日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-03-05から1日間の記事一覧

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(15)

・アーリアの「超人」たちは、テレポート(瞬間移動)ができるようで、大戦後、米国に現れた金星人も「テレポート」ができました。 このテレポート(瞬間移動)の技術が奇跡のテクノロジーということで、「神」と誤解される原因となったようです。米空軍も異…

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(14)

・アリゾナ州のセドナは、UFO目撃多発地帯で、それを目的の観光客も多いそうです。が、周辺地域には米軍基地もあり米軍も動いていますので、「UFO異星人」が核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』扱…

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(13)

・アメリカの数万冊のUFO・エイリアン関係の洋書を読めばかなりのことが分かるといわれます。しかしながら、私たち一般人は、「時間がない」というのが実情で、出版社の情報検索の担当者に期待しています。 著者の本は以下のようです。 「Montauk: The Al…

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(12)

・ネット情報によると、壮絶なニュースも少なくないようです。 「苦悩 2019年12月において裁判 元事務次官の44歳の息子を殺害 娘は自殺 妻はうつ病」とかの前代未聞の話もあります。暴力を病気的に振るう精神病もあるのでしょうか。家庭内暴力、家庭内性暴力…

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(11)

「竜であり蛇である我々が神々」 (闇の権力を操る爬虫類人の地球支配/管理) (デーヴィッド・アイク) (徳間書店)2007/8/1 <人類の起源と闇の支配一族レプティリアンの血統> <レプティリアンは、地球産の爬虫類とは全く異質> ・超太古の時代から地球…

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(10)

『あなたからあふれ出すアセンションの超パワー』 銀河再生も可能 シリウスの超叡智1 パトリシア・コーサ 徳間書店 2011年5月31日 <私たちから見たら、あなた方は未来の宇宙人> ・どうして、最近は宇宙からの訪問者との遭遇についてあまり聞かなくなっ…

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(9)

『悪魔の人類総背番号制666』 (鬼塚五十一) (学研) 2003/12 <秘密結社フリーメイスンは堕天使ルシファーを神として崇めている> <ジョージ・ワシントン・メソニック・ナショナル・メモリアル> ・ジョージ・ワシントン・メソニック・ナショナル・メモ…

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(8)

『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』 スチュアート・A・スワードロー 徳間書店 2010/6/18 <エイリアン集団紳士録> <アルデバラン ゲルマン人とバイキングを創作・管理> ・典型的なアーリアン型で金髪で青い目を持つ。薄い茶色か中ぐ…

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(7)

『地球を支配するブルーブラッド爬虫類人DNAの系譜』 スチュワート・A・スワードロー 徳間書店 2010/6/30 <リゲル人と爬虫類人の交配人種が築いた国が現在の日本と中国であり、これは西洋の親類とは無関係に発展した。> <宗教は爬虫類人のマインド・…

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(6)

『天国の真実』 マシューブック1 マシューが教えてくれる天国の生活 スザン・ワード ナチュラル・スピリット 2006/10/10 <パートナーシップ> (スザン)同性愛のパートナーは、両者が望めばニルヴァーナ(涅槃・天国)でもそのつながりを継続できるの? …

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(5)

『遠野のザシキワラシとオシラサマ』 (佐々木喜善) (宝文館出版) 1988/4 <奥州のザシキワラシの話> <子供の時の記憶> ・私達は、幼少の時分、よく祖父母から炉辺話に、ザシキワラシの事を聞かせられたものである。そのザシキワラシとはどんなものか…

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(4)

『職場のLGBT読本』 柳澤正和、村木直紀、後藤純一 実務教育出版 2015/7/22 <LGBTを知っていますか?> ・LGBTは、Lesbian(レズビアン)、 Gay(ゲイ)、Bisexual (バイセクシュアル)、transgender(トランスジェンダー)の頭文字をとった、…

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(3)

『男色の日本史』 なぜ世界有数の同性愛文化が栄えたのか ゲイリー・P・リューブ 作品社 2014/8/29 <このテーマについて世界で最も引用率の高い基本文献となっている> ・かつて日本には、古代ギリシャと並ぶ“男色文化"が栄えていた。平安の宮廷人たちが、…

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(2)

『ソドム』 バチカン教皇庁最大の秘密 フレデリック・マルテル 河出書房新社 2020/4/22 <バチカンは私の見るところ、「ゲイ」が支配する組織である。> ・教会は構造的に同性愛化する性質がある。性的虐待を個人的、制度的に隠蔽するシステムになっている………

さらには、長年ヴァチカンがその存在に対して否定的だったはずの秘密結社フリーメイソンとヴァチカンの深い関係が露呈して、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中を驚かせたのである。(1)

『ヴァチカンの謎と真実』 知られざる歴史 斎藤かおる 青春出版社 2009/5/13 <ヴァチカン市国の構造> ・ヴァチカンは、ローマ・カトリック教会のいわば総本山であり、世界一小さな主権国家である。正式名称は、ヴァチカン市国。面積はわずか0.44キロメート…