日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2019-01-10から1日間の記事一覧

<夜な夜な現れる車輪の妖怪  片輪車(かたわぐるま)>片方しか車輪のない車に女が乗っていたり、あるいは車輪自体に顔がついている。姿を見た者には祟りがあるといわれる。(7)

・現代では、「グレイの後に金髪碧眼のノルデックといわれている人間タイプの異星人が飛来して、その後に“東洋人タイプ”が来た」といわれていますが、そこで情報漏洩はストップしているようです。東洋人タイプには日本関係する神々(異星人)も混じっていた…

<夜な夜な現れる車輪の妖怪  片輪車(かたわぐるま)>片方しか車輪のない車に女が乗っていたり、あるいは車輪自体に顔がついている。姿を見た者には祟りがあるといわれる。(6)

・以下の本には、かなり進化した異星人のりゅう座人(ドラコ)のことについて、詳しく載っていると語られています。米政府と協定を結んだオリオン連盟リーダーのリゲル人だそうですが、協定を結んだ相手を間違ったといわれているそうです。「米国政府がリゲ…

<夜な夜な現れる車輪の妖怪  片輪車(かたわぐるま)>片方しか車輪のない車に女が乗っていたり、あるいは車輪自体に顔がついている。姿を見た者には祟りがあるといわれる。(5)

『図解近代魔術』 (羽仁礼) (新紀元社) 2005/10/6 <ナチス> ・ドイツの政党で、政権取得後は国家と一体となって活動、第2次世界大戦により解体。その思想にはゲルマン系神秘思想がとりいれられている。 <神秘主義的政治結社> ・ドイツの政党、「国家…

<夜な夜な現れる車輪の妖怪  片輪車(かたわぐるま)>片方しか車輪のない車に女が乗っていたり、あるいは車輪自体に顔がついている。姿を見た者には祟りがあるといわれる。(4)

『異星人遭遇事件百科』 (郡純)(太田出版)(1991年) <星座の名前は知的生物の姿?> ・星座の名称はこれまで単純に「星の形」とのみ関連付けて語られてきたが、近年その常識に見直しの気運が高まっているのは周知の事実である。 ・星座の名称の由来は…

<夜な夜な現れる車輪の妖怪  片輪車(かたわぐるま)>片方しか車輪のない車に女が乗っていたり、あるいは車輪自体に顔がついている。姿を見た者には祟りがあるといわれる。(3)

『コロポックルとはだれか』 ―中世の千島列島とアイヌ伝説 瀬川拓郎 新典社新書 2012/4/24 <封印されたアイヌ伝説> <小人伝説はおとぎ話か> ・昔は十勝川に沿ってアイヌのほかにコロポクウンクル(ふきの下に住む者)という、ふきの下に5、6人が集まって…

<夜な夜な現れる車輪の妖怪  片輪車(かたわぐるま)>片方しか車輪のない車に女が乗っていたり、あるいは車輪自体に顔がついている。姿を見た者には祟りがあるといわれる。(2)

『琉球怪談』 現代実話集 闇と癒しの百物語 小原猛 ボーダーインク 2011/2 <キジムナー> ・たとえば沖縄でもっとポピュラーな妖怪であるキジムナーは、戦後という垣根を越えると、急激に目撃例が減少している。取材していく中でも「戦前はキジムナーがいっ…

<夜な夜な現れる車輪の妖怪  片輪車(かたわぐるま)>片方しか車輪のない車に女が乗っていたり、あるいは車輪自体に顔がついている。姿を見た者には祟りがあるといわれる。(1)

『日本の妖怪の謎と不思議』 学研プラス 2007/4 『増補改訂版 日本の妖怪の謎と不思議』 学習研究社 2010/3/13 <心優しき小さな民 コロポックル> ・(特徴)「蕗の下に住む人」を意味の名を持ち、体は非常に小さい。性格は優しくておだやか。 ・北海道では…