UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

リゲル人と爬虫類人の交配人種が築いた国が現在の日本と中国であり、これは西洋の親類とは無関係に発展した。(1)

 

『『竹内文書』と月の先住宇宙人』

ロズウェルのエイリアン(異邦人)【日本人とおなじモンゴロイド

飛鳥昭雄   徳間書店  2004/11/20

 

 

 

<月の住民を記す古史古伝の登場!>

<日本は世界の中心だった!>

・『竹内文書』は、天皇が日本国だけの天皇になったのは神武天皇以降だとしている。

 それ以前の天皇は、一代につき一度は天空浮舟で天空を飛翔し、世界を巡幸したというから、スケールが違う。つまり「皇祖皇太神宮」は、神武以前の天皇を「世界天皇」としているのである。

 驚くのは、不合朝58代・御中主幸玉身光天津日嗣天皇の時に、古代中国から「伏羲(ふくぎ)」と「神農」が朝貢したとあることだ。

 

・彼らは古代中国の伝説的な皇帝「皇帝三皇」のうちの2人とされ、伏羲は結婚制度、狩猟、漁猟、牧畜、火を使った料理などを民に教え、宇宙の構造を示す「八卦」を作ったとされている。一方の神農は、農業、薬学医学を伝えた帝である。市を造り、物々交換を教えたことから、薬と商売の神とされ、火徳を有するために炎帝とも呼ばれる。

 それだけではない。不合朝69代・神足別豊鋤身光天津日嗣天皇の頃には、古代ヘブライ人の大預言者であるモーセまでが訪朝したとある。

 

モーセ出エジプト以降、古代ヘブライ人を連れてシナイ半島をさまよい、40年にしてようやく約束の地カナンへと導いた預言者である。そのモーセがようやく義務を果たし終え、ヨシュアを後任に立てたので、安心して日本に渡来したというのだ。

 一方、不合朝70代・神心伝物部建身光天津日嗣天皇の時には、古代インド北部地方(現在のネパール南部付近)から、釈迦が訪朝し、万物の奥義を学んでいったと記されている。

 その流れは神倭期になっても続き、初代・神武天皇の時には中国から老子が訪朝したとある。

 

・そのキリスト教を起こしたイエス・キリストまでもが、日本に訪朝していたと記されてあるから驚きである。イエスの訪朝は第11代・垂仁天皇の頃とされ、もしそれが事実であれば、イエスは日本で様々な奥義を身につけて、救世主として相応しく成長したことになる。

 驚きはまだ続く、第29代・欽明天皇の時には、中東からムハンマドマホメット)までが訪朝したと記されているのだ。

 これでは、いわゆる「4大宗教」の全てが日本から生まれたことになり、儒教までが日本産となると、大変な宗教系譜が出来上がってしまう。

 はたして、これらは本当のことだったのだろうか?

 

<イエスの来朝は本当か?>

・『竹内文書』を世に広めるのに貢献したのは、酒井勝軍だけではない。昭和12年(1937年)、キリストが日本で死んだとする『光は東方より』(日本と世界社)という1冊の本が世に出て、世間をあっと言わせた。その本の作者は、山根キク(菊子)という女性である。

 キクはクリスチャンだったが、同時に天津教の信者でもあり、婦人運動家としても広く世に知られた人物だった。

『光は東方より』は、『竹内文書』をベースにしているだけあって、さすがに驚天動地な内容である。

 なにしろ、救世主であるイエス・キリストが、12使徒を召して伝道を開始する前、はるばる日本まで来ていたとしており、イエスの墓までが日本にあるというのだから大変である。そして巨麿が封印して保管する御神宝の中にも、それを証明する品があるという。

 

・『光は東方より』によると、垂仁天皇の即位10年後、イエスは21歳の時に能登半島に上陸している。その時期はちょうど『新約聖書』最大の謎とされるイエスの空白期間(18年間)に該当し、その間、「皇祖皇太神宮」の神主・武雄心親王を通して修行して、言葉、文字、神学を身に付けたという。その修行の期間は約5年と記されている。

 

・来朝以降のイエスについて、『竹内文書』は、およそ次のように語っている。ゴルゴダの丘で十字架にかかったのはイエスの4歳下の弟で、名を「イスキリ」と呼んだ。イエス自身は、磔刑の難をのがれて北欧、アフリカ、中央アジア、アラスカを経て4年後に青森県の八戸に到着した。

 イエスはそこから西へ向かい、ある処で定着するが、そこをヘブライにちなんで「戸来」と名付けたとされる。イエスは自分の名を「十来太郎大天空」、あるいは「八戸太郎天空坊」と改め、沢口家の丘の上に居を定める。沢口家から娘のミユ子を娶ったからである。

 イエスは鼻が高く、赤ら顔で長いマントを着ていたため、村人たちは「天狗様」として尊敬したという。この村でイエスは畑を耕すだけの白髪の老人となり、三女をもうけて118歳で他界した。

 

・これを単なる夢物語とは片づけられない事実がある。青森県三戸郡にある十和田湖の東に、当時、実際に「戸来村」という寒村があって、そこでは古代ヘブライの風習がそのまま残されていたのである。

 

モーセの墓も実在する!?>

・山根キクは、著書『キリストは日本で死んでいる』の中で、来朝したのはイエス・キリストだけではなく、モーセまでが日本を訪れていたと述べている。

 そのあらましは、次のとおりである。

 モーセ絶対神ヤハウェから十戒石板を得たのは、シナイ山ではなく石川県押水町の宝達山であるとする。この山は能登半島の最高峰で、後にイエスが修行するために天空浮舟で舞い降りた地でもある。

 

<カタカナは神代文字から作られた!?>

・「皇祖皇太神宮」は、「カタカナ」のベースになっているのは、漢字ではなく神代文字だと表明している。

 

<「天空浮舟」ミステリー!>

・『竹内文書』は、この天空浮舟の飛翔速度を1日8000~1万1000里と記している。「一理=4キロ」にした場合、1日に3万2000~4万4000キロを飛ぶ計算になり、地球の円周が約4万キロなので、ほぼ1日で地球を1周してしまう。

 これを時速に換算すると、時速1333~1833キロ、秒速なら3703~5092メートル。いやはや、猛烈なスピードである。

 

・しかし、記紀神武天皇に担当するニギハヤヒが、「天磐船(あめのいわふね)」に乗って降臨したという伝説が、現実に、「磐船神社」(大阪府交野市)に残されているのだ。

 ニギハヤヒ天照大御神の詔によって天孫降臨したとあり、物部氏の祖神である。

 

・「多次元同時存在の法則」の下では、時間や人数の概念は一切通用しない。何億年もの寿命や数百世代の隔たりがあっても、たったひとりの人間や神に集約されてしまうからだ。

 

・それは記紀も同様で、初代・神武天皇と第10代・崇神天皇の間の8代の天皇が、「神武天皇崇神天皇」の結果、神代では天照大神に、人間界では神武天皇にすべて引っくり返ってしまうのだ。

 

<世界のひな型日本の天皇がかつて「世界の王」だったことが証明される!!>

ロズウェルのエイリアン(異邦人)は日本人(皇室)と同じモンゴロイドだった!!>

<「ベルギー事件」はアメリカへのメッセージだった!>

・ベルギーで5万人が目撃したUFO事件が発生した。これを「ベルギー事件」と言う。

 

・これら一連のベルギー騒動に先立つ1989年11月29日には、国道68号線をエイナッテンからオイペンまで行軍していた軍人が、無音で飛行する巨大な葉巻型UFOを目撃していた。この時に現れたUFOは母船だった。

 

<20世紀最大のミステリー「ロズウェル事件」>

・実はエイリアンの姿は、カエルのようなグレイでも金髪の白人でもなく、背の低い(1メートル50センチ前後)の東洋人であることが判明している!!

 彼らは髪の毛を剃った僧侶のようなモンゴロイドで、著者が入手した元NSA(国家安全保障局)高官からの情報によると、3体の遺体はまさに日本人そのものだと記されている。それがエイリアンの正体である。

 彼らがモンゴロイドであることは、切れ長の目と低い鼻というアジア人の容姿から歴然としており、当然、アジア人の祖先である古代セムの末裔であることは間違いない。

 エイリアンのDNAと日本人は極めて近く、最近の調査でそれが明らかにされている。「YAP(―)因子」が発見されたことで、そのことが確証されているのである。

「YAP/ヤップ」とは、Y染色体のDNAの中の特定の場所に挿入された約300の塩基からなる遺伝子のことである。このYAP(―)因子は、極東では日本人特有のものと考えられている。

 日本人のYAP(+)因子は、縄文人によりもたらされ、YAP(-)因子は弥生人の移住によりもたらされたというのが従来の学説だが、アメリカはそうは見ていない。

 

竹内文書中の地日玉国はやはり地球以外にあり、そこに、もうひとつ、本物の日本が存在する――というのが筆者の説である。

 

・NSA(国家安全保障局)はこのことに強い関心を持っており、アメリカ政府も日本人(特に皇室)とエイリアンの遺伝的つながりに興味を抱いている。

 

<「ロズウェル事件」はアメリカの国防システムまで変えた>

・現在、1945年から49年末までのロズウェル基地における書類は一切存在していない。通信記録も破棄されたという。これはあまりに奇妙すぎる。

 

<マザーシップが出現していた!>

・『Mファイル』によると、UFO墜落の直前、ロズウェル基地では大変な事件が起きていた。1947年7月2日、ロズウェルの北方は、夜半から猛烈な嵐に見舞われていた。発達した低気圧が局地的な嵐を引き起こし、雷鳴が轟き、異様な雲が渦巻いていたのだ。雨を伴わない大陸内部特有の乾いた雷雲は、時にそれが巨大な竜巻を生み出すことがある。

 午後8時15分過ぎ、ロズウェル基地上空に、突如として巨大な物体が飛来した。それは全長1キロを超える飛行物体だった。

 

・軍人や職員が外に出て夜空を見上げた時、真黒で巨大な影が星空をシルエットのように隠していたのが見えたという。その後、飛行物体の底から、オレンジ色に輝く小型の飛行物体(ホームベース型)が2機飛び出すのが確認されている。

 

<『竹内文書』と月の人類!>

アポロ11号のはるか以前から月面を占有し、地球の上空を我が物顔に飛翔するUFOの操縦者が、モンゴロイドだということを、アメリカ軍は「ロズウェル事件」を通して知っていた。

 セムの末裔がエイリアンの正体なのだ。つまりはイエス・キリストと同族ということになる。

 実は「エイリアン」には意味が2つある。「異星人」と「異邦人」である。だからエイリアン情報を軍を通して垂れ流すアメリカは嘘を言っていないことになる。エイリアンを異星人と思い込む方が悪いのだ。『竹内文書』を巨麿版として改竄させた手口と全く同じである。

 アメリカは、日本から絶対に目を離さない。近い将来、アメリカがエイリアンと戦闘状態に陥るような場合、日本が対エイリアン戦争のキーパーソンになる可能性が出てくるからだ。アメリカにとっては、日本人(特に皇室)はエイリアンに対する貴重な人質とも言えるからである。

 このように、『竹内文書』にある、太陽の「天日球国」と地球の「地美(ちみ)」の間に存在する世界が「月」だった可能性が出てくる。そしてそこには、YAP(-)因子を持った日本人と同じ民族が住んでいる。

 確かに月には酸素を含む大気は存在しない。が、月の地下が完全な空洞になっているというデータも存在するのだ。

 月の地震である「月震」(3メートルの振幅で3年間の周期)が、800年間も鎮まらないのは、月が釣鐘のように中身がないからである。

 これは800年ほど前に月に大衝突した隕石による震動で、この衝突の記録はイギリスのジャーベイズ司祭が『年代記』の中に書き残していて、実際、記録通りの場所に新しい隕石孔が存在した。「ジョルダーノ・ブルーノ・クレーター」である!

 月の内部の核が外部に滲み出して黒い海を形成している事実を考え合わせれば、これは月の内部が歪とはいえ、空洞になっている可能性を示唆するデータと言える。

 はたして「地日王国」とは月のことなのだろうか?

 

 

 

ユダヤ陰謀説の正体』 

松浦寛 ちくま書房   1999/11

 

 

<UFOとホロコースト

<UFOを操っているのはだれか>

ホロコーストとUFOとはいかにも奇妙な取り合わせのように思われるが、ユダヤ人に関する偏見には、他のどの民族に関する偏見にもまして奇妙なものがある。

 

・「UFO問題の一番深い根幹部にあるのは、実は『ユダヤ問題』だったのである!」と説くのは、「サイセンス・エンターティナー」を自称する飛鳥明雄である。飛鳥は、「子供の頃から古代古墳に囲まれた環境で育つが、UFOを目撃したことで超常現象の世界に興味を持つようになった」という人物である。

 

・飛鳥によれば、1947年7月4日にアメリカのニューメキシコ州ロズウェルで米軍が発見したというUFOに乗っていたエイリアンの4遺体は実はモンゴロイド系で、UFOを飛行させるほどの高度科学技術の担い手は日本人を含むモンゴロイド系であるという。

 

・そして、モンゴロイド系を中心とするアジア系諸民族こそ、古代イスラエルの失われた十支族の末裔だというのである。すぐに分かるように、失われた十支族云々は、飛鳥の信奉する、一夫多妻制などの主張でとかく周囲と摩擦を起こすことの多いアメリカの新興宗教の教義(インディアンと俗称されるネイティブ・アメリカンは移住したイスラエルの失われた支族との由)のヴァリエーションで、それを飛鳥は、われわれが先に論じた「日本=ユダヤ同祖論」と折衷したわけである。

 

<UFO研究家とナチス

・実はこれと似た話が、『UFO研究家』として知られるテレビ・ディレクター、矢追純一の『ついに突き止めた超兵器の秘密 ナチスがUFOを造っていた』(1994年)なる題名の書物にも載っている。

 

・1980年10月22日、「英国上院議員UFO研究会」(未詳)の委員長だというクランカーティ伯爵と同会委員のキンバリー伯爵をロンドンに訪ねた矢追は、別の惑星から来ているものと、旧ナチスの科学者による地球製の二種類のUFOの話を両委員から聞き、少し前に会った「実名を出すとさしさわりがある」Xなる西ドイツの商社の実業家の話を思い出す。Xは、矢追に「ナチスの目的は、東西が衝突して第三次世界大戦に突入したとき、UFOをひっさげて現れ、世界制覇を成し遂げようというものです」と語ったという。

 

・前大戦末期、幽閉されていたムッソリーニの奪回作戦を指揮したオットー・スコルツェニー大佐を乗せたUFOを見たと言い張るフランク・ストレンジ博士

 

 

の話を紹介した後、矢追は、「ドイツのナチスと、その秘密計画に詳しいエルンスト・ズンデル」に会うべくニューヨーク州プリンストンに赴く。

 

<「ホロコースト否定興行師」の商魂>

・矢追がツンデルから聞いたという話は、実に驚くべきものである。なにしろ大戦末期のナチスは、「超伝導モーターによるUFO」ばかりか、核弾頭を装備できる大陸間弾道弾、衝撃波で目標物をなぎ倒す「音響砲」、さらには巨大な凹面鏡を利用した「太陽砲」までも開発していたという。なぜそれほどナチスの科学技術が発達していたかというと、ツンデルが推測するには、「何らかの方法で宇宙人とコンタクトを取り、優れたテクノロジーを手に入れたのではないか」との由、その根拠たるやヒトラー自身が「かなりの霊能力をもった超能力者」で、親衛隊の長官ヒムラーも「優れた霊能者」であったからというのだからすさまじい。

 

・矢追は、ツンデルに会うのにずいぶん苦労したようだが、ツンデルのUFO情報の入手にそれほどの手間は不要である。

 なぜなら、このツンデルは、現代史の研究者の間でも好事家の間でもとりわけ有名な「ナチスおたくのおっさん」(山本弘)で、インターネットに13のサイトを持ち、その内の8つの記事が「未成年者に有害」との理由からドイツで公開禁止となったという逸話で知られる「ホロコースト否定興行師」(マヌエル・ブルツキの評言)だからである。

 

 

 

『大いなる秘密』 (レプティリアン爬虫類人

(デーヴィッド・アイク)  (三交社)   2000/8

 

 

 

アーリア人の祖先たちの故郷>

<シャンバラと呼ばれる都市を主都とする地下王国「アガルタ」>

・「ヒトラーについていけ!彼は踊るだろう。笛を吹くのは私だ」のエッカルトと、「死の天使」ヨーゼフ・メンゲレヒトラーを精神操作。

 

・スカンディナヴィアの伝説によると、ウルティマ・トゥーレは、太陽の沈むことなき極北の楽園であり、アーリア人の祖先たちの故郷であったと言われている。ヒュペルボーリアが水没し始めたとき、ヒマラヤ山脈の地下に高度な科学技術を持っていたアーリア人たちは、地殻にトンネルを掘り抜き、ヒマラヤ山脈の地下に巨大な地底都市を建設したのだった。これはのちに、シャンバラと呼ばれる都市を主都とする地下王国「アガルタ」として知られるようになった。少なくともトゥーレ協会の人々はそう信じていた。ペルシア人たちは、その地域をアーリアナと呼んでいたが、これは「アーリア人の土地」という意味である。

 

ナチスの教義では、アガルタの人々が「善者」で、シャンバラが「悪者」ということになっている。この両勢力の争いは、何千年も続いており、ナチスは、アガルタの「善者」たちと同盟して、「悪者」のシャンバラが操る「フリーメーソンシオニスト」と戦っていた。少なくともナチス自身はそのように信じていたのだ。

 

・非常に長期にわたるこの争いは、「火星由来のアーリア人対アヌンナキ・レプティリアン」の戦いだったのではないのだろうか?彼らは最初、火星上で戦いを繰り広げ、続いて戦場を月に移し、さらに地球へと下りて争いを続けた。アーリア支配種との接触を果たさんとしたヒトラーは、この地下世界への入口を見つけ出そうと躍起になっていたが、「死の天使」ヨーゼフ・メンゲレによる精神操作を受けていた彼は、事実上レプティリアンの繰り人形であった。

 

<トゥーレ協会から派生したドイツ労働者党>

・これまでに述べてきたように、地球の完全支配をもくろむレプティリアンが、他の異星人や地球内部種族との争いを続けてきた可能性は非常に高い。またレプティリアンたちは、低層四次元においても他の意識体たちと競合関係にあると考えられる。

 

・トゥーレ協会を創始したのは、ゼボッテンドルフ男爵などという大仰な名に改名した占星術師、ルドルフ・グラウエルであった。反ユダヤ・反マルクス主義を提唱した彼の影響によって、反ユダヤ・反マルクス主義とゲルマン支配種の復権が、トゥーレ協会の教義の中心となった。このトゥーレ協会から派生したドイツ労働者党が、ナチスとなったのであった。これに関して重要な役割を果たしたのが、ゼボッテンドルフの友人にして熱烈なオカルティスト、ディートリッヒ・エッカルトであった。大酒飲みで麻薬中毒の作家であった彼は、自分には来るべきドイツの独裁者のために道を開くという使命がある、と信じていた。

 

・1919年にヒトラーに会ったエッカルトは、ヒトラーこそが自らの探し求めていたメシアであると確信した。レプティリアンの波動に接続するための黒魔術儀式を中心とする秘教の知識、これらをヒトラーに授けたのはエッカルトであった。1923年エッカルトは、友人に宛てた手紙の中で次のように語っている。

 「ヒトラーについていけ!彼は踊るだろう。笛を吹くのは私だ。我々は、ヒトラーに、彼らとの通信方法を教えた。私が死んでも悲しむことはない。私は歴史に最も大きな影響を与えたドイツ人なのだ」

 

<68光年の彼方から火星経由、地球にシュメール文明を打ち立てた金髪碧眼のアルデバラン星人>

<牡牛座のアルデバラン

・ドイツの研究者ヤン・ファン・ヘルシンクは、その著書『二十世紀の秘密』のなかで「ヴリルとトゥーレの両秘密結社は、1919年12月ベルヒスガーデン・ロッジで、マリア・オルシックとシグルンという2人の霊媒を通じて、異星人との交信を試みていた」と述べている。ヴリル・ソサイエティー関連の資料によると、それらの通信は、地球から68光年の距離にある牡牛座のアルデバラン太陽系の二つの惑星からなる「スメーラン」帝国とのあいだで行われていたという。

 

・同資料の説明を続けて紹介しよう。アルデバランの人々は、明確に二つのタイプに分けられているという。一つは光の神と呼ばれる金髪碧眼のアーリア支配種であり、もう一つは気候変動によって遺伝子的に劣化した、いく種かの亜人類である。5億年以上もの昔、アルデバラン太陽は、膨張とともにすさまじい熱線を放射し始めた。そのため「劣等な種族」は、居住可能な他の惑星へと避難させられたという。そしてついに光の神アーリア人種も、母星からの退去を余儀なくされたのであった。このような経緯で我々の太陽系にやって来た彼らは、まず最初に惑星マローナを占領した。

 

・惑星マローナはマルドゥクという名でも知られており、ロシア人やローマ人はこの惑星をパエトンと呼んでいた。火星と木星のあいだ、現在のアステロイド・ベルト軌道にあったとされるこの惑星は、古代シュメール人の言う惑星ティアマトに相当している。その後、金髪碧眼のアルデバラン星人は火星に植民し、続いて地球へと下りてシュメール文明を打ち立てた。・・・少なくともヴリル・ソサイエティーの人々は、そう信じていた。

 

<金髪碧眼のマスター・レイス(支配人種)>

・ヴリル・ソサイエティーのチャネラーたちによると、シュメール語はアルデバラン星人の言語であり、その音は、「不可解なドイツ語」のようであるという。そして、ドイツ語とシュメールーアルデバラン語は波長が同じであるとも彼らは、信じていた。

 

・彼らのテーマはこうだ。金髪碧眼のマスター・レイス(支配人種)が火星より地球へとやって来て、古代伝説の神々(gods)となった。彼ら支配種は高度なシュメール文明の発祥にインスピレーションを与え、この地球に純粋な血流を植えつけた。以来このgodsは、地下都市から地上の人類をコントロールし続けている。

 

・しかし一つ言い忘れていることがある。それは、アーリア人の中にレプティリアンの血流が潜んでいるという事実だ。ブラザーフッド内部の者から聞いた話だが、レプティリアンは金髪碧眼の人間の血を必要としており、アーリア支配種の純粋性を維持するというナチスの教義はそのためのものであったという。

 

・トゥーレ協会の名は、伝説の都市ウルティマ・トゥーレに由来している。このウルティマ・トゥーレは、アルデバラン太陽系からやってきたアーリア人が最初に入植したという北方の大陸、ヒュペルボーリアにあったと言われている。

 さらにまた、このヒュペルボーリアは、アトランティスやレムリア(ムー)よりもずっと以前の大陸だったとも、アトランティスそれ自体であったとも言われている。はたまた地球の内部にあったという説すらある。

 

 

 

「失われた天空のピラミッド『ラピュタ』の謎」

三神たける、飛鳥昭雄     学研      2011/7/30

 

 

 

<『ガリバー旅行記』と原始キリスト教王国「日本」>

<『ガリバー旅行記』と日本>

・読んだ人はご存じかと思うが、『ガリバー旅行記』のなかで、空飛ぶ島ラピュタを訪れた後、主人公ガリバーは日本へとやってくる。

 章立てでいえば、同じく第3章でタイトルも「空飛ぶ島国ラピュタ及びバルニバービ、ラグナグ、グラブダブドリッブ、そして、日本渡航記」とある。掲げられた地図を見ると空飛ぶ島ラピュタは太平洋上。しかも日本列島の近くにあるという設定であることがわかる。

 

・作者のジョナサン・スウィフトが『ガリバー旅行記』を書いたのは18世紀初頭のころ。当然ながら日本のことはヨーロッパに知れ渡っていた。

 

・とくに当時は江戸時代である。遠い異国のエキゾチックな文化を持つ国として、スウィフトが『ガリバー旅行記』に日本に登場させたというのもわからない話ではない。

 

・スウィフトについて日本は幻想の国と同列だと解釈することは簡単だが、彼がフリーメーソンであるということを考慮すると、まったく違う意味を帯びてくる。

 

・超古代フリーメーソンの大きな柱のひとつ、白人系のヤフェトメーソンと黒人系のハムメーソンと並ぶセムメーソンは、ユダヤ人やアラブ人、そして、モンゴロイドからのフリーメーソンである。イエス・キリストユダヤ人でかつ職業が大工であったことを思えば、どれだけの意味があるのか、想像いただけるだろう。

 

モーツァルトの作品“魔笛”には、なぜか日本人が登場する。名をタミーノという。日本の狩衣(かりぎぬ)を着た日本人王子で、まさに『魔笛』における主人公だ。どうしてフリーメーソン儀礼を題材とする作品に日本人が登場するのか。しかも、日本の王子といえば天皇家の皇太子である。

 

・この謎はいまだに解かれていないが、モーツァルトフリーメーソンであることを考えれば、その答えはおぼろげながら見えてくる。モーツァルトが所属していたフリーメーソンは、もちろん近代フリーメーソンである。その流れはヤフェトメーソンだ。彼らの秘儀の源流もまた、遡れば超古代フリーメーソンに行き着く。

 

・しかもセムメーソンの本流は、この日本に存在する。日本人のほとんどだれもが、気づいていないが、この日本こそ、フリーメーソンフリーメーソン国家なのである。中世において、ヨーロッパに日本という国の存在が知れ渡ったとき、そのことを近代フリーメーソンの中枢は悟ったのだ。

 

・だからこそ、モーツァアルトは“魔笛”の主人公をタミーノという日本人に決定したのである。これは同じ近代フリーメーソンのメンバーであったジョナサン・スウィフトも知っていた可能性がある。「ヨハネの黙示録」に登場する新エルサレムがエノクの町であることを見抜いたスウィフトである。秘教的にいかに極東の日本という国が重要であるかを知らないわけがない。

 

 

 

『UFOと悪魔の世界政府666』 

コンノケンイチ)(学研)(2002年)

ファチマ聖母予言が月面探査とケネディ暗殺の謎を解く!!

 

 

 

<月面UFO基地の証拠写真

・方形の台座に細長い物体が見えるが葉巻形UFOが着陸している。これらの写真はNASAの写真ナンバーが刻印された。米政府が公認しているものである。「月はUFOの中継基地だった」という明白な証明であり、モヤモヤしていたUFOへの疑惑を払拭するに十分だろう。

 

・異星人の月主要施設は地下に存在し、月面に露呈する構造物は船舶にたとえれば、甲板上の物体と思えばいい。裏側は地形も複雑で、巨大な建造物が層をなしている。

 

・情報によると月の異星人はひとつの種族ではなく、複数の種族だという。彼らの形象感覚は人類と異なっているようで、建造物の形も抽象オブジェのごとき、全てが私達の常識を超えた巨大きわまるものばかりである。

 

・直径10キロ以上のUFOも珍しくなく、東京の山手線の内側がすっぽり入ってしまうような、巨大物体が空中に浮かんでいる光景を想像していただきたい。映画『未知との遭遇』の巨大UFOは確かな現実で外部への持ち出しは禁じられているが、NASAにはそうした証拠写真が膨大に保管されている。

 

<グレイの正体>

・検死報告書に述べられたEBE(墜落UFOから発見された生命体で、通称「グレイ」と呼ばれる)は生物というよりも長期の時空飛行専用に設計されたヒューマノイドと考えるべきかもしれない。察するところ、彼らは、食料も排泄物処理施設も必要ない。肌を通して、科学物質を処理し排泄物を利用するロボットかアンドロイドにすぎない。

 

(1980年代、アメリカで年間2万頭にものぼる牛の大量虐殺事件が起こった。「キャトル・ミューティレーション」といわれ、体内からすべての血が抜き取られ、切り口はレーザーで切り取ったように鮮やかだった。これはグレイと呼ばれたバイオロボットの栄養素を得るためだった)

 

 

 

『UFOと月のミステリー』

月面に存在する異星人の基地と女神からのメッセージ

中丸薫  Gakken   2011/6/8

 

 

 

<地底世界とは?>

・私が京都の鞍馬寺を訪れたときには、「サナート・クマラ」と名乗るシャンバラの王がテレパシーで交信してきた。このシャンバラもまた地球内部の空洞世界にある聖なる都市とされているから、サナート・クマラも地底世界の住人ということになる。

 

・ちなみに、地球の北極と南極にはそれぞれ真直ぐな穴があって、そこは地底世界から地球にやってくるUFOの出入口になっている。

 

・私にメッセージを送ってきた高僧アダマさんが住むテロスも、そんな地底世界の都市のひとつなのだ。彼によれば、そこには現在でも150万人以上の人々が、永遠の平和と繁栄のもとに暮らしているという。

 

・彼らは、12人のアセンディッド・マスターからなるカウンシル(評議会)で、そのひとりである高僧アダマによって平和に統治されている。

 

・驚いたことに、彼らのルーツを辿ると、あの失われたレムリア大陸のコロニーのひとつにつながっているらしい。

 

・ちなみに、テロスのような光の地底都市は地球各地の地下に2500以上もあり、それぞれが「アガルタ・ネットワーク」と呼ばれる光のネットワークで統合されている。

 

・ただし、テロスの位置は地表からおよそ1.6キロの地中だから地底都市といっても比較的浅い(もちろん、それでも十分に深いが)。その意味では地底都市ではあるが、厳密には空洞世界ではない。

 では地球には空洞都市はあるのか。

もちろんある。それが、サナート・クマラが住むシャンバラである。

 

・シャンバラは地球のまさに中央に位置するだけに地底都市のなかでも最大の勢力を持っている。この空洞地球シャンバラで彼らの霊的レベルは、私たち地上の人間よりも格段に進化しているという。なぜなら、彼らは、テロスのようなもともと地表から地底へ逃れた人々と違って、別の惑星系から地球へやってきた人々だからである。しかも移住の初期段階からすでに地下に入ってしまったので、これまで一度も地表で暮らしたことはないのだという。

 

・地底都市間で物理的に移動を行う際には、電磁力を利用した列車が利用される。そして、空洞地球のシャンバラと主要な地底都市との間も、同じ移動システムでつなげられている。

 これは「チューブ」と呼ばれるもので、その交通網はほぼ地球全体におよんで地下に張りめぐらされているという。

 

・チューブはあくまで地球内部の移動交通システムにすぎず、空間を移動するときにはまた別の道具を利用する。それがUFOなのである。当然、それは地球製のUFOということになるわけだ。

 この地球製UFOは「シルバー・フリート(銀艦隊)」と呼ばれ、空洞地球世界の都市アガルタで製造されている。

 

<空洞地球と地中世界>

・地底世界といっても、実際には地中世界と空洞地球のふたつが存在するということだ。