UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2018-05-06から1日間の記事一覧

疫病神。牛頭天王を祭っているのが、かつての祇園社で現在の八坂神社。須弥山に牛頭天王という牛の頭をして赤い角のある王子がおり、龍宮の八海龍王の三女を嫁にもらうために龍宮へ行く。(5)

・タウ人の遺伝子を使ってグレイを作るために主に子供を標的にして誘拐し、殺して細胞とホルモンを取りだしたのでタウ人がグレイを殺そうとしているそうです。「くじら座タウ人は、イプシロンのエラダナス星系で大きなコロニーを保持している。祖国の大気と…

疫病神。牛頭天王を祭っているのが、かつての祇園社で現在の八坂神社。須弥山に牛頭天王という牛の頭をして赤い角のある王子がおり、龍宮の八海龍王の三女を嫁にもらうために龍宮へ行く。(4)

『大いなる秘密』 (レプティリアン爬虫類人) (デーヴィッド・アイク) (三交社) 2000/8 <アーリア人の祖先たちの故郷> <シャンバラと呼ばれる都市を主都とする地下王国「アガルタ」> ・「ヒトラーについていけ!彼は踊るだろう。笛を吹くのは私だ」…

疫病神。牛頭天王を祭っているのが、かつての祇園社で現在の八坂神社。須弥山に牛頭天王という牛の頭をして赤い角のある王子がおり、龍宮の八海龍王の三女を嫁にもらうために龍宮へ行く。(3)

<「妖怪感度」を磨きたい読者のために> ・現代っ子に化け物の世界の幸福感を教え込んだ妖怪漫画本水木しげるは、お化けの世界がおもしろくて幸せに感じるようになる敏感な能力のことを「妖怪感度」と呼んだ。恐怖心だけではなく、あの世や死の問題にまで好…

疫病神。牛頭天王を祭っているのが、かつての祇園社で現在の八坂神社。須弥山に牛頭天王という牛の頭をして赤い角のある王子がおり、龍宮の八海龍王の三女を嫁にもらうために龍宮へ行く。(2)

『地球外起源のUFOはこうして隠蔽されている!』 (ミン・スギヤマ)(徳間書店) 1995/10 (衝撃!!宇宙人死体解剖フィルム公開がつきつける驚異の現実!!) <UFO飛来の理由> ・「基本的にヒューマノイド型宇宙人は、個人レベルで人類とコンタク…

疫病神。牛頭天王を祭っているのが、かつての祇園社で現在の八坂神社。須弥山に牛頭天王という牛の頭をして赤い角のある王子がおり、龍宮の八海龍王の三女を嫁にもらうために龍宮へ行く。(1)

『47都道府県 妖怪伝承百科』 香川雅信、飯倉義之、小松和彦、常光徹 丸善出版 2017/9/29 <青森県 鬼神社の鬼> ・弘前市の鬼沢には、古くは「鬼の宮」ともよばれた「鬼神社」という神社があり、その名のとおり、鬼(鬼神)が祀られている。鬼神社には、地…