日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2019-04-02から1日間の記事一覧

飛騨美濃の深山、今の中央アルプスから穂高連峰あたりには、玃(かく)という大男が棲息しており、それを山人は覚(さとり)と呼んでいた。(6)

・アブダクション(誘拐)の現場に現れる金髪碧眼の宇宙人の部下として働くグレイといわれるバイオ・ロボットも数種類あるといわれます。グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル…

飛騨美濃の深山、今の中央アルプスから穂高連峰あたりには、玃(かく)という大男が棲息しており、それを山人は覚(さとり)と呼んでいた。(5)

『世界不思議大全』 増補版 泉保也 Gakken 2012/8 <「ダルシィ文書」と異星人地下基地の秘密> <異星人とアメリカ政府が結んだ密約とは?> <明らかになった異星人地下基地> ・1970年代半ばから、アメリカ、ニューメキシコ州アルバカーキに近いマンザノ…

飛騨美濃の深山、今の中央アルプスから穂高連峰あたりには、玃(かく)という大男が棲息しており、それを山人は覚(さとり)と呼んでいた。(4)

<あまびこ【天彦、尼彦】> 類;【天彦入道】 ・予言する怪異。近世後期から近代初期にかけてかわら版や護符として流行した。かわら版には、天彦が現れ、災厄の予言とその回避策として自身の絵姿を貼り置くよう告げたことが記され、天彦の図像が描かれる。…

飛騨美濃の深山、今の中央アルプスから穂高連峰あたりには、玃(かく)という大男が棲息しており、それを山人は覚(さとり)と呼んでいた。(3)

<山男に知恵を授ける事> <山小屋に度々現われる山男事件> ・信州には高い山々が連なっている。妙高山、黒姫山などはかなり高い山で、さらに戸隠や立山まで険しい山岳が横たわっている。そこには謎の“山人”が人知れず隠れ棲むという。 これは江戸中期に起…

飛騨美濃の深山、今の中央アルプスから穂高連峰あたりには、玃(かく)という大男が棲息しており、それを山人は覚(さとり)と呼んでいた。(2)

<蜃(しん)> <蜃気楼を起こす元凶> ・町や城の一つや二つは、雑作なくその腹の中へ入ってしまう超大物怪物だそうである。一説に蛤のでかい奴だともいい、龍ともカメともつかない怪物であるともいう。 日本では魚津の蜃気楼が有名だが、中国では山にあら…

飛騨美濃の深山、今の中央アルプスから穂高連峰あたりには、玃(かく)という大男が棲息しており、それを山人は覚(さとり)と呼んでいた。(1)

『江戸諸国百物語 東日本編』 ――諸国怪談奇談集成 人文社編集部 人文社 2005/10/1 <陸奥国 陸奥 青森県> <大人(おおひと)> ・八甲田山には大人伝説がある。他の地域でいわれるダイダラボッチと同様の巨人で、とてつもなく大きく、ひげ面の姿をしている…