UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

プレアデス星人はタイムトラベルさえも簡単なようで、恐竜が生息していた時代や古代エジプト時代、キリストのいた時代をマイヤーは旅したという。(2)

 (3)普通の人

・これはサイキック的に発達していない人である。睡眠中はアストラル体で漂って居るが、多かれ少なかれ無意識状態のことが多い。深く熟眠中はこの人達のアストラル媒体の高級本質は肉体から常に出て行き、肉体のすぐ近くをさまよっているが、全く進歩していない人々の場合はその肉体と殆んど同じように実際には熟睡している。

 (4) 黒魔術師とその弟子

・このクラスは最初のアデプトとその弟子のクラスと似た所がある。異なる所は善ではなく悪のために開発が行なわれ、得られた力は人類の福祉のためではなく、全く利己的に用いられることである。

 <死者>

・先ず第一に、「死者」というこの名称は、全く、誤ったよび方と言わねばならぬ。この項目のもとに分類されているものの、多くは我々自身と同じように完全に生きているからである。だからこの言葉は単に、しばらく肉体から遊離している者達という意味に理解せねばならぬ。これは10の主なクラスにわけられよう。それは次の通りである。

 (1) ニルマナカーヤ

・涅槃の永続的な楽しさを享受する権利をかち得られたが、人類の仕合せの為に働こうと自らを捧げ、その権利を放棄されたお方である。

 (2)輪廻を待つ弟子

・弟子が或る段階に達すると、自分の大師のお助けで、普通の場合には人間がアストラル生活を終えると天界にはいるという自然の法則の作用から逃れることが出来ると、度々、神智学書では言われている。

 (3)死後の一般人

・このクラスの人々はこれまで述べてきた人達よりも何百万倍も多いことは言うまでもない。そしてこのクラスの人々の性格や状態は非常に広大な範囲に亘って様々である。アストラル界での生命の長さも同じように様々で、2、3日か2、3時間しかそこに居ない人々もいるし、何年も、何世紀もこのレヴェルにとどまる人達もいる。

 ・死の経過の第一歩に、先ず肉体を脱ぎ捨て、殆どそのすぐあとにエーテル複体を脱ぎ捨てる。そして出来るだけ早くアストラル体即ち欲望体も脱ぎ捨て、自分の霊的熱望が完全な実を結ぶ唯一の世界、天界にはいって行くことが予定されていることを理解せねばならない。高尚で清い心の人は天界に早く入ることだろう。

 死後は誰でも天界への途中、アストラル界のあらゆる部分界を通って行かねばならぬ。

 ・アストラル界の最低レヴェルで、普通に意識が目ざめている人達だけが、欲望が粗野で獣的である。例えば、酒飲みや好色家等のようなものである。

 ・第3部分界に達する頃には、この特長はアストラル界に実際にあるものを見ているということに、全く代ってしまっている。なぜなら、アストラル界では人々は自分自身の想像の町に生きている――つまり、天界の場合のように、全く自分自身の思いで各人が進化しているのではなく、前の人達の思いで造られたものをうけつぎ、これに自分の思いを加えているに過ぎない。降霊会で度々説明されている、教会、学校、「サマーランドの家」があるというのはこのことである。だが、その教会や学校や家は喜んでつくった者達には本ものであり、立派なものに見えるだろうが、偏見のない、生きている観察者には真実でも立派でもない。

 第2部分界は特に利己的で霊的でない宗教家のいる所のようである。

 ・前にも説明したように、空間という観念とこれら部分界とは一緒にして考えるべきではない。これら部分界で働いている死者はイギリスからオーストリアに容易に行くことが出来るし、又はふと行きたいと思ったところへもすぐに行ける。しかし、じぶんの意識を一つの部分界からその上の部分界に移すことは、すでに説明した分離の過程が完成するまでは出来ないのである。

 ・死者が霊媒を見つけることが出来なかったり、霊媒の利用の仕方が分からない時には、自分自身で接触しようと、不器用な下手な努力をすることがある。

 (4)亡霊

・本質の分離が完了すると、その人のアストラル生活は終る。そして、前に言ったように、メンタル界に移行する。しかし、死ぬ時、物質界に肉体を残すように、アストラル界で死ぬ時は崩壊しつつあるアストラル体を残して行くのである。

 ・亡霊の生命の長さは、それを活気づけている低級マインドの量によって様々であるが、これはいつも消え去って行く過程にあるので、亡霊の知性は、或る種の動物的な抜け目のなさはあるかもしれないが、着実に消えて行くものである。

 (5) 魂殻

・これは、マインドのあらゆる分子が去ってしまったあと、アストラル体分解のずっとあとの段階での単なるアストラル死体にしか過ぎない。

 ・こうして、この世から天界に進む連続的な段階で、人間は少なくとも3つの死体。つまり、濃密な肉体、エーテル複体、アストラル媒体を脱ぎ捨て、ゆっくりと分解するに任せるということが解るだろう。この3体すべて、段々とその構成要素を崩壊し、その資質は大自然のすばらしい化学によって、各々の世界で改めて活用されるのである。

 (6) 活気づけられた魂殻

・厳密に言えば、これは「人間」の項目に入れるべきではない。何故ならば、これはかっては人間の付属物であった、受身的な感覚的な殻、外側の衣にすぎないからである。

 (7) 自殺者及び不慮の死の犠牲者

・十分に健康で力強いのに、事故か自殺で、急に肉体生命から引き裂かれる人は、老衰や病気で死んだ人達とかなり違う状態でアストラル界に来るものである。老衰や病気で死んだ人の場合には、この世的な欲望の保持は多少弱くなっているのは確かである。おそらく最も濃密な分子はすでに除かれているので、その人はアストラル界の第6か第5にいるようである。或いはもっと高い部分界にいることもある。その人の諸本質は徐々に分離の用意がされたので、ショックはそう大きくない。

 事故死や自殺の場合にはそのような準備が出来ていないので、肉体から諸本質を分離するには、未熟な果物から種子を引き離すのにたとえられる。その人格のまわりにはまだ、濃密なアストラル資質がくっついており、それでアストラル界の最低界、第7部分界に留まることとなるのである。

 (8) 吸血鬼と狼人間

・我々のこの題目を完了する前に述べねばならぬものが2つ残っている。それは前のよりはもっと恐ろしいものであるが、幸いにもあまり沢山いる可能性はない。これらはいろいろな面で大変違うがおそらくはこの2つを一緒にした方がよい。彼等は2つともこの世のものとは思えぬ恐ろしい性質をもっているが、ごく稀なものだからである。

 だが、今でも時々、ロシアやハンガリーのようなように第4人種の血が比較的流れている国では、その例が見られるのである。

 (9) 灰色の世界の人間

・吸血鬼と狼人間が前時代の遺物であり、もっと前の根本人種の進化に属していたことをすでに説明して来た。しかし、我々は前時代の根本人種のあらわれの特別な形体を越えて進歩して来たが、別の生活があるという確信がないために絶望的に物質生活にしがみついているタイプの人がまだ我々の間にいる。

 (10) 黒魔術師とその弟子

・これは「死んだもの」の第2のクラスの「再生を待つ弟子」と同程度のものである。しかし、この場合、進歩の並はずれた方法を選ぶ許しを得るかわりに、黒魔術師やその弟子は魔法技術によりアストラル生活で自活することで進化の自然の過程を無視している。—―これは往々にして最もおそろしい性質である。

 <人間でないもの>

・人間でないものをまとめる最も便利な方法は4つのクラスに分けることだろう。—―この場合、前のようにクラスは小さい部分ではなく、普通、自然の大界を少なくとも例えば、動物界、植物界のように大きく、分けるのである。このクラスのあるものは比較的人間より下にあり、或るものは人間と同等であり、他のものは善と力の点で我々より上の位置にある。或るものは人間の進化系統に属している――つまり彼等は我々のように人間であったか、人間と似ているものである。他のものは我々人間とは全く違った線で進化している。

 (1) 我々の進化に属しているエレメンタル エッセンス

・この論説では、エレメンタル エッセンスとは単に、進化の或る段階中のモナディック エッセンスに用いられている名称に過ぎないことを理解しよう。モナディック エッセンスとは霊即ち神の力の物質の流出と定義するのがよかろう。

 (2) 動物のアストラル体

・これは非常に大きなクラスであるが、普通アストラル界には短時間しかとどまっていないので、特に重要な位置は占めていない。

 (3)凡ゆる種類の自然霊

・このクラスには非常に沢山の、様々な種類があるので、この題目だけの独立した論文にする方が、公正であろう。

 ・中世紀の本では、土の霊はノームといわれ、水の霊はアンダイン、火の霊はシルフ、エーテルの霊はサラマンダーといわれている。一般には次のようないろいろな名前で知られている。

 妖精(フェアリーやピックス)、小妖精(エルフやブロウニー)、仙女(ペリ)、小人(トロール)、半人半獣の森の神(サタ)――馬の耳と尾を持ち、酒と女が好きで、酒の神バッカスの従者。林野牧畜の神(フォーン)、小妖魔(コボルド、半人半山羊でみだらな性質をもつ)、インプ(小鬼、悪魔の子供)、妖魔(ゴブリン)等といわれている。これらの名称の或るものは1種類にだけもちいられているが、多くはすべてのものに無差別につかわれている。

 彼等の形はいろいろあるが、多くの場合、人間に似ており、大きさがやや小さい。アストラル界の殆んどの住民のように、彼等は思いのままにどんな姿をとることも出来るが、確かに自分自身の明確な形体を持っている。或いは他の形体をとる特別な目的のない時にまとう気に入りの姿と言う邦画よいかもしれない。普通の状態では彼等は全然肉眼には見えないが、見られたいと思う時には物質化によって姿をつくる力を持っている。

 彼らには非常に沢山の種類があり、人類の場合のように知性や性質が一つずつ違う。

 (4)デヴァ

この地球に関係のある進化の最も高いものは、我々の知る限りではヒンズー(ヒンズー教を奉ずるインド人)がデヴァと呼んでいるものの進化である。デヴァはほかの場合では天使とか神の子等といわれているものである彼等は人類のすぐ上にある世界にいるものと考えられている。人類は動物界のすぐ上の世界にいるのであるが、人類と動物には重要な違いがある。つまり、我々の知る限りでは動物には、人間界以外の如何なる世界への進化の可能性もないが、人間は或るレヴェルに達すると、自分の前に開けているいろいろな前進の道があることを知るのである。このすばらしいデヴァ進化もその一つである。

 ニルマナカーヤの崇高な放棄に比べると、デヴァの進化路線を受入れることは、いろいろな本の中に「神となる誘惑に負けること」と書かれているが、デヴァの道を選んだ人には何か非難すべき影がある等とこの言葉から推論してはいけない。

 <人工的なもの>

・これはアストラル存在物の最大クラスであり、人間にとって最も重要なものである。全く人間自身の想像物であって、最も密接なカルマ的なつながりとその人への作用によって、その人間と互いに関係し合っている。それは半知性的存在の未発達な巨大な集団であって、人間の思いが違うように様々であり、実際に分類とか整理のようなことは出来ない。普通行うことの出来る唯一の分類は人類の大半によって無意識につくられた人工的四大霊と、明確な意図をもって魔術師によって作られたものとの違いによるものである。

 (1) 無意識につくられた四大霊

・普通の人間の思いは主に自分自身にさしむけられるので、出来上がった人工霊はその人のまわりをうろついており、常にその人工霊があらわしている考えの反復を挑発する傾向がある。

 (2) 意識的につくられたエレメンタル

・明確な、有能な守護の天使がこのような方法で与えられることがある。だが、このような決定的な介入が1人の人の人生にカルマが許すのはおそらく稀なことである。

 ・極めて悪性で力のある人工的エレメンタルをつくる技術はアトランチスの魔術師の専門の一つだったようである。つまり、「暗黒の顔の君達」の専門であった。

 (3) 人的人工霊

・だが、確かに人間ではあるが、今までの所、普通の進化のコースからはずされており、全く、それ自体の外部の意志によってつくられたものなので、おそらく人工的なものの間におくのが最も自然であろう。

 <現象>

・幽霊は、今、述べたことの好例である。厳密な意味ではないが、幽霊という言葉は普通アストラル界の殆どの住者に対して使われている。心霊的に進歩した人達は絶えずこのようなものを見ているが、普通の人が、普通の表現での「幽霊を見る」場合には次の2つの事のうちの1つが起こっているに違いない。つまり、幽霊が物質化したか、幽霊を見たという人が一時的なサイキック知覚の閃きを得たかの何れかである。もし、これらのことはいずれもありふれたことではないという事実がなかったら、我々は生きている人に会うと同じように、町で度々、幽霊に会うことだろう。

 <我々の惑星チェーン>

・人類が地球上で関係を持っている生命波の仕事は、第4図をよく見れば解るだろう。生命波はその成長の為に、太陽系の7つの惑星が必要なのである。それらの中3つは物質の惑星で、それは、地球、火星、水星であるが、あとの4つは眼には見えぬ惑星である。これらの4つにも眼に見える

惑星と同じように、太陽のまわりをまわっているが、その惑星の資質は、超物質的なものである。

 ・第4図の地球をあらわしている部分をよく見ると地球は、アストラルと、低級メンタルと高級メンタルの外皮でとりまかれた物質で出来ていることが解る。高級で希薄なものが、それよりも濃密なものの中に浸みこむことはいうまでもない。だから、アストラル資質は地球の表面の何哩も上の方に拡がっているだけではなく、地球の中にもしみこんでいるのである。同様にメンタル資質の外皮もアストラル界と物質地球にしみこんでいる。地球のまわりにあるアストラル外皮と地球にしみこんでいるアストラル資質がアストラル界である。低級メンタル資質は低い天国であり、高級メンタル界は高い天国をつくっている。勿論、図では示されていないが、ブディー、アートマ及びそれよりも高級な資質でつくられる高級な界にも同じことがいえるのである。

 ・物質天体である同じ型の火星も、アストラル外皮と、低級高級メンタル資質の外皮をもっている。物質天体の火星にしみこんでいるアストラル外皮は、火星のアストラル界である。しかし、この火星のアストラル界は、地球のアストラル界とは全く違っている。その上太陽系の空間の中では、地球と火星の間に物質的な種類の連絡はあまりない。それと同じように地球のアストラル界と火星のアストラル界の間にも連絡はない。火星にも、低い天国と高い天国がある。全く同じことが水星にもいえて、水星にも水星のアストラル界、低級メンタル界、高級メンタル界がある。

 

 『不可視の王国≪アストラル界』へ行こう』 

By ペガサス  ヒカルランド   2013/9/17

アセンションへの超導き

これであなたも「念エネルギー取り扱い方」マスターレベル

次元変革を選択する人のための宇宙版実用書

多重現実を生きるためのノウハウのすべて

まずアストラル界に「あなたの部屋を作る」その方法から伝授します

ここまで宇宙の秘密をあっけらかんと明らかにした本は他にありません!

 

 周波数を上げる

あなたのエネルギーを、あなたが実現したいことに使ってください!

念エネルギーは、あなたが感情体を出したときに生まれます

➡良い念は「祈り」に、悪い念は「呪い」に

嫌な相手からエネルギーを奪われないためには

➡周波数を上げてしまえば、相手はエネルギーを奪うことはできません!

周波数を上げるには?

➡周波数は私たちの気持ちでどんどん変えられます!

 大事なのはワクワク、ドキドキ!

この世は等価交換ではない

➡つまり楽しんだ者勝ち!運も遺伝子も運命も、意思と言霊で変えられます!

 地球は金星から独立しました。もう植民地ではありません。

これからは宇宙連合の管轄下での独立国です。

70億総独立で、それぞれ運命を切り拓きましょう。

 

遺伝子さえ意思の力で変えられる私たちが

地球を宇宙のレジャーランドにするために必要なこと。

それは念エネルギーを正しく扱い、人生を楽しむことです。

 

他者の念エネルギーから自分の身を守る方法、

受け取りすぎて腐らせてしまった念エネルギーを燃やす方法、

自分の念エネルギーがはね返ってくるのを防ぐ方法......

すべて隠さず教えます!

 

アストラル界の不可視の王国にある自分の部屋へ遊びに行ってみませんか?

増築も引っ越しも思いのまま、「こうしたい」と思ったら「そうなります」!

すでに多くの芸術家、科学者、技術者が、アストラル界の部屋で試作を繰り返し、新しいものを生みだしているのです。

あなたもアストラル界で目醒め、多重存在である自分と出会いませんか?

 

<2012年のウエサク祭/金星の地球に対するフォローはここで終わった!>

・「王国の本が出る話が来る前から、カイザーがとにかく、王国の内部で人数を倍に増やさないととってもじゃないけど、追いつかないからって言ってて、スタッフの人数を、今回ずいぶん増員したんだ」

「王国のスタッフたちは、皆、どんな生活をしているの?」私が質問した。

王国の周波数は、メンタル界に近いけど、内部のスタッフたちは普通に給料を貰って家庭もあり、子供も生まれ、お休みもあり、休暇も貰って感じの凄い普通の生活だよねだから、お金も報酬もあるし、生活はほとんど、肉体界の私たちと変わらない

 

・「地球っていうのは、金星の植民地だった。金星に対して、絶対服従しますみたいな契約書を、王国でウエサク祭の1ヶ月前から準備して、その書類を提出してたでも、その代わりにエネルギーを頂くみたいな感じの儀式としてウエサク祭があった。結局、2012年のウエサク祭からは、金星が地球に対してのフォローをしなくなった。今までは、彼らがいてくれたから、地球は天変地異も収まってた。彼らがいてくれたから、この2000年間少なくとも、気温もそれほど変化がなかった。だけど、『もう地球が独立したら、君たちがやりなさい』ってことだよね」

「金星に対して、『へへー』ってエネルギーを上納する日かあ。アストラル界にはいっぱい国があるけれど、5月21日の上納日はそれこそ、このウエサク祭で、集めたエネルギーを金星にお渡ししてたってこと?」

「いや、エネルギーはもう私たちから取っているから、上納はいいんだ。問題は、契約制だから契約書を貰わないといけない。各小国から、服従するって言うのは変なんだけど、中央に対してすべて委任しますっていう契約書を、それこそ何百とある国々を、一気にできないから、3種類くらいにして、3年おきの契約もあれば、2年おきの契約の国もあってそれを全部回るんだ。『来てもらえば』って言ったんだけど、『そういうわけにはいかないんですよ』と、『こういうことは、やはりちゃんと我々が行くことによって、彼らを無視していないんだということを、知らしめないといけない』って言われて、王国の中で、それこそ大名行列に近いものを作って、飛べばすぐ着くのに、わざわざキャラバン隊で一国、一国回って」

 

・「それで5月に城に戻ってから儀式があって、マイトレーヤとサランと、それから、例年は金星の人がやってくるんだけど。今回だけは、地球が独立だから、さすがに呼ばれちゃって、金星の人と話をしながら、会を開いて、『今日から連合が入ります』と、連合といろいろな打ち合わせをまあ、サランたちがやってくれたのよ」

これじゃ、タダシもぐったりだ。

 地球は2012年5月21日をもって、金星の植民地から独立国として宇宙連合の管轄下になっている。

 

エネルギーの密輸ルート/地球が独自で取り締まれるようになった

・「結局、宇宙連合は、独立国家の星に対してのみ援助するっていうやり方だから、今まで、植民地だった地球を援助できなかった。その代わり、金星がやってくれてたんだけどね。金星が後ろに下がったってことは、連合が助けてくれるし、フォローをしてくれる。特に地球人が超えられる難関じゃないからね。この艱難の時代に連合自体が直々に、そのスタッフを入れて、それ用に、イザっていう時は、脱出っていうのもあり得るから。その脱出のやり方っていうのを、前々から下準備をず~っとしてるんだけど。でも、完璧に表立ってできるのは、2012年5月21日からだった。それで、『約束の日』だよって、アストラル界では、皆が日々に言っていたんだよね」

 

・「アンドロメダ銀河が近づいてきてるってことで、前々からいろいろ予測はされていたんだけど、実は金星自体の調整が上手くいってなかったんだ。これが、思ってた以上に上手くいってなかったから、サナトクマラたちは、時々金星に帰っては、植民地の地球と金星の仕事のどっちもするみたいなことをしてたんだよ。そしたら、金星は、よその星を守るよりも自分の星を守るので精一杯ってことになってさ」

 

・「アンドロメダ銀河がぶつかってくるけど、地球をどうやって守るかってことで物凄い数の大日如来の軍隊が蟹座のベータから援軍として、やってくるんじゃなかった?」

 

・「そうだよね、銀河系は6グループに分かれてて、向こうはまだ影響がないセンターの軍だからね」ベータ星は、蟹の脚の先端にある、蟹座の中で最も明るい星のことだ。

「それで、結局、会長とマイトレーヤはもう、全然、来なくなるの?」

「いや、まあ、たまには金星から来るだろうけどね」

「そうかあ独立って言っても、まだ、金星の保護観察下だし、彼らは金星人の相談役だもね」

「そう、でも本当に相談役としてしか来てくれない。もう、何かしてくれるかもなんて期待しちゃダメだ」

「じゃあ、タダシがアストラル界の王国で会長の代わりもするようになるの?」

「私は、あともう何年かしたら挿げ替えで、後任が決まってるし、その人には連絡済みだしね。今は、その間、私を入れてた方が王国は丸く収まるからってことで、それでまだ、じっとしてるんだ」

 

・「特にやってたグループがあるからね。その人たちが、正々堂々とできなくなる。彼らは人身売買の一番中核にいて、イルミナティよりももっともっと歴史が遥かに古いグループだし。だからこそ、彼らを止めることはまず無理。それは、判ってるんだ。でも、彼らだって表立ってはやらないから

 キリスト教では、「光をもたらす者」は、明けの明星(金星)を意味するラテン語で「ルシフェル(Lucifer)と呼ばれる。これらは、他を圧倒する光と気高さから、唯一神に仕える最も高位の天使から後に、地獄の闇に堕とされる堕天使の総帥とされた。

 イルミナティの一番上は悪魔と言われるが、これは、ルシファーつまり、ルシフェル(Lucifer)、金星という本来の意味からする替えられたものだろう。もともと2012年5月21日まで、金星こそが地球のトップだったのだから。

「彼らは金星から来ているの?」

「単純に金星人とは言えない、口を出せない、金星人ですら」タダシが口ごもった。

300人委員会の中に彼らがいるってこと?」

300人委員会の上に彼らがいるんだ。その300人委員会の幾つかを、彼らが操作している状態。彼らは本当に別枠さ」彼が言った。

 

何度入っても部屋に変化がなくなったらそれが完成です。見え方が問題ではありません

・「自分の中に部屋を持ってアストラル界に行くということですが、自分の体の中のお腹の中に部屋を持つイメージをするのと、ただ意識(頭の中)にイメージで部屋を作ればいいのか、どっちでしょうか?それともただ、意識の中に部屋ができればいいのか、具体的に教えて下さい」

「いえいえそんなに特殊な方法は勧めていません。単純に想像するだけでいいのです」

相変わらず、私は、トンチンカンな質問をカイザーにしていた。

「アストラル界にはペットはいないのでしょうか?」

「いいですよ、ペットでも何でも飼って下さい。ただし、途中放棄はなしです」

「アストラル界で、子供を産んで育てることはありますか?」

「はい、あります。自覚なしで産んで放棄された子供たちの孤児院もあります」カイザーがいつも通り、親切に答えてくれた。

 

アセンション/アストラル界のもう一人の自分が目醒める!

・「あなたの本を読んで目醒めて、そのカプセルから出た人たちっていうのは、不可視の王国でエネルギーを操作するのを見ながら、管理する仕事をすることになる」

 

・私たちが電気体を背中から吸って前から吐き出す時、吐き出したものにも若干プラーナが入っている。イライラしていると重いプラーナが、ワクワクしていると軽いプラーナが吐き出される。この軽いプラーナはエネルギー体として、神と呼ばれる存在や私たちの地面、つまり地球にとってとても美味しい食料だ。

 そう、私たちの中で感情体を出すと念エネルギーが生まれ、それは良質の食べ物になる。日本でも神社仏閣でお祭りがあり、たくさんの人たちが集まるが、天井は必ずといっていいほど、とても高い。世界的に見ても、教会、モスク、それらすべての天井が高い。これは、このエネルギー体が気体よりも軽く浮くため、高い天井に集めて食べている存在がいるからだ。各宗教で1週間に1回、教会で集まりを催して人を集める時、それぞれの宗教の神と言われる意識体は1週間に1回、教会の高い天井部で食料をかき集めて食べている。

 

・「よくアセンションとかって言うけど、これが本当は何かって言うと、具体的には、アストラル体が起き上がるから、その分の潜在意識が、顕在意識に変換されるんだ

 

アストラル体が起きて、メンタル体を発動できたら、顕在意識は7%になる。だいぶ、自分の今世の予測もつくし、次元操作もかけやすいだろうなあ。

「まあ、でも、あなたの本の中のアストラル界の不可視の王国への行き方を読んで、だいぶ自分の中に部屋を作る人が出てきて、王国に入り込んできてる。そして、あっちで目が醒めるんだ。ネオみたいにね」彼が笑った。

 

・私たちは多重存在、幾つもの自分の体を、それぞれの次元に同時に持ち、同時に存在している。だから、人は悟ると、外に向かっても気がついたら、自分の内に戻る。これは、自分の意識の内に入っても外に向かっても悟りに到達する。つまり、内と外が一緒だからだ。そして、自分の内側の宇宙に、さらに、自分が存在している。

 例えば、肉体は4.1次元の地球で生活している。アストラル体は、4.5次元の地球のアストラル界の不可視の王国で働いている。メンタル体は、5次元の太陽系の宇宙空間の船の中で働いている。

 

メンタル界(霊界)/肉体界はメンタル界の夢の中のこと!?

・「例えばだよ。私が今、この世界、肉体界で動き回ってるよねえ。それで、アストラル界の王国に私のアストラル体がいて、船にメンタル体がいて、船のメンタル体は、一応大人しくしていて、私の帰りを待つメンタル体になっているんじゃない?」

 

・船で眠っているメンタル体にとってのたった3時間の夢。それが、私たちの80年の生涯だ。「でしょ。だからメンタル体は今、夢を見ている。それで、私たちは、メンタル体が見ている夢を、今、現実に地球の肉体界でやっている」「そうそう、そのプログラムの中の次元を変えに来てるわけだよね」

 

・「だから『マトリックス』の話なんかも出ちゃうわけ。私たちは、メンタル体、アストラル体、肉体の3つの体がある。でも通常は、皆、2つの体だよね。アストラル体と肉体とね。それで、生活してやっていく夢の中で生きている。でも、岐阜の方の知り合いが、彼女は4体くらい自分がいるって言ってた。今の自分と、アストラル界の王国の自分と、もっと違う星に生きている自分と、あと、火星か木星にいる自分の4人が、四重に生活しているって言ってた」

 

<ワンダラー/流離人(さすらいびと)>

「そう、その戦争を始めた人物を今回、この細胞(宇宙)で、同じ歴史を繰り返さないために、抹消しなければならない」

「そうだよ、だから麻薬組織を潰したり、次元操作をしている。そして、この時に私たちの今の細胞(宇宙)に入り込んできたビッグバン以前の人たちがワンダラーと呼ばれて存在している」

 ワンダラーとは、地球へ生まれ変わってきた、他の惑星の魂の人々で、地球と人類の進化のために奉仕していると読んだことがある。しかし、そこには、とてつもなく多い数の魂を指してワンダラーと書かれていた。

 

<不可視の王国へ行こう>

・「ええと、『不可視の王国へ行こう』、これはね、思考回路の中に共通空間があって、そこを共有し合うっていうのは、どういうことかってことをする」

 私たちの体は、1チャンネルから12チャンネルまでの、テレビの全部の周波数を持っているようなもので、チャンネルを回しさえすれば、別のチャンネル(周波数)をいつでも見られる。

 

私たちは、好きな周波数のどれにでもチャンネルを合わせることができ、これは、私たちの意識の中から、アストラル界の不可視の王国に行く時も同じだ。王国のある、メンタル界に近いアストラル界の4.5次元にチャンネルを合わせるだけだ。

「地球も私たちも、肉体があって、アストラル体(幽体)があって、メンタル体(霊体)がある。不可視の王国は、私たちの肉体の中、つまりアストラル体(幽体)にある。チャンネルをアストラル体(幽体)の周波数に合わせれば、アストラル界が見える」タダシが説明を始めた。

 地球のアストラル体(幽体)へは、私たちの中のアストラル体(幽体)から行ける。 

「まず、自分の心の中に部屋を持つ。でもただ、部屋を作れば入れるわけじゃないんだ。部屋を作ってそれが安定化するのを待つ。そして、サランに言わせると、初めに『電話機』が、でき上がる。この電話機ができて、部屋ができ上がると、必ず、不可視の王国から、部屋にスタッフが入ってくる。スタッフたちが、彼らの名前を伝えてくる。そして次に、部屋の外へ出ていくと、まず王国があるから国の中をいろいろ案内してくれるんだ

 イメージが固定化されて、いつも同じ画面が見えるようになったら、部屋はでき上っている。そして、これが電話機となる。電気の周波数が安定的に切り替わるなら、テレビのチャンネルが切り替わったように、アストラル界と王国と行き来ができる。

「自分の心に部屋を作って安定化させたいけれど、以前住んでいた、カナダの自分の部屋みたいなのを心に描いても、いいのかしら?」私が聞いた。

「どんなのでもいいよ。それが電話機になるから。私の部屋は、結構広いよ」彼が言った。

 

・アストラル界の王国の家は無事に完成して、案内人のルーシャとも出会えた。私の家は、少し小高い丘に立っていて、見晴らしが最高に素晴らしい。真っ正面には、カナディアンロッキーみたいな山が、2つ連なって見えた。山の頂には雪が見える。家の建っているところの左側に街に続く、まっすぐな道がある。街の中心には、この道とクロスした少し太いメインの道路が走っている。

 街の少し手前には駐車場がある。車は、パソコンのマウスみたいな形をしてて、丸い透明なカバーがついた、1人もしくは2人乗りにした。私の視界の正面少し手前に、メインストリートに面した時計塔が見える。周囲は空気が清々しい。山には動物もいる。

 

・私たちのアストラル体は時間を移動できる。人の話を聞きながら何か未来や過去に思いを馳せていて、アストラル体が出かけている時に、心ここにあらずの状態になる。そんな時、「ちょっと!ここにいないでしょ!」って、誰かに怒られたりする。皆も体験があるだろう。

この本ではわかりやすく、王国にいる自分をアストラル体ってことで書いている。でも、王国の自分が過去や未来に云ってるわけじゃない。何体も自分がいる

「厳密に言うと、メンタル体とアストラル体の中間層が不可視の王国にいる私たちの体で、アストラル体と肉体との間が私たちの言う、幽体。結局、自分が何体もいる」

「対外離脱とか幽体離脱とかって、その何体もいる中の1つが体から出てってる」