日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-09-01から1日間の記事一覧

造船用の材木を山原の山から伐る際に、琉球国の人たちは「山神」に依頼するのだが、山の神は次郎・五郎という二人の小僕に言い付けてそれを実行させるというのである。(10)

・3階以上も超えてくる大津波ではたまりません。原発の津波の防災レベルも5メートルの津波基準で低かったので未曽有の国家危機となりました。放射能が東京まで飛んできたら大変な危機でした。東京の住民が避難する懸念もあったそうです。松下幸之助が「国土…

造船用の材木を山原の山から伐る際に、琉球国の人たちは「山神」に依頼するのだが、山の神は次郎・五郎という二人の小僕に言い付けてそれを実行させるというのである。(9)

・ちなみに全宇宙を創造した“虹の神々”も地球に来ているという与太話もあるそうですが。見えない世界の天使や堕天使の動きは、私たち一般人には、理解不能なことが多いようです。 異人は昔も今も正体不明の存在だったといわれます。異人は神だったのでしょう…

造船用の材木を山原の山から伐る際に、琉球国の人たちは「山神」に依頼するのだが、山の神は次郎・五郎という二人の小僕に言い付けてそれを実行させるというのである。(8)

『「宇宙人と地球」の超真相!』 工学博士 深野一幸 (徳間書店) 1997/10 <オスカー・マゴッチの「深宇宙探訪記」の分析(宇宙の霊的存在)> ・「宇宙の霊的存在」 肉体を持たない様々な意識体(霊的生命体)を、マゴッチの情報で分類してみると。 1、 …

造船用の材木を山原の山から伐る際に、琉球国の人たちは「山神」に依頼するのだが、山の神は次郎・五郎という二人の小僕に言い付けてそれを実行させるというのである。(7)

『失われた徐福のユダヤ人「物部氏」の謎』 三神たける 飛鳥昭雄 学研 2011/5/11 <インディアンは失われたイスラエル10支族だった> ・もし仮にユト・アステカ語のルーツが古代ヘブライ語にあるとすれば、当然ながら、インディアンやインディオたちのルー…

造船用の材木を山原の山から伐る際に、琉球国の人たちは「山神」に依頼するのだが、山の神は次郎・五郎という二人の小僕に言い付けてそれを実行させるというのである。(6)

『遠野奇談』 佐々木喜善 河出書房新社 2009/9/15 <『遠野物語』> ・柳田國男は東京の自宅で遠野出身の佐々木喜善から話を聞き、明治43年(1910)、『遠野物語』を発刊しました。 <仙人峠の不思議> ・ある冬の非常に雪の降る夜、外にはただ雪がしんしん…

造船用の材木を山原の山から伐る際に、琉球国の人たちは「山神」に依頼するのだが、山の神は次郎・五郎という二人の小僕に言い付けてそれを実行させるというのである。(5)

『神仙道の本』 秘教玄学と幽冥界への参入 学研マーケティング 2007/3 <宮地堅盤(かきわ)〔水位〕(1852~1904) 自在に仙境に出入りした近代神仙道の大先達> <魂を飛ばして異界へ往来> ・「仙人というものは、いわば人間界の変り種で、昔からめったに…

造船用の材木を山原の山から伐る際に、琉球国の人たちは「山神」に依頼するのだが、山の神は次郎・五郎という二人の小僕に言い付けてそれを実行させるというのである。(4)

『神仙道の本』 (秘教玄学と幽冥界への参入)(学研)2007/3 <地球大気圏の某所の映像> ・宇宙の根本神は、いうまでもなく天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすひのかみ)、神皇産霊神(かみむすひのかみ)の造化三神だ。 ・…

造船用の材木を山原の山から伐る際に、琉球国の人たちは「山神」に依頼するのだが、山の神は次郎・五郎という二人の小僕に言い付けてそれを実行させるというのである。(3)

『もののけの正体』 怪談はこうして生まれた 原田実 新潮社 2010/8 <恐怖の琉球――南国のもののけ奇談> <アカマタ――魔物の子を宿す> ・ある日のこと、乙女が畑に出て芋を掘っていた。乙女が一休みして、また畑に戻ろうとしたところ、岩のうしろから赤い鉢…

造船用の材木を山原の山から伐る際に、琉球国の人たちは「山神」に依頼するのだが、山の神は次郎・五郎という二人の小僕に言い付けてそれを実行させるというのである。(2)

『琉球怪談』 現代実話集 闇と癒しの百物語 小原猛 ボーダーインク 2011/2 <キジムナー> ・たとえば沖縄でもっとポピュラーな妖怪であるキジムナーは、戦後という垣根を越えると、急激に目撃例が減少している。取材していく中でも「戦前はキジムナーがいっ…

造船用の材木を山原の山から伐る際に、琉球国の人たちは「山神」に依頼するのだが、山の神は次郎・五郎という二人の小僕に言い付けてそれを実行させるというのである。(1)

『キジムナー考』 木の精が家の神になる 赤嶺政信 榕樹書林 2018/8/1 <キジムナー> ・キジムナーは、沖縄の人々にとって最も馴染みのある妖怪であり、キジムナーについては、これまでにいくつもの論考が発表されてきた。従来の研究を振り返ってみると、筆…