日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

実は、キリスト教とイスラム教を融合させて、新しい世界宗教を作るプロジェクトがあるのだ。(14)

 

・「彼らは火星における自分たちの生活圏を守るために、地球人が建設したコロニーを襲撃してくるのですが、私には、この元海兵隊員が地球・火星間をどのような手段で往復しているのかが気になりました」ということで、宇宙船によって往来しているのでしょうか。しかし、別の移動手段として、下記のような「ジャンプルーム」のような施設で移動しているのかもしれません。人間が死にますと肉体から離れて、幽体や霊体が異次元に移動します。そして、幽界や霊界に移動できます。そこには天使のような異星人、シリウス星人がいるといわれます。知的生命体が人間の死後の世界の幽界や霊界を創ったようなのです。人間の死後の世界、幽界や霊界、宇宙人のアストラル界やエーテル界も似ている世界ですが、私たち一般人は、目では見えません。そのような世界に、特殊な装置により、人間の肉体から幽体や霊体を分離できるのかもしれません。よくファンタジー物語の映画では、ドアを開けると別世界に入れる映画がありますが、異次元転送装置により可能なようなのです。進化した知的生命体には、宇宙船以外にも、さまざまな手段により時空を自由に往来できるといわれます。人類は異次元の火星の世界に突入しているのかもしれません。真偽のほどは分かりませんが、アバブ・トップシークレットのため、謎に包まれています。

 

・「あのグレイも、異次元から壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。つまりアブダクション(誘拐)の場合には、寝ている人間をベッドから幽体を浮遊させて、壁を通り抜けるようにして、UFOの内部に引き上げて、そこで、インプラント等の生体実験をして、それから記憶を消して、またベッドに戻すようなのです。実際に火星に行く方法は、いろいろあるようですが、幽体でアストラル・トリップ(幽体離脱)して、異次元の火星に行くのかもしれません。

  エリア51においても「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」と語られています。クイントニアに住む宇宙人はグレイタイプのようです。高性能の宇宙船を使うのでしょうか。大型の宇宙船も4次元の恒星間飛行技術を持つ性能のものが普通のようです。そして、5次元以上の宇宙空間を飛行できる宇宙船もありますが、これを製造できるのは、より進化した異星人しか造れないようです。つまり、宇宙船も異星人の進化の程度に応じて、性能が、非常に格差があるというのです。

 

・だいぶ前のテレビのUFO超常現象の特番(特別番組)で「人類火星移住計画というものがあり、ジャンプルームという施設からテレポーテーションで火星に移動する」そうです。「宇宙人の協力がなければ、火星移住計画は絶対に成立しない。ジャンプルームはロスアンゼルス国際空港に隣接するCIAの内部施設にある。人類火星移住計画は1970年代からスタートしていて、すでに5万人が火星に行っている」そうで、そのような荒唐無稽な話もありました。異次元転送装置のようなものがあるのかもしれません。まるでハリウッド映画『Xファイル』のような話です。

  テレポート(瞬間移動)して火星に行くというのは、パラレル・ワールドにある「異次元の火星の都市」に行くということでしょうか。宇宙人も遥かに進化すると空飛ぶ円盤という超テクノロジーよりもスターゲイトのような異次元への瞬間移動装置のようなもので私たちの目に見えないパラレル・ワールドに行けるようなのです。

  あの小柄なバイオロボットといわれるグレイも「部屋の壁を透き通るように部屋に侵入してくる」そうです。遥かに進化した宇宙人は「地球の家の中から」パラレル・ワールドへテレポート(瞬間移動)出来るのかもしれません。私たち一般人も記憶を持たずに、夢の中であの世とこの世を行ったり来たりしているそうですが。

  神々は不死で時空を超えているので「神」というのですから、アセンションの年の2012年には神々とのコンタクティやチャネラーが増大するかもしれません。ちなみに神のようなサン・ジェルマンのコンタクティは世界中に多くいるようです。

  著者の佐藤守さんは元航空自衛隊空将です。ですから、米軍の異星人情報には詳しいはずですが、アバブ・トップシークレットのためか、詳しくは分からないようです。そこが異星人情報の奇妙なところのようです。機密は、公務員の守秘義務で厳重に守られているそうです。

著書には『国際軍事関係論―戦闘機パイロットの見つづけた日本の安全 1998年 かや書房

図解 これが日本の戦争力だ! 2006年 実業之日本社

金正日は日本人だった 2009年 講談社

実録・自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO 2010年 講談社

日本の空を誰が守るのか 2011年 双葉新書

ジェットパイロットが体験した超科学現象 2012年 青林堂

自衛隊の「犯罪」雫石事件の真相! 2012年 青林堂

大東亞戦争は昭和50年4月30日に終結した 2012年 青林堂

日本を守るには何が必要か 2013年 青林堂』等があります。

そして『軍事評論家=佐藤守のブログ日記』を書いています。

 

・TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)もトランプ大統領の実現で、劇的な変化を受けました。つまり、多くの問題が指摘されていましたが「TPPなしとなる結果」が99.9%となりました。昔はトランプ氏も「自由貿易主義者」で、日本の関税の法律規制に強く抗議していたといわれます。今日では、全くの自由貿易反対の立場でTPPを離脱すると表明しました。

 

読売新聞のインターネットの社説(2016/11/23では「トランプ氏表明 「TPP離脱」は誤った判断だ」と記載されてあります。他の有力なメディアの論調はどうなのでしょうか、私たち一般人は、詳しくはフォローしておりません。

自由貿易の推進は、米国経済の成長にも欠かせない理念だ。それに背を向けた誤った判断と言わざるを得ない。トランプ次期米大統領が、来年1月20日の就任初日に指示する政策を発表した。大統領選後初めて、環太平洋経済連携協定(TPP)から離脱する意向を表明した。トランプ氏は選挙中から、不利な貿易取引が米国の雇用を奪い、製造業を衰退させるなどとTPP反対論を展開してきた。今回も「米国にとって災難になる恐れがある」と強調した」とのこと。

 

・多くの有識者が書籍等で反対していたので、反対していた彼らはほっとしているのでしょうか。最近になく国論を2分した条約でした。私たち一般人は、TPPについても詳しく正確に分析する資料も時間もありませんでした。「妄動主義者」というのでしょうか、「何かをしていなければ心が休まらない」「何かをしていなければ間抜けに見られる」「何かの結果をださなければならない」という投資家のような心理が働いていたと語られています。「とにかく何かを行動して結果を出さなければならない」というアメリカのビジネスマンの強迫観念といわれます。現状を打開するには自由貿易しかないというのです。もちろん、すべての物事にはプラス・マイナスの両面があります。国立の政治研究所の結論は、もしあるとすればどうなっていたのでしょうか。官僚は、どちらの立場でも柔軟に対応できると指摘されています。国家経営の実務に精通したベスト&ブライテストのテクノクラートのドリームチームの英知を結集した「国家改造計画」が求められているといわれます。

 

松下幸之助さんが「国立の政治研究所の必要性」を説いていました。政治家は選挙民の対応に追われて、勉強ができないそうです。もちろん、政治家は政府のスタッフの知恵を借りて動いているといわれます。「専門家が考えたことだから間違いがないのだろう」と私たち一般人は、考えがちのようだといわれます。経済研究所は、数多いのですが、国立の「政治研究所」こそ必要のようです。私たち一般人は、多数説に従う傾向があります。

  限られた予算、限られた財源、限られた処遇、増えない税収、十分でない福祉予算を削る財政赤字といわれます。もともと国家予算の分配の問題になるようで、財源をひねり出すためにも、行政、立法、司法の大胆なリストラ、近代化、効率化が必要といわれます。「それこそ税金の無駄遣いを止めて、国民の血税を費用対効果を考えて政策財源にあてるべきだ」そうです。

 

・「菅直人がTPPを「平成の開国」と誇らしげに言ったのには、TPPが不平等条約とわかってのことでしょうか。日米修好通商条約不平等条約だったことを知っていて言ったとしたら、彼もまた売国奴の誹りを免れることはできません」と著者(菊川征司 氏)は述べております。「売国奴」という言葉はタブーではなかったのでしょうか。いやしくも真面目に政治に取り組んでいる人々に対して、誹謗中傷することはメディアではタブーとされているようなのです。ところが、売国奴という便利な言葉は、一昔前は、マスコミでは頻繁に使われ、一般的な言葉だったといわれます。今日では、当然ながら、理詰めで議論を展開していくのが主流といわれます。私たち一般人は、メディアのタブーについて詳しくありません。タブーが多すぎて、正確な報道がなされていないともいわれます。このたびは、トランプ・ショックでトランプ・サプライズでした。

 

日刊ゲンダイ デジタルの2016/11/21に次の記事が載っていました。

総理の周りのスタッフは知っていたのでしょうか。

 

北方領土返還は絶望的…日ロ交渉が“破談”に終わった理由」

  「(約50万円の)ゴルフクラブを贈ったことがトランプ会談を台無しにした」とみる国際弁護士の湯浅卓氏はこう言う。

 「米国のビジネスマンや政治家が金品などの贈り物を受け取らないのは(贈収賄容疑を避けるための)“常識”です。トランプ氏はビジネスマンである上、(公職の)次期大統領です。会談に家族など第三者を立ち会わせたのは恐らく、安倍首相からゴルフクラブを贈られても、『私自身は受け取っていない』との立場を明確にするためでしょう。それぐらい神経を使うことなのです。そもそも、モノで相手の気を引こうなんて外交相手に失礼でしょう。ドイツのメルケル首相がトランプ氏と会う時、ベンツのキーを贈ると思いますか? 絶対にしません。英国と並ぶ外交大国のロシアのプーチン大統領が、安倍首相を冷ややかな目で見るわけです

  「ちなみに米国には「海外腐敗行為防止規制」があり、贈賄行為には特に厳しい。禁止の「利益供与」には、金品だけでなく接待や贈答も含まれる。トランプにとってゴルフクラブの贈り物は大迷惑だっただろう。そんな安倍首相の「朝貢外交」を見たプーチンが強硬姿勢に出るのは当然。結局、プーチンに「いいとこ取り」されてオシマイだ」と記載されています。

 

 ・ついでながら、海外の要人への贈り物も昔の総理大臣は、工夫したといわれます。「私にとって、中曽根総理は神様のような人」と感謝している匠がいたといわれます。その人の作品を海外の要人の贈り物として、まとめて買ってくれたことを非常に感謝しているというのです。技巧は第一級と評価される匠でしたが、あまり売れていなかったからなのでしょうか。このように海外の要人への「贈り物」にしても、中曽根元総理とそのスタッフは一工夫したといわれているそうです。アーティストを応援する方法も、お金の使い方も一工夫することが必要のようです。いろいろな意味で中曽根元総理とそのスタッフは印象的な人物が多かったといわれます。

   

・高度成長をリードし、賞賛されたいわゆる経済官僚たちも、現在では税金の無駄遣いの元凶とされ国民の非難の対象となっているといわれます。時代の流れとはいえ評価が逆転しています。経済官僚が落ちぶれたのはなぜでしょうか。官庁組織の劣化でしょうか。多くの大組織が劣化しているといわれます。東芝などの大企業の劣化も目を覆うばかりのものです。

  多くの失政を重ねたために、政治を変えようという国民の声となり民主党の新政権が誕生しましたが、長年にわたり作られた自民党や官庁の体制を数カ月で変えることは、無理なことだったといわれました。民主党は肝心の経験が足りなかったために短期間で終わったそうです。トランプ・ショック後の政局はどのような展開になるのでしょうか。

  外交、国内政治の政策については、多くの識者の関心が非常に高く様々な議論を呼んでいます。『闇の権力』の地球支配と管理といわれても、私たち一般人には、訳の分からない奇説だそうです。

 

・激動している世界経済における経済政策の評価・立案は難しいのですが、とにかく時は今こそ『平成維新』を断行して「新しい改革された日本」を実現しなければならないといわれます。

  毒ガスや細菌兵器などの生物兵器なども、第1次世界大戦ごろからの話であり、ある意味では核兵器以上の破壊力があり、戦争の原因となることから各国とも神経を使っているといわれます。

  中世の黒死病なども宇宙人が原因とする説もあり、「次の戦争には、必ず新兵器が使われる」ということで、核兵器以上に生物兵器、毒ガスは各国の諜報機関の探索の中心となっているといわれます。

  ベネツィアの「黒い貴族」とは、白い肌の白人ではないカナンの地出身の「褐色の肌」の商人という意味だそうです。が、何らかの形で、昔からのフリーメイソン組織と「異人・超人たちのネットワークとのつながり」があったのではないのでしょうか。

  「英国の貴族と異星人とのつながり」の話もあったそうで、昔からフリーメイソン組織と「異人、超人たちのネットワーク」との関係が窺われるといわれます。ある意味では、英国は米国以上の「異星人情報大国」ともいわれます。この国でも、異星人情報は、アバブ・トップシークレット扱いのようです。

  昔、映画「女王陛下の007」で世界的に宣伝した英国諜報部は、CIAを作ったともいわれ、「男を女にする以外、何でもできる」と言われた時代もあり、現代でも当然ながら、謎の多い組織だといわれます。ヨーロッパでは「売春とスパイが最古の職業」と語られています。「売春は女性の最古の職業」ともいわれ、昔からハニートラップが盛んだったといわれます。現代のヨーロッパといえば、周囲の国々から多くの難民や移民が流れ込み、セックス産業も盛んになっているといわれます。ドイツのそれは有名だともいわれます。「闇の世界権力」というのも抽象的で、実態がつかめず、私たち一般人にとっては分からない概念のようです。

  英国情報部とCIA(米国中央情報局)は、銀河宇宙連合の諜報部(メン・イン・ブラック等)とのコンタクトがあることになっているともいわれます。

 

・スイス人のビリー・マイヤーの膨大なノートによる記録から、かなりの宇宙人の世界が分かり、世界中で出版されたそうです。日本でも翻訳活動の協会があり活動していたようです。プレアデス星人は日本とも関係が深い宇宙人種族だといわれます。日本民族の原郷が、プレアデスにあり、そこから異星人が来ていると、ビリー・マイヤーは述べています。平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔といわれます。現代でも『プレアデス星訪問記』(上平剛史、2009/3/1、たま出版)という本も出版されています。

  20年ほど前にはプレアデス星座に行ってきた日本人の話もあったといわれます。その後何も聞きませんが、沈黙のコンタクティも多いといわれます。マスコミの前に誰も出たがらないのでしょうか。

  『超巨大[宇宙文明]の真相』ミシュル・デマルケ(徳間書店)によるとオーストラリアに住む著者は、別次元に入り宇宙の異世界を認識したのですが、夢の中の話で気づいてみるとベッドの中であったそうです。人間の死後の世界、幽界や霊界、宇宙人のアストラル界やエーテル界も似ている世界ですが、私たち一般人は、当然目に見えませんし認識できません。

 

・世界中のおとぎ話のなかで、「夢の中で異世界にはいる伝承」が多くありますが、死後の霊界や高等知性体のいる異次元にコンタクトするためには、変性意識になる必要があり、夢の中が、個人個人の異次元の世界になるようです。夢の種類は色々あるそうですが、リアルな夢を見る現象もあるようです。

  欧米のチャネラーには、「夢の中でアストラル・トリップ(幽体離脱)して、クリスタル・シティでキリストに会った」という話が多いといわれます。

 

・インドの古代叙事詩マハーバーラタ』においては、直径1000キロメートルの超巨大母船の話があるそうです。が、スター・ウォーズもある異次元の世界ですから、過去・未来・現在が混然一体となっているタイム・トラベラーの世界かもしれません。「神人のいる異次元の世界」といってもあまり認識はすすんでいないといわれます。

  世界中で、異星や異世界の報告をするコンタクティやチャネラーは多いのですが、彼らの『その後』については、あまり報道されていないようです。

  この800万人の会員を擁する秘密結社フリ-メイソンは、部外者には容易にその実態がわからず、会員になると秘密結社であるがゆえに、その秘密は自己の利益の為、必ず守られるといわれます。

  秘密結社フリーメイソンの中・下位の会員のほとんどは、社交慈善団体と考えており、実態もそうであり、大部分の会員にとって利己的に考え行動すれば、何の矛盾もないといわれます。

 

・「日本の知識人が欧米人を理解できないのはフリ-メイソンを理解できないからだ」といわれます。膨大な会員数や欧米の支配階級を網羅する内容、多額な慈善資金、秘密結社の長い歴史などを考えると、そこに超常的なものが窺われるといわれます。また、「昔、フリーメーソンの上層部は『超人』、『神人』たちに会えた」という謎の奇説もあるそうです。現代においても謎は深まるばかりです。金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、といわれます。現代の大学の学者にとってもフリ-メイソンを研究することは、秘密結社ゆえに学者生命を失う恐れもあるかもしれないといわれます。

グローバリズムは日本のマイノリティを助けなくて、世界のマイノリティをいくらか助けるという結果になるといわれます。日本という枠組みがなくなっていきます。あらゆる物事には両面があると言われます。しかし、時間軸で見てみますと、超長期的に考えると好むと好まざるとを問わずグローバリズムになるのでしょうか。

 

・「アメリカもヨーロッパもロシアも、もはや力がない。つまり、これまで世界を支配してきた「白人」の指導力の衰えが明確になっているということだ」といわれます。はたしてマスターレイス(支配人種)の力が衰えてきているのでしょうか。金髪碧眼のマスター・レイス(支配人種)が火星より地球へとやって来て、古代伝説の神々(gods)となったといわれます。しかし、「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」によって、米国は最強国の地位を失わないといわれます。エリア51については、アメリカ政府は、その存在を一度も認めていないそうです。「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」と語られています。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。最近になって、ロシア人はタウ人との協定を破棄し、同じ協定をリュウ座人の前衛部隊と交わしてタウ人を追い払ったと考えられているという説もあります。「彼ら蛇人はすでにロシア共産主義勢力としてやってきており、マルクスレーニンはその勢力のいわば幹部たちだった」という説もありました。「モスクワには多くの異星人が住んでいる」という政府高官のリーク話もあるそうです。「エイリアン・エンジニアリング」は、ロシアも研究しているのでしょうか。

 

・「奇妙なことに、オリオン人はかっては琴座からの移民である人間らしい存在だったが、その後レプティリアンに征服されてしまった」という奇説もあるといわれます。地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリオン星雲にあるそうです。金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、といわれます。アヌンナキとかサナンダといわれる金星のマスター(長老)が活動の中心ともいわれます。「日本の知識人が欧米人を理解できないのはフリーメーソンを知らないからだ」そうですので、「アメリカにもヨーロッパにも、もう力がない」とは言えないようです。「エイリアン・エンジニアリング」の研究によってアメリカ合衆国は発展段階の初期段階にあるといわれます。グーグルアースによるエリア51の動画を見ますと、広大な基地の中に、新しい基地の建物が多く作られているそうです。また政府の中に政府があってアメリカ大統領といえどもコントロールできないといわれます。「いざ大統領に就任すると、この話題には関与せずという概要が出されるのだ。こうした態度は“大統領の黙秘症候群”と呼ばれている」と指摘されています。

 

・日本の「失われた20年」といわれますが、今の世の中「クール・ジャパン」ばかりではないようです。社会のあらゆる事に「先進的である」ということは不可能なことでしょう。社会の遅れた面、非近代性、後進性、頭の古い面が予想以上に増えてきています。改革の速度も大変遅いようです。本当に優れた官僚や政治家が登用されてこなかった結果ともいわれます。

 「昔から政治が一番遅れている。票の請負業のようなもの」といわれます。政治経済の制度疲労が激しく、システムが劣化しているそうです。そのうえ官僚と政治家の劣化もひどいといわれます。そのために日本に国立の「政治研究所」が必要だそうです。「失政」が増えている時代に、私たち一般人は、政治意識を高めていく必要があるそうです。政治家は選挙民の対応に追われて、勉強ができないそうです。「日本は先進国だろうか」という声も街中では増えてきているようです。さまざまな世界比較の統計では、「後進国」にランクされるものもあるそうです。

  「日本の政治家はアメリカのロビイストのような役割を果たしている」という説もあります。いつまでも「政治が遅れている」ということでは複雑化する社会問題に対応できないでしょう。困っている人も増えており、単に政治の貧困としては片づけられないといわれます。「政務活動費の問題も氷山の一角」と指摘されています。政府にはベスト&ブライテストが集結しているはずですが?!

 

核武装論者は、有識者のなかにも次第に増えているそうです。「日本は軍事大国化するのは歴史の必然で、またそれが常識なのだ」そうです。兵器の予算・資金効率や、現実に核の恫喝を受けている日本の現状を考えると「日本は『原子爆弾を持て』という結論になる」のだそうです。先進国は「人類が亡ぶので核兵器は使えない兵器だ」と考えますが、後進国は「核兵器で恫喝する。使える兵器だ」と考えるそうです。憲法改正で「普通の国」への方向に進みますと、米軍との共同作戦による「歩兵の大量出血が強要される」ことになるといわれます。

 

マクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがあります。そのときは、大量の細菌兵器や化学兵器も使われることでしょう。細菌兵器や化学兵器もいろいろと残酷なものも多いそうで、当然ながら自衛隊や政府も、それらの兵器に精通していなければならないでしょう。核兵器も現代ではそれほど難しい技術ではなく、先進国のみが作れる兵器ではないといわれます。核兵器が安上りの効率の良い兵器になる時代が、そこまできているそうです。

  「核兵器を持たなければ、核ミサイルは撃ち込まれない」という信念の人もいますが、横須賀などの米軍基地には有事になれば、必ず核ミサイルが撃ち込まれるということは周知の事実情報だそうです。核兵器については、一般社会のタブーのように議論されていますし、「核兵器を持て」と主張することはどの党の政治家でもタブーとなっているようです。それを声高に議論しないことが政治常識になっているようです。それは一応、条約で核兵器を作らないことになっているからといわれます。また「核兵器の実験場が国内にはない」ともいわれます。

 

・私たち一般人は、国際政治学者でないので、実際の国際政治における複雑な歴史事実や冷厳な駆け引きを全く知りません。近代になっても世界中で、紛争や戦争が多発しました。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」という奇説もいわれています。私たち一般人には訳の分からない話ですが「人類の歴史を見ると、平和の時代よりも戦争の時代が長かった」ということだそうです。「国内問題から国民の眼を逸らすために対外戦争をする」という常套手段が頻繁に外交政策に使われたようです。「愛国青年を戦場に送れとする古典的な手法が使われる」ともいわれます。「愛国青年を食わせられなくなるので戦争をする」ともいわれます。「誰も13億人を喰わせることはできない」と語られています。「青年が増えると、戦争をする」という奇説もあるといわれます。

  「友好至上主義」では冷酷な国際政治の世界にサバイバルできないといわれます。島国の日本は、「安全と水はタダだ」と考えると非難されましたが、民族間の「殺し合い」を繰り返してきた国際社会の厳しさに脳天気(ノー天気)であってはいけないようです。「国家100年の計は、教育にあり」といわれますが、「国家100年の計の国防計画(防衛力計画)」があってもいいのではないでしょうか。

 

・核シェルターは、ウィキペディア(フリー百科事典)によると、「日本における人口当たりの核シェルター普及率は0.02%という現状である。全人口に対し、何%の人を収容できるシェルターが存在するかを基準とするとスイス・イスラエル100%、アメリカ82%、イギリス67%で、日本は極端に低い」とのこと。旧共産圏諸国は、正確には分かりませんが、核シェルターに、かなりの投資をしていたと指摘されています。軍事機密ですから、ネット情報によっても、正確なことは分かりません。限られた予算、増えない税金、福祉予算も減額される財政赤字ですが、国防の100年計画や超長期計画で整備する必要があるのでしょう。地下駐車場や地下室でも有効のようです。外国の人々は人間同士・民族同士の長い歴史の殺し合いから核戦争もあり得ると考えているようです。日本の人々もそう考える人も多いのですが、核打撃力(核の傘)を世界最強の米軍に頼って、核シェルターを作るのを忘れたかのようです。予算や財源の問題もありました。この辺の脳天気(ノー天気)なところが外国から狙われるかもしれません。この方面に脳天気(ノー天気)ですと、日本も歴史から消えていくことになるでしょうか。

 

ウィキペディア(フリー百科事典)によると、「(日本におけるシェルターの現状)内閣官房総務省では、「武力攻撃やテロなどから身を守るために」と題したマニュアルを作成して国民保護に努めている。その内容は、万人が直ちに実践できる民間防衛の要領である。例えば、大量破壊兵器が使用された際、もたらされる有毒ガスや放射性物質を含む外気が建物内に入り内部の人を殺傷してしまう事象に対処するため、できるだけ窓のない一室を選び、目張りなどで密封して簡易的なシェルターに改造する方法(屋内退避)などが示されている。このマニュアル『武力攻撃やテロなどから身を守るために』は、インターネットを通じて国民に広報されており、内閣官房が運営する国民保護ポータルサイトにおいて誰でも閲覧することができる」とのこと。貧弱なマニュアルよりも核シェルターを100年計画で作る必要があると思えますが、タブーなのか防衛議論も低調のようです。

 

・旧共産圏の核シェルターについては詳しい情報がネットには記載されていませんが、共産党独裁の軍事国家でしたので、かなりの国家資源を投入していたのではないでしょうか。インターネットからは「RTによると、ロシアモスクワ市内で2012年を目処に5000基以上の核シェルターが建設されているという。昔のは旧式になりロシア国民のおよそ半分しか入ることができないこと。また、中国の上海市にある市民防衛省は巨大な地下シェルターが完成したと発表した。最高20万人を一度に収容できる」とのこと。このように旧共産圏は、今にでも核戦争が起きるという臨戦態勢のシナリオを描いて、福祉予算を減額してでも核シェルターを建設しているといわれます。北朝鮮も核戦争の準備しているといわれます。