日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象といわれます。

森羅万象

今、地球を支配しているレプティリアンは、他の宇宙から銀河系に来て、約5700年間、人類を奴隷化してきたのです。

(2022/9/24) 『世界の衝撃的な真実』 闇側の狂気 佐野美代子 ヒカルランド 2022/9/9 <カバール支配の崩壊はもう止まらない!> ・企んでいる組織がなければ、こんな残酷なことが頻発するはずはありません。闇の組織(カバール)が全て意図的に起こしてい…

それから数年後、王仁三郎はこの神を審神者し、この神こそ国祖「国常立尊(くにのとこたちのみこと)」であると喝破した。

(2022/9/21) 『月刊ムー書評大全』 星野太朗 青土社 2022/6/14 <2017年> <『出口王仁三郎言霊大祓祝詞CDブック 出口王仁三郎が遺した21世紀日本への贈り物 』 出口王仁三郎(著) 八幡書店> ・この出口なおは56歳の時、突如として神懸かりの状態とな…

ベンジャミン・チドロー元帥のコメント(1977年)。「UFOを迎撃しようとして多くの部下と航空機を失った」(3)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ (2022/9/16) ・本書『国際UFO公文書類集大成・Ⅱ』は、1995年出版ですが、大きな反響は呼ばなかったようです。メディアでも一部を除いてUFOをタブー視していた時代ですから、マスコミが騒がなければ大…

ベンジャミン・チドロー元帥のコメント(1977年)。「UFOを迎撃しようとして多くの部下と航空機を失った」(2)

『FBI超能力捜査官マクモニーグル』 「遠隔透視」部隊の現実 (並木伸一郎・宇佐和通) (学研)2007/2 <幽霊のハンス> ・幽霊もよく見る。亡くなった妻の母も会いに来た。あれは感謝祭の夜で、妻の母は、その年の8月に亡くなっていた。家族が感謝祭で…

ベンジャミン・チドロー元帥のコメント(1977年)。「UFOを迎撃しようとして多くの部下と航空機を失った」(1)

(2022/9/16) 『国際UFO公文書類集大成・Ⅱ』 コールマン・S・フォンケビッキー (編纂) 開星出版 1995/9 ・ここにきて、ようやくUFO問題は「センセーショナルから、アカデミーへ」の時代にさしかかりました。(森脇十九男) ・そして事実、太古以来…

「宇宙人に遭遇する率が一番多い土地は、どうやら四国らしい」というのです。(2)

『いのちの法則』 マイトレーヤの法則 ベンジャミン・クレーム シェア・ジャパン出版 2005/5/1 <UFOと宇宙の兄弟たち> ・宇宙の兄弟たちが地球上に到着する予定のときには、それがどこであろうとも、いつもかならず徴(しるし)があった。 夜空を見上げ…

「宇宙人に遭遇する率が一番多い土地は、どうやら四国らしい」というのです。(1)

(2022/9/11) 『すばらしきUFO/銀河連合アセンションのひみつ』 新しい世界に向かう本 超常戦士 ケルマデック 徳間書店 2021/5/31 ・あなたの中の宇宙人魂を自覚したとたん、社会的に活躍しはじめるのです。 ・ああ、しかしどうして我々は、こうも宇宙人…

なぜならば、自分の中に別の人格が入ることで、何かに憑依されているのか、もしくは多重人格者、病名で言えば、「解離性同一性障害」になってしまったのではないかと思ったからです。(2)

『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』 スチュアート・A・スワードロー 徳間書店 2010/6/18 <リゲル 米政府と協定を結んだオリオン連盟リーダー> ・この集団は1954年に米国政府と協定を結び、彼らの技術と科学情報を米国に与えるのと引…

なぜならば、自分の中に別の人格が入ることで、何かに憑依されているのか、もしくは多重人格者、病名で言えば、「解離性同一性障害」になってしまったのではないかと思ったからです。(1)

(2022/9/6) 『地底人に怒られたい』 町田真知子 ヴォイス 2015/10/30 <インナーアース(地底人)って何?> ・「インナーアース」、いわゆる「地底人」と呼ばれる存在について多くの方が疑問を持つように、私もこの存在と初めて出会ったときには、驚きと…

ベンジャミン・チドロー将軍の「円盤を迎撃すべく努力した結果、われわれはたくさんのパイロットと戦闘機を失っている」という証言。

『UFO軍事交戦録』 元国連広報担当官が公開する爆弾文書 エイリアン・クラフト実在の証拠とその軍事的分析 コールマン・S・フォンケビュツキー 徳間書店 1992/7/1 <世界の安全保障をおびやかす、エイリアンの軍事的脅威とは……。> ・「国連で配布された…

古代日本では空飛ぶ円盤UFOは神、天人、天使の乗物として敬われていました。ここに紹介した地名はその事実を物語る記録の一端です。(2)

『シュメールの天皇家』 陰陽歴史論より 鷲見紹陽 明窓出版 2010/1 <高天原はスバルである> <太古、神人はスバル、北極星、オリオンからやってきた> ・本書の「陰陽歴史論」とは、高天原の昴(スバル)系の氏族とアースガルトやアガルタの地底系氏族とい…

古代日本では空飛ぶ円盤UFOは神、天人、天使の乗物として敬われていました。ここに紹介した地名はその事実を物語る記録の一端です。(1)

(2022/8/30) 『UFOの光を求めて』 日本の地名とUFOの記録 橋野昇一 たま出版 1998/6 <日本の地名とUFOの記録> <UFOの光> ・UFO………その真相を語る前に、その光を語りたいと思います。UFOは美しく輝く他の天体から飛来する宇宙船です…

しかし、「あなたが火星や金星に行ったとしても誰も見えないでしょう。なぜなら、彼らはガスよりも精妙な細かいエーテル物質の肉体(エーテル体)で暮らしているからです」と付け加えています。(3)

『深{地球史}宇宙人UFO大辞典』 ジム・マース 徳間書店 2002/2 <月宇宙船説とアルカディアの「月以前の人々(プロセレネ)」> ・旧ソ連の二人の学者は、この理論(月は地球外知的生命が創造したものか?)を発展させ、月はその全体が自然にできたわけ…

しかし、「あなたが火星や金星に行ったとしても誰も見えないでしょう。なぜなら、彼らはガスよりも精妙な細かいエーテル物質の肉体(エーテル体)で暮らしているからです」と付け加えています。(2)

『金正日は日本人だった』 佐藤守(元自衛隊空将) 講談社 2009/10/28 <日本を愛す将軍様> ・そして<かちかちのサンマをほおばりながら、「百年の宿敵」であるはずの日本の庶民料理が、とにもかくにも平壌のど真ん中で食べられるのは、なんとも不思議な感…

しかし、「あなたが火星や金星に行ったとしても誰も見えないでしょう。なぜなら、彼らはガスよりも精妙な細かいエーテル物質の肉体(エーテル体)で暮らしているからです」と付け加えています。(1)

(2022/6/25) 『転換期にある惑星』 いかに正義と自由は実現されるのか グラード・アートセン アルテ 2016/10/1 ・太陽系の惑星に住むスぺース・ブラザーズは、正義と自由に基づいて平和な社会を実現している――世界各地のコンタクティーがもたらした情報を…

イタリアのあちこちの地下や海中の基地で暮らし活動していたかなりの数の宇宙人が、百人を優に超えるイタリア人と定期的にコンタクトを取っていました。(2)

『5次元世界はこうなる』 (ゲリー・ボーネル/高橋克彦) (徳間書店) 2007/11/9 <アカシック地球リーディング> ・神道というのは、実は「ホワイト・ブラザーフッド」から分かれてきているんです。「ホワイト・ブラザーフッド」は悪いことは何もない。ず…

イタリアのあちこちの地下や海中の基地で暮らし活動していたかなりの数の宇宙人が、百人を優に超えるイタリア人と定期的にコンタクトを取っていました。(1)

(2022/8/18) 『スペース・ブラザーズ』 ――助けるためにここにいる グラード・アートセン アルテ 2013/10/1 <宇宙政治学> ・その時代は、宇宙の兄弟姉妹たちの助けを借りて、世界教師マイトレーヤと知恵の覚者方によって開始されるでしょう。 <隠蔽から…

1971年夏に、オレンジ色、あるいは黄色に輝く1機の巨大UFOが米国艦ジョン・エフ・ケネディの上空に空中静止し、艦に搭載されたすべての電子機器と通信設備が機能停止になった。(2)

『エノクの鍵』 宇宙の仕組みを解明し、本来の人間へと進化させるための光の書 J・J・ハータック ナチュラルスピリット 2010/9/25 <アルクトゥルスという中間ステーション> ・そして、アルクトゥルスから移動して、異なる光の密度に属すると思われる基盤…

1971年夏に、オレンジ色、あるいは黄色に輝く1機の巨大UFOが米国艦ジョン・エフ・ケネディの上空に空中静止し、艦に搭載されたすべての電子機器と通信設備が機能停止になった。(1)

(2022/8/14) 『ディスクロージャー』 軍と政府の証人たちにより暴露された現代史における最大の秘密 スティーブン・M・グリア ナチュラルスピリット 2017/10/10 <我々は、すべてを解決する技術をすでに手にしている!> ・軍と政府の関係者が詳細にわた…

「その理屈で言うなら神隠しはエイリアンによる誘拐と見做すのが妥当であろう。神隠しは決して迷信などではなく、実際の事件を報告しているものかも知れないのだ」(2)

『神仙道の本』 (秘教玄学と幽冥界への参入)(学研)2007/3 <地球大気圏の某所の映像> ・宇宙の根本神は、いうまでもなく天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすひのかみ)、神皇産霊神(かみむすひのかみ)の造化三神だ。 ・…

「その理屈で言うなら神隠しはエイリアンによる誘拐と見做すのが妥当であろう。神隠しは決して迷信などではなく、実際の事件を報告しているものかも知れないのだ」(1)

『神隠しと日本人』 小松和彦 角川ソフィア文庫 2002/7/24 <神隠し> ・ある日、突然、人が日常世界から消え失せてしまう「神隠し」とは、何なのか。「神隠し」にあった人はどこへ行き、何を体験していたのか。どのような神霊が人を異界へいざなうのか。 <…

それはあたかも私たちのことを調べているかのようでした。とても巨大な飛行物体でした。少なくともフットボール場くらいの長さはありました。

『「youは」宇宙人に遭っています』 スターマンとコンタクティの実験実録 アーディ・S・クラーク 明窓出版 2013/10/1 <「我々の祖先は宇宙から来た」――太古からの伝承を受け継いできた北米インディアンたちは実は現在も地球外生命体との接触を続けていた。…

明治維新の頃「油取りが来る」という風聞が村々に広まった。夕方を過ぎてからは女子供は外出無用とのお触れが庄屋や肝煎から出されるまでになり、遊びに出ていた娘が攫われた、子供がいなくなったなどの噂が流れた。

(2022/7/29) 『日本怪異妖怪事典 東北』 朝里樹 (監修)寺西政洋、佐々木剛一、佐藤卓、戦狐 笠間書院 2022/4/27 ・東北地方は妖怪の宝庫です。例えば「日本民俗学」の創始者であり、現在の日本における妖怪研究に多大な影響を与えた柳田國男の代表作『遠…

このような神隠しにあった人を捜すには、名前を呼ぶ、鉦や太鼓を叩く、隠された子供の使っている茶碗を叩く、桝を叩くなど、地方によってそれぞれ方法があったようである。

(2022/7/22) 『昔話・伝説を知る事典』 野村純一・佐藤涼子・大島廣志・常光徹 編 アーツアンドクラフツ 2021/12/22 <異郷譚> ・異郷を(主に水界)を訪れた主人公が歓待を受け、別れ際に財宝あるいは呪宝を持ち帰る話群。この異郷譚に分類できるものに…

1973年に、リアファ・ヘイトフィールドが、米国シンシナティの自分のトレーラーハウスの外でビッグフットがUFOに乗り込むのを目撃し、ビッグフットとUFO界の混線が起こった。(2)

『「知恵の宝庫」 エドガー・ケイシー名言集』 林陽 中央アート出版社 2006/2 <ホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)> 問;ホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)の大師はどの程度までエドガー・ケイシーの活動を指導していますか。直轄している大師…

1973年に、リアファ・ヘイトフィールドが、米国シンシナティの自分のトレーラーハウスの外でビッグフットがUFOに乗り込むのを目撃し、ビッグフットとUFO界の混線が起こった。(1)

(2022/7/18) 『イラストで見るUFOの歴史』 アダム・オールサッチ・ボードマン マール社 2022/6/17 <ユーフォロジスト(UFO研究家)> ・歴史を通じて人々は、空飛ぶ奇妙な物体の驚くべき光景を目にしてきた、侵入してきたエイリアンか、単なる気象…

基本的には、銀河連合は我々の銀河系内の集まりではあるのですが、その上の「銀河間連合」は、我々の銀河系をさらに超えた銀河系の集まりです。(3)

『未確認動物UMA大全』 並木伸一郎 学研 2012/2 <ビッグフット> <膨大な目撃例を誇る未確認動物界のチャンピオン> ・ビッグフットおよびサスカッチの目撃例はそれこそ膨大で、2006年現在で約2400件にも達する。 この直立2足歩行する謎の獣人に関する…

基本的には、銀河連合は我々の銀河系内の集まりではあるのですが、その上の「銀河間連合」は、我々の銀河系をさらに超えた銀河系の集まりです。(2)

『神々の予言』 (ジョージ・H・ウイリアムソン)(ゴマブックス) 1998/9/1 <はるか彼方の銀河系からやってきた『黒い軍隊』の影響> ・「地球は、これまで、はるか彼方の銀河系からやってきた『黒い軍隊』の影響を受け続けてきた。それは、東洋では『黒…

基本的には、銀河連合は我々の銀河系内の集まりではあるのですが、その上の「銀河間連合」は、我々の銀河系をさらに超えた銀河系の集まりです。(1)

(2022/7/15) 『銀河連合からの使者&スタートラベラー 銀河プロジェクトⅠ』 佐野美代子 ヴォイス 2022/6/20 <時空を超え、宇宙を旅したスタートラベラー、イリアナ> <その名の通り“スタートラベラー”イリアナさん登場> 美代子:クロアチア人のイリアナ…

「脳トレ」に関するさまざまな本がありますが、ウォーキングこそが最強の脳トレです。脳にとって必須のトレーニングともいえるでしょう。

(2022/7/12) 『最強のウォーキング脳』 毎日歩くだけ! 頭がよくなる 加藤俊徳 時事通信社 2022/1/21 <脳とウォーキングの密接な関係> ・運動脳がしっかり使われないと、身体やこころの悩みに関係してきます。例えばうつ、ADHD(注意欠陥多動性障害…