日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-01-09から1日間の記事一覧

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(11)

・牛神と龍神との争いが古代のスター・ウォーズというのですが、モンスタータイプの異星人が神々の役割をしていたのでしょうか。牛神というのは鬼やモーゼのように頭に二本の角が生えていたのでしょうか。モンスタータイプの異星人も種類が多いそうです。動…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(10)

・天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人の存在は、米国のチャネラーからの情報により、もたらされているそうです。人間死後の世界、天国のような異次元世界に出入りできる超テクノロジーを“はるかに進化した異星…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(9)

・「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうです。超太古からの堕天使と神との争いも時空を超えて、想像を絶する程度のようです。「オリオン星雲で60万年続くオリオン戦争で、これは何億ものポジティブな人間型生命体とレプティリアンと呼ばれるネガティブなヒト…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(8)

図解雑学 『日本の妖怪』 編集者 小松和彦 ナツメ社 2009/7/17 <妖怪はいつの時代・どこの国にも存在> ・妖怪は、人間がそこにいる限りいつの時代・どこの国にも存在している。人知を超えた出来事に感じる畏れや、世の中の変動に伴う不安、共同体の裏側に…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(7)

<ナチスの手に渡った円盤開発の技術> <古代文明を滅ぼした核兵器の存在> ・古代インドの叙事詩『マハーバーラタ』には核兵器を思わせる兵器が登場することを、先に紹介した。インドには信じられないほど強力な兵器にまつわる話が多く伝えられている。 バ…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(6)

<世界をまるごと破壊する最終兵器> ・したがって、名称の違いは、たぶん兵器の種類やスケールの差とか、原爆、水爆、中性子爆弾といったような製造原理の違いを意味しているのだろう。 前述したアルジュナが魔神族の空中要塞を吹っ飛ばした破滅兵器とは、…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(5)

『天国の真実』 マシューブック1 マシューが教えてくれる天国の生活 スザン・ワード ナチュラル・スピリット <パートナーシップ> (スザン)同性愛のパートナーは、両者が望めばニルヴァーナ(涅槃・天国)でもそのつながりを継続できるの? (マシュー)…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(4)

『図説 奇形全書』 マルタン・モネスティエ 原書房 1999/9 <両性具有> ・庶民の言葉や医学の俗語はときに、いくつかの用語を混同して使用しており、それがある種の人々の正確な呼び方を困難にしているため、その心身の特徴が誤って定義されている。ゲイは…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(3)

『死後の世界の観光案内』 ひろさちや ごま書房 1983/5 <天上界めぐり 美酒をくみ天女と遊ぶ虹の快楽園――> <須弥山の中腹から天上界は始まる> ・天上界は、世界でいちばん高い山“須弥山”の中腹から始まる。山頂までの天上界が“地居天”であり、それより上…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(2)

<昔より生まれ変わるサイクルが早くなっている> ・その後も、松尾先生は折りにふれて宇宙と交信されています。 ・「肉体は、いわば『地球服』で単なる器です。体を抜けたら痛みも恐怖も何もなく、おだやかなる静寂があるのみです」 ・地球は、さまざまな宇…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(1)

『金融再起動』 旧体制の崩壊から世界大革命へ ベンジャミン・フルフォード 秀和システム 2019/4/26 ・今、我々は、後世、歴史の教科書に、「あの時、人類の未来が変わった」と必ず書かれることになる“大変革”の最中にいる。かつて、ネイサン・ロスチャイル…