日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2019-05-15から1日間の記事一覧

このとき日本にやってきた龍神を「国常立尊」という。また国常立尊を守護して渡来したインドの最高神が「ヴィシュヌ」である。(7)

・21世紀になる前には、「第3次世界大戦の予言」とか「人類滅亡の予言」がマスコミをにぎわし、多くの関連書籍が出版されていました。キューバ危機の時は、「すわ第3次世界大戦か」と大新聞もメディアも大騒ぎをしました。しかし、2000年を迎えて全ての予…

このとき日本にやってきた龍神を「国常立尊」という。また国常立尊を守護して渡来したインドの最高神が「ヴィシュヌ」である。(6)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・人間死後の世界の幽界や霊界を生きたまま往復できた日本人もいたようです。海外では、霊界を往復したスウェーデンのスウェデンボルグが知られています。幽体離脱して入るようなのです。スウェデンボルグは、…

このとき日本にやってきた龍神を「国常立尊」という。また国常立尊を守護して渡来したインドの最高神が「ヴィシュヌ」である。(5)

<スター・ピープル> ・B・スタイガーが造った言葉。前世が異星人で、なおかつ、幼少時から超次元的な存在と交信を続けてきた人を指す。多くの場合女性で、妖精や天使を見るようなことも多いとされている。 <亡霊> ・ほんらいは成仏できずにさまよう霊魂…

このとき日本にやってきた龍神を「国常立尊」という。また国常立尊を守護して渡来したインドの最高神が「ヴィシュヌ」である。(4)

<霊徳文明の個人資産――1人10万円しか持たせぬ> ・「みろくの世」では、私有財産は制限され、人々は一定の金額しか通貨を持たず、どんなに収入を得ても一定額を超えた分は全て献上し、富より名位を求めるようになります。 王仁三郎は、神界の神人の身魂は、…

このとき日本にやってきた龍神を「国常立尊」という。また国常立尊を守護して渡来したインドの最高神が「ヴィシュヌ」である。(3)

『神仙道の本』 (秘教玄学と幽冥界への参入) (学研)2007/3 <異界交通者が赴く山人界(天狗界)> <僧侶や仏教信者など、仏教徒深い因縁で結ばれた者が入る「仏仙界」がある。> <全霊界は「むすび」と「たま」の領界に大別される。> ・むすびの世界…

このとき日本にやってきた龍神を「国常立尊」という。また国常立尊を守護して渡来したインドの最高神が「ヴィシュヌ」である。(2)

<日本の山姥> <山の妖怪山姥> ・単に姥といえば辞書を引くまでもなく、年を取った女の意味ですが、山姥というと、ニュアンスが少し違うとみなさなければなりません。日本の場合でも、まだ色香の失せない中年の女性に当たる妖怪です。しかし、山の精とい…

このとき日本にやってきた龍神を「国常立尊」という。また国常立尊を守護して渡来したインドの最高神が「ヴィシュヌ」である。(1)

『日本神人伝』 不二龍彦 学研 2001/5 <友清歓真(ともきよよしさね)> ・大正から昭和初期にかけて「仏教以前の古道に戻る」ことをスローガンに掲げた一大オカルト・ムーブメントが湧き起こった。「古神道」と呼ばれた、このムーブメントの理論的支柱とし…