日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

全ての戦争の原因は、経済にあるといわれている。いくつもの戦争が起ころうとしており、そしてついには第3次世界大戦に至るだろうが、全て経済戦争の範囲に入る。(14)

 

メン・イン・ブラックは、邪悪なオリオン星人だったそうですが、実際はさまざまに報告されており、不明です。また、テレポートする話もあり、その超能力は凄まじいものがあったようです。映画にもなったメン・イン・ブラックも地球を去ったのでしょうか。キャトルミューティレーション(動物切断)も一昔は、大変な騒ぎだったのですが、最近の米国マスコミや学者たちはなぜか追跡をしていないようです。

2012年のマヤ暦の話に関してはチャネラーによる多くの説がありますが、ポジティブにとらえる見方が優位のようです。古代、マヤに文明をもたらした宇宙人が円盤に乗って2012年に帰ってくるのでしょうか。『闇の権力』は、地球を去ったという話もあるといわれます。

 

・地球には大変多くの種類の異星人が飛来して、人類や人種を創っていったそうですが、カナン人の祖先も「闇の権力」、「悪魔的な秘密結社」のイメージでとらえられているようです。「人類を実験室で創った」というリラ(琴座)星人は、サタン(悪魔)として、表現されることが多いようですが、近年、フランス人のコンタクティで一躍有名になったようです。天使団の3分の1を率いて神に反乱をおこし、天使ミカエルによって、地獄に落とされたという、サタンと呼ばれる堕天使ルシファーの物語は、有名ですが、「ルシファーは、円盤に乗った遺伝子科学者」という話もあるそうです。異類から太古に進化した神々(宇宙人)が強烈な力を持ち、ランクが高いので、人類が困惑するという話もあるといわれます。「天使と悪魔」というテーマが多いようですが、どちらも進化の系統が違う宇宙人として理解することができるし、映画『スター・ウォーズ』のように現代的に解釈することもできるそうです。レプティリアン爬虫類人)とは、モンスター・タイプを連想しますが、遺伝子操作などで、かなり人間の顔形などと表面的には似てきたり、映画『スタートレック』の耳のとがったミスタースポックのようなキャラクターとなっているのかもしれません。映画などでは、顔形を自由に変える宇宙人も登場しますが、変身に関しては、人間の想像を絶するように進化している可能性があるようです。

 

・天使や悪魔、神々は不死であり、現代においてさえも、人間界に表出することがあると言われていますが。「堕天使ルシファーは、遺伝子科学者だ」という話もあり、進化した異星人の高等知性体の超科学の科学者と現代風に解釈でき、サタン(悪魔)も遺伝子科学者の一派の名前であるとフランスの有名なリラ(琴座)星人のコンタクティ、クロード・ボリオン・ラエルが著書に書いているそうです。欧米人の精神生活を規定するフリーメイスンは、古くて新しい問題だそうです。フリーメイスンに馴染みのある日本人は少ないそうですが、実は、憲法に『結社の自由』を高らかに謳い上げる日本は、秘密結社の天国だそうです。「今日、世界の支配者のほとんどはイルミナティであるという。特に欧米においてはそうである」そうですが、イルミナティ結社員の内実は分からないそうです。フリーメイスンは「サタン(悪魔)の会堂」ともいわれていますが、サタンというのはリラ星人だそうで、太古からのリラ星人起源の秘密結社なのでしょうか。

サタンと言ってもリラ星人は完全な人間タイプの異星人だといわれます。 

 

・戦後、米国に現れた「メン・イン・ブラックは、邪悪なオリオン星人だ」という説もあるそうです。ハリウッド映画『メン・イン・ブラック』では、彼らは宇宙警察というイメージでしたが、その実際の超能力は驚異的なものだったそうです。対立する2勢力による大規模なスター・ウォーズは、古文書や伝承などに多く見られるそうですが、映画『スター・ウォーズ』は、実際の話を脚色したという噂もあったといわれます。「悪魔と天使・神々の争い」のように『不死の超人』たちの争いは、未来永劫にも続くともいわれているそうです。神々は不死なのですから現代のチャネラー(霊的交流者)により交信できるのでしょうか。著者のいうように「ワクワクに従って生きる」ことは、日常生活を楽しくするかもしれません。

 

・ワンダラーは、転生の形で、ウォーク・インは人間のへの憑依の形で、高次元の異星人が、人間として活動していく姿だそうです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」とのことですから、この世に生まれてくる時には、前世の記憶を消して地球にくるそうです。ワンダラーやウォーク・インといっても、地球に出てから記憶喪失になる人もいて、必ずしも全員がしっかりと目覚めていることではないそうです。中国には、「生まれ変わりの村」という不思議な村があり、「前世の記憶」を持っている人が多くいる村があるといわれています。ワンダラーとかウォーク・インの現象は、もちろん米国で注目された現象のようです。

物々交換よりも進んだ貨幣システムも、最初は異星人が教えたらしいのですが、経済システムや、農業などの様々な人間の営みは、宇宙人から授かった知恵のようなのです。伝説では、トウモロコシを人間にもたらした宇宙人もいるようです。高次元の異星人のように貨幣システムを必要としない状態になるまで、気の遠くなるような時間が必要となるのでしょうか。天国に自由に出入りし、人間の転生や憑依を自由に操作できるシリウス星人という存在がいるそうですが、霊界にいる天使的な存在などが、農業や商業、工業などの人類の進化のノウハウを持っているようなのです。高次元の天使的な存在の宇宙人は、人類の進化の観察者、管理者、監視者ともいえるのでしょうか。

 

レプティリアンというとモンスター・タイプの宇宙人を連想しますが、異類混血やDNA操作などで人形(じんけい)に近づきつつあるという説もあるそうです。また宇宙人の超能力は、人間が想像できる範囲を超えているという話もあるそうです。金髪碧眼のウンモ星人がヨーロッパで、普通の住人として一般社会に溶け込んでいるように、そのこと自体が話題にのぼらなくなっているようです。異星人情報は、英国情報部、CIAなどの諜報機関によって握られおり、今後も情報公開は期待できないといわれます。

 

・「明治維新の礎を築いた英雄は秘密結社のエージェントだった」のでしょうか。日本にフリーメイスンが入って来て、明治維新などの歴史の大きな動きがおこってきたのは、偶然なのでしょうか。フリーメイスンは、「欧米の常識で日本の非常識」の一つともいわれているといわれます。英国諜報部は、歴史の裏でうごめく大きな力を持っていたそうです。映画ジェームズ・ボンドの「007」シリーズで開放的に宣伝することで、逆に実体を隠すことができるという手法もあるようです。小柄な宇宙人グレイ(バイオ・ロボットか?)の「エリア51」も映画にもなり、『厳秘』も影が薄いようですが、逆にその真の実態を隠すことができるという手法なのかもしれません。フリーメイスンなどの秘密結社は、表面的には「友愛親睦団体」で、フリーメイスンであるジャーナリストは書かないし、フリーメイスンでない、当事者ではないジャーナリストは訳が分からないし、書けないという不思議な存在のようです。

 

・欧米では「フリーメーソンでなければ、商売がうまくいかない」、「今日、世界の流通機構のほとんどはフリーメーソンが牛耳り、世界市場で商取引をスムーズに行うには、フリーメイスン会員になる必要がある」とまでいわれるほど、その実力は、王族を頂点として、強力だそうです。特に日本人は、英国の王族・英国情報部を頂点とする、植民地支配による財力・情報のネットワークに無知だといわれます。英国は戦勝国であり、いち早く近代化に成功した国ですが、依然として貴族などの封建的な政治支配が強く、一般庶民と貴族の差が大きく、完全な階級社会だそうです。フリーメイスンイルミナティについては、異星人とのつながりを説く説も多くあり、日本の識者も関心をよせる人が増えているといわれます。イギリスの作家イアン・フレミングのスパイ小説を原作とする“殺人許可証”を持つ映画の主人公ジェ-ムズ・ボンドの映画「007」シリーズで世界中にその存在を宣伝した英国情報部は、米国のCIAなどを作ったりして、世界で最強の情報部であるともいわれているそうです。その英国情報部が、フリーメイスンイルミナティ、異星人の最高機密を昔から握っているといわれているようです。明治維新坂本龍馬などの倒幕の志士達と英国諜報部は、何らかの因縁があったのでしょうか。

 

・日本の神道は、宇宙人のホワイト・ブラザーフッドにも通じる、まさに“神の道”だそうです。“5次元世界”が話題になる時代となりました。はたして、多くの識者が語っている「2012年のアセンションの年」に何かが起こったのでしょうか。

艮の金神」は、戦後でも少なくない日本のチャネラーに憑依して、いろいろな話が伝えられているそうです。天照大神が太陽神というように、世界中の神々は共通性があるようです。神々=宇宙人という説によりますと、神々(宇宙人)も進化の段階により、その超能力に差があり、ランク付けが可能となるようです。「神々の種類は宇宙人の種類と同じである」という説もあるといわれます。

人間の死後の霊界と高等知性体が存在する高次元のエーテル界は、相似しているそうです。死後の霊界に関する状況の報告は、世界のチャネラーによると、大抵、一致するもののようです。エーテル物質という非常に細かい粒子の世界に神の国があるといわれます。

 

・「闇の世界権力」、米国を支配する「フリーメーソン」、「イルミナティ」の究極の背後には、レプティリアン・タイプの宇宙人がいるという陰謀説を説く識者が増えているそうですが。「闇の世界権力」は、マスコミに報道されませんし、一般人には見えないため、我々一般人には、難しい話だそうですフリーメイスンは表の顔が『友愛親睦団体』だそうですが、秘密結社のため、フリーメイスンになった当事者は、米国大統領でもその内実は語れないという不思議な社交世界、現代のタブーだといわれます。

潜在意識を活用して成功する」等の「ハウツー」本は、米国では、昔から盛んですが、一種の「ニューソート」なのでしょうか。全世界に400万人の会員を持つフリーメーソンは、欧米では、王族・貴族や大統領を含めて、主流の組織であり、「フリーメイスンでなければ、ビジネスや法律商売がうまくいかない」とまでいわれているそうです。「坂本龍馬は、フリーメイスンだった」という話もあるくらい、明治時代前後から欧米との接触で、日本に入ってきた秘密結社の組織ですが、現在は大多数が『友愛団体』を標榜しているといわれます。この秘密結社フリーメイスンイルミナティなどを通して、レプティリアンなどの異星人が人類をコントロールしているという説もあるそうです。

 

チャネラーは、理論的には『不死の神々』から情報を得ていることになるそうです。秘密結社の『緑龍会』の正体も歴史の大きな謎のようです!?たとえば、サタン(悪魔)というリラ星人系列の日本における秘密結社かもしれないという仮説も成り立つそうです。ドイツ、イタリアとの枢軸国のつながりは、ドイツの金髪碧眼のアーリア人種の宇宙人との関連もあったのかもしれません。ナチスヒトラーも一種の霊媒であったそうですが、霊的にチャネラーの存在がいたのかもしれませんね。「石屋の陰謀」とは、フリーメイスンの陰謀という説ですが、これも色々な説があるといわれます。

 

・戦後、米国に飛来した金髪碧眼のノルディックとナチスが、地下神都の神々と接触を試みたというアルデバランの金髪碧眼のアーリア人とは、関連があったのでしょうか。第2次世界大戦後、映画でも知られた小柄な生体ロボットのグレイとともに米国政府とコンタクトした、プレアデス星人ともいわれている金髪碧眼のノルディックは、「ナチだった」という話もあり、『厳秘』のため、50年たっても謎のままだそうです。常識的に考えれば、米国は「プレアデス星人などの宇宙人」のテクノロジーを入手しつつあるともいわれているそうですが?アルデバランの『恒星間飛行技術』は、現代の最高の科学者によっても理解不能のテクノロジーなのでしょうか。「戦後、日本はフイリッピンのフリーメーソンに占拠された」という話もあったそうですが?現代の神々の動向は、不明だといわれます。

 

・「人間を実験室で創った」リラ星人、「人間を思念で創った」シリウス星人は、“闇の存在”を通じて、太古から人類を管理したそうです。その媒介手段として、フリーメイスン組織を創ったのでしょうか。フリーメイスンは“サタン(悪魔)の会堂”ともいわれるそうですが、日本人には、フリーメイスンのような秘密結社は、なかなか理解ができないもののようです。“悪魔の結社”があれば、“神々の結社”もあったのでしょうか。「幕末の志士、坂本龍馬フリーメーソンだった」ともいわれ昔から英国諜報部が、世界中の大事件に関与していたという説もあるといわれます。「闇の存在の本体が地球域から去ったのは間違いないようです」というのも我々一般人は、理解がすすまないようです。

 

・「艮(うしとら)の金神」は、日本のチャネラーに良く憑依する神様で、多くのチャネラーが、報告しているそうです。「国常立尊(くにとこたちみこと)」にしても、多くのチャネラーやその研究者にとっても、『霊界の実相』が相似するように、話の内容は、似てくるそうです。日本の神々と宇宙人を結びつける話は、着実に増えているそうです。「艮(うしとら)の金神」をギリシア神話のヘルメス(神々の伝令役を務める)と似ているととらえる話もあるようです。

 

・「闇の勢力の支配が終り、世の中は急変革する」ということだそうですが、“闇の勢力”というものは、見える形でイメージしにくく、我々一般人には、理解が出来ない観念だそうです。「100年に一度の経済大変動」も1年たちまして、いろいろな変化が、誰の目にもはっきりと分かるようになりますと、政治への一般の人々の関心が一層高まり、それがまた社会変革につながっていくようです。“神示”というものは、異次元か霊界の神々が人間に憑依して、伝えてくるものなので、リアリティに凄味があるそうです。「事実は小説よりも奇なり」だそうです。

死後の世界“霊界”と高等知性体が住む高次元のエーテル界は、その状況が、似ているらしいのです。そして、エーテル界には“都市”があり、超高層の建物には、神々に近い高等知性体や天使などが何かをしているらしいといわれます。天国に自由に出入りして、人間の転生や人間への憑依を自由に操作できるといわれている“シリウス星人”は、そのエーテル界の都市の住人らしいそうですが?そして、彼らは我々地球の3次元世界の住民を“監視”しているともいわれているそうです。誰でも死後にシリウス星人に会えるという話になるといわれます。

ペンタゴンの陰謀』という本では、エイリアンから入手したテクノロジーに関して、元米軍高官からのリークが載っていました。『エリア51』の米軍のエイリアン秘密基地については、米国では映画になったり、マスコミが騒ぎましたが、最近では、マスコミの追及も下火だそうです。ゲリー・ボーネルは、米国の一種のコンタクティやチャネラーですが、米国では、精神世界のチャネラーやヒーラー(治療する人)は非常に多いようです。

 

八幡神は、謎の多い神で、現代の研究者でも、「今もって訳が分からないのが、八幡神なのだ」という学者も少なくないそうです。八幡神の伝承の中には宇宙人の介入を窺わせるものがあるそうです。日本でも昔から宇宙人の飛来を窺わせる伝説や伝承が多いようです。神=宇宙人と解釈すれば多くの謎が解けるとする説もあるようです。日本人の霊統には、太古からプレアデス星人、リラ星人、シリウス星人など多くの異星人のDNAが混じっているという話もあるといわれます。天照大神が太陽神といわれていますが、八幡神はそれ以上の位の神様なのかもしれません。

マヤ暦の2012年は、多くの人(コンタクティやチャネラーも含めて)が注目している年です。21世紀の前の数十年には、『第三次世界大戦の勃発』について、多くのマスコミが騒ぎましたが、その時期が無事に過ぎた現在は、マスコミは完全に忘れさってしまいました。が、『2012年のアセンション』何かが起こったのでしょうか?

「宇宙人の文字は、エリア51の地下秘密基地などにも見られる」そうですが、古代文字の中には、現代の文字よりもモダンで単純に感じさせるものがあり、宇宙人起源の文字だと窺わせるものがあるそうです。テレパシーで話す宇宙人種族も、当然文字を持っているはずだそうです。プレアデス語とか、ほんの少しだけ一般の書籍に載っているといわれます。「天使文字」というものもあるそうですが、文字や言語の発達も高等知性体の関与があったのでしょう。

 

・戦後、グレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックは、プレアデス星人だったそうですが、ナチスが凄まじく狂った金髪碧眼のアーリア人種と同じ宇宙人だったそうです。ナチスヒトラーが悪魔の化身か邪悪な神人か分かりませんが、総統の側近によると「なにものかに憑依されていて、超人たちを非常に恐れていた」そうです。「残虐非道のヒトラー霊媒だった」という説もあるようです。金髪碧眼の宇宙人の話は、多くのコンタクティが、証言しているそうです。「小柄な宇宙人ロボットのグレイの後に、金髪碧眼のノルディックが来て、その後に東洋人タイプの宇宙人が来た」そうですが、『厳秘』のため、詳細な話は語ることさえはばかられるほどタブーということで?インド人は、人種的には白人種だそうですが、人種の問題はおぞましい殺戮の原因ともなる歴史から、これも現代の語ることさえはばかられるほどタブーのようです。ナチスと日本の『緑龍会』との関係も歴史の大きな謎、語ることさえはばかられるほどタブーだといわれます。

 

・戦後に米国に現れたメン・イン・ブラックは、「邪悪なオリオン星人」であるともいわれていますが、『闇の権力』と関係があったのでしょうか。伝えられたメン・イン・ブラックの超能力は、想像を絶するものだったようです。「闇の権力が日本の政治にも介入していた」ということは、一般人には理解不能の問題のようです。宇宙人同士のスター・ウォーズも、太古から地球上の紛争や戦争につながっているという説もあるそうです。「人類の歴史は、平和な時代よりも戦争の時代が長かった」ということは、人類の根本的なものに原因があるという説もあるそうです。欧米や中東のユダヤの問題にしても昔から複雑であり、フリーメイスンイルミナティに関連して「ユダや陰謀論」も一部には根強くあるそうです。メン・イン・ブラックのハリウッド映画は3本以上、日本でも放映されましたが、実際のメン・イン・ブラックの実体は『厳秘』扱いのため、情報は漏れてこないようです。格段と進化した(邪悪な)「オリオン星人」も地球に飛来していたようです。

  

・神に対抗する悪魔はサタンで、リラ星人ともいうらしいのですが、フランス人のコンタクティのクロード・ボリロン・ラエルが有名だそうです。太古から種族的な複雑な問題が生じているようなのですが、「歴史書が記述しない浅黒いハムによる白人セム虐殺の残酷史」というくらい昔から争い殺し合いをしてきた種族があり、神ですら絶滅を図ったそうですが、悪魔は今なお強大な勢力を持っているといわれます。「闇の権力」を認識する人々も少ないそうで、私達一般人には、理解できない単語だそうです。ネガティブなシリウス星人とポジティブなシリウス星人がいて、密かに人類を操っているのだそうですが。昔はよく「邪悪なオリオン星人」ということが言われていたようです。

 

・「ウリエル、ガブリエル、ラファエル、ミカエルという4人の大天使について記された本が多く出版されています」というように現代の欧米人は『天使』存在とのコンタクティが多いようです。「2012年のアセンション」に関しては、多くのチャネラーが言及しているそうです。天使が私達の実生活にも影響力を与えているそうですが、不思議な事に私達一般人には気づかない人が圧倒的に多いといわれます。5次元(エーテル界)に夢のような世界が存在し、高等知性体がいるといわれます。

異星人は遥かに進化の速度 が凄まじいようで、UFOを使って飛来するというよりも、『金星ゲート』を使って来るようです。

「人間は記憶喪失の異星人だ」そうですので、前世の記憶を持つ人は宇宙人なのでしょう。もっと詳しい物語をマスコミなどが取り上げるようにしてくれたら面白いでしょうに。

 

・“闇の権力”と通貨発行権の謎とは?「外国為替のレートは彼らが決めている」という奇説もあるそうです。世界経済の金融政策にフリーメイスンイルミナティの政策が関与しているのでしょうか。

“地底王国”“地底人”も荒唐無稽な話ですが、異次元に関する多くの書籍が出版され「非常識が常識化」、「少数説が多数説化」、「マイナーからメジャー化」、「フィクションがナンフィクション化」しつつつある話題だそうです。死後の「霊界」の世界も常識化しつつあり、“目に見えない世界からの影響力”も多くの人が感じ始めているといわれます。“闇の世界権力”も欧米のフリーメーソン組織のように日本人には馴染みがないそうですが、実存するらしいそうです。「米国はフリーメーソン王国だ」そうですが、我々一般人には意味が分からない話ですね。

 

・霊界・エーテル界には都市が存在するそうです。「地上界にあるものが、そのまま存在する、というより、霊界にあるものが本質であり、実物なのであって、地上界にあるものは、その“写し”であり、投影物に過ぎない」、「自然界は霊界の複製(レプリカ)」と説明を受けても私達一般人には到底理解不能の話のようです。「写し世」の観念は多くのチャネラーの語るところですが、近年では「幽界(霊界の前の段階)がなくなる」とか「4次元がなくなり5次元以上だけになる」とか諸説入り乱れているそうです。

チャネラーが100人おれば、100人とも同じような死後の世界、霊界を語ることになるようです。これは洋の東西を問わず似てくるようです。

天国に自由に出入りし、人間の転生や人間への憑依を自由に操作できるシリウス星人、高等知性体が存在する異次元の世界も、非常に細かい粒子の世界で、死後の霊界と似ているそうです。2012年のアセンションの時代に向かって、チャネラーのように高次元の世界の高等知性体や天使と交信できる人たちが増えてくるのでしょうか。

 

・サタンと呼ばれるリラ星人一派は、実は遺伝子科学者だったそうです。この団体の日本のホームページを見れば、無料で数冊の著作が読めます。日経新聞に昔大きく、宣伝をだしたので、読まれた人も多いと思います。

近年ではこの団体は、米国で、クローン人間で社会問題を起こしたこともあり、あまりに進化しすぎているために思想・行動様式が一般社会に受け入れらないといわれています。とにかくサタン(悪魔)という『不死の惑星』に住むリラ星人ですから、非常に大きな力を持っているようです?よく、キリスト画にも見られる「キリストを誘惑する大悪魔」の図絵にもあるように、キリストと匹敵する力を持っているような異類の異星人の種族が、「闇の勢力」や「悪の結社」を形成しているという話もあるそうです。「実験室で人間を創った」サタン(悪魔)のリラ星人と、「思念で人間を創った」天使的なシリウス星人は、宇宙を2分して対立関係にあるという話もあるようです。米国ではコンタクティやチャネラーによる豊富な書籍が出版されているそうですが、日本で翻訳出版され紹介されるのは一部だそうです。

 

・異次元の世界は、死後の霊界の世界と似ているそうです。非常に細かい粒子の世界が存在するそうだが、私達一般人には、皆目見当がつかない世界のようです。高等知性体や神々が存在する異次元から我々の生活する現実世界に影響力が行使されつつあるといわれます。

SF作家のアシモフの異次元の小人が実際に自分の前に出てくる現象は、非常に珍しい現象のようです。異人や宇宙人、神人の異次元からの出現や消失現象(テレポート現象)は、まさに奇蹟現象です。その報告の数は、少なくないようですが、全く不思議な現象で、幻視、幻聴や幻想で片づけられてしまうようです。

 

・リラ(琴座)星に『不死の惑星』があるそうで、宇宙人は、一般に若く見えても長寿なものが多いそうです。宇宙人の話は、一般人がにわかに信じられない夢のような話が多いようです。4次元以上は“時空を超える”、つまり時間と空間を超越しているそうですが、そのような次元に高等知性体が存在するそうです。異次元の世界といえば、昔から“死後の霊界”を指しますが、そこに天使などの高等知性体がおり、誰でもいずれは出会うことになるようです。また、見えない高次元の高等知性体から我々の住む3次元の現実世界への影響力はますます強まっているといわれます。“死後の霊界”を信じる人は、異次元の世界の住人をイメージするのは容易なのでしょうか。

多くのチャネラーやコンタクティの唱える2012年のアセンションは、不思議な現象になるようです。異次元世界は、簡単に言えば、夢の中の世界、死後の霊界の世界ですが、現実の実生活に大きな影響力を持っているといわれます。

現代ではカシオペア座に行った日本人もいるそうですが、欧米と比べて、マスコミに載った日本人のコンタクティの詳しい話は、少ないそうです。何か新しい情報がどこかのブログにでも出ていないでしょうか。

 

・高次元の高等知性体は、普通人は認識できませんが、フリーメイスンイルミナティ、『闇の政府』などの組織を通じて、人類に影響力を行使しているという説もあるそうです。「小柄なグレイの後に金髪碧眼のノルディックが来て、その後に東洋人タイプも来た」そうですが、2012年のアセンションにかけて、宇宙連合の活動が活発になるという欧米のコンタクティもいるようです。

中丸さんもアリゾナ州セドナでUFOを見たと書いています。現代では、人間タイプの異星人が、米国や世界中の市民社会に溶け込んでいるようなので、『町中の宇宙人』の話が、コンタクティの報告では増えているそうです。人気を呼んだ米国のテレビ映画『Xファイル』の中でも「神のような人物」が登場したストーリ-もありましたが、彼らはその超能力をしめさず、市井の人となっているのでしょうか、そして、夜毎、異次元の世界にテレポート(瞬間移動)でもしているのでしょうか。『闇の勢力』も一般庶民にはまったく理解できず、フリーメイスンイルミナティ組織のトップクラスだけが、認識して仕えているのでしょうか。高等知性体の組織だけに、目に見えず、一部の特殊な人々が感知できるのでしょうか。また高等知性体ゆえに、普通の人は把握できないのでしょう。

太古にインドなどで核戦争をしていた宇宙人種属はどこに去ったのでしょうか。おそらく、人類以上に遥かに高度に進化しているに違いないそうですが。「闇の支配者」、「闇の政府」などとフリーメーソンイルミナティがらみの高等知性体の組織が地球に影響を与えているのでしょうか。

ドイツの独裁者ヒトラーは、アガルタのシャンバラの超科学、超兵器を入手しようとしたが間に合わなかった。が、現代の米軍も異星文明の超兵器を入手しようと秘密基地エリア51(ラスベガスの北北西約200キロにあるネバダ州のネリス射撃場の一部)を作ったとマスコミは喧伝しているといわれます。米軍はすでに核兵器以上の超兵器を入手しつつあるとペンタゴン関係者のリークはあるそうですが。「約0.1パーセントだけが、人類またはヒューマノイド」ということですが、『人型を保つ』ということで、異類混血をめぐってスター・ウォーズが起きたといわれます。異星人情報を『厳秘』にしてシャットアウトするのは、宇宙には多種多様な種類の知性体・生物がいることを知らせないという政策にも原因があるといわれました。太古にネガティブなシリウス星人もいて、そのネガティブなシリウス星人は、遺伝子操作などをして、人間が嫌悪するような生物を創り神に嫌われた神話もあるそうです。単に嫌われたばかりでなく、神は大洪水や大天変地異を引き起こし、その生物を全滅させたという「ノアの箱舟」の物語もあったといわれています。「人型をめぐる争い」は全宇宙にわたる普遍的な争いだといわれます。

「人間を思念で創った」シリウス星人は、世界中で奇蹟を演出しているそうですが、「神人」としてコンタクティやチャネラーたちによってその姿が明らかにされつつあるそうです。「人間を実験室で創った」サタン(悪魔)ともいわれるリラ(琴座)星人と「遺伝子操作か思念(?)で人間を創った」シリウス星人は、宇宙を2分して、スター・ウォーズもしたことがあるようです。ちなみに、フランス人のコンタクティ(宇宙人との接触者)のラエルが遭遇した小柄なリラ星人は「神はいない」といっているようです。死後世界に入れば誰でもシリウス星人と会えるということ、そして自分も霊人であることを知ることができるといわれます。高次元の異星人・高等知性体と霊的な世界が結びつくということ。

アリゾナ州セドナは、コンタクティやチャネラーなどの書物によくでてくる地名で「アリゾナ州セドナ上空にエーテル界のシティが滞空している」とさえ語る者もいるそうです。異次元の目に見えない宇宙船の話では、荒唐無稽の話だといわれます。アリゾナ州セドナは、アメリカ・インディアンの聖地で昔からUFOサイティングで有名で、多くの観光客が集まる砂漠の町。

 

amazonの「本」に「ユダヤ人」といれますと。1590件の書籍がわかりますが、昔からのヨーロッパ社会の残酷さには、日本人には解不能なことが多いようです。ヨーロッパにとっても「ユダヤ人」は歴史的にも大きなテーマであったようです。「シオンの長老の議定書」は、インターネット情報でも見れますが、複雑な内容です。高等知性体の知識でも入っているのでしょうか。amazonに「シオンの議定書」といれますと29件の本が分かります。偽書という説も強いようです。ユダヤ人は神の選民で、リラ(琴座)星人系列の末裔のようです。

宇宙人の存在、情報を隠す勢力は存在するのでしょうか。メン・イン・ブラックにしても、エリア51の秘密基地にしても“宇宙人情報を隠す側の事情”を私たち一般人は配慮しなければならないそうです。学会にしても、宇宙人情報をタブーにして、学者生命も脅かされることもあるそうですから、恐い恐い“闇の権力”なのでしょうか。

当然、米国のように国家のあり方としては「宇宙人とコンタクトして超テクノロジーを入手したい」ということが自然でしょうか。宇宙人は昔から巧妙に社会に同化し、とけ込んでいるそうです。それですから識別不能のようです。

 

・ 「イルミナティなどのフリーメーソンに入ると神(人)に会える」という与太話もあるそうですが、1947年7月のロズウェルUFO事件から60年経っていますので「米軍はエイリアンの超テクノロジーを取得して異星航路に向かっている」ことでしょうか。『神』のチャネラー(霊的交流者)も米国では増えているようですが。「エイリアン・エンジニアリング」は米国の独占でしょうか。

米国では失業者のデモが話題になりました。「フリーメーソン結社員でないとビジネスがうまくいかない」ともいわれています。フリーメーソン結社員だと失業して困るということはないのでしょう。フリーメーソン組織は一種の互助組織でもあるからだそうです。「アメリカはフリーメーソンの国だ」そうです。

 

・「日本は先進国だ」そうですが、失われた20年を経て予想以上に「遅れた面」や「非近代的な面」が多くなっているそうです。誰に責任があるのでしょうか。どの党もあらゆる面で改革や近代化を急がなければならないでしょう。「大衆をして3S(スポーツ、セックス、スクリーン)で政治を忘れさせよ」というシオンの議定書というものがあるそうですが、私たち一般人も政治意識を今以上に高めていかなければなりません。「日本は先進国だろうか」という声も街中では増えてきているようです。「女性の登用も先進国とはいえない」そうです。国家経営の実務に精通したテクノクラートの「国家改造計画」が求められています。

70年前にドイツに現れた金髪碧眼の『超人』(ノルディック)たちと第2次世界大戦の勃発との関係は分かりません。50年前に米国にグレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックたちにより、キャトルミューティレーション(動物虐殺)やアブダクション(誘拐)がおこりましたが、米国政府の公式調査はないようです。歴史的な異変の裏にいる金髪碧眼のノルディックの正体とは、プレアデス星人ともいわれています。

 

・ゲイ(LGBT等)のように人格転換を受けたチャネラーヒトラーナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺という『人類史上最大の犯罪』の一つが起こりましたが、『ハム族、セム族という神々(悪魔)の争い、殺しあい、戦争』が太古から続いていたという遠因があったという説もあるようです。人類史上、「戦争の時代が平和な時代よりも長かった」そうです。

天文学者は、宇宙人の存在を信じる人は多くないようです。光速を越えるものはないという科学的な知識からでしょうか。宇宙人の話では「光速を越えることは可能だ」そうです。異星人によると「プレアデスには6時間で行ける」そうです。

ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によると「ベテルギウスの和名は、「平家星」とされている。岐阜県において、平家星・源氏星という方言が見つかっている。これは1950年に野尻抱影に報告された方言であり、ベテルギウスの赤色を平家の赤旗、リゲルの白色を源氏の白旗になぞらえたと解釈されている。野尻は農民の星の色を見分けた目の良さに感心し、それ以後は天文博物館五島プラネタリウムで解説する際には、平家星・源氏星という名称を使用するようになった」とのこと。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という説もあるようです。超新星爆発による放射線の問題や隕石の大衝突などは、確率の非常に低いものとして認識されています。

 

セム系とハム系とか異星起源の2大種族の対立抗争の流れは、スター・ウォーズになったりして地上でもその末裔による対立抗争からの戦争も頻繁にあったようです。キリスト教徒とイスラム教徒との対立抗争による戦争とか、対立する宗教による戦争も盛んだったようです。宇宙の2大種族の対立は、彼らがタイム・トラベラーであるという理由で、過去、現在、未来と続くようです。「人類の歴史は平和な時代よりも戦争の時代が長かった」といわれます。ネガティブ・グループのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるともいわれています。

根本は進化の程度により2大種族に分かれるようで、「実験室で人間を創った」リラ星人と「思念で人間を創った」シリウス星人の対立、「天の神と地下の神の対立」、「神と悪魔の対立」、宇宙には多くの対立概念、対立種族があるそうです。大規模なスター・ウォーズになると宇宙の根本構造を壊してしまうようなものもあったらしいのです。堕天使ルシファーが天使団の3分の1を率いて神に反乱したという「天の戦争」が続いているのかもしれません。宇宙人の争いは極端に陰湿で陰惨のようです。

 

・インドの叙事詩マハーバーラタ』の中にある「太古に起こった天の戦争」も進化した宇宙人同士の大規模なスター・ウォーズを記述してあるそうで、大宇宙でも戦争は多かったようです。帝釈天と阿修羅の戦争は、超近代的なスター・ウォーズだったようです。帝釈天と阿修羅も宇宙人ですが、太古から日本にも来ていたようです。

40年ほど前は、エイリアンの生体実験やインプラントアブダクション(誘拐)、キャトルミューテレーション(動物虐殺)には、事件性があり米国のマスコミが盛んに取り上げていたようです。しかし、米国のメディアも政府のアバブ・トップシークレットの政策に協力しているようです。米国でもフリーのジャーナリストもタブーに触れると職を失うそうです。

小柄な宇宙人グレイの宇宙船に同乗する金髪碧眼の人間タイプの宇宙人ノルディックもナチスとかいわれたりして、インプラントなどの生体実験に関与していたようです。現在では、種々の理由から、あまりマスコミも騒がなくなったそうですが、金髪碧眼のノルディックは宇宙船に乗った医者、遺伝子科学者というところでしょうか。金髪碧眼のノルディックは、人類に6千年進化しているプレアデス星人といわれています。

 

・現在でも「広島地方にプレアデス星人が現われた」という話もあり、広島はプレアデス星人とは関係の深い地域のようです。広島の宮島の周辺に超太古プレアデス星人の基地があったそうです。超太古にはリラ星人も飛来してきており、様々な宇宙人が日本人の原人になったようです。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」ともいわれます。「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」という話には「異人」が登場しますが、「異人」はオリオン星人だったようです。

 

・SFとしてのタイム・トラベラーの本は多いのですが、異星人は本質的にはリアルのタイム・トラベラーであり、コンタクティの報告も多いようです。我々も「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですので、タイム・トラベラーの素質もあるということでしょうか。神々は憑依などで市井の人となり普通の生活をしているので誰も認識できないそうです。人間の死後、幽界や霊界で自分の過去が全て見られると言われています。それは人間の背後霊や守護霊に神々や天使がいるからでしょうか。また「天使は神の秘密諜報員である」ともいわれます。

神々は厳格なランクがあり、世界的にも類似性があります。スメル族のグループはシュメール人と言われます。スメラ尊の統治したのはムーであるといわれます。ヒトラーナチスアルデバランのスメーラン帝国と霊媒を使って交信していたそうです。金髪碧眼のアルデバラン星人は、原初のアーリア人、ゲルマンの神々のようです。シュメール語はラテン語で「スメル」といいます。超太古の日本を語る『竹内文書』ではスメラミコト(天皇)が「天浮舟」に乗って世界中を巡航していたようです。当時、日本は世界の中心だったそうです。そして赤人、白人、黄人、黒人、青人の五色人に分かれたそうです。インドの神々の絵に青色の肌をした神々がいますが、様々な肌の色に分かれことが窺われます。現代でも青い肌の宇宙人が報告されているようです。

 

・シュメールの神々がアヌンナキというそうです。近年、アヌンナキが地球に来ているそうです。アヌンナキとは、日本にもコンタクティがいるキリストの生まれ変わりといわれる、サナンダという金星のマスター(長老)らしいのです。火星霊人はアーリア人種の神々なのですが、地球のようなレベルの波動の星ではコンタクティは分からないようです。

スメラ・ミコトが天皇であり、スメ・カタムチ(尊い神々)という語があります。超太古に日本にあったと言われるカタカムナ文明の担い手であったのでしょうか。「二派の対立とは火星由来のアーリア人に対するアヌンナキ・レプティリアン爬虫類人)の争い、戦争」とも言われています。シュメール文明を打ち立てたのが金髪碧眼のアルデバラン星人といわれ、牡牛座のアルデバランが故郷の惑星のようです。アルデバラン星人はアーリア人の「超人」であり、ゲルマンの神々だったようです。アルデバラン星人は「幽霊」のように現れたり消えたりするようです。

 

・神々の対立は旧約聖書新約聖書の牛神と龍神の対立とも言われています。ハム族とセム族の争いも複雑で、正確に2派を分けることができず、お互いに混血したりして定義が混乱しているそうです。フランスのリラ星人のコンタクティ、クロード・ボリロン・ラエルによるとエロヒム(天空から飛来した人々)の『不死の惑星』では、遺伝子操作でキリストや釈迦やマホメットが生きていると報告しています。神々は理論的にも不死であり時空を超えていますので、私たち一般人には、理解不能な方法で人間界に作用しているのかもしれません。遥かに進化した異星人は、人間の肉体や精神体に自由に憑依できるようです。

パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球ということで、自由自在に人間に憑依したり離れたりしているのでしょうか。米国に現れたメン・イン・ブラック(黒衣の男たち)もオリオン星人といわれ、邪悪な妨害者というよりも「宇宙警察」のイメージでした。戦後、宇宙連合が米国とコンタクトした時に、異星人と大統領の会見もあったようです。情報公開のチャンスがあったようですが、アバブ・トップ・シークレット扱いで60年後何も分からなくなりました。「大衆がパニックを起こす」のでアバブ・トップシークレット扱いにしたそうです。アンドロメダ星雲からも様々な異星人がコンタクトしてきているようです。グレイタイプや黒人タイプもいるとかの話もあるようです。数ではグレイタイプが多いともいわれます。

 

・今日世に知られている近代フリーメーソン組織以外に、アヌンナキなどの異星人が関与していた太古からのフリーメーソン秘密結社が存在したのでしょうか。

  フリーメーソン組織は現代のヨーロッパ王室・貴族のほとんどを網羅し、米国大統領の多くがメーソン結社員だったといわれています。世界中に約400万人の会員を持つフリーメーソン組織は、欧米人にとっても一種のタブーのような存在で、秘密結社の由縁が窺われるそうです。現代ではフリーメーソンは友愛組織ですが、昔は異星人の関与が窺われます。表の組織と裏の組織があるようで、私たち一般人には、理解不能なことが多いようです。

ユダヤ謀略論とフリーメーソンの謀略」という古典的な台詞が聞こえてきそうな話です。「神と悪魔」の争いは、太古から連綿と続いていると言われますが、『神の選民のユダヤ民族』と「悪魔のユダヤ」という正反対の形容詞があるようです。そのように解釈できるかもしれないという例でしょう。「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」そうです。ユダヤ人を悪者にする「ユダヤ謀略論」も多いようです。

 

・『カナンの呪い』という本は413ページの大著であり、歴史書に書かれない浅黒いハムによる白人セム族虐殺の残酷史だそうです。「“カナンの陰謀”、それはセムの子孫を地上から抹殺すること」なのでしょうか?悪魔的な異星人が関与すると陰惨、陰険な謀略話になるようです。

ユダヤ民族の悲しい壮絶な歴史は、「悪魔の子、カナン族の流れ」からなのでしょうか。ユダヤ民族に関しては、2種類の正反対の評価に関する書籍が出版されていますが、ナチスに狙われ大量虐殺を受けたのは、歴史的な事実のようです。「ユダヤ悪魔論」の『トンデモ本』も多いそうです。長身の金髪碧眼の白人といえば、ケルト人の祖先であるオリオン星人を想起させます。そして、“鷲鼻の悪魔のユダヤ人”というイメージは、第2次世界大戦終結まで、欧州では根強かったのでしょうか。ユダヤ人がセム族という説もあり、理論的な混乱もあるようです。竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を支配しているともいわれます。クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると「爬虫類的異星人(レプティリアン)も人間タイプは知性的な顔をしている」そうです。

 

・歴史の事実を露骨に掘り起こすようなことをすれば、ユーゴスラビアのような内戦と殺戮と言う陰惨な結果を生むと言われています。ヨーロッパも昔は陰惨な殺戮話も多かったようです。「人類の歴史は戦争の時代が平和の時代よりも長かった」ともいわれます。その意味では、政治テクニックの一つである「民に真実を知らせるな」という事実抹殺の情報操作も必要なのかもしれません。現在、米国政府と例の小柄な異星人のグレイの関係は、米国の特殊部隊が秘密基地に突入したりして、“戦争状態(ダルシー戦争)”とも言われています。やはり、『異類』との交流は困難なのでしょうか。人間タイプと“異類”との摩擦は、やがて争いとなり、殺し合いを招き、戦争となるようです。

 

スター・ウォーズが絶えないのもそれらの理由であると言われているようです。「グレイの後に、金髪碧眼の異星人がきて、それから東洋人タイプの異星人が来た」そうですが、日本の出版界も報道界もタブーしており、その後の何らかの有力な情報もつかんでいないようです。

ゼータ・レチクル星人のグレイと、オリオン座のリゲル人の長身のグレイ、オリオン座の有翼のドラコ族、恐竜から進化した地球のレプトイド(恐竜人)がエリア51等のアメリカの秘密基地で活動しているともいわれます。

グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル人が作ったグレイ」、「ゼータ・レティクリ2。遺伝子操作で作られたグレイ。爬虫類人に奉仕」がいるといわれています。エササニ人は、地球人とゼータ・レチクル人の融合によって生まれる混血種属の一つだそうです。そして「イスラエルシリウスと通商協定を結んだ」ともいわれています。

 

 

 

 

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」「フリーメーソンとは、“現在、世界で信仰されているいずれの宗教より古い”教団となるのだろうか」

国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

シリウス星人の故郷である天体イジュニュは、もっと高い周波数で共振する6次元の天体であり、地球の宇宙と同時に存在するパラレル・ユニバースに存在するのだろうか」

 

グーグルのブロガー(多言語翻訳)にも書いています→UFOパラレル・ワールド