日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

森羅万象

キリスト教の新・旧約聖書、マホメットのコーラン、仏教の経典など、すべてみな霊界通信である。筆録者が耳で聴くか、言葉で語るか、筆で書くか、霊からの通信の記録である。

(2022/6/26) 『シルバー・バーチ霊言集』 21世紀のためのバイブル A・W・オースティン 桑原啓善 訳 でくのぼう出版 2018/5/15 <ノストラダムスの予言> ・ノストラダムスの予言というものがあります。人類は1999年7月の第1週に滅亡するのだそうです。…

AIも、未来の労働を変える。資本主義の発展は、より少ない人間による生産を意味します。コンピューターやAIの進化は、その傾向を顕著にすると同時に、資本主義的生産の目指す道ともいえます。(2)

『「新富裕層」が日本を滅ぼす』 金持が普通に納税すれば、消費税はいらない! 武田知弘 著 森永卓郎 監修 中央公論新社 2014/2/7 <必要なのは経済成長や消費増税ではなく、経済循環を正しくすることなのだ> ・世界の10%以上の資産を持っているのに、たっ…

AIも、未来の労働を変える。資本主義の発展は、より少ない人間による生産を意味します。コンピューターやAIの進化は、その傾向を顕著にすると同時に、資本主義的生産の目指す道ともいえます。(1)

(2022/6/21) 『マルクスの資本論 見るだけノート』 資本主義とお金のしくみがゼロからわかる! 白井聡 宝島社 2022/3/16 <『資本論』を知ることで、あなたの常識が180度変わる> ・今からおよそ150年前、「労働者が身を粉にして働くのが正しいことになる…

南無阿弥陀仏とは、「阿弥陀さま、どうか極楽浄土に生まれさせてください」という願いの言葉なのです。(2)

『カシオペアのΨ(プサイ)』 C・I・ドフォントネー 図書刊行会 1990/5/14 <衛星群> <タシュル> ・最後のネムセードとスター人類の生存者たちを乗せたアバールは、いったん大気圏外に出ると計り知れない速度で上昇していった。ラムズュエルは上昇に上…

南無阿弥陀仏とは、「阿弥陀さま、どうか極楽浄土に生まれさせてください」という願いの言葉なのです。(1)

(2022/6/15) 『知識ゼロからの 南無阿弥陀仏 入門』 ひろさちや 幻冬舎 2013/10/9 ◉「南無阿弥陀仏」は「極楽浄土に生まれたい」という願い ◉極楽浄土の主宰者は阿弥陀さま。観音さまはサポーター ◉どんな人にも生まれたときから、阿弥陀さまがついている …

他力の教えは易行ともいわれます。これは、文字が読めなくても、経典を知らなくても、念仏を称えるだけで阿弥陀さまの本願によって救われるというものです。

(2022/6/12) 『くり返し読みたい歎異抄』 釈徹宗 絵 臼井治 リベラル社 2022/2/24 ・『歎異抄』は、親鸞聖人の教えと異なる説が世に広まっていることを嘆いた弟子の唯円が、親鸞の言葉と異端への批判を通して、親鸞の真意を伝えようとした書です。親鸞には…

多くの小さなアクエリアス星人たちが他の異星人たちとともに、地球の地殻、特に日本の地殻変動を避けるために色々な仕事をされていることに確信を深めました。(2)

『竹内文書 世界を一つにする地球最古の聖典』 (高坂和導) (徳間書店) 2008/4/8 <アメリカ・インディアンのルーツは超古代の天皇> ・日本には、世界中の謎を解き明かす人類最古の文献資料が存在している。それが『竹内文書』である。 ・『竹内文書』も…

多くの小さなアクエリアス星人たちが他の異星人たちとともに、地球の地殻、特に日本の地殻変動を避けるために色々な仕事をされていることに確信を深めました。(1)

(2022/6/7) 『今、世界が注目する「日本の霊性」の真価』 小坂武司 コスモス21 2019/6/3 ・宇宙レベルの壮大なスケールの話です。これをまとめるというのは、きっと小坂さんが一生をかけるにふさわしいものだと思います。 <谷響きを惜しまず、明星来影す>…

ウクライナは、独立国としての存在そのものがロシアの変遷を決める地政学上の旋回軸だ。ウクライナ無しではロシアはユーラシア帝国にはなれない。(3)

『日本怪異妖怪大事典』 小松和彦 東京堂出版 2013/7/12 <ひひ【狒々】> 類;いひひ、さるがみ【猿神】、さるのふったち【猿の経立】、ひいひいざる【ヒイヒイ猿】 ・年老いた大猿の妖怪。娘を生贄に要求したのを通りがかった者が犬の助けを得て退治すると…

ウクライナは、独立国としての存在そのものがロシアの変遷を決める地政学上の旋回軸だ。ウクライナ無しではロシアはユーラシア帝国にはなれない。(2)

『エデンの神々』 陰謀論を超えた神話・歴史のダークサイド ウィリアム・ブラムリー 明窓出版 H22/8/20 <古代宇宙飛行士(すなわちカストディアンの種族)が、どの大陸のどこでも同じやり方で人類社会を支配することは確実だ> <神(地球を管理するカスト…

ウクライナは、独立国としての存在そのものがロシアの変遷を決める地政学上の旋回軸だ。ウクライナ無しではロシアはユーラシア帝国にはなれない。(1)

(2022/5/30) 【新版】 『ディープステイトの真実』 日本人が絶対知らない!アメリカ“闇の支配層” 西森マリー 秀和システム 2021/7/15 <ディープ・ステイト> ディープ・ステイト、米国政府の奥深くに隠れている“闇の支配者”それは、軍産複合体に、タカ派…

2014年3月の、ロシアによるクリミアの併合は、一度は終わったかに見えた東西冷戦の新たな始まりを画すものでした。(2)

『世界一豊かなスイスとそっくりな国 ニッポン』 川口マーン恵美 講談社 2016/11/1/ 「幸福度世界1位」の条件は全て日本にも揃っている!! あとはスイスに見習うだけ <貴族の金儲けのための傭兵> ・ただ、スイス人がその能力を存分に発揮できるようになっ…

2014年3月の、ロシアによるクリミアの併合は、一度は終わったかに見えた東西冷戦の新たな始まりを画すものでした。(1)

(2022/5/26) 『戦争の常識・非常識』 戦争をしたがる文民、したくない軍人 田母神俊雄 ビジネス社 2015/8/22 ・文民統制のほんとうの意味はご存知だろうか? 日本人が知らない軍事の常識・非常識35 「中国脅威論」も9割引して考えるのが正解! <日本の危…

この問題で蚊帳の外に置かれた歴代の大統領たちには、手を引くようにという警告が出されてきました。(2)

『神々と獣たち』 ナチ・オカルティズムの謎 ダスティー・スクラー著 (大陸書房) 1988/4 ・「中世の有名なグノーシス派であるカタリ派は、旧約聖書の神エホバを物質の世界を創造したデミウルゴスと同一のものとみなし、従って悪魔と同じものとみたのであっ…

この問題で蚊帳の外に置かれた歴代の大統領たちには、手を引くようにという警告が出されてきました。(1)

(2022/5/19) 『世界最大の秘密の暴露』 非認可の世界 スティーブン・M・グリア 著 スティーブ・アレン 編 ヴォイス 2021/9/22 <世界最大の秘密が、いま暴かれようとしている> <UFOは実在する> ・第ニ次世界大戦以来、人間と地球外生命体との接触は…

ウクライナは独立したとはいえ、西欧に接近する西部とロシアとの関係を重視する東部が分裂気味に共存した国家となり、それが今日のクリミア・東部紛争を誘う導火線となったのである。(2)

『霊界物語の“竜”と“爬虫類人”』 邪神=レプティリアンの地球支配と改造の経綸書 (狭依彦) (徳間書店) 2008/5/17 < {アイク}エデンの園―「竜の子孫たち」=レプティリアン混血種の誕生地> ・アイクはエデンの園について次のように言っている。 「イ…

ウクライナは独立したとはいえ、西欧に接近する西部とロシアとの関係を重視する東部が分裂気味に共存した国家となり、それが今日のクリミア・東部紛争を誘う導火線となったのである。(1)

(2022/5/15) 『地政学リスク』 歴史をつくり相場と経済を撹乱する震源の正体 倉都康行 ダイヤモンド社 2016/4/15 ・地政学上の出来事が資本主義システムにどのような影響をもたらし、具体的変化を促したのか――。歴史的かつ巨視的な観点から捉えることは、…

ドンバスをファルージャのような瓦礫の山にしてしまうのをプーチンが黙って見ていることはないだろう。プーチンは責任ある指導者なら誰もがすることをするだろう。それがすなわち戦争ということなのである。(3)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ (2022/5/11) ・本書は、同氏の過去のニュースレターを集めたものですが、オバマ政権(2009-2017)時代のウクライナにおける状況について述べているようです。 ロシアの5月9日の「戦勝記念日」のプーチン大統…

ドンバスをファルージャのような瓦礫の山にしてしまうのをプーチンが黙って見ていることはないだろう。プーチンは責任ある指導者なら誰もがすることをするだろう。それがすなわち戦争ということなのである。(2)

『神仙道の本』 (秘教玄学と幽冥界への参入)(学研) 2007/3 <地球大気圏の某所の映像> ・宇宙の根本神は、いうまでもなく天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすひのかみ)、神皇産霊神(かみむすひのかみ)の造化三神だ。 ・…

ドンバスをファルージャのような瓦礫の山にしてしまうのをプーチンが黙って見ていることはないだろう。プーチンは責任ある指導者なら誰もがすることをするだろう。それがすなわち戦争ということなのである。(1)

(2022/5/11) 『世界の黒い霧』 ジョン・コールマン博士の21世紀陰謀史 ジョン・コールマン博士 成甲書房 2017/3/16 <狙われるロシア、悪魔化されるプーチン> <ウラジミール・プーチン、その血統と前半生> ・ウラジミール・プーチンがロシアの首相に任…

ロシア帝国時代にはウクライナ語の使用を禁じられるなど、辛酸をなめてきたウクライナにとって、ロシアからの独立は悲願達成だったといえる。(2)

『核の戦国時代』が始まる 日本が真の独立国になる好機 日高義樹 PHP 2016/7/13 <イスラエルの核兵器保有> ・イスラエルはすでに核兵器を保有しているが、これまではこの核兵器を使ってテヘランやモスクワを攻撃するといった基本戦略を明らかにはしてこ…

ロシア帝国時代にはウクライナ語の使用を禁じられるなど、辛酸をなめてきたウクライナにとって、ロシアからの独立は悲願達成だったといえる。(1)

(2022/5/6) 『図解 地政学入門』 高橋洋一 あさ出版 2016/8/2 ・「地政学」――つまり“地理的な条件が一国の政治や軍事、経済に与える影響を考えること”である。これはひと言で定義すると「世界で起こってきた戦争の歴史を知る」になる。地理的な条件とは、…

国際ルールを無視したロシアの行動ですが、「ウクライナは本来ロシアのものである」という意識が背景にあります。

(2022/5/2) 『教養として知っておきたい地政学』 世界情勢の「なぜ?」がわかる 神野正史(監修) かみゆ歴史編集部 ナツメ社 2018/3/15 <――今、地政学が熱い!> ・現在、これほど重要性を増してきている学問も他にありません。 まさに21世紀に入った年…

現在のロシアがウクライナに執着するのは、そもそもロシアという国家がウクライナから始まったためとも考えられます。ウクライナは、エネルギー戦略と海軍のために、絶対にゆずれない。

(2022/4/28) 『図解でわかる14歳からの地政学』 鍛冶俊樹・監修 インフォビジュアル研究所・著 太田出版 2019/8/24 <地政学 Geopolitics=地理学+政治学> <「引っ越しのできない隣人同士」が共存するための理想と理性の地政学は可能だろうか> ・例え…

本書をお読みいただければ、いわゆるユダヤ陰謀論がいかに荒唐無稽なものであり、歴史的に社会を蝕んできたか、十分におわかりいただけるはずです。

(2022/4/25) 『みんな大好き陰謀論』 ダマされやすい人のためのリテラシー向上入門 内藤陽介 ビジネス社 2020/7/15 「世界はユダヤが裏で操っている!」………そんなバカな(笑) 「裏の裏」を読む リテラシーを身につけよう! <陰謀論> ・「ある出来事につ…

ヒトラーはアルゼンチン中部のサン・カルロス・デ・バリローチェから近い、エスタンジアという農場に隠れて、ナチス残党を密かに指揮したとされている。

(2022/4/20) 『世界怪異伝説事典』 (2) 朝里樹 えいとえふ 笠間書院 2021/12/22 <アルゼンチン共和国> <ヒトラーは南米で生きていた?> ・第ニ次世界大戦終結時、ナチスドイツの総統アドルフ・ヒトラーは、1945年4月30日にベルリンで自殺したと伝え…

いわば「生かさず、殺さず」の瀕死の状態に追い込む。敵対者への警告や見せしめの意味もあるが、背景には「裏切り者は絶対に許さない」「復讐は名誉ある戦い」というロシアの伝統的な掟がある。(2)

『面白いほどよくわかる自衛隊』 志方俊之 日本文芸社 平成19年6月30日 <もっとも身近で危険な国、北朝鮮> <弾道ミサイルで日本は壊滅するか?> ・しかし、すべてを撃ち落とすことは難しく、着弾地点にいる人々は避難する暇もなく被害を受けることだろう…

いわば「生かさず、殺さず」の瀕死の状態に追い込む。敵対者への警告や見せしめの意味もあるが、背景には「裏切り者は絶対に許さない」「復讐は名誉ある戦い」というロシアの伝統的な掟がある。(1)

(2022/4/16) 『ロシアを決して信じるな』 中村逸郎 新潮社 2021/2/17 ・北方領土は返ってこない。ロシア人は狡猾で、約束は禁物だ――著者はこう語る。長年、かの国に渡り、多くの知己をもつ研究者にそこまで思わせるロシアとは、一体、どんな国なのか。誤作…

中国の歴史法則からすると、経済の自滅によって滅びる可能性が高い。 だいたい、旧ソ連にしても、アメリカとの軍拡競争の果てに経済破綻して自滅しました。

(2022/4/12) 『中国敗戦』 米中新冷戦の真実と結末 もう中国は死んでいる! ついでに韓国も終わる!世界は無法な「中華思想国」を潰すと決めた 石平、黄文雄 徳間書店 2019/8/30 <米中対立は「中華思想」と「近代文明」の戦い 石平> ・アメリカの中国に…

第三次世界大戦=「(中東で)シオニスト(イスラエル)とアラブ人との間にイルミナティのエージェントによって引き起こされる」ここでのイルミナティとは「フリーメイソンの中枢を支配する秘密組織」を指す。(2)

『天皇の国師 知られざる賢人 三上照夫の真実』 宮崎貞行 学研 2014/3/18 <海ゆかば> ・4月15日の日記によると、同席した入江侍従長が{屋久島で樹齢七千年の世界一の巨杉を発見、太古を偲ばせるものがあり、天皇御在位五十周年を記念しているかのよう}と…