日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2019-06-26から1日間の記事一覧

(行叡居士) 清水寺にいて、数百年に及んで若々しく、常に練行に励んだと言う。(5)

『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』 スチュアート・A・スワードロー 徳間書店 2010/6/18 <エイリアン集団紳士録> <アルデバラン ゲルマン人とバイキングを創作・管理> ・典型的なアーリアン型で金髪で青い目を持つ。薄い茶色か中ぐ…

(行叡居士) 清水寺にいて、数百年に及んで若々しく、常に練行に励んだと言う。(4)

『世界史と西洋占星術』 ニコラス・キャンピオン 柏書房 2012/8/1 <19世紀 神智学的啓蒙主義> ・アリス・ベイリーは、教会の日曜学校で教師をしていて、後に熱心な神智学者となった。彼女の関心の多くは、シュタイナーと共通するものである。彼女はまた、…

(行叡居士) 清水寺にいて、数百年に及んで若々しく、常に練行に励んだと言う。(3)

<山を降りたイエティ マンデ・ブルング> ・2007年6月、インド北東部メガヤラ州ガロ山地のジャングルで、相次いで村人が謎の獣人を目撃、マンデ・ブルングとは現地で「森の男」の意味だが、目撃者のひとりによれば茶褐色の毛が全身を覆い、まるでイエティそ…

(行叡居士) 清水寺にいて、数百年に及んで若々しく、常に練行に励んだと言う。(2)

江戸幻獣博物誌』 妖怪と未確認動物のはざまで 伊藤龍平 青弓社 2010/10 <「山人の国」の柳田國男> <柳田國男の山人論> ・昔々、越後の国の話。魚沼郡堀之内から十日町へと超える山道を、竹助という若者が大荷物を背負って歩いていた。 ・道も半ばを過ぎ…

(行叡居士) 清水寺にいて、数百年に及んで若々しく、常に練行に励んだと言う。(1)

『日本と中国の仙人』 松田智弘 岩田書院 2010/10 <『本朝神仙伝』にみえる日本の仙人たち> ・仙人と言えば、中国が本場であり、仙人の本質を説くためには中国の仙人を取り上げなければならない。本場中国の仙人と日本の仙人の概念は同じなのか、異なるの…