日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

日本の神様は実は宇宙人だった。幽界はもう存在しない。(12)

 

・霊界と高次元の高等知性体の世界は相似しているようです。シリウス星人は天国に自由に出入りし、人間の転生と人間への憑依を自由に操作しているといわれています。死後に出会う天使がシリウス星人のようです。平凡な主婦がチャネラーになれるのも、ビジネスマンとちがってゆったりとリラックスできる時間が多いからでしょうか。遺伝子操作などを通じて人間が嫌悪する生物を創って神に嫌われたのもシリウス星人で、ネガティブなシリウス星人とよばれているようです。闇の世界の一方のリーダー格的存在、黒魔術師のようです。なお、「ひとはみな、記憶を失った異星人だ」そうですので、死後に天使のシリウス星人と出会うことになるのでしょうか。また、「シリウス星人は世界中で奇蹟を演出している」ともいわれています。

「地球はシリウスの植民星だ」といわれます。

プレアデス星人は人類に6千年進化しており、「実験室で人間を創った」リラ星人が2万年進化しているそうです。しかし、「思念で人間を創った」シリウス星人は、はっきりとした記録がないようですが、天使的な存在で人類に進化すること数十万年というところでしょうか。「宇宙人は人類の進化に干渉をしてはならない」とする宇宙法があるとの話もあるようです。フリーメイスンは「神の嫌悪」で、フリーメイスンの主神が堕天使ルシファーといわれています。堕天使ルシファーは遺伝子科学者だという話もあり、地球にコンタクトしてきているそうです。アメリカ合衆国フリーメーソン王国で、極論すれば、宇宙連合の諜報機関が、フリーメイスンを裏から指導しているともいえるそうです。

 

梵天とか帝釈天とか昔の人は宇宙人とのコンタクトにより神々の図絵や彫像を残したのでしょう。スイスの有名なプレアデス星人のコンタクティのビリー・マイヤーは、「プレアデスにある、とある惑星に日本民族の原郷がある」といっていたそうです。「オリオンは階級社会だが、プレアデスはそうではない」との報告もあるようです。戦後米国にグレイとともに飛来した「金髪碧眼のノルディックはナチスだ」という話もあったようです。ちなみに「私はアセンションした惑星からきたー金星人オムネク・オネクのメッセージ」(徳間書店)によると「ドイツの原郷から来た」といっているそうです。

 

・米軍だけがプレアデスに到達しているのでしょうか。地上にも異星人が住んでいるとのことですが、詳細は全く不明。金髪碧眼のノルディックはプレアデス星人ということですし、日本民族の原郷であるプレアデス星人は黒眼、黒髪で日本でも報告されているようです。美男美女からモンスタータイプまで、また老若男女から始まっていろいろで、容貌から判断できないのは「そもそも人は皆、記憶を失った異星人」だからそうです。記憶が蘇った元異星人も欧米では多くいるそうで、自称元宇宙人でも登場しないと分からないようです。精神の人格転換がゲイ(LGBT等)だそうですね。精神状態だけが違っているということでしょうか。

日本でもごく普通の平凡な主婦が、一転してチャネラーになることも最近では多くあるようです。昔は神々が憑依してチャネラーになり、天理教などの新興宗教の教祖様になった例も少なくないようです。

色々な理由からマスコミでは裏世界の裏カルチャーは、低調なようです。ちなみにプレアデス星人は人間に一番近いそうです。ただ、耳たぶに特徴があったそうですが。小柄で映画やマスコミによく登場したグレイはランクが最下位の生物ロボットだという説が有力説になりつつあるようです。

江戸時代にUFOのような乗り物の船で茨城県の海に出現したという伝説の「うつろ船の蛮女」は、ウンモ星人ではなかったのでしょうか?

 

・プレアデスは日本民族の原郷ともいわれ、昔からコンタクト話が多いようです。街中のコンタクティも少なくなく、ただ、マスコミ嫌いか何かで、世間に対して沈黙しているようです。プレアデスに行った日本人もいたといわれます。宇宙人も美男美女タイプから、ごく普通の街中の「おっさん」タイプまでいろいろのようです。この世のものとは思えない美男美女という表現もあるようですし、天狗のように顔が真っ赤なタイプもいたそうです。宇宙人が住んでいたという町中の笑えない話。

30年前の「空飛ぶ円盤」の時代には、新聞社やマスコミもコンタクティと一緒に取材活動をしていたそうですが?

 

・経営と精神世界の関係を説く経営コンサルタントは少ないようですが、ミクロの企業経営こそ、マクロの経済問題、マクロの世界の動向の予測が必要であり、「百年に一度の経済危機」「経済のハルマゲドン」「資本主義の終焉の時代」には、視点を変えたアプローチが必要となるでしょうか。船井氏は、「精神世界」の関係者とも交流が多く、興味深い内容のものもあるようです。米国では「精神力」や「潜在意識」を使ってビジネスに成功しようという「ハウツー本」が多くて、かなりの本が日本にも、翻訳紹介されているそうです。

 

・米国のテレビ映画などでも窺えますが、CIA(中央情報局)や国家安全局、米軍などの諜報機関の特別の諜報部員のみが異星人や神々の情報に通じているようです。米軍は特殊作戦として、透視能力などの人間の特殊能力を研究する組織もあり、当然、異星人とのコンタクトもしています。英国情報部などもそうですが、昔から異星人と諜報機関はなじみがあり、神々の情報が諜報機関で消されており、宇宙連合のメンバーも情報部員であり、諜報機関そのものだとする説もあるそうです。日本の昔の防衛庁の時代にもUFOのような情報を担当する部署もあったそうです。異星人の情報は各国ともトップ・シークレット(最高機密)で公務員の守秘義務で厳格に守られているようです。当然、異星人や神々の情報は、国家として最高の情報財産の一つとも言えるようです。警察の「大衆に知らしめるな」という伝統は、そのためだそうです。経営コンサルタントで有名な船井氏も「お金の運用」や「事業経営」を突き詰めていけば、「精神世界」の道に通じるといわれます。

 

・姿か顔形を変える超技術は、現在の美容整形手術が、驚くように顔形を変えるように容易なのかもしれません。エイリアンは、異類混血や遺伝子操作を通じて、人形に近づこうとしているという話もあるようです。クラリオン星人は、どちらかと言えば、リラ(琴座)星人系らしいのです。世界各国の諜報機関は、異星人情報を『厳秘』として、その超テクノロジーを入手しようとしているようです。もしエイリアンの超テクノロジーを入手できれば、米国のように地球での覇権を握れるでしょう。コンタクティやチャネラーの報告が期待されています。

 

・アガルタのシャンバラについては、マオリッツオ・カヴァーロは、昔からヨーロッパにある説と似ていますが、異次元世界のことは、明確には分からないようです。やはり米国人の異星人に関する書籍のほうが、昔から豊富にあるそうです。ウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)の形で「人はみな、記憶を失った異星人」であることを実証しているようです。天国に自由に出入りして、人間の転生や人間への憑依を自由に操作できるシリウス星人は、太古に「人間がぞっとする生物を遺伝子操作により創造したために、神に嫌われた」という話もあったといわれます。マオリッツオ・カヴァーロは、最近のイタリア人のコンタクティなのですが、日本からも最近のコンタクティは出現していないのでしょうか。

 

・宇宙連合のメンバーが、昔に来た場合、「神々」と見なされたようです。あまりに地球のレベルが低いため地球は、近未来には宇宙連合に入れないといわれているようです。異人(いじん)とは、民俗学において、共同体の外部から訪れる来訪神を指す概念ですが、またマレビトともいわれているそうです。異人は、地上を徘徊した宇宙連合のメンバーではなかったのでしょうか。30年前は、日本の宇宙友好協会のメンバーとコンタクトがあったという話もあったようです。最近ではイタリア人のコンタクティがクラリオン星人とのコンタクトで書籍をだしています。クラリオン星人といえば、30年前に米国のコンタクティと接触して、話題となった異星人だそうです。

 

・30年前には、日本で宇宙人とコンタクトして異星に行った日本人が本を書いたこともあったようです。当時、宇宙連合のメンバーが日本にも来ていたそうです。宇宙連合のメンバーは世界中で、一般人として潜入しているという話もあるようです。「シリウス星人は、思念を通じて物を創造する力を持っていた」そうで、「思念で人間を創ったシリウス星人」とフランス人のコンタクティ、ラエルで有名な「実験室で人間を創ったリラ星人」は、宇宙を2分する種族だといわれます。

 

・サタンもルシファーも遺伝子科学者という説もあるそうです。高次元に存在するもの同士の高等知性体間でも戦争があったことが窺われるようです。「中位および上位アストラル界の都市」およびエーテル界の都市に住む神々は、何をしているのでしょうか。死後の世界の霊界と似ている「中位および上位アストラル界の都市」は、なかなか想像するのも困難なようです。高次元の高等知性体も人間体を装い、一般社会に溶け込んでいるという話もあるそうです。テレビ映画『Xファイル』に登場した「神のような人物」が印象的でした。

「シャンバラは、物質界に存在するものではないが、惑星の統治機関であるという意味では、アメリカ合衆国のホワイト・ハウスに相当する」とのことですが、異次元の高等知性体も社会を構成しているのでしょうか。昔から異次元の高等知性体は、人類を監視し、影響力を行使してきたようですが、私達のような一般人には理解不能な観念だそうです。ウォーク・イン(人間に高次元の異星人が憑依すること)やワンダラー(人間に転生してくること)は、外見や話の内容からからは、見分けがつかないようです。「人は皆、記憶を失った異星人だ」といわれます。ゲイなどの変わった人たちも、高次元の異星人に『人格変換』されたのでしょうか。

2012年のアセンションンにむけて、多くの本が出版されていました。もっとも、「私は、たいてい毎晩、睡眠中に魂体でシリウスを訪れている」とのことですが、シリウスとはどのようなところなのか詳しく知りたいものです。「シャンバラの議事堂への出入りが許される」とは?

 

・戦後、米国に飛来した金髪碧眼のノルディックは、プレアデス星人ともいわれていますが、キリストに関する情報でも持っていたのでしょうか。異星人は、一般人や米軍基地の軍属として、秘密裏に地球に滞在していると多くの米国のコンタクティの報告がありますが、米軍は、プレアデスや“神の領域”に到達し、交易しているという結末になっているのでしょうか。グレイの一派だけが秘密協定で異星の超テクノロジーを米軍に渡したという話もあったようですが?ロズウェル事件から60年、空白は大きいようです。「人造ロボットのグレイの後に人間タイプの金髪碧眼のノルディックや赤毛のオレンジが来て、その後に東洋人タイプが来た」そうですが、そこでぷつりと情報は切れているそうです。地球のレベルがあまりにも低すぎて向こう数百年間、宇宙連合に参加できないそうですが、宇宙連合の先遣隊や調査隊(観察隊)、スパイは昔から「空飛ぶ円盤(UFO)」で地球に来ていたといわれます。

欧米のチャネラーの話「夢の中でアストラル・トリップ(幽体離脱)をしてクリスタル・シティでキリストに出会った」は、多くの人が体験していて、熱烈なキリスト教徒を生み出す原因なのかもしれません。

自分の神秘体験を小説にして発表する人は多いそうです。小説の形をとることで、いろいろな誤解を避けることができるからでしょうか。「世にも不思議な話」は、小説の形をとることで、世の中に受け入れられるからでしょうか。14万4千人という数字は精神世界の本によく出てきますが、「古代リラ星人の数だ」という説もあるようです。反キリストの話も謎の多い問題のようです。

 

・自殺者などの幽霊がでるホテルの話は世界中にあり、日本でも多くあり例外でないようです。自殺者の怨念がその地に留まり幽霊としてよく出てくるという話だそうです。目に見えない自殺者があなたの隣にいつもいるという気味の悪い話。自殺者の増加が社会問題になっています。政府は自殺者を減少させる有効な手段を打てないでいるといわれます。ちなみに自殺をした作家の三島由紀夫が、死後の世界から霊界通信で送ってきた内容には「自殺者は、死後世界で親に会えない」とい残酷な仕打ちにあうようです。なんとか、世の識者は、自殺者の社会問題に有効な政策を考えなければならないといわれます。

死者の出る病院でも、幽霊話は多いようですね。非常に多くある幽霊話は死後の世界の幽界と霊界と我々の住む現実界のつながりを窺わせるもののようです。米国では、「UFOを見た」「宇宙人にインプラントされた」「キャトルミューティレーションに遭遇した」「神秘体験をした」「天使に会った」「前世の異星での生活を記憶している」「死後の世界を信じている」という人の数が、驚くような数字だそうです。

「空飛ぶ円盤」から「UFO」の時代へと、この60年間、世の中は大きく変わりましたが、『厳秘』が施行されているため、インターネットによる出版不況でマスコミも元気がでてこないようです。メイジャーなこととマイナーのことが全く逆の世の中になってしまい、「大衆は3S、スポーツとスクリーン(映画)、セックス(風俗商売)で政治を忘れさせよ」というシオンの議定書の呪いがきいているようですね。

 

・在米邦人もUFOを見たり、神秘体験する人も増えてきているようです。病気は困りますよね。でも、世の中は不条理なもので、「人が困惑するようなことばかりする」、それを専門にするような、いわゆる悪魔や魔神をいるそうで、病気や悪疫についても彼らが関係しているという説もあり、もしそうなら、大神に処分してもらいたいものです。「困った時の神頼み」といいますが、それでは困ります。がん患者やがんで死亡する人たちがよくマスコミで報道されるようになってきています。天使にでも遭遇すればがんでも治るのでしょうか。

 

・神々や天使と宇宙人を結びつける説は、近年の傾向ですが、ルールドの奇蹟を聞いて、非常に多くの病人がヨーロッパから集まったようです。キリスト教文化圏の奇蹟の話は多いようで、狂信的ともいえるほど信者が多いのも、それが原因だそうです。「シリウス星人が世界中で奇蹟を演出している」という話もあり、ウォーク・イン(憑依ン)やワンダラー(転生)を自由に操作でき、天国に出入りしているシリウス星人が、奇跡の背後にいたのかもしれません。高等知性体が存在するエーテル界は死後の世界、霊界と似ていて、病気のない世界のようです。

大規模な不思議な神霊現象は、時たま、神々や天使の存在を思い出させてくれるようです。大規模な神霊現象は、神々や天使のサイズの変更から起こる現象なのでしょうか。天使との遭遇によって病気が治る場合もありますが、天使と邂逅しないと病気が治癒しないのでしょうか。

天使は個人の運命を支配し、社会や国家の発展の役割を担っているともいわれていますが、それぞれにより担当の職務が違うそうです。たとえば、人間の職業を研究している天使もいるのかもしれません。幸福をもたらす天使ばかりではなく、恐ろしい天使、悪魔もいるようでその世界は人智が及ぶ世界でないので複雑、怪奇のようです。敬虔なキリスト教徒に恐ろしい境遇・運命が襲いかかるなど常識で考えられないことばかりなのでしょうか。2012年のアセンションの時代が近づくにつれて天使のコンタクティが急増したのでしょうか。

 

・現代では、昔から宇宙人や神々(?)が一般の地球人になりすまし、超能力を示さずに社会に溶け込んでいるといわれています。ときたま、コンタクティの報告(「火星人が地球に少数住んでいる」等)から、彼らが地球で一般人として密かに活動していることがわかります。日本でも明治時代に異人という種族が『遠野物語』にもあるように地上を徘徊していたようです。米国でも、『厳秘』により、宇宙人情報が保護されているため、容易に情報は漏れてきていないようです。最近のクラリオン星人に関するイタリア人のコンタクティによると、「宇宙人も一般社会に紛れ込んで生活している」との話でした。彼らが望むように詮索しないようにするのが絶対に必要なのでしょうか。歴史的には薔薇十字団はサタン(悪魔(リラ星人))の会堂ともいわれるフリーメーソン組織であると書かれており、フリーメイスンと異星人(特にリラ星人)とのつながりが窺われます。

地球内部というよりも異次元と理解した方がよいでしょう。昔の人は地下世界の入口を求めて洞窟探検を繰り返したという笑えない話もあるそうです。暗い穴を通って、別世界に入ったという話は世界中のおとぎ話にあるようです。地上から別次元に入ったという話は少なくないそうです。映画や小説のように、明るいドアのようなものを通り抜けると別世界が開けていたというストーリーも異星人の超科学では可能なのでしょうか。UFOという乗り物に乗っていくよりも、並行世界に異次元移動装置ですぐに移動できるというSFも多いといわれます。異次元の世界は、簡単に言うと夢の世界、人間は夢の世界を統御することはできません。が、夢の中で異世界に入ったという話は昔から多いようです。

「地底の理想郷といえばアガルタ王国がある。その首都シャンバラは、想像を絶する壮麗な都市だという」、この異次元(エーテル界)の超近代的な都市に住む高等知性体、神々の正体とは?近時、米国のチャネラー(霊的交流者)の「アガルタ・ネットワーク」の本も数冊出版され、昔からの「アガルタ」譚に関して再評価の動きがあるといわれます。神智学でいう「エーテル界にある都市」のことでしょうか。

 

・奇説、珍説、少数説と世の中には、いろいろな議論がありますが、例えば、「人類宇宙人起源説」、「河童グレイの一種説」などのように昔はなかった説が多数説になってきているものもあるようです。中世の「地動説」「天動説」のような話だといわれます。英国は産業革命などの近代化が世界で初めて起こった国ですが、日本と違って、敗戦国でないために古い体質がいまだに残っているようです。ヨーロッパ諸国は昔から、UFO、異人、宇宙人などの話題の豊富な国だといわれます。日本人には理解できないキリスト教文化圏におけるフリーメイスンの影響は大きいといわれます。ハム系、セム系の区分けも第二次世界大戦のドイツのナチスの残酷かつ過酷な人種政策のように日本人には馴染みのないもののようです。

セム系とハム系とか異星起源の2大種族の対立抗争の流れは、スター・ウォーズになったりして地上でもその末裔による対立抗争からの戦争もあったようだ。キリスト教徒とイスラム教徒との対立抗争による戦争とか、対立する宗教による戦争も盛んだったようだ。宇宙の2大種族の対立は、彼らがタイム・トラベラーであるという理由で、過去現在未来と続くようです。根本は進化の程度により2大種族に分かれるようで、「実験室で人間を創った」リラ星人と「思念で人間を創った」シリウス星人の対立、「天の神と地下の神の対立」、「神と悪魔の対立」、宇宙には多くの対立概念、対立種族があるそうです。大規模なスター・ウォーズになると宇宙の根本構造を壊してしまうようなものもあったらしいのです。インドの叙事詩の中にある「太古に起こった天の戦争」も宇宙人同士の大規模なスター・ウォーズを記述してあるそうで、戦争は多かったようです。

 

・「神になった零戦搭乗員」のように戦争の霊現象(幽霊話など)は多いそうです。戦場で死んだ幽霊が幽界から出てきて、家族に会いに来るという「幽霊話」等。第1次世界大戦、中東戦争など世界中で大規模な神霊現象が報告されておりますが、多数の死者が出る戦場では、神々や天使などが現れ、不思議な霊現象が少なくないのでしょうか。「厳粛な人の死」にかかわる神霊現象?戦争や戦場に係る幽霊話は多いようですが、戦場では大規模な神霊現象も起こるそうです。戦場では神々や天使の血も騒ぐのでしょうか。ちなみに戦場や大災害現場でUFOを見たという報告もあるようです。天国に自由に出入りし人間の転生や人間への憑依を自由に操作しているシリウス星人が、「世界中で奇蹟を演出している」という話もあったといわれます。ベトナム戦争時、「米軍の将兵の家族に統計比率から見て多くの障害を持つ子供が生まれた」という話もあったそうです。ベトナムの神様が怒ったのかもしれません。「神々や悪魔が恐ろしいのは、親が悪くないのに障害を持つ子供を作るからだ」といわれます。

 

・「日月神示」は艮(うしとら)の金神(こんじん)などの神が岡本天明さんに、神憑って1944年から十数年間、自動書記によって「世に届けられた神示」だそうですが、艮(うしとら)の金神(こんじん)は、昔から大本教新興宗教の教祖によく憑依する神様で、神示は多くあるそうです。この神様は、大神によって、「隠された神様」「隠遁させられた神様」で、早く桧舞台に出てきてもらいたいものだといわれます。「石油エネルギーの代替えとして、地域振興の見地からも、国家資源の集中投資、優先投資により早急に風力発電を発電量の20%にまで持っていく必要がある」といわれます。

イルミナティの謀略などによる第三次世界大戦はおこらないでしょう。「闇の勢力」については宇宙人などの高等知性体が絡んでいるため明確に回答できる日本人はいないようです。「経済のハルマゲドンの中、風力発電に国家資源を集中投資、優先投資をすれば日本経済に効果的なエコとなる」といわれます。日本の政治も今度の総選挙で大きく変わるようですが、評判の悪かった「経済アニマル(人間)」よりも「政治アニマル(人間)」が増えるようになれば、世界的な『経済のハルマゲドン』の対応策もみつかるでしょうか。地球上の経済事象に関してはイルミナティなどの高等知性体の方が、信じられないでしょうが、はるかに知識があるといわれます。

 

・宇宙人も進化すると天使や神々のクラスに到達して、我々の認識できない存在になるのでしょうか。進化した高等知性体は、4次元以上の高次元のアストラル界やエーテル界とよばれる非常に細かい粒子の世界へすすむようです。リラ星人は人類よりも2万年進化しているので、それ以上に進化している異星人とのコンタクトの例は、報告が非常に少ないし神々の領域に達しているのでしょうか。天国に自由に出入りして人間の転生や人間への憑依を自由に操作できる天使クラスのシリウス星人は、数10万年以上も進化しており、天界の秘密を握っているのでしょうか。

八鏡文字を使っていた種族は、どこの宇宙人の末裔なのでしょうか。八鏡文字という古代文字は、現代の使用文字である漢字やかなよりもモダンな感じのする文字で、シンプルで宇宙人の文字なのではなかったのかと窺わせるといわれます。日本の古代文字は、シンプルで斬新な感じのするものが少なくなく、高度文明の宇宙種族からのものだったのかもしれないそうです。日本民族もプレアデス星人、シリウス星人、リラ星人などいろいろな宇宙人種族の末裔とする説も多く、プレアデス星座に高天原があるという説もあるようです。古代伝説によれば、プロセレネ人は「天空に月が現れる前から」ギリシアに住んでいて、アルカディアの「月以前の人々」と呼ばれ、アルカディア人は「月が出現する前から山地に住みドングリを食した」と書かれているそうです!?想像を絶する太古の宇宙人種属とは?

 

・人間には、「さっこう」(人間同士が殺し合うこと)という本能があり、人類の歴史は平和な時代よりも戦争の時代の方が長かったそうです。宇宙人が人間を創ったとき、「さっこう」という本能をDNAに埋めこんだのでしょうか?2000年以前のマスコミをにぎわせた「第三次世界大戦の予言」は、めでたくも全て誤りの予言となりましたが、中東に関する予言は『時代遅れの予言』となってもらいたいものです。世界中を見る人が見れば、特にアフリカなどは、現代も「地獄の様相を呈している」ともいえるのでしょうか。

4次元以上のアストラル界やエーテル界は、人間の死後の世界、幽界や霊界と似ている世界のことだそうですが、その世界に高等知性体が存在するといわれます。シリウス星人や進化した異星人は、天国に自由に出入りしており、人間の転生や人間への憑依を自由に操作しているそうです。神々や天使が進化した宇宙人であるという説が一般説になりつつあるようです。「サタンの陰謀と666の獣の正体」というテーマは多いのですが、サタン(悪魔)というのはリラ(琴座)の政治団体か遺伝子科学者の一団だといわれます。サタンのリラ星人に関しては、クロード・ボリロン“ラエル”というフランス人のコンタクティのラエリアン・ムーブメントが有名だといわれます。

 

・ミロクの世というのは神智学でいうエーテル界の都市やその住人、霊界の世界と似ています。別の表現ですれば4次元以上の高次元の世界で通常の人間は目に見ることはできないといわれます。高次元のエーテル界には、超近代的な都市があり、霊界のような特徴を備えており、神々がいるらしいといわれます。宇宙連合の異星の首都、都市規模の宇宙母船、高次元のエーテル界の都市など、超近代的な都市で高等知性体は何を行っているのでしょうか。やはり、霊界における天使の役割のような人類の進化を助けているのでしょうか?日月神示のいうミロクの世というのは霊界の世界と相似していますが、アセンションの時代には、高次元との世界との接触が増え、神憑りやチャネラーが急増するのでしょうか?

人類に2万年進化しているリラ(琴座)星人の『不死の惑星』に行ったフランス人によると古代の聖人が不死の処置により、現在でも生きているという夢のような本が出版されたのは30年前だといわれます。「キリスト宇宙人説」「古代聖人宇宙人説」は、現在有力説になりつつあるそうです。理論的に言うと「神々も永遠の存在で過去、現在、未来という時間の観念のない高次元の世界にいる」ということになるといわれます。ブッダも宇宙人が憑依した神憑り現象であったと理解したほうがよいのでしょうか。フランスの有名なリラ星人のコンタクティのラエルは、琴座の「不死の惑星」に古代の聖人がいて、自分は会ったと本に記しています。

 

・「進化した異星人の惑星の世界は天国のようだ」という異星人と共に異星に行ったコンタクティの報告は、多くはありませんが存在します。いわゆる異星人コンタクティ体験記は、アダムスキーの時代から「詐欺師」「ペテン師」扱いを受けており、沈黙しているコンタクティも多いといいます。日本でもプレアデスに行った人が山陰地方にいたそうですが、「マスコミがうるさい」とか「詐欺師扱いをされてはかなわん」とかの理由でマスコミには登場しなかったようです。しかし、カシオペア座方面のとある惑星に行った日本人はマスコミにも登場し本も書き現在も活躍しているそうです。最近では、クラリオン星に行ったイタリア人が注目をあびているといわれます。30年前の「空飛ぶ円盤」からUFO時代になり、テレビなどで「異星人もの」の番組で活躍したディレクターもいて、マスコミもにぎやかだったのですが、出版不況のせいか最近は低調のようです。現在、米国だけが国家機関の総力をあげて異星文明、円盤の反重力エンジンなどの異星のテクノロジーの導入をすすめているそうです。60年前に小柄なヒューマノイドのグレイとともに人間タイプの金髪碧眼のノルディックが着陸した米国。「ペンタゴンの陰謀」という本にあるように、特に軍事技術の面で圧倒的な優位を築くことができるでしょうし、異星に留学生をも送っているといわれます。ナチスヒトラーがアガルタの超テクノロジーを狙ったように今度は米国が超テクノロジーを入手しつつあるそうです。異星文明の導入に伴う国家資金と研究者の投入に関しては、もし可能であればソ連でもどの国でも総力をあげて投入するでしょう。『厳秘』にして、ソ連もスパイ活動を本格化しているそうですし、是が非でも異星のテクノロジーを入手したいでしょう?どこの国でも当然狙う超テクノロジー!昔は異星人とのコンタクティが狙われる、殺されるという事件が欧米であったようですが、『厳秘』だからでしょうか。

 

・一種の国家社会主義的な政治体制とか、貨幣制度のない高等知性体による長老政治とか世界のコンタクティなどにより様々な異星・異界のシステムの報告がありますが、私たち一般人にとっては、想像のできないような理解不能の体制だといわれます。今まさに日本は『政治の季節』ですが、「神憑りの神聖政治」があるように思われませんが?「神々だからこそ人々の気持ちをどうにでも動かせる」という説もあるそうです。「神々と俗世間の政治」との関係は無意識界において、大いにあるのでしょうか?「神々が日本の現実政治に影響力を行使しているとしたら」という荒唐無稽で支離滅裂な話はないのでしょうか。地球も「選択的民主主義」に移行するのには何百年かかることでしょうか。恒星間飛行技術を持つ進化した異星人は進化した政治システムを持つのでしょうか? フランス人のコンタクティが向かったリラ(琴座)の「不死の惑星」では貢献度大のエリートに不死の特権が与えられるそうですが?なお、「不死の惑星」のリラ星人は、人類より2万年進化しているといわれます。欧米を支配しているといわれているフリーメイスン制度も「神の嫌悪」だそうですが、背後にはサタンといわれるリラ星人の影響があるのでしょうか? 「実験室で人間を創った」サタン(悪魔)のリラ星人と「遺伝子操作か思念(?)で人間を創った」天使的なシリウス星人は宇宙を2分する種族で、その対立抗争がスター・ウォーズになったともいわれていると指摘されています。また異類混血を含めて遺伝子操作で「人間がぞっとする生物」を創ったネガティブなシリウス星人もいるそうで「神に嫌われた」という話です。「本来人間は完全なものであり長寿であったそうですが、病気で寿命が短くなり、また身障者の子供が生まれるようになったのも悪魔のせいだ」とする話もあり不気味です!?それにしても障害者の子供の数の多いこと。魔神や闇の天使、堕天使、悪魔など多種多様のようでまたその行動様式も複雑で、もし実在するとすれば地上は殺戮と不幸の地獄の様相を呈しているのでしょうか。ところで、異星の政治体制はいろいろな種類があるようですが?

 

・サタンの会堂といわれるフリーメイスンは、多くの米国大統領を会員としてきたと言われています。フリーメイスンの主神は、ルシファーといわれていますが、フリーメイスン組織こそ最も政治的な団体であるといえそうです。フリーメイスンや異星人の地球上の政治に与える影響力は、米国大統領の多くがフリーメイスン会員であったように、秘密結社として表面には出ませんが圧倒的な影響力があるのでしょうか?2万年進化したリラ星人によってルシファーの正体もわかりましたが、進化した異星の文明、特に超科学は現代の科学者にとっては理解不能なことが多いのでしょうか。ラエリアン・ムーブメントのホームページより「宇宙人からのメッセージ」「マイトレーヤ」「クローン人間にYES!」「ハーモニーメディテーション」「真実を告げる書、マンガ版」「異星人を迎えよう」「天才政治」などが無料で読めます。ちなみに、米国では「無神論者のためのインテリジェント・デザイン理論(Intelligent Design)」という本が出版されているそうです。

「有料情報から無料情報」へ「有料ソフトから無料ソフト」へと時代は変わりつつあるのかもしれません。大不況で「お客の来ない店が増えている時代」「セールス・メールがめちゃくちゃに増えている時代」「必死のネット詐欺師が増えている時代」である、このおぞましい時代に、「必要なサービスが無料で入手できる貨幣制度のない天国のような世界」は夢物語の世界のようです。

30年前に日経新聞で大きく広告されたフランス人のリラ星人のコンタクティの本書は、読者に大きな影響を与えたそうです。現在は、ラエリアン・ムーブメントで活動しており、クローン人間の問題等で米国などで社会問題を起こしたりしたようです。先端的な考えや行動は多くの社会のいわゆる良識派から反発と抵抗をうけたようで。ラエリアン・ムーブメントのホームページでリラ(琴座)星人に関する5冊の本が無料でネットから読めますが、ラエルのその後の本の出版が期待されているといわれます。リラ(琴座)星人に関しては、ラエルのコンタクティの報告が唯一のようで衝撃的です。このような異星人とのコンタクティ報告が多数出版されることが期待されています。想像以上に多数の異星人が地球人とコンタクトしているそうです。サタン(悪魔?)と呼ばれるリラ(琴座)星人からのメッセージ?

 

・「原子を構成し、現実のすべてを構成している素粒子クォーク、ボソン、レプトン)」の世界は、霊界とか神の領域に近づけるのでしょうか。「人生の出来事は全て自分の身に降りかかってきたもののように見えます。しかし、実際は経験を創り出しているのは私達自身なのです」という考え方も多くの精神世界の先達が語っているようですが、私達一般人には理解不能な観念のようです。

フランス人のコンタクティのラエルの本では、サタン(悪魔)というリラ星人、エロヒムの不死会議の議長とか「不死の惑星」では、「神はいない」といっているそうですが、私自身は「神はいないと考えたほうがよい」と解釈しています。ラエルの言うリラ(琴座)の惑星の「不死の惑星」ではキリスト、釈迦、マホメットなどの古代の聖人が遺伝子操作により生きていると「不死の惑星」という本では書かれてありましたが、印象的です。フランス人のラエルの本{不死の惑星から}という本は、今から30年ほど前に『日経新聞』に大きく宣伝され、多くの読者の関心をひいたそうです。14万4千人の古代リラ人の進化段階とは?

ユダヤ人は古代リラ星人の末裔ともいわれます。「古代リラ星人は、アセンション、つまり上位の次元、5次元以上の移行を待っている」といわれます。

異次元に対する解明も量子力学などが試みていますが、人間の潜在意識を活用して自分の願望を達成する手法は、米国では多く説かれているといわれます。

 

・一種の総動員体制をとっている戦時下ともいえるイスラエルの動向やアラブ諸国の動向は、欧米人の関心の高い事項の一つですが、太古からのサタン(悪魔)、リラ星人と神の対立抗争が背景にあるともいわれているといわれます。「実験室でDNAより人間を創った」というリラ星人はフランスのコンタクティのラエルという人物で、世界中に知られているといわれます。「実験室で人間を創った」リラ星人と「思念で人間を創った」シリウス星人との対立抗争は、宇宙を2分する種族の抗争(スター・ウォーズ)となっているようですが、現代のタブーのようで、禁断の情報となっていると指摘されています。「ユダヤ謀略論」も現代でも少なくないようです。

「イエスは金髪で白人だった」という話は、「イエス宇宙人説」「イエス金星人説」「イエス戦後米国来訪説」などの宇宙人の話と結びつくようです。人間タイプの金髪碧眼の“ノルディック”と仮称される宇宙人は悪魔の王ルシファーという説もあるそうで興味は尽きない!

「何も知らせるな」という『闇の政府』の議定書もあるかのようで、戦後60年も経っても何も知らせられないようです果たして異次元に存在する高等知性体の「歴史のシナリオを描く連中」が存在するのでしょうか! なお、イルミナティの円盤はタイムトラベルができるそうです。

 

アセンションに関して多くの識者が意見を述べているようです。高次元の高等知性体の人類への影響力も、人類の進化とともに、変化するそうです。いわゆる神話で説かれている「神々の争い」「神々の戦争(スター・ウォーズ)」があるようです。ところで『神界の仕組みが変われば世の中も大きく変わる』ようです。

民俗学において『異人』とは、共同体の外部から訪れる来訪神を指す概念。マレビトともいう」とされています。明治時代の『遠野物語』などに見られ、遠野地方を徘徊したといわれる『異人』たちはどこから来てどこに消えたのでしょうか。60年前に金髪碧眼の「ノルディック」と仮称される人間タイプの宇宙人が米国に小柄なグレイとともに飛来したそうですが、その情報も『厳秘』処理のために、なかなか詳細は漏れてこず、米国のマスコミも手がでないといわれます。「闇の勢力」は異星人グループで人智を超えている存在なので、彼らを捕捉することはできないのでしょうか。4次元以上に存在する高等知性体との交信はチャネラーという能力を持った者がするそうですが、一種の霊媒、イタコ、ユタ、シャーマンのような者なのでしょうか。

 

・現代では、人間タイプの宇宙人や神々の来訪は『厳秘』となっており、この状態が変化するような時代が来るのでしょうか。農業部門に進出する企業が増えているのも時代の流れでしょうか。「異次元の高等知性体が人類を密かに指導している」そうなのですが、私達一般人には何も分からない世界のようです。『神憑り現象』が頻発し、神々の登場が公表される事態は、今までの経緯からありえないと思われるそうですが。

経営コンサルタントとして有名な船井先生は、『資本主義の崩壊と地球維新の到来』を予言されていますが、現在それを窺わせる様々な現象が起きています。農業技術革新による農業革新も視野に入っている時代となり、今までの工業技術革新による工業化社会も新たな段階に向かいつつあるといわれます。日月神示のいう『ミロクの世』とは、どのような世界なのでしょうか。残念なことに船井先生は健康上の理由で今年はまだ新刊書がでていないようです。