日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2018-03-28から1日間の記事一覧

神であっても人間の若い女性に惚れたり、人間の女性に自らの子を生ませたという物語だって伝承されています。(9)

・ハリウッド映画『未知との遭遇』で、エイリアンの巨大な母船が地上に降りてくる場面がありましたが、巨大な母船も動きが軽快で瞬間移動により消失するそうです。巨大母船に搭乗する異人の正体は詳しくは分かりません。金髪碧眼のノルディックは、人類に6千…

神であっても人間の若い女性に惚れたり、人間の女性に自らの子を生ませたという物語だって伝承されています。(8)

・この著者(ロブサン・ランパ)も評価が両極端に分かれるそうですが、ユニークさにかけては面白いといえましょうか。フイクションとナンフイクションの絶妙の組み合わせと考え、エイリアン物語は、気楽に楽しむのがよいでしょう。ナンフィクションといわれ…

神であっても人間の若い女性に惚れたり、人間の女性に自らの子を生ませたという物語だって伝承されています。(7)

『地球一切を救うヴイジョン』 白峰 徳間書店 2008/11/30 <メーソン最大の秘伝は出口王仁三郎「大本」にあった!> ・五木寛之さんの『風の王国』という小説にも、ちょっと近いことが書いてありますね。サンカの頭領の通称が大本というんです。そして世界政…

神であっても人間の若い女性に惚れたり、人間の女性に自らの子を生ませたという物語だって伝承されています。(6)

<300人もの宇宙人と遭遇し話を交わした> <この世のものとはおもえない不思議な現象 ベルミ州のマリヨーフカ> ・それは、ベルミ州のマリヨーフカ近くの森の中の出来事でした。この地方には、怪奇現象や超常的な出来事が数多く起こっているという噂は、…

神であっても人間の若い女性に惚れたり、人間の女性に自らの子を生ませたという物語だって伝承されています。(5)

『大いなる秘密 爬虫類人(レプティリアン)』 デーヴィッド・アイク 三交社 2000/8 <68光年の彼方から火星経由、地球にシュメール文明を打ち立てた金髪碧眼のアルデバラン星人> ・ドイツの研究者ヤン・ファン・ヘルシンクは、その著書『20世紀の秘密結社…

神であっても人間の若い女性に惚れたり、人間の女性に自らの子を生ませたという物語だって伝承されています。(4)

『新・UFO入門』 日本人は、なぜUFOを見なくなったのか 唐沢俊一 幻冬舎 2007/5/30 <日本におけるCBA(宇宙友好協会)の活動> <「実際に宇宙人に出会った」> ・松村の復活の原動力となったのは、やはり、「実際に宇宙人に出会った」という、そ…

神であっても人間の若い女性に惚れたり、人間の女性に自らの子を生ませたという物語だって伝承されています。(3)

『聖別された肉体』 (オカルト人種論とナチズム) (横山茂雄)(風の薔薇)1990/10 <アーリア人種> ・『20世紀の神話』において、アーリア人種が世界史の舞台でこれまでいかに大きな役割を果たしてきたかを彼らが常に支配人種であったことを、ローゼン…

神であっても人間の若い女性に惚れたり、人間の女性に自らの子を生ませたという物語だって伝承されています。(2)

『古代の洞窟』 チベット少年僧の不思議な物語 T.ロブサン・ランパ 中央アート出版社 2008/7 <『第三の眼』> ・本書は、かつて世界的なベストセラーとなった『第三の眼』の著者、チューズディ・ロブサン・ランパの続いての著作である。『第三の眼』は1956…

神であっても人間の若い女性に惚れたり、人間の女性に自らの子を生ませたという物語だって伝承されています。(1)

『アイヌ文化の基礎知識』 アイヌ民族博物館、児島恭子 監修 草風館 1993/10/1 <神に対する考え方――信仰観――> <神に対する基本的な考え方> ・広大な大地、果てしなく広がる海原、流れ行く川、豊かな自然の中を大小様々な動物たちが往来し、山野には各種…