日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-02-01から1日間の記事一覧

気づいている人は多くはないかもしれないが、われわれの生活はつねに“戦争”のもとにある。社会的意思を押しつけるための暴力行為としての戦争は、けっしてなくなることはないだろう。(8)

・日本の防衛政策や自衛隊のことを私たち一般人にも分かりやすく説明しているといわれます。ニュークリア・シェアリングの問題は注目されました。核装備の世論もここ10年で大きく変化してきているようです。米国でも大統領候補の選挙中のトランプ氏が、韓国…

気づいている人は多くはないかもしれないが、われわれの生活はつねに“戦争”のもとにある。社会的意思を押しつけるための暴力行為としての戦争は、けっしてなくなる(7)ことはないだろう。

・日本の核装備に言及する知識人が増えてきています。まだ、タブーにふれたくないという政治家が多いようです。選挙民の反応を考えるからでしょうか。趨勢としては世界の発展途上国でも核兵器の保有に動くことが予想されているそうです。「核には核を」とい…

気づいている人は多くはないかもしれないが、われわれの生活はつねに“戦争”のもとにある。社会的意思を押しつけるための暴力行為としての戦争は、けっしてなくなることはないだろう。(6)

<●●インターネット情報から●●> <清水幾太郎> その60年安保にかけての時期、安保条約反対の論陣を張った清水幾太郎(社会学者)という人物がいる。安保改定後は急速に「右転回」して、1980年9月に『日本よ国家たれ――核の選択』(文藝春秋社)を出版。日本…

気づいている人は多くはないかもしれないが、われわれの生活はつねに“戦争”のもとにある。社会的意思を押しつけるための暴力行為としての戦争は、けっしてなくなることはないだろう。(5)

『2014年、中国は崩壊する』 宇田川敬介 扶桑社新書 2012/6/1 <下層民衆の反乱によって中国は崩壊する> ・下層民衆が中心となって中国共産党政府と対立し、欲望のまま拡大主義を自主的にすすめると予測している。現在の体制が続く限り、よほど画期的な改革…

気づいている人は多くはないかもしれないが、われわれの生活はつねに“戦争”のもとにある。社会的意思を押しつけるための暴力行為としての戦争は、けっしてなくなることはないだろう。(4)

『米中軍事同盟が始まる』 アメリカはいつまで日本を守るか 日高義樹 PHP 2010/1/5 <2012年、オバマ大統領が再選されれば・・・・> ・オバマ大統領はアメリカ国民の30数パーセントを占めるようになった黒人とヒスパニック系の支持を背景に、ブッシュ前大統…

気づいている人は多くはないかもしれないが、われわれの生活はつねに“戦争”のもとにある。社会的意思を押しつけるための暴力行為としての戦争は、けっしてなくなることはないだろう。(3)

『日本人が知らない「アジア核戦争」の危機』 日高義樹 PHP 2015/7/22 <中国の核戦略思想は危険である> ・アメリカ国防総省は中国の宇宙兵器とサイバー攻撃に強い関心を示し、全力を挙げて対抗しようとしているが、とくにこの宇宙司令部は、中国のアメリカ…

気づいている人は多くはないかもしれないが、われわれの生活はつねに“戦争”のもとにある。社会的意思を押しつけるための暴力行為としての戦争は、けっしてなくなることはないだろう。(2)

新版『ラルース 地図で見る国際関係』 現代の地政学 イヴ・ラコスト 原書房 2016/12/22 <「地政学、それはまず戦争をするのに役立つ」> ・「地政学、それはまず戦争をするのに役立つ」。これは1970年代末に発行されたイヴ・ラコストの著書のタイトルで、当…

気づいている人は多くはないかもしれないが、われわれの生活はつねに“戦争”のもとにある。社会的意思を押しつけるための暴力行為としての戦争は、けっしてなくなることはないだろう。(1)

『国際社会を支配する地政学の思考法』 歴史・情報・大衆を操作すれば他国を思い通りにできる ペドロ・バーニョス 講談社 2019/12/12 <地政学と地政戦略学> ・西洋諸国の悲劇とは、自由民主主義国家に恒常的な戦略がなく、戦略と戦術が混同されていること…