日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

あるいは、ロシアを夢見る巨人と見立ててもよいかもしれない。ユーラシアの巨大な陸塊の上で、ロシアは壮大な「勢力圏」の夢を見ている。(11)

 

バベルの塔=世界統一王国=ニムロデ=バアル=モロク=メイソン=イルミナティ=世界統一政府となると指摘されています。西洋のイベントのほとんどすべてが「ニムロド」を祝賀するイベントで、世界中の人々は誰に祈りを捧げているのか、そろそろ知る時だといわれます。1ドル札に印刷されているピラミッドの頂点に位置している「万物を見る目」は、ニムロドの片目と言われています。「ニムロド」とは古代バビロンの統治者で、宗教的に言えば「アンチ・キリスト」、つまり、「大魔王」のことです。

ニムロドとは、666という数字の主である悪魔王サタンのことです。ニムロドは有名な「バベルの塔」を建設して、神に反逆したといわれます。

ニムロデは、フリーメイソンにおいて、ルシファー(サタン)と同一と考えられているそうです。イルミナティが地球の未来のシナリオを知っているのかもしれませんロスチャイルドはニムロデの子孫と言われており、今世界を支配しようとしているものは、古代のサタン崇拝者ニムロデの子孫たちであるといわれます。「「ゼウス」や「アポロ」も、すべてが「ニムロド」=「アンチ・キリスト」の別の呼び名です。古代オリンピックの「ゼウス」や「アポロ」が、実は「ニムロド(Nimrodあるいは、ニムロデ)」の別名であることを知っています」と語られています。

 

・「ドナルド・トランプも、自らを「アポロ」もしくは「ゼウス」の息子と見なしています。つまり、現世では、ロスチャイルドの「霊的な息子」と言うことになるのです。これで、米国の大統領選の行く末が分る」といわれました。このような荒唐無稽な話も豊富にあるといわれます。「大衆は3S(スクリーン(映画娯楽)、スポーツ、セックス(性風俗))の大衆娯楽で政治を忘れさせよ」というシオンの議定書は現代でも貫徹しているそうです。

 

・「民を食わせられなくなると戦争を始める」というみっともない論理だそうです。「誰も中国の13億人を食わせることはできない」ともいわれます。国史をひもとけばわかるが歴代王朝の交代はすべての軍隊に給料を払えなくなったことから始まっていると指摘されています一人っ子政策の歪み による3400万人の「男性余剰」の問題は、地政学リスクになっているといわれます。予断を許さない状況といわれます。これが核戦争の原因になるのかもしれません。トランプ大統領が来日した時に、「核のフットボール」といわれる黒いブリーフケースを持った米軍人が見られましたが、緊張している米軍の姿が窺われるといわれます。米中のサイバー戦争もどうなっているのか、私たち一般人は、分かりません中国は周辺の国々と国境紛争から戦争をしていますが、国内の深刻な問題、飢饉や若者余剰の背景から戦争をしていたようなのです。が、農村部で女性を消してきた結果の3400万人の男性余剰から、その対策を模索していると述べられます。しかしながら、現代では大規模な戦争や核戦争は容易に引き起こせないと指摘されています。マクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがあります。そのときは生物化学兵器も大量に使われると述べられます。石油の枯渇が200年後になるので、それを契機に代替えエネルギーに対応できない国が戦争を仕掛けるのかもしれません。さまざまな戦争の要因を現代から分析することは難しいようです。

 

・餓死者がみっともなく大量に出たら対外戦争を仕掛け、関心を外国に向けるという共産党の常套手段だったと述べられます。大量の餓死者を生み出せば共産党のレーゾン・デートル(存在理由)がなくなるといわれます。「彼ら蛇人はすでにロシア共産主義勢力としてやってきており、マルクスレーニンはその勢力のいわば幹部たちだった」という説もあります。共産主義や国々を指導するイルミナティが存在するのかもしれません。人間が考えたといわれる資本主義も共産主義ももともとはイルミナティのアイデアだといわれます。ネガティブなシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるという説もあります。

イルミナティなどのフリーメーソンに入ると『神』に会える」という与太話もあるそうです。「イルミナティは宇宙人の集団なので強力なのだ」そうです。共産党官僚がノーメンクラーツ(赤い貴族)と化し都市部 の民工農村戸籍の人民などの「豊かさを制限する」危機的な状況が懸念されています。「来世はブタでも良いから中国人には生まれたくない」と回答する者もいると指摘されています。

 

著者の「国防力3倍増」も、理論家と実務家という仕事分けになるようです。総務省地方自治体の管轄の「郷土防衛隊」の創設が必要だといわれます。スイスの国防政策や「民間防衛」を参考にする必要があるといわれます。スイスのように100%の核シェルターと国民皆兵的な郷土防衛隊で備える必要があると指摘されています。この方面に脳天気(ノー天気)ですと、日本も歴史から消えていくことになるでしょうか。「ノーシェルター政策は、敵の一番の弱点を攻撃する核攻撃を招き寄せる」といわれます。憲法を改正しなくても核兵器は持てますし、国民の中でも核装備派が増えていると述べられます。「核の恫喝を受けないためにも核には核を」という合理的な思考が求められているそうです。

 

・「戦争中に米第7艦隊を撃滅できる機会は2回あったそうですが、機会を逃し海戦に敗れたのは、当時の将官に問題があった」「日本海軍は凡将によって敗れ去った」という話もあったようです。また、「企業は人なり」と言われ、人間の営みのあらゆる分野で、人材登用は、基本中の基本。しかし、何らかの理由で、人材登用の序列がうまくいっていないために、「結果がでなかった」ことも多いそうです。今では大組織の劣化が問題となっています。

  「何か一つでも変えれば、世の中は大きく変わる」といわれます。たとえば、たばこ税をもっと急激に上げれば、煙草を吸う人は激減するという説もあります。そのように、「たった一つの政策を変えることだけで世の中が大きく変わる」ことが、広く認識されています。

 

・「失われた20年」の時代の自殺者数を見ても改革が急がれました。国家危機という認識が為政者にあるはずですが。日本経済の現在の惨状を考えても、ここ20年間、国家運営の実務に通じた本当に優れた政治家や官僚が登用されてこなかった結果ではないでしょうか?

  今まさに改革の時代ですが、例えば庶民念願の『平成維新』を実現するために、たった一つのこと、「公的な職業である国会議員や地方議員の議員職の世襲の廃止を徹底」することだけでも、日本は大変化し、世の中は明るくなるといわれているそうです。はたして公職から世襲をなくせば『平成維新』が達成できるのでしょうか。良い世襲と悪い世襲があるといわれます。

  公党のあり方として政界における世襲の研究をしている人は多いようです。公的な職業、特に議員職に関しては、「後進に道を譲る」「後継者の育成」の必要があるようです。議員の近未来の姿は欧米のようにボランティア議員の流れだといわれます。

 「原因は世襲(議員)が多くなったのでうまくいかなくなって、しまった」という話も多くあり、「遅れた政界システム」である世襲政治を血縁共同体から利益共同体へ変えれば良いと指摘されています。もちろん「世襲の廃止」は法律ではないので、抜け道はいくらでもできますが「当人次第」ということでしょう。ほかにも多くの事について、「たった一つの政策を変えることだけで、世の中を大きく変える」事が出来るといわれます。

 

・戦争についての理論は古来からいろいろとあるようです。「世界の歴史は、秘密結社同士の戦争の歴史である」という理論もあるといわれています。秘密結社は秘密であるがゆえに、私たち一般人は、分かりません。「人類の歴史は、平和な時代よりも戦争の時代が長かった」そうです。

太平洋戦争において、将官や将校のほとんどが勝てるとは思わず、戦争に負けるという意味も認識していなかった」といわれます。兵士として戦争に参加した人たちの体験記もよく出版されています。

 

・戦争の経済といいますか、戦費と国家予算や経済との関係も研究されています。戦争の形態も大きく変化してきており、師団同士の陸戦や潜水艦戦や航空戦、海戦からゲリラ戦や、核戦争による都市住民の殲滅に変わってきているようです。戦争のパラダイム・シフトがおこっています。将来は、人工知能やロボットが使われ、戦闘領域は宇宙空間にまで及ぶと語られています。「日本は常に紛争に巻き込まれるリスクを抱えている」そうで、要注意のようです。北朝鮮の水爆の核ミサイル開発から、さまざまな議論が、国内でも湧き起こっています。「敵は一番の弱点(核シェルターのないこと)を攻撃してくる」といわれます。「脳天気(ノー天気)な核シェルターもグローバルスタンダードを適用すべきだ」といわれます。「核の恫喝を受けないためにも核には核を」という合理的な思考が求められているそうです。核シェルターがないことが、核攻撃を招き寄せると指摘されています。「21世紀には核戦争は絶対にない」という保証はないといわれます。

 

・スイス人のビリー・マイヤーの膨大なノートによる記録から、かなりの宇宙人の世界が分かり、世界中で出版されたそうです。日本でも翻訳の協会があり活動していたようです。プレアデス星人は日本とも関係が深いと指摘されています。現代でもプレアデス人のコンタクト本が出版されています。プレアデス星座には6時間で行けるといわれます。プレアデス星人は人類に6000年進化している種族ですが、人類に近く神でも天使のような宇宙人でもありません。高天原の昴(スバル)系の氏族とアースガルトやアガルタの地底系氏族という“陰と陽”の二系統の血脈の関わり、抗争の中で歴史は動いてきたという説もあります。

  20年ほど前にはプレアデス星座に行ってきた日本人の話もあったのですが、その後何も聞かないのですが、マスコミの前に誰も出たがらないのでしょうか。広島にプレアデス星人が現れたという情報もあったようです。

  米軍が金髪碧眼のノルディックやグレイなどの異星人情報を『厳秘(アバブ・トップシークレット)』にするのも当然でしょうか。

が、広報活動の一環として、映画などで、意識的にリークする手法もあるようです。『公然の秘密』にすることによって、真の実態を隠す手法でしょうか。人体実験とかのおぞましい話もどこまでがナンフイクションなのか分からないのでしょう。

  アメリカ・インディアンも昔からエイリアンと交流があったそうです。それゆえに、インディアンが、異星に行って進化した可能性も十分考えられるそうです。『ダルシー戦争』での米軍特殊部隊とエイリアンとの交戦の話とか、「米国はエイリアンと戦争状態だ」とかの噂が流れてきたと語られています。

 

・UFO墜落事件のロズウェルを舞台にした、テレビ放映され評判をよんだ海外ドラマ『ロズウェル 星の恋人たち』という作品がったそうです。が、SF&青春ラブストーリーとは思えないような新鮮な内容だったと語られています。不思議なインディアン役が登場していたそうです。社会に人間タイプの異星人が混じって生活しているというストーリーのハリウッド映画や本も多いといわれます。戦後には米軍に宇宙人が混じっていたといわれます。

  とにかく、エイリアンの情報を『厳秘(アバブ・トップシークレット)』にしているのですから私たち一般人には、理解不能なことが多いようです。国家組織・科学者陣の総力をあげてエイリアンの超科学を入手し、異星に留学生を送っていると思われる米国の優位は、向こう数世紀にわたって続くものと思われるといわれます。「エイリアン・エンジニアリング」は、ロシアも研究しているのでしょうか。「モスクワには多くの異星人が住んでいる」というリーク話もあるそうです。

  デーヴィッド・アイクのレプティリアン爬虫類人)の本は、『トンデモ本』だという人たちも多いのですが、異次元の話が入ると混乱するのでしょうか。しかし、その内容の量には圧倒されるようです。

  ちなみに「金髪碧眼のノルディックは神だ」という説によると、グレイ(小柄な異星人)よりはるかに位の高い金髪碧眼のノルディックが『地球の主神』で、米国をしいては世界を間接に支配しているという仮説になるそうです。ところが、グレイの「空飛ぶ円盤」に同乗していた「ナチス」とも言われている金髪碧眼のノルディックは、プレアデス星人といわれていました。プレアデス星人は人類に6000年進化している種族ですが、人類に近く神でも天使のような宇宙人でもありません。神々の世界も厳格な階級制度があるようです。プレアデス星人はむしろスター・ウォーズの避難者たちで、地上ではホロコースト(大虐殺)を起こしたともいわれます。

米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させた」という説もありますので、驚きます。

 

・21世紀に入る前は、「ノストラダムスの予言」とか「第3次世界大戦による人類の破滅の予言」とかが盛んにマスコミに取り上げられました。しかし20世紀末までの「人類の破局の予言」が全て誤りとなり、それ以後、マスコミは完全に沈黙してしまいました。「サイバー戦争をみても第3次世界大戦はもう始まっている」という説もあります。

 

・現代でも時々、大規模な戦争の予言は登場しますが、人類の歴史を見てみると「平和の時代」よりも「戦争の時代」のほうが長かったそうです。また、「地球を植民星とするシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なために地球上では頻繁に陰険な争いや戦争が起こるという説もあるそうです。

  「人間を実験室で創った」というサタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人と「遺伝子操作か思念(?)で人間を創った」という天使的なシリウス星人との間のスター・ウォーズは宇宙の一部を壊すほど大規模でした。が、両方とも時空を超えた種族のようで、現代でも様々な形をとり対立が表面化しているようです。また、宇宙の一部は壊れたままのようです。「第2次世界大戦は堕天使ルシファーと大天使ミカエルの代理戦争だった」という奇説もあったといわれます。現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」そうです。

  イスラエルアラブ諸国の次の戦争は、専門家はもちろん、素人目にも「ありうる事態の戦争」と見られているようです。戦争の原因は色々とあるようですが、「民族間対立の戦争」もあり、「一般大衆操作の手段としての戦争」もあるようです。

  不可視の領域での高等知性体の争いについては私たち一般人にとって、訳の分からない話だそうです。しかし不可視の領域での争いが陰湿にも可視の地上に波及してくることはあるそうです。宇宙人の生態・実態についても「教科書にも新聞にも載せないこと」、「マスコミに載らないこと」で、私たち一般人にとって、認識することは不可能のようです。

  中国の事情は「群盲象を評す」の感があり、日本のマスコミも十分に実態をつかめないようです。日本人が見える部分と見えない部分の差が大きいようです。「後進国から途上国の段階にきた」と自国を認識していた共産党指導部は、今後どのような政策をとっていくのでしょうか。米国のチャイナ・ウオッチャーも厳しい見方をしてきているようです。むしろ、米国の政府当局者の方が、CIAの情報などから正確に事態をつかんでいるようです。

  シャンバラに関する説も色々ありますが、エーテル界に突入した「都市型の超巨大宇宙母船」という説もあるそうです。目に見えない非常に細かい粒子の世界、エーテル界は、現代科学では解明できない世界ですが、昔から神智学などで語られているようです。そこに神々などの高等知性体が存在するようなのです。エーテル界にある神々の都市で、高等知性体は、何をしているのでしょうか。私達の現実の世界に神が影響力を行使しているという説もあるそうですが。

  米軍は、天国に自由に出入りし、人間への"憑依"や人間の"転生"を自由に操作するシリウス星人とコンタクトしているようなのです。イスラエルシリウス星人と通商協定を結んだという話もあり、事態は相当進んでいるようなのです。日本に関係する神々も来ているという与太話もあるそうです。異星人は、視認できるように実体化したり、見えなくなったりできるので、把握ができないと語られています。

  いわゆるチャイナ・リスクに関しては多くの論説があり、今話題です。20世紀には米ソの核戦争が話題の中心でした。が、現在は「イスラエルと中東諸国の戦争の勃発」、「米中戦争の勃発」の可能性の懸念が多くの軍事専門家の間でささやかれているそうです。13億人の人口の中国経済は、世界中のすべてのエコノミストが注視していますが、広大な全国を把握することができず「群盲象を評す」の感があるそうです。

 

・「地球空洞論ではなくパラレル・ワールド説」は非常に説得力があるそうです。ハリウッド映画によく「顔形を変える」宇宙人が登場しますが、遥かに進化した異星人はそのようなことも可能になるようなのです。宇宙人の超能力は多くの書籍に言及がありますが、私たち一般人の想像を超えることが多いそうです。宇宙人は一般的にタイム・トラベラーだといわれます。「動物タイプの宇宙人も多い」とカナダのコンタクティが報告しているそうです。宇宙人には動物タイプは3割ほど存在するともいわれます。「鬼」のような恐ろしい形相の宇宙人や「人肉食の宇宙人」もいたらしいのですが、記録は抹消され別の宇宙へ去ったのかもしれません。You Tubeには、奇妙な動画もあるようです。アバブ・トップシークレットの情報なのかもしれません。

 

・もっと遥かに進化して神々と呼ばれるようになるとインド神話にあるように。化身といいましょうか、「姿形」をも変えれるようになるようです。ここまでくると魔法の世界、ファンタジーの話になるようです。『憑依』の遥かに進化した形なのでしょうか。

  アヌンナキという宇宙人と遺伝子操作の話も豊富です。堕天使ルシファーやサタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人は、『遺伝子科学者の一団の名前』だそうです。ある種の遺伝子実験をめぐって対立があるといわれています。「不死の惑星」のリラ星に行ったというフランス人のクロード・ボリロン・ラエルも「クローン人間」などで、米国で社会問題を起こしたそうです。ちなみに「木星の衛星エウロパの神々が地球征服のために侵入、天孫降臨の神アヌンナキと自称」という説もあるそうです。

  キャトルミューテーション(動物虐殺)やアブダクション(誘拐)、遺伝子操作などの生体実験、ゲイの宇宙人、「クローン人間」、爬虫類人型宇宙人(レプティリアン)などキリスト教の道徳的な社会規範と反することが多いので、「宇宙人」というと情報封鎖・統制されることになるといわれます。

  「ネガティヴなシリウス星人が遺伝子操作などをして人間がぞっとするモンスターのような生物を創り『神に嫌われた』そうで、神が洪水などの天変地異を起こしモンスターたちを絶滅種にした」という神話があるといわれます。

  米国の空軍士官学校の教科書には宇宙人の種類が載っているそうです。アメリカ空軍は133種類の宇宙人を確認しているそうです。アメリカは太陽系の他惑星と外交的対話を続けており、ワシントンには金星・火星・冥王星公使館があったといわれます。「異星人による遺伝子操作による人類創造説」が増えてきていますが、正規の教科書に載らないと新聞にも載せられないそうです。

 

・「オリオン大戦」は「堕天使ルシファーが天使団の3分の1を率いて神に反逆した」という「天の戦争」という人類の記憶となっています。が、宇宙を2分した大戦争で、宇宙の一部が壊され、今もそのままになっているそうです。ネガティヴとポジティヴな時空を超えた不死の宇宙人の対立・争いは今も続いているようなのです。見えない世界の争いが、地球にも波及しているのかもしれません。対立する2種類の宇宙人のスター・ウォーズは頻繁にあったといわれます。やはり動物タイプと人間タイプ、グレイタイプとは、相性が悪く、アブダクションや異類混血等の犯罪もあり、それぞれに対立が生じてきたようです。 「グレイ」は人間の無意識の中に入ってくると述べられます。グレイは核戦争を繰り返した人類の未来の姿だという奇説もあったようです。超太古に火星霊人と金星蛇人の対立・戦争があったともいわれています。北欧神話ラグナロク(最終戦争)、善と悪との両極端にわかれての戦いを予定しています。北欧神話でもアース神族ヴァン神族は、最終的にアース神族が勝利した長きにわたる戦争の後、和解し人質を交換、異族間結婚や共生をしたともいわれます。

 

・『人類支配者』の概念は、私たち一般人は、分かりません。レプティリアンというとモンスター・タイプの宇宙人を連想しますが、異類混血やDNA操作などで人形(じんけい)に近づきつつあるという説もあるそうです。クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると「爬虫類的異星人(レプティリアン)も人間タイプは知性的な顔をしている」といわれます。「クラリオン星の人々というのは今から約1億8000万年前に人類創造計画に参加した数多くの民族の一つだ」そうです。また宇宙人の超能力は、人間が想像できる範囲を超えているという話もあるそうです。金髪碧眼のウンモ星人がヨーロッパで、普通の住人として一般社会に溶け込んでいるように、そのこと自体が話題にのぼらなくなっているようです。異星人の大半は人間型で街を歩いていても誰も区別がつかないということです。異星人情報は、英国情報部、CIAなどの諜報機関によって握られおり、今後も情報公開は期待できないそうです。

 

・『『戻ってきたアミ』小さな宇宙人』は、SF小説ですが、時節柄、興味深いものです。異次元の高等知性体の活動の話は、私たち一般人には 荒唐無稽の話となり理解不能のようです。異次元ということは人にとって夢の中の世界、人間の死後の霊界の世界の話になるので分からないことが多いでしょう。

  小説関連は書籍数が膨大で分かりませんし、整理がつきませんが、ナンフィクションを小説風に書いたりいろいろな手法があるようです。フィクションをナンフィクションに書いたり、混ぜて書いたり複雑怪奇のようです。私たち一般人は、当然、全部を把握できません。

  宇宙人は一般にタイム・トラベラーであり、過去や未来のことは知っているようです。宇宙人から過去や未来のビジョンを見せられたコンタクティは少なくないようです。中世にパリを狂喜させた薔薇十字団員も地震を予告できたようです。今、大地震から、数年たちましたが、地震の予知や防災策に関して大きな社会的な動きがあるようです。

 

・空飛ぶ円盤で有名なアダムスキーは、FBIから詐欺師扱いをうけましたが「ペテン師扱いをうけるほど注目された」かサイレンス・グループから狙われたと考えたほうが良いようです。アダムスキーの空飛ぶ円盤の話も異次元を理解しなければ全くの 荒唐無稽な話、フイクションになると現在でも業界では論争中のようです。「異次元の概念」がなかった時代ですから、アダムスキーの話は、荒唐無稽、奇妙奇天烈、支離滅裂、眉唾物で疑念がわいたようです。当時、アダムスキーケネディ大統領を金星人とコンタクトさせたという話もあるようです。ケネディ大統領は、異星人情報を公開しようとして、サイレンス・グループに暗殺されたという説もあります。「ケネディ暗殺の真犯人は、惑星ニビルと関係のある宇宙人である」という怪説もあると指摘されています。

 

・恐ろしいものを順にあげた語として「地震、雷、火事、親父」といわれますが、地震とUFOや宇宙人はおおいに関係があるそうで、「関東大震災や大災害の上空にタイム・トラベラーイルミナティの円盤が滞空していた」そうです。東日本大震災の大震災では多くの人々が大地震や大津波の怖さを実感しました。地震兵器説」「気象兵器説」もありますが、荒唐無稽かつ支離滅裂で、ほとんど誰も信じないと述べられます。しかしながら、書籍は少数出版されています。

  ブラジルの“夢見の預言者”、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースは、「2011年が日本経済の破綻、2012年が阪神大震災」を預言していますが、時節柄、不気味でした。彼は日本の地震については頻繁に預言しており、正確に当たらないことが多く、そこから一般のマスコミに不信感を持たれたようです。

 

・「全宇宙を造ったといわれている“虹の神々”が普通の人として米国などに住んでいるかもしれない」という与太話もあったようです。グレート・マスターなどの高次元の高等知性体は、普通は、地球のような低レベルには降りてこないと思われますが、「グレート・マスターも人間を装い来ている」という話もあるようです。神々は最高神「イ・アム」を頂点として7つの位階に分類されるという話もあります。 神々の総数は10億を超え、それぞれ位階に応じて宇宙の各所を支配しているそうです。神々が憑依して市井の人となり普通の生活をしているという説もあります。誰も識別できないようです。

 

・アストラル界の住人達は、人間の姿を装い地上の人間にコンタクトしているようです。この太陽系一帯からリラ、シリウス、プレアデスといった地球文明の発展に緊密に関連する星系に瞬間的に移動できるグレート・マスターやマスター(長老)たちが何らかの形態をとり、人間の姿を装い地上に出てきているのかもしれません。この辺の話が「アバブ・トップシークレット」の内容なのだそうです。戦後にキリストが米国に来ていたという与太話もあり、信じるか信じないかはあなた次第ということかもしれません。キリストの出身星はアプ星だったそうですが、アプ星人は国際連合の設立に尽力したという話もあるようです。アプ星人は現代において南米に飛来しているともいわれます。「キリスト(アプ星人)の一族が地球を管理している」という奇説もあるそうです。アヌンナキとかサナンダといわれる金星のマスター(長老)が活動の中心ともいわれます。

 

 ・伊吹の弥三郎や酒呑童子は人間タイプの異人ではなかったのでしょうか。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」と言う説もあるように、人間に近いともいわれるプレアデス星人や、モンスター・タイプや人間タイプもいるオリオン星人が太古から日本に飛来して、それぞれの末裔とコンタクトを取っていたようなのです。酒呑童子にはさまざまな異説があるようで、「酒呑童子は美男子だった」という説もあるようです。オリオン星人やゼータ・レチクル星人が関係するアブダクション(誘拐)は、昔の「人さらい」や「神隠し」ではなかったのでしょうか。

「伊吹の弥三郎」は鬼と造物主の両方の性格をもっていたともいわれ、どこからの異星人(魔神か堕天使)が分かりませんが、「不死のテクノロジー」でも持っているのかもしれません。現代になっても、人間社会にコンタクトしているのかもしれません。性的な習俗は、異星人から始まったともいわれます。

 

 堕天使が地球の女を狙って降りてくるといわれます。堕天使の性的な能力は異常に高い、強いともいわれます。ヨーロッパでは「売春とスパイが最古の職業」と語られています。堕天使の目に見えない世界のことは、ほとんど誰も分からないそうです。しかしながら、堕天使グループの行動は、誰もよくわかりませんが、複雑な内部対立もあるといわれます。そして堕天使の世界では「great deceiver」が崇拝されていると指摘されています。「知る人ぞ知る」話なので、私たち一般人は、理解できません。

 「遠野郷の民家の子女にして、『異人』にさらわれて行く者年々多くあり」と『遠野物語』にあるように邪悪な異人、ゼータ・レチクル星人やオリオン星人の「暗黒の勢力」たちの犯行かもしれません。昔は「金星蛇人と火星霊人との争い、戦争」と言われましたが「伊吹の弥三郎」は金星蛇人の系列の低層4次元にいる爬虫類的異星人(レプティリアン)の人間タイプかもしれません。現代では金星のマスター(長老)も地球人とコンタクトしているという話もあるそうです。金星人の母船は「葉巻型の母船」として知られており、目撃事例も多いようです。太古のインドの阿修羅が崇拝していたのが金星のマスターだったといわれます。現代でもマスター(大師)と交信している人間が存在するようなので不思議です。歴史上、様々な分野で尊敬されている著名なマスターたちは多くが同性愛者だといわれます。「アンタレス人は、トルコ人ギリシャ人、スペイン人のDNAに関係し、同性愛者で生殖目的でのみ女を使用すると考えられている」そうです。アストラル界にある異次元の金星の都市に壮大な文明があるようです。

 

金星人オムネク・オネクのメッセージによると火星人の都市はエーテル界にあるパラレル・ユニバース(並行宇宙)にあるのかもしれません火星人の方が神に近いのかもしれません。金星蛇人と火星霊人の関係がその後、どのようになったのか分かりません。米国にも火星人が少数、棲んでいるそうです。火星人はとにかく秘密主義のようで分からないようです。金髪碧眼のノルディックが小柄なバイオ・ロボットのグレイを使役しているといわれます。陰陽師安倍晴明が小柄なモンスター・タイプの「式神」を使役していたことを連想させます。安倍晴明もオリオン星人と関係があったのかもしれません。また異類婚姻譚があったのかもしれません。

スサノオ命は絶対神ヤハウェにほかならない」という奇説もあります。「ゲルマン神話の神々は日本の神々だった。まず、主神・オーディンは「須佐之男神」」といわれます。西洋神界はスサノオ神とその系統の神々が1万年ほど前に拓いた地域で、シュメール族は「スサノオ神系」だといわれます。また「天照大神イエス・キリストのことである。天照大神天照大神たらしめる天岩戸開き神話は、イエス・キリストの死と復活の場面である」と指摘されています。高次元の神々(異星人)は多くの名前を持ち、西洋も東洋も共通性が多いと指摘されています。

 

サイバー戦争と言いますか、ハッキングで巨額な仮想通貨の被害が報道されたりして、驚いたりしましたが、専門家ではない私たち一般人は、状況をフォローしていません。サイバー戦争に対しても政治の遅れが顕著で「スパイ法」もできていないといわれます。「「官僚と政治家、どっちが勝つか」こんな評論も多い。他の先進国から見たら噴飯ものだ」といわれます。「昔から政治が一番遅れている。票の請負業のようなもの」といわれます。いつまでも「政治が遅れている」ということでは複雑化する社会問題に対応できないでしょう。「国会議員資格試験や地方議員資格試験を作れ」という有識者も少なくないといわれます。政治家のスキャンダル報道は、国民が不安を覚え、国民が恥をかくといわれます。社会の遅れた面、非近代性、後進性、頭の古い面が予想以上に増えてきています。社会のあらゆる事に「先進的である」ということは不可能なことでしょう。素人の政治家が増え国政の停滞を招いていると指摘されています。仮想通貨被害のようにサイバーテロやサイバースパイで大きな被害がでないうちに対策を打つべきだといわれます。プログラミング教育がすすみ誰でもプログラマーの時代がくるとサイバー犯罪が近未来に急増するといわれます。ところで、中国ではキャッシュレス化がすすんでいるそうですが、ニセ札が非常に多いのが背景にあるそうです。情報の洪水、大津波の時代には「断捨離」の発想で対応する必要もあるといわれます。

 

・ 「今、重点投資すべきは「対AI軍事技術」である」といわれます。

「情報のプロ」によれば、「既にサイバー戦争をみても第3次世界大戦はもう始まっている」という説もあります。「大統領たちは地球外生命体の存在が広く世に知れたらどれほど悲惨な結果を招くか」を十分にわきまえていたといわれます。政府内部のそのまた奥にある、合衆国大統領でさえ手のだせない領域に、UFO目撃事件の開示を強い力で押さえこんでいる権力者グループがあるといわれます。

 

・ほとんど多くの有識者が「アメリカは衰える」と評論しています。しかしながら、諜報機関によると「エイリアン・エンジニアリング」の研究によってアメリカ合衆国は発展段階の初期段階にあるといわれます。「エイリアン・エンジニアリング」は、ロシアも研究しているのでしょうか。「モスクワには多くの異星人が住んでいる」というリーク話もあるそうです。エイリアン・エンジニアリングのパソコンを毎日使いながら、「あなたは空飛ぶ円盤を信じますか?」という時代錯誤的な質問をしていると指摘されています。

  金のかかる外交も必要ですが、失政の続く内政を立て直すべきだといわれます。政治家や官僚のスキャンダル・失政報道は、国民が不安を覚え、国民が恥をかくといわれます。政治・立法・行政・司法の効率、費用対効果も「劣化」しているといわれます。ロシア、中国、北朝鮮等は、軍諜報組織も絡んで、サイバー犯罪、サイバー攻撃をしているといわれます。誰でもプログラマーの時代がくるとサイバー犯罪が近未来に急増するといわれます。現在、米中貿易摩擦が懸念されています。

 

・軍部に抑え込まれて戦争に引きずり込んだ外務省の大罪もあったといわれますが、現代でも外務省という役所の大問題が続いているといわれます。昔から評判が悪いようです。外部や内部からの「告発書」がどれくらい出版されたのか、私たち一般人は、詳しく知りません。「外務省の劣化」は、昔からといわれます。たとえば、日本人移民の手続きが、杜撰で無茶苦茶だったとかの内部告発書もあるといわれます。

 

週刊文春デジタル(2019/4/25)によると、「イラン大使“強制わいせつ”女性官僚の訴えを外務省は2度黙殺した」という記事があります。そして他「サンスポ」のインターネット情報(2019/5/20)によると、「元駐イラン大使を書類送検 公邸で強制わいせつ容疑」という記事もあります。度々批判を受けて内部改革が実施されたそうですが、相変わらず懲りないようだといわれます。「それこそ税金の無駄遣いを止めて、国民の血税を費用対効果を考えて政策財源にあてるべきだ」そうです。ちなみに「霞が関では大蔵の自殺、通産の汚職、外務の不倫といわれた」そうです。

「日本人は海外に出ると舞い上がる」といわれます。外交官も舞い上がれば、海外援助や本来の仕事もできていないといわれます。

国恥的なことを国際的に発信することはいかがなものかといわれます。

 

・「人類の進化を遅らせようとする宇宙人勢力」とか「闇の支配者」の陰謀についても、私たち一般人には、理解不能です。アバブ・トップシークレットに従順に従っているメディアですので、よほど強力な権力が機能しているのでしょうか?宇宙人情報を公開すると主権が危うくなるともいわれます。

「官庁はわが国最大のシンクタンク」ですので、活発に機能していないと大きく国益を損ねるといわれます。「甘い国際感覚と貧弱な語学力で国益を大きく損ねている」といわれます。語学に強いはずの外交官もその能力が批判されているそうです。日本外交の司令塔にも不安を覚えるといわれます。在外大公使館での対日本人のサービスを批判した書もあるそうです。

 

amazonに「外務省」といれますと1000冊以上の書籍が分かります。ほとんどが真面目な外交書だそうですが、告発書も少なくないといわれます。特に『外務省犯罪黒書  日本国外務省検閲済』(佐藤優、2018/3/21)、という摩訶不思議な本もあるようです。佐藤優氏は元外交官で多作の作家のようです。

『外交官が「日本」を滅ぼす』(1998/7/1)、『外務省犯罪黒書』(佐藤優、2018/3/21)、『外務省の罪を問う』(2013/3/2)、『外務省ハレンチ物語』(佐藤優、2011/3/4)、『ノンキャリアとキャリアが外務省を腐らせました』(2004/3/9)、『なぜ日本の外交官は世界からバカにされるのか』(2002/10)、『外務省が消した日本人―南米移民の半世紀』(2001/8)、『さらば外務省!私は小泉首相売国官僚を許さない』(2003/10)、『踊る日本大使館』 (2000/6)、『亡国の日本大使館』(2002/7/18)等々です。

 

・REUTERS(2019/5/4)によると、「北朝鮮の食料不足が深刻化、国民の4割が十分な食料得ず=国連」「[ジュネーブ 3日 ロイター] - 国連機関の世界食糧計画(WFP)は3日、北朝鮮の農業生産が過去10年間で最低となり、食料不足が深刻化していると警告した。

1日1人当たりの配給量は300グラムと、この時期としては最低水準にまで落ち込み、人口約2520万人の4割に当たる1010万人が十分な食料を得ていないと指摘した。 WFPの報道官は、現在の状況は「飢餓」とはいえないものの、早ければ数カ月後にも飢餓が訪れる恐れがあるとし「状況は非常に深刻だ」と述べた」とのこと。北朝鮮に関しては、世界中に膨大な情報が流れているといわれます。「頭隠して尻隠さず」でしょうか。