日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

「メタトロン」射手座・インクルード星のヤギ型宇宙人。イエス・キリストの宇宙の魂(アモール)の一部。六千五百年ほど前にメソポタミア地方に生まれた。光の神の一人。(4)

 

 

エーテルと高次元宇宙』

(シーラ・アビリア)(暗黒通信団)2000/8

(全ての超常研究家に送る)

 

 

 

自分の運命がほぼ決まってしまっているということは、すなわちアストラル体がほぼ決まってしまっているということ

・ ある作品内容が五感で認容され、脳で解析されたときに、その脳内電気パルスが自身の全て同一性を規定するエーテルにまで作用する場合、それが感動するということなのです。人間の目は自我がどの平行世界を選択するかに大きな影響を持っているゆえに、若い自分の感動は、その後の人生に大きな影響を与えますし、運命が未分化である若い年代の方が、固定化した運命からの束縛を受けない分だけ感動しやすいのです。自分の運命がほぼ決まってしまっているということはですね、すなわちアストラル体がほぼ決まってしまっているということなのですね。すなわち、アストラル体が物質界からの作用を受けにくくなっている状態でして、つまり感動しにくくなっていると言い換えることもできます。

 

ですから、もしあなたが、毎日の感動を求めるのでしたら、自分で自分の音色を変えるような修練を積むと良いと思います

 

・ 具体的には簡単です。考えればいいのです。対象は何でも構いません。世界の成り立ちとか自分の生い立ちとか、何でもいいのです。但し、あまり外界からの情報を摂取せずに、内部のエーテルだけで考えられることが大事です。内省だけで、バランスを保つ手法というのが、古くは座禅とか、修業というものでしょう。

 

・ こういったエーテルによる人間自我の構成は、現代の科学で直接に証明することは、できないのですが、随所にその傍証を見ることができます。その一つが、死と睡眠でしょう。睡眠は、現象としては、脳の新皮質活動を一旦停止させ、微小魔法陣を一度閉じる生体作用です。

 

・ これにより、脳内の膨大な魔法陣は、リズムを整えて協調して作動できるようになり、また海馬からの記憶の移動という形で、状況に応じて、より効率的に再構成します。しかし、本当のところは、エーテル界からの召喚に応じて現世での体験を報告に行っているのです。だから、人は、夢を見るのです。召喚は夜だけに行なわれるわけではありません。それが白昼夢です。

 

 

 

エーテルと高次元宇宙』

(シーラ・アビリア)  (暗黒通信団)  2000/8

(全ての超常研究家に送る)

 

 

 

エーテルの作用とは、意識の一貫連続性

エーテルの根本的な性質は、波のようなものです。ですからエーテル自身が持つ性質というのは、波長と振幅、つまり音色だけです。

 

・ 天国とか地獄といった世界は、こうしてエントロピーに流されたり、エントロピーに逆らったりした結果の最も極限的な平行世界の状況です。つまり実在する平行宇宙のひとつなのです。ですから、天国でも地獄でも重力は下向きですし、物体もありますし、電磁エネルギーや素粒子も同じくあります。あ、断っておきますが、天国と天界は別のものです。天界はエーテル流の一つであり、天国は平行世界の一つなのです。

 

・人々が死んでアストラル体が肉体から遊離しますと、エーテルの流れに従って時空間と垂直方向に流された場合によっては、こうした極限的な世界で転生することがあるのです。それを「天国に行く」だとか「地獄に堕ちる」というふうに言うのです。

 

・ このように神と悪魔は相対的な関係で実際聖書からは最初の時代に神と悪魔が同一であったことが示唆されます。聖書は、セム族の一つの宗教成果しかないわけですが、それは恐らくアカシックレコードを参考にして書かれています。ルシファーが天使長だったことは、最もビッグバンに近いエーテル流には、本来方向性がなかったことを象徴しているといえましょう。

 

エーテルの流れにも自己復元作用というのがありまして、最近のようにエーテル密度が薄くなってきますと、エーテルを摂取できない人は無気力になって、その結果として現世にあまり未練を抱かずに、死んだときにもあまり転生せずに、自然なエーテル流に溶け込んでいきます。自殺者など、とても強い感情で遊離した場合は、まあエーテルにおける活性酵素みたいなもので、周囲のエーテル場にかなり大きなダメージを与えます。世界の宗教などでは、そろって自殺を禁止しますよね。それはこの辺の事情が原因です。

 

感動とは何か?

・ 人のアストラル体の動的イメージは、新陳代謝によく似ています。人を構成する原子が常に周囲との代謝で変化しながらも、なお人としての輪郭を維持しているように人のアストラル体を構成するエーテルもまた常に、周囲のエーテルとの相互作用により変化しています。この変化は、物質界においては、「情報の代謝」と言われるんですが、通常特に自覚されることはありません。

 

・ しかし、例えば、つまらないと思うこと、つまり例えば、必要な情報の摂取などを無理強いされたり、逆に情報を放出する話し相手が全くいなかったりすると、多くの人は、精神的に疲労するものです。

 

・ このように自分を構成するエーテルの自然な代謝を疎外すると、特に修養をつんでいない一般の方は、精神的な歪みを発生します。俗的に言いますならば、エーテル力学における栄養失調でありまして、これはまずエーテル召喚口としての脳神経接続に影響を与え、ひどい場合には、脳の全体バランスが壊れてしまいます。

 

では修養を積んだ者はどうなるかと申しますとエーテルそのものの量ではなくて既に自己を構成しているエーテルの質を変化させて、精神を安定に保つのです。

 

エーテルに音色があるということをお話しましたよね。音色を変えるのです。本来は、人は潜在的エーテルの音色を自分で自在に変えることができるのですが、外因によって変えることもできます。これが「心理的ダメージ」とか「感動」という単語で表現される心理作用の意味なのです。

 

 

 

『般若心経の宇宙論

コンノケンイチ)(学研)2006/11

 

 

 

出口王仁三郎(おにさぶろう)の大霊界を構成する10の法則

1、すでに、私達は、霊界に生きているし、だれでも霊界と通じている我々は、あの世の記憶を消去されているので、自分がどこから来て、どこに帰るのか分からないでいる。いつも、私達は、霊界から監視され、その影響下にあることを忘れてはならない。

 

2、 霊界で起こることが、時をおいて現界に移写される。人間は、絶えず霊界と通じ合い、そこからの干渉を受けつつ生きている。したがって、この世に現象として現れる全ては、霊界からの投影だといえる。ただし、霊界での動きが主で、霊界で起こらないことは、地上でも起こらない。また霊界で起きた事がそっくり地上に移るのではない。

 

3、 霊界とは個々人の意思と想念の生み出す世界である。霊界は波動の世界で、個々人の持っている想念がストレートに現象化する世界である(これが量子物理学の“波束の収縮”である)

 

4、 個人の想念(霊質)に応じて無数の霊域が存在する。何事も霊界に本源があって、そこでの思念がこの世の人間や物質に反映され、それがまだ、反射的に霊界にフィードバックされていく、というものである。

 

5、 霊界では、似た者同士が相交わり、集団を形成している。同じ境域に住む者たちは、同じ質のバイブレーションを有していることになる。

 

6、 この世で言う、時間・空間の概念は霊界にはない。霊界では、太陽は動かず、天の一点に留まっており、その明るさは、変化がなく、地上のような四季もなく周囲もあまり変化しない。

 

7、 霊界には無限に近い階層があり、神(界)に近いかどうかで高低が決まる。高い霊界の境域は天国界(仏教で言う神界、仏界)で、中階層が精霊界、低い境域は地獄界(修羅、餓鬼、畜生界)で上に昇るほど神の領域に近づいていくが、それは宇宙そのものである。最高神、仏教で言う大日如来に象徴される。

 

8、 神界が遠い霊界はまもなく消滅させられる。今までは、必要悪として許受されていたが、まもなく“神より遠く離れた霊界”すなわち地上界(現世)と隣接する幽界(バルドー)、その大本である地獄界は淘汰され消滅することになっているという。この世が如何に天国界の姿から、かけ離れて地獄界のそれに近いものになっているかは、現今の世相を見れば、簡単に理解できるだろう。

 

9、 人類に降ろされる終末予言は全て霊界に端を発している。預言はすべてが近い将来、神から離れた人類の終わりを警告している。つまり終末とは、「神から離れた霊界」の淘汰を意味しているのだ。

 

10、 この世はすべて神より遠く離れた地獄界からの干渉を強く受け入れるようになってきており、そのため、まもなく、幽界とともに淘汰されることになっているというのだ。ただし、人類全部ではなく、一部は神界に引き上げられると言う。

 

出口王仁三郎は、次のように言う。>

・ 霊界とは執念の世界であって時間・空間を超越した絶対世界である。この世は全て神霊世界の移写であり、また縮図である霊界すなわち精神世界の事象を映し出したのが現界すなわち地上界で、ゆえに現世を称してウツシ世(写し世)という。

 

・ 人類終末の予言者たちは、その原型を霊界からのバイブレーションで垣間見て元型の霊界がこの世で顕在化されて現象として具現化されることを知っていたのである。

 

私達は、現世で霊質を上げることが出来る。>

・ 霊界の天国には天人や天使が住み、最下層には地獄界の住人が住んでいる。そこでは皆が固有の同一バイブレーションの霊域にあるため、個々の霊質の変化は困難と言われている。しかし、現世ではだれでも全霊界と通じているので、自分の想念次第で霊質を上げることが十分に可能である。

 

そうしたことを王仁三郎は、次のように述べている。>

・ 「全ての人は、死して後、天国浄土に昇りに行く。無限の歓喜に浴すべき、人間特有の資質なり。暗黒無明の生活を送るものほど悲しみの深きものこそ無かるべし。

第一、 死後の生活に対して無知識なることは、悲哀の中の悲哀なり。」

 

一滴の露に全宇宙が含まれている

・ 量子物理学がきわめつつあるプランクの定数で境界となる「ミクロ空間」でそこに見られる多くの量子現象がある。それは、スウェデンボルグのいう「この世の周囲全てが霊界で取り囲まれている」と反するのではないかと思われるかもしれない。だが、そうではない。「我々から見る宇宙は“同化の原理”によって本来のマクロがミクロへ、ミクロがマクロへと逆転裏返しになっている」のである。

 

・つまりスウェデンボルグが言う大霊界が、ミクロ個々の素粒子へと収斂されて、逆にこの世が宇宙全体へ非局所的に広がってしまうことになる。これが「1個の素粒子が宇宙全体へ非局所的に広がっている」という量子物理学におけるミステリーでもあったわけである。

 

果て無き宇宙の秘密は「是故空中」にあった

・ 我々の体や周囲の物質すべての実体は、10万分の1を上回るスケスケの隙間だらけであり、その隙間は常に空間で満たされている。言い換えれば、空間は万物の中をいとも簡単に通り抜けていることになる。

 

・物理学者たちが発見した多くの素粒子の中でも最も幽霊的なものは、ニュートリノだろう。ニュートリノは、1930年にノーベル物理学者のパウリによって存在が予言され、1956年に初めて発見された空間(のゆらぎ)から最初に物質化される現象がニュートリノだと思えばよい。

 

ニュートリノが幽霊的というのは、物理的な属性をまったく欠いているからである。電荷も磁場も持たず、重力にも影響されず、なんら他の粒子にも影響されない。

 

・どんな硬い物質中でも、中級の硬いコアすら何もない空虚な空間のように光速度で突き抜けてしまう。こうしている今も、何億と言うニュートリノがあなたの頭蓋骨や脳の中をシャワーのように通過しているのだ。

 

ニュートリノの目を通して私達の物質世界を眺めてみると、極めて特殊な変わった世界に見えるはずである。地球や我々など存在していると言うよりも、薄い靄のような集合体にしかみえないだろう。「般若心経」が「是故空中」と教えていたように、我々万物が確かな存在体のようだが、実は蚊柱のようにうごめいていて存在する影のごときものだったのである。

古典物理学の時代から「統一場理論」というものが叫ばれてきた。これは読んで字のごとく、宇宙を統一する場の追及が科学者たちの懸命な努力や追及にもかかわらずいまだになされていない。

 

・もうおわかりかと思うが、「宇宙を統一する場」の正体は、「般若心経」の「空」そのものだった。「般若心経」は「色即是空、空即是色」「色不異空、空不異色」と鮮やかに喝破していた。

 

“死後の世界”には、この世では比較できない、想像を絶する多様な生命体と階層が存在

ギャラップが行った「死後の世界」の世論調査

・それによると、臨死体験の発生率は、全米の成人人口の5%に達し、800万人に起こっていると集計されている。

 

死後の世界の特質

1、この世の社会構造は、同じ階級や性質の人たちが集まって作られるが、死後の世界も基本的に同じである。しかし、この世では比較できない、想像を絶する多様な生命体と階層が存在する。

 

2、 最上階には、神と同じレベルにあるもの、その手助けをしている天使レベルの存在、通常のレベルから悪霊(地獄界)のレベルまで、多岐に渡っている。そして、この世は、それら霊界全体の階層レベルから肉体を持った物質として送り込まれてきた世界である。

 

3、 あの世では、霊界全てを支配する生命体から様々な天使や通常の霊人まで、画然とした完全な権威と服従と言う階級がある。その階層によって、様々な能力が付与されている。

 

4、 中間レベルの霊界でも、皆が次のような能力を持っている。知覚力(五感)が人間界とは比べられないほど鋭敏になり、念じるだけで、どこにでも瞬間的に移動できる能力。時間と空間に束縛されない能力。常に奉仕の精神と愛に満ち互いが助け合い、育てあう精神に徹しているなど、霊界は我々も想像もできない超能力を持つ人たちの集団世界である。しかし、下層のレベルの霊界になるほど、能力は低下する。

 

5、 ギャラップが、面接調査を行った5人に一人は、死後の世界でも果たさなければならない責任(仕事)があると答えている。主なことは現世で生きている人間に力を貸したり、助けること。それは、霊人が、霊的に成長できるひとつの手段でもあり、債務でもある。

 

6、 ギャラップが面接調査を行った10人に1人,約230万人が「霊界にいる人は、この世の人間の精神的な要求に応じて、力を貸すことが出来る」と言っている。これは霊界の住人がこの世の人々に慰めや人生案内、多くの災いから守る守護霊として手を貸すことが出来ると言うことである。

 

7、 重要なことは、霊界は神のレベルから悪魔の支配する地獄界レベルまで、明確に階層に分けられており、この世の肉体生活における精神成長のレベルによって、自分が適応する霊レベルの割り振りが確定されることである。それは微塵の狂いもなく行われ、現世での行いは霊界に入った途端にハイスピード映画のように再現される。

 

 

 

『いま二人が一番伝えたい大切なこと』

 (船井幸雄中丸薫)(徳間書店)2007/3/20

 

 

 

セドナの町・ベルロックの内部にクエンティンさんがいた ⁉

セドナの町一帯というのは、特殊なエネルギーの充満するパワースポットとして有名です。UFOの往来が多くて、全町民が至近距離で見ているので、これを疑う人は1人もいないということです。

その赤い土壌の下には、クリスタルからなるレムリアの都市、星とつながる古代の出入り口、があると信じられているそうですが、なんといってもその中心は、ベルロックです。

これは、巨大な「空飛ぶ円盤」形をした丘状の岩石層で、このベルの形をした岩石の内部に何か仕掛けがあるらしく、マゴッチさんは1987年の2月、この丘のメディスン・ホイールに近づくと突然足の下が抜け落ち、内部に引っ張り込まれます。

そこには、クエンティンさんが待っていて、ここで本を著すための集中講義を受けたことを報告しています。

マゴッチさんは、クエンティンさんのベルロックでの集中講義の後、現実と見間違えるほどの完璧な幻影をつくり出す全感覚環境のホログラフィー型映像「ホロドラマ」方式によって現実以上の擬似体験を通した学びのプロセスをも体験しています。

 

 

 

『般若心経の宇宙論

コンノケンイチ)(学研)   2006/11

 

 

 

スウェデンボルグが伝える霊界の構造

・この世とは、霊界と言う広大無辺な空間にぽっかりと浮かんでいるひとつのゴムの玉のようなもので、このゴムの玉であるこの世の周囲は、すべて霊界で取り囲まれている。しかし、実は、ゴムの玉も一種の霊界で、周りの他の全ての霊界がこの世に染み込んでいる。この世以外の全ての空間は完全な霊界なのだが、ゴムの球の中だけは、例外的に物質界と霊界のふたつの世界が同じ空間に共存している。だが同じ空間に二つの物質が共存することも出来る。空間の性質が違うだけなのだ。

有界(幽界)は、この世の背後にぴったり寄り添って実在している。それは金貨の表と裏のようなもので、本来は別々の世界ではなく、一つの世界なのである。そして、中有界とこの世は、それを含めた別の大きな世界の一つの部分なのである。

 

・人間の生命の源は、霊界の太陽で、常に人々の正面に輝いている。霊界では、あらゆるものが、意識を有し、特に人の意識が強く関わり干渉しあっている。この世の人の意識も霊界へ影響を与えているが、それ以上に霊界の意識のエネルギーは、この世に強く干渉している。

霊界では、距離やスピードと言う観念は存在しない。人の意識は、瞬時に伝わり、行きたい場所を意識するだけで瞬時に移動できる。

 

大霊界を大まかに分類すると、「天国界」「精霊界」「地獄界」の3つに分類される。またそれが同じように3つの世界に分かれ、下層に行くほど凶悪な霊の住む恐ろしい世界になる。

どの霊界に行くかは、あなたの本性次第となる。

天国界、精霊界、地獄界のそれぞれは、力の均衡によって保たれている。

 

・人間が死後に霊界で幸福な生活に入るのも、逆に地獄界に入るのも、その人の生涯の報酬や罰として入るのではない。自分の霊質に合致した霊界にはいるのである。人間だったときの意識と記憶はそのまま、死後に永遠の生を送ることになる世界のほとんどを決めてしまうのである。

 

 

 

スピリチュアリティの興隆』

(島園進)(岩波書店)(新霊性文化とその周辺)2007/1/24

 

 

 

ロバーツを通して語りかけた主要な「エネルギー人格本質」は「セスSeth」とよばれるエンティティである。>

ジェーン・ロバーツとセス本

・このニューエイジ運動の重要な一角に「チャネリング」と呼ばれる現象がある。過去の人物や異星人などの諸存在(霊)が乗り移って高次のリラリティや進化した意識状態からのメッセージを伝える。傾聴に値するメッセージを伝えることができるのは「チャネラー」と呼ばれる、その人物自身、意識変容を体験し次元の異なる進化した意識にチュウーニングできるからに他ならない。

 

・このチャネラーとして絶大な人気を博し、その後に次々と輩出するチャネラーたちの元祖と見なされているのが、ジェーン・ロバーツ(1929-84)である。ロバーツを通して語りかけた主要な「エネルギー人格本質」は「セスSeth」とよばれるエンティティである。

チャネリングの内容を書物とした「セス・マテリアル」や「セスは語る」などの「セス本(セス・ブック)」は、世界のニューイジャーが愛読するロング・セラーとなった。

ロバーツの死後もセスとロバーツの読者たちのネットワーク(世界30カ国にわたると言う)は続いており、季刊誌を刊行したり、ワークショップを行う「セス・ネットワーク・インターナショナル」(SNI)という非営利団体オレゴンで活動している。

 

・このセス(Seth)は、旧約聖書カインとアベルに続く、アダムの第3子とされ、ノアを通して後の全人類の祖となるはずのセト(セツ)と同一名であり、キリスト教ユダヤ教の中ではさほど大きな役割を果たすことがない、このセトは、イエスの原型と位置づけられるなど、グノーシス文献の中ではしばしば重要な役割を果たしており「セツ派」という一派の実在も想定されている。

 

・セスは、またエジプトのオシリス神話のセトを指す語とも同一であり、輪廻の教えをはじめとして、「古代の文書」に由来する諸思想に強い関心を示すロベーツのチャネリングが、セスの語りとして示めされるのは奇異なことではない。ロバーツは古代ヘレニズム世界で注目されたこの「セス=セト=セツ」を再び、グローバル世界の人気者として呼び戻したと言えよう。

 

 

 

『真・霊界伝』

(中矢伸一)(徳間書店) 1993/2

日月神示とスウェデンボルグが明かす霊界の真相)

 

 

 

天国はどんな所か

・まず、代表的と思われるスウェデンボルグの手記を天国から見てみよう。

彼がある導きの霊により案内され、見せられた天国界にあると思われる領域の記述である。

 

・私は、この世にいたときでも、今自分の目の前にある光景ほど美しいものを見たことがなかった。そこは、彼の言う上世界(天国界)で、私は、今そこに連れて来られ、大きな宮殿とそれを取り囲む町へ来ていた。

その宮殿は、この世の言葉ではとても表すことの出来ない壮大で華美を極めたものであった。また、これに比べることのできる立派な建造物は、とてもこの世にはあり得ない。金の瓦でふいたと思われる光を放ち、また壁面や庭は全て色とりどりの美しい宝石で作られているとしか思えない。宮殿の内部の部屋や廊下などの装飾にいたっては言語に絶する素晴らしさであった。

宮殿の南側には、まさに楽園と言うべき庭園が開け、そこにある全てが宮殿と同じように光輝くものばかりであった。庭園の中には、銀のような樹木に金のように輝く果実がついていたり、花々の見事さは見るものを天にも昇らせる心地をさせるほどのものであった。

 

・ 宮殿の周囲の町には、霊たちが住んでいたが、その町も霊たちの住居も宮殿に劣らず、立派なものであった。住居でも多くの室があり、奥の間、寝室などもあった。住居の周囲を囲む原には花あり庭あり樹木ありで、また田圃もあった。

霊たちの住居は、都会のように配列され、道々もまたよく整って美しい町を造っていた。霊たちの衣服も雲のように白く輝くものであった。

宮殿も町も光に満ちて明るく霊たちの顔も至福に輝き、彼らの目には高い理性と悟りを示す輝きがやどっていた。

(スウェデンボルグの霊界からの手記)

 

 

精霊界は、少なくとも精霊たちの意識のうちでは人間界と少しも変わらないところだと言ってよいくらいに似ている。>

<霊界の全てが分かる十の絶対法則>

1、 私達は、すでに霊界でも生きている。

2、 霊界で起きることが、時をおいて現界に移るとされる。

3、 霊界とは、個人の意志想念の生み出す世界である。

4、 個人の想念に応じて無限の領域が存在する。

5、 霊界では、似た者同士が相交わり集まって団体を形成している。

6、 霊界には、時間と空間の区別がない。

7、 霊界には無限の階層があり、その高低は神に近いか遠いかで決まる。

8、 神より遠い霊界は、まもなく消滅させられる。

9、 人類に降ろされる終末予言は、全て霊界に端を発している。

10、 私達は、生きながらにして、霊質を上げることが可能である。

 

死んでまず行く「中間界」とは

死んだ直後に置かれる中間界では、肉体を持っていた時とほとんど感覚的な変化がない。そのことは、スウェデンボルグもこう書いている。

 

・精霊界は、少なくとも精霊たちの意識のうちでは人間界と少しも変わらないところだと言ってよいくらいに似ている。そのため、まだ自分が人間として生きているのだと錯覚している精霊は非常に多く、精霊界に導かれる前に、導きの霊によって精霊になったことを教えられるはずなのだが、こんなことも、いったん精霊界に入るとすぐに忘れてしまいがちなのである。精霊界があまりに人間界と似ているため、自分は死んだと思ったのに、まだもとと同じように生きていることに驚く、精霊も大変に多い。そして、この中には精霊界と人間界の類似に驚くものと、死んだと思った自分が生きている不思議さに驚くものの、二通りがある」

(スウェデンボルグの霊界からの手記)

 

・家の建造方法では、言い換えれば、造り手自身の精神を原料として造ったものだと述べている。

 

 

 

『楽園』(追想の彼方へ)

(真野隆也)(新紀元社)1996/8/1

 

 

 

ニューエルサレム

・ 聖書「ヨハネの黙示録」によれば、神は“最後の審判”によって、死んだ人間も生きている人間も全て、裁かれるとされる。その際、“生命の書”にその名前が記されていない者、つまり、生前に悪行を犯した者たちは、火の海に投げ込まれる。そして、復活を果たした人々には新たな都に住むことが許されると言うのである。その都の名前は、“ニューエルサレム”である。「・・・・聖なる都ルサレムが神のもとを離れて、天から下ってくるのを見せた。都は神の栄光に輝いていた。その輝きは、最高の宝石のようであり、透き通った碧玉のようであった。都には、高い大きな城壁と12の門があり、それらの間には12人の天使がいて、名が刻み付けてあった」 (ヨハネの黙示録

 

ヨハネによるとこの都の大きさを計ったところ、長さ、幅、高さとも2220キロ、城壁はおよそ65メートルの高さだったと言うから相当に大きなものだ。しかも美しさも並大抵ではない。城壁は碧玉、都全体は、透き通ったガラスのような純金で作られているという。この都には、太陽も月も必要がないほどに“神の栄光”が照らして光り、夜が存在しないのである。神の玉座からは、水晶のように輝く“生命の水”が川となって都の大通りの中央を流れ、その両岸に“生命の木”があり、年に12回も実を結ぶと言う。木の葉は病気の特効薬でもある。もちろん、この都には、“汚れた者、忌まわしいことと償いを行う者”たちは、決して入ることができないという。

 

未来に出現する第2のエデン

キリストの都

新約聖書外典である「パウロの黙示録」にも、この楽園について記されている。

「私は、その土地を眺め回した。すると、一本の川があり、乳と蜜とが流れており、また、川岸には実のいっぱいになった木が植えてあるのが見えた。・・・私はまた、その場所の被造物、神のあらゆるわざを見た。20キュビト(約9メートル)の高さ、10キュビト(約4.5メートル)の高さのしゅらん(柑橘類)が見えた。この土地は、銀の7倍も明るかった。また根元から梢にいたるまで、1万個のしゅらん(柑橘類)の実をいっぱいにつけた木々があった。ブドウの園には、1万本の葡萄の木があり、各枝には1万個の房があり、各房は数千の実をつけていた。おのおのの木には幾千もの実をつけていた」(パウロの黙示録)

 

このあとパウロは、天使に案内されて、“キリストの都”を見学している。都は、アケロン湖の中にあり、誰でも入れるわけではない。ただし改心して悔い改めたものは、大天使ミカエルによって、この湖で洗礼を受けて、キリストの都へ連れて行かれる。湖を渡るのは、黄金の船が使用される。

都は黄金で作られ、12の門がそれを取り囲み、中には12の塔が見えた。さらに都を囲んだように4つの川があった。蜜の川、乳の川、オリーブ油の皮、ぶどう酒の川である。このキリストの都でパウロは多くの聖者たちが暮らしているのを見たと言う。

 

一般にキリスト教における天界は7層になっているとされているが、この“ニュー・エルサレム”は地上の最も近い点とされて、巨大なエレベーターのように地上に降りてくるのだという。これが、キリスト教徒にとってのいわゆる“約束の地”なのである。天がしずしずと地上に降りてくるというのは、いかにも壮大なイメージを想起させるものである。