UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2016-11-29から1日間の記事一覧

アメリカは太陽系の他惑星と外交的対話を続けており、ワシントンには金星・火星・冥王星公使館があった!(9)

・「死後のトンネルはアルクトゥルスの次元の扉の通過」なのでしょうか。臨死体験は、古今東西共通した事項が記録されています。死後、光のトネンルに向かって飛行すると言うのも共通しています。このトンネルこそ、5次元のアルクトゥルス星の次元の扉と言…

アメリカは太陽系の他惑星と外交的対話を続けており、ワシントンには金星・火星・冥王星公使館があった!(8)

・「太陽系の運行を管理する代表者のことをオリンポスの一族と言って、その代表がサンヘドリンだ」そうですが、昔から「ゴールデン・ドーン」(黄金の夜明け団)や英国情報部とコンタクトがあったのでしょうか。 ・異星人情報や神人・異人の情報は、英国情報…

アメリカは太陽系の他惑星と外交的対話を続けており、ワシントンには金星・火星・冥王星公使館があった!(7)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・神々や天使や堕天使の実態は、知る人ぞ知る世界で、私たち一般人には、訳の分からない奇説だそうです。彼らは、人間の精神に憑依したり、ワンダラー(転生)やウォークイン(憑依・人格転換)等で、自由自在…

アメリカは太陽系の他惑星と外交的対話を続けており、ワシントンには金星・火星・冥王星公使館があった!(6)

『プリズム・オブ・リラ』 (リサ・ロイヤル/ キース・プリースト共著)(星雲社) 2004/4 (銀河系宇宙種族の起源を求めて) <銀河系宇宙種族に関するチャネリングも色々ある。死後、人の意識は、アルクトゥルスの領域を通過する。> 1、琴座(リラ)-人…

アメリカは太陽系の他惑星と外交的対話を続けており、ワシントンには金星・火星・冥王星公使館があった!(5)

『よくわかる宇宙の神秘とUFOの謎―清家博士が教える宇宙の仕組みと未確認飛行物体の真相!』 清家新一 著(日本文芸社、1993年9月30日 出版) 『空飛ぶ円盤完成近し』 清家新一 著(大陸書房、1983年1月8日 初版)より ・清家新一(せいけしんいち)氏の…

アメリカは太陽系の他惑星と外交的対話を続けており、ワシントンには金星・火星・冥王星公使館があった!(4)

『世界霊界伝承事典』 ピーター・ヘイニング 柏書房 1995/11 <黄色い人> ・根強く残る言いつたえによれば、フランス国民の運命は、通称「黄色い人」という幽霊の出現となぜだか関係している。顔は黄色で喉のまわりに赤印のあるこの妖怪は、1870年にはじめ…

アメリカは太陽系の他惑星と外交的対話を続けており、ワシントンには金星・火星・冥王星公使館があった!(3)

『地球一切を救うヴイジョン』 白峰 徳間書店 2008/11/30 <西洋でもルシファーは堕天使とかサタンとか言われていますけど、実はルシファーは光の存在> ・イルミナティの優秀な神官やシャーマンの一族は、血族結婚というか、その同族でずっと子供をつくり、…

アメリカは太陽系の他惑星と外交的対話を続けており、ワシントンには金星・火星・冥王星公使館があった!(2)

『心の復活』 人類の再生と救済への道 大山純一 文芸社 2001/5 <ゼウスとアポロ> ・ギリシアでは、今から約3500年前に、光の大指導霊である、ゼウスが降臨いたしました。 ゼウスは、アモンやクレオ・パリウター等の法を基礎に、自らの悟り神理を説きました…

アメリカは太陽系の他惑星と外交的対話を続けており、ワシントンには金星・火星・冥王星公使館があった!(1)

『新しい宇宙時代の幕開け』② 地球はすでに友好的宇宙人が居住する惑星だった! ジョン・B・リース ヒカルランド 2012/12/28 シャンバラ・惑星連邦・地球内部の知られざる新事実 <息子のヒトラー2世が地球内部のドイツ元首を引き継いでいた> ・ヒトラーの…