間違えてアビガンを取り込むと、RNAのコピーができなくなり増殖が止まるのです。RNAウイルスは同じような仕組みで増殖するものが多いため、昔からインフルエンザ以外のRNAウイルス感染症にもアビガンは有効だと考えられてきました。実際、2014年には、ギニアエボラ出血熱の患者に投与して死亡率を下げたとの研究報告があります。

 

 今回、中国政府が、すぐに使うために7万の既存薬からアビガンを新型コロナウイルス感染症の薬候補として選んだのはこうした理由からです。

 

 アビガンが新型コロナウイルスに効くのは中国の論文からも明らかです。実験室レベルの研究ではエボラと同じ用量での効果が認められていますし、臨床試験でも「アビガン治療群では平均4日でウイルスが消失し、対照群では平均11日を要した」と報告されています。解熱までの期間や咳が緩和する期間の短縮が確認され、日本で心配されている副作用についても「明らかな副作用も見られず安全性は高い」と書かれているのです。

 

 にもかかわらず、日本の感染症の専門家は「アビガンの有効性については判断できない」とするのはなぜでしょうか。少なくとも、「中国では有効性が確認されているが、わが国では判断できない」というべきではないでしょうか」と記載されています。

 

・『今こそ知っておくべきフリーメイソンの謎と爬虫類人種の陰謀』の著者、並木伸一郎氏は、「UFO研究やUMA研究など、オカルト分野の第一人者ともいわれる」と伝えられています。

 「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうですので識別不能のようです。レプティリアンといっても普通は「見えない宇宙人」なので、憑依された人間は、識別が難しいようです。ときどき、イルージョンや幻覚、幻視としてレプティリアンの正体が見えるというのですから不思議な話です。昔の「龍神」もかなり進化しており、現代では正確には分かりません。「生きている人間の肉体を乗っ取り、霊体として支配する」という、憑依のようなスタイルをとる場合があり、これを「ウォーク・イン」といわれます。遥かに進化した異星人は、ワンダラー(転生)やウォークイン(憑依)やその他のさまざまな形態で人間界に出てくるともいわれています。また人は皆、記憶喪失の異星人だといわれます。「宇宙人と普通の人間を区別できなくなっている」時代だそうです。見えない宇宙人の方が、進化の速度がはるかに速く、想像を絶する程度に異次元から人類に影響を与えているといわれます。私たち一般人は、「宇宙人の憑依現象」については理解できません。「進化した異星人」である、天使や堕天使、大天使の活動や影響力は見えないため、科学の対象にはならないといわれます。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。 「グレイ」は人間の無意識の中に入ってくるといわれます。物質化、非物質化が自由にできる高度なエイリアン・エンジニアリングを持っているといわれます。「異次元のアストラル界はとても巨大です。ここに存在する全ての世界からおよそ600億人の人間タイプの生物が集まっている」といわれます。

米国と協定を結んだと言われる異星人も、マニアや研究者によって、不確かな情報が流れてきています。

幽体や霊体で、人間が見えない世界のアストラル界やエーテル界のパラレル・ユニバース(並行宇宙)に自由自在に棲息しているという進化した異星人たちの「この世に実体化」した動向も少しずつですが、メディアに登場するようです。フリーメーソンについては世界に10万冊以上の書籍があるといわれます。そして「日本国憲法フリーメーソンの理性主義の産物」という説もあるといわれます。「日本の知識人が欧米人を理解できないのはフリーメーソンを知らないからだ」そうです。とことん悪魔崇拝フリーメイソンリーが画策したアメリカ建国と指摘されています。なお金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、といわれます。

 

・「太古、日本は地球の中心で天皇は宇宙船に乗って世界各地を巡行した」という『竹内文書』は、偽書としては否定できない要素を現代になって持ちだしたそうです。スイスの有名なプレアデス星人のコンタクティ、ビリ-・マイヤーによると、プレアデスのとある惑星に日本民族の原郷となる惑星があり、彼らは、今も宇宙旅行をしているといわれます。

また聖徳太子は神人と交わりがあったとか、多くの伝説があり、歴史上、謎の非常に多い人物として現代でも、議論が多いそうです。

 

・人類が50世紀に小人になる可能性はあるのでしょうか。戦後米国に飛来した映画でもお馴染みの小柄なグレイは、人造ロボットで最下層の労働者階級だとする説(金髪碧眼の人間タイプのノルディックは位が高い)もあって、正体に関する説は色々あるといわれます。その諸説の一つにグレイの「人類の未来の姿説」、「人類の未来からのタイムトラベラー説」というのもあって、激しい核戦争を繰り返して、人間タイプがだんだん退化していき、グロテスクになり、我々の見る小人の異星人になったそうです。なお、ゼータ・レチクル星人は、多種多様なようですが、実際のスター・ウォーズは、激烈で惑星を吹き飛ばす超兵器も登場したようです。

インドの古い叙事詩にもありますが、特にスター・ウォーズの歴史は非常に多かったようです。未来には人類の進化したものと神人の2系列があるといわれます。また、巨人タイプもおり、フランスの有名なコンタクティのラエルの報告では、小柄で完全な人間タイプで20万年進化しているリラ(琴座)星人もいるそうです。神々の世界は時空を超えているので王仁三郎の『霊界物語』はリアルな感じがするといわれます。

 

・「人は皆、記憶喪失の異星人である」という説がありますが、地上には「異星人であった記憶を持つ地球人」もいるそうです。特に米国などの異星の記憶を持つ人々がいるそうで、異星人の世界と霊界の世界が交差しているようです。当面、2013年のアセンションに関してオカルト・マニアの書籍が多く出てくるようです。「人間を実験室で作った」リラ(琴座)星人と「遺伝子操作か思念(?)で人間を創った」シリウス星人とかいろいろな話がチャネラーやコンタクティたちから伝わります。小柄なグレイも「人造ロボット説」が有力ですが、「人類の未来の姿説」というのもあり、核戦争を繰り返してだんだんと体が退化して小柄になっていったというのです。ですから、グレイは、人類の未来から来たタイム・トラベラーだという説もあるそうです。当然、チャネラーの話は洋の東西を問わず相似してくるといわれます。映画『スター・ウォーズ』を地で行くような、もっと物凄いスター・ウォーズが太古に行われていたようです。

  米軍は、アイゼンハワー大統領と宇宙人の会見後、ゼータ・レチクル座に留学生を送ったという話がありますが、どこの国でも、異星人とコンタクトできれば、同国人を異星に送り込むことでしょう。だからこそ、異星人情報は、『厳秘』扱いなのでしょうか。

 

・明治時代などの天狗の神隠しと現代の米国のUFOによるアブダクション(誘拐)とは、似ているのでしょうか。メキシコは現代でもUFOなどの不思議な現象で知られているそうです。記録にある金髪碧眼の白人のケツァルコアトルという中南米に飛来した神様と戦後グレイとともに米国に飛来した金髪碧眼のノルディックが同種の種族とすれば、ナチスの崇拝した金髪碧眼のアーリア人種とスペインの金髪碧眼のウンモ星人等の関連が窺われ、宇宙連合の諜報機関は、歴史の転換点に登場するのでしょうか。

 

・宇宙母船には直径100kmのものもあり、都市型の超巨大宇宙船も報告されているそうです。超巨大宇宙母船がエーテル界に突入したり、次元移動して恒星間飛行をすることも予想されます。宇宙連合の諜報機関は、太古から地球にコンタクトしており、人類の創造にかかわったようです。米国のチャネラーからの報告にはそのような話が豊富にあるそうです。異星人や神人、異人なども日本に昔から来ており、多くの伝説や伝承になっているようです、ちなみに「『かぐや姫』が聖徳太子の祖母だった」という説もあり、異人や神人と聖徳太子との関係が窺われるそうです。ケツァルコアトルは金髪碧眼の白人の神様で、現代米国に飛来した金髪碧眼のノルディックのイメージと一致するようです。そして、ケツァルコアトルタイム・トラベラーのようです。

 

・1952年6月15日に発見された、紀元7世紀の王・パカルの石棺の蓋に彫られたレリーフが「パレンケの宇宙飛行士」等と呼ばれています。まさにパカル王が小型宇宙船を操縦している図絵で、よくUFO関連の書籍に登場し有名です。マヤの異星人たちが、当時の世界中の異星人の地球の着陸地と結んでいたことが窺われ、異星人のネットワークがあったのでしょうか。当時の聖徳太子と神人の交流の記録もあり、当時、宇宙連合の諜報機関が動いていたのでしょうか。なお、南米の有名なケツァルコアトルは、金髪碧眼の白人の神様で、戦後米国にグレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックとの相似が窺われます。世界中に金髪碧眼の白人タイプの神々の伝承があり、金髪碧眼のノルディックが太古から地球にコンタクトしていたのでしょうか。日本には『童子』、『鬼』の伝説が非常に多いのですが、「聖徳太子は鬼の一族と関係があった」という説もあり、鬼を異星人と見る見解もあるそうです。

 

・戦後米国にグレイとともに60年前に飛来した金髪碧眼のノルディックと呼ばれる宇宙人は、金髪碧眼のウンモ星人と似ているようです。スペインでは黒目黒髪のスペイン人のイメージですが、混血が進んでおり、人種問題も複雑なため、ヨーロッパでは、人種に関することはタブーなようです。ヨーロッパでは太古から現代まで、人種間での争いや虐殺も非常に多く、そのおぞましい歴史を明らかにすることは無理なようです。金髪碧眼の白人そのもののケルト人やナチスが狂った金髪碧眼のアーリア人種など、ヨーロッパでは、金髪碧眼の神々の神話は、豊富なようです、スペインのバスク人も謎の民族で、混血が進んでいるようですが、本来は金髪碧眼の白人タイプだそうです。バスク語は世界のどの言語とも異なる極めて独特な言語であり、バスク人は系統不明の民族だそうです。また、バスク人は85%がRh-型の血液であり、このことから、バスク人はヨーロッパで最も古い種族ではないかと推測されているようです。

「ヨーロッパのジプシーがアガルタの住人の末裔だ」とする奇説もあり、戦後米国に小柄なグレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックは、ヨーロッパの金髪碧眼の白人タイプ(白系ロシア人等)の源流なのではないかと窺わせます。金髪碧眼の宇宙人の話は世界中で数多くありますが、宇宙人は金髪碧眼ばかりではなく、人間タイプの宇宙人は多種多様で、黒目黒髪の東洋人タイプ、日本人タイプもいるそうです。ちなみに「グレイの後に金髪碧眼のノルディックが来て、その後に東洋人タイプが来た」そうですが、情報はそこでぷつんと切れているとされています。アバブ・トップシークレットの『厳秘』のため日本のマスコミも手がでないようです。日本の書籍でもよく登場する、ナチスとも言われた金髪碧眼のノルディックは、米軍の将軍様を乗せて、プレアデスにでも去ったのでしょうか。

 

・国常立命は、ウシトラの金神ともいわれ、祟り神として封印され、抹殺された神々の代表みたいな神だそうです。大本教をはじめとする多くの新興宗教の教祖などに憑依して、頻繁に登場しているそうです。サナート・クメラといえば、貴船神社鞍馬寺、魔王尊、地球の霊王、シャンバラの王などと単語が連なりますが、ウシトラの金神とともに有名です。現代のチャネラーの中にもウシトラの金神とチャネリングする者もいるといわれます。官憲に弾圧された大本教は、その巨大さゆえに官憲に恐れられたのでしょうか。古史古伝マニアのいう『竹内文書』の「太古、日本は世界の中心だった」という話もいずれ再構成される時がくるのでしょうか。太古から神々が争い、殺し合い、スター・ウォーズがあったのでしょうか。

 

神代文字は、アヒル文字、モリツネ文字、タネコ文字、ホツマ文字と色々あるようですが、一見すると単純でモダンな感じのする文字で、太古、何種類もの異星人が飛来していたようです。欧米では「天使文字」といわれるものもあるそうです。茨城県の海岸に江戸時代に現れた“うつろ船の蛮女”もウンモ星人のようで、スペインのウンモ星人に関する書籍も数冊日本で出版されています。ウンモ星人は、戦後米国に飛来した金髪碧眼のノルディックと似ており北欧系の白人タイプのようですが、黒目黒髪のスペイン人タイプもいるのでしょうか。宇宙人は進化の程度がそれぞれ違い、プレアデス星人は人類に7千年、リラ星人は2万年進化しているといわれています。が、一部のプレアデス星人もシリウス星人にコンタクトして天国に出入りしているそうです。宇宙連合のつながりから、より上位次元の異星人とコンタクトしようとする動きがあるからでしょう。どの異星人も神々にコンタクトしたいようです。「神々に近づきたい」とする行動動機が、異星人の最大の行動要因だそうです。人類はあまりにもレベルが低いために、宇宙連合に参加できないと言われているといわれます。ウンモ星人に関する書籍は日本でも以下のように出版されています。

「宇宙人ユミットからの手紙 (5次元文庫)」、「アメリカが盗んだ宇宙人ユミットのプラズマ科学 (超知ライブラリー サイエンス)」、「宇宙人ユミットからの手紙(1)(2)(3)」、「宇宙人ユミットの謎―今世紀最大のX‐ファイル 」

 

・いくつかの神代文字の中には、現代の漢字よりもモダンな感じのする文字もあり、宇宙人飛来の文字であったことを窺わせるそうです。天狗にまつわる昔話などを総合すると、宇宙人であったと判断され、明治時代に東北地方の遠野などに現れた“赤い顔をした異人”ではなかったのでしょうか。なお、異人とは民俗学で、共同体の外部から訪れる来訪神を指す概念。マレビトともいうとされていますが、日本の各地を異人や宇宙人、神々が徘徊していたのでしょうか。天狗の神隠しは、現代のUFOのアブダクション(誘拐)と相似するようです。

 

・「ベントラ」という言葉は、スイスの有名なプレアデスのコンタクティのビリー・マイヤーが言っていた言葉だそうです。宇宙友好協会の会員の中には、当時日本にも来ていた宇宙連合の諜報機関員とコンタクトしていた者もいたそうです。金髪碧眼の美女や、007のような諜報員が日本にも飛来して地上を徘徊していたそうです。また、その会員は金髪碧眼の宇宙人がたくさん乗っている宇宙母船にも連れてもらったといわれます。作家の三島由紀夫は、外国人がびっくりするような自殺をしたので、外国人の日本人に対する評判を非常に悪くしたそうでした。有名なノーベル文学賞作家の川端康成も自殺をしましたが、「死後、親に会えない、地獄に落ちて、ろくなことのない自殺者」なのですが、有名人も自殺するくらいですから、ちなみに毎年3万人が自殺しているそうで「政治の貧困ここに窮まる」ということだそうです。ここ10年でも合計30万人も自殺しているそうで、日本民族存亡の危機ともいわれていますが、自民党公明党の連立政権の責任だそうで、「政権交代」でもなれば、あわれな自殺者は少なくなるでしょうか。以前は「経済一流、政治二流」と言われたのですが、今は「経済二流、政治二流、学識二流」で落ち目で外国人の評判も悪いそうですが、政権のもと緊急対応策が必要となります。

 

・モデル県があるとすれば、モデル県で色々な新規の施策を実施して、成功すれば、全国に広めるという手法があります。モデル市町村もあるようです。何事も小規模で実験してみて、うまくいけば、大規模に実施するという手法は重要です。全国のモデルとなるように色々なことをすすめていくような気構えが大事です。神示は、無視できないほどの影響力があるようです。

 

・天国に自由に出入りして、人間の転生や人間への憑依を自由に操作できるシリウス星人は、『心霊攻撃ができる』といわれています。思念で人間を創ったというシリウス星人だけが『魂のメカニズム』を知悉しているのでしょうか。魂のメカニズムは誰も分かりません。『心霊攻撃』ができるシリウス星人に対抗できる異星人は少ないでしょう。死後、シリウス星人の宇宙船に乗るという話は、外国の話でも少なくないようです。シリウス星人は高次元に存在する天使のような、神々に近い高等知性体なのでしょうか。死後の三島由紀夫チャネラーに霊界通信の形で、テレパシーで送ってきたそうですが。シリウスの宇宙船に乗った三島由紀夫のその後とは?ちなみに、死後の三島由紀夫の霊界通信によれば、「自殺者は親に会えず、地獄に落ちてろくな目にはあわない」という説もあるといわれます。死後、誰でも天使的な宇宙人のシリウス星人に会うことができるようです。そして、地球はシリウスの植民星なのでしょうか?

 

・イタリアでは最近はクラリオン星人とのコンタクティが登場しましたし、教皇キリスト教関連で、昔から宇宙連合とのコンタクトは多いそうです。第二次世界大戦後、米国で宇宙連合の諜報機関のコンタクトが本格化しだしたようです。宇宙連合の諜報機関と米国の諜報機関は、混じり合い、米国はフリーメイスン王国ですので、イルミナティなどの秘密結社などを通じて、影響、支配が貫徹しているのでしょうか。イルミナティの円盤は、タイムトラベルができるといわれているそうですが、米軍の将軍様でも乗っているのでしょうか。

 

・ルシファーやサタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人の一派は、遺伝子科学者であったという説もあるようです。UFOの中で生体実験を受けたという報告も多くありますが、ルシファーは神のように不死で健在のようです。ナチスの生体実験とマスコミなどで報道された宇宙人の生体実験やおぞましい動物などの生体実験場の話は結びつくのでしょうか。「ネガティブなシリウス星人も遺伝子操作などで、人間が嫌悪する生物を創ったので神に嫌われ、最後に神によってそれらの生物は(大変動・大洪水などで)全滅させられた」という太古の話は現代にも再現されるのでしょうか。太古、二派に分かれて破滅的なスター・ウォーズがあり、“オリオンの邪悪な宇宙人”ともいわれていたようですが、近年は宇宙連合の活動も活発化して、大規模なスター・ウォーズはなくなったといわれます。

太古、天使団の3分の1を率いて神に反逆したという堕天使ルシファーの物語は、宇宙大戦争スター・ウォーズ)であり、その後、宇宙連合が創られたそうです。そして、昔から宇宙連合の諜報機関が地球にコンタクトしてきているようです。米軍基地に住んでいる人間タイプの異星人の諜報員の話は、一般人と見分けがつかず、第二次世界大戦後にコンタクティより報告されだしたようです。

  

・宇宙には多くの種類の動物タイプの宇宙人もおり、異類から進化した神々も存在するのでしょうか。爬虫類人レプティリアンの宇宙人の話も多いようです。異類といえば日本でも「鬼などはモンスタータイプの宇宙人だった」という説もあるようです。神々しい観音像とは別のイメージです。しかし、「鬼」とよばれたものの中にも美女がいたという昔話もあるそうです。また、「鬼の一族」が聖徳太子だったという説もあり、聖徳太子と宇宙人を結びつける話もあるそうです。フリーメイスンイルミナティの背後には、神々の宇宙連合の諜報機関が、存在しているそうです。色々な現象は、宇宙連合の諜報機関の活動とみることができるようです。CIA(米中央情報局)に代表される米軍の諜報機関と宇宙連合の諜報機関はどこかでまじわり、秘密が保たれているのも、『厳秘』として処理されているからでしょうか。テレビ映画『Xファイル』のような世界なのでしょうか。先進諸国は実質的にその諜報機関によって現実的には動かされているという『諜報機関優位説』も根強いといわれます。「人類の歴史は平和の時代よりも戦争の時代のほうが長かった」そうですが、モロク神が裏世界に存在するからでしょうか。ちなみに奇説として「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なために戦争が頻繁に起こった」という話もあるといわれます。

 

・諸悪の根源のような魔神がモロク神なのでしょうか。イエス・キリストを殺害して、全人類の上に君臨する絶対的な独裁者であるモロク神は、異類から進化した高等知性体で、「異類混血がスター・ウォーズの原因となった」といわれます。異類から進化したモロク神のような高等知性体は、人間をゴキブリ以下に思っているような種族もいるそうですが、にわかに信じられない話のようです。宇宙には非常に多くの種類の宇宙人がおり、動物タイプの宇宙人も多いそうです、まるで映画“スター・ウォーズ”の世界のようです。イルミナティの円盤はタイムトラベルができるといわれます。

ウォーク・イン(憑依者)やワンダラー(転生者)たちも活動しているという説もあるそうです。いわゆる異星人の魂を持った人たちは、米国に多いといわれます。現在、多くのチャネラーアセンションを語っていますが、はたして何が起こっているのでしょうか。