日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

鬼は、我々の国の古代においては決して今人が考えるような、角がない。虎の皮の褌という、あの定型を持ったものでもなかった。単に巨人を意味するものに過ぎなかったのである。(14)

 

(2020/4/20)

 

アメリカとイスラエルの情報機関の関係からか、「イスラエルシリウスと通商協定を結んだ」といわれます。ガセネタ、フェイクニュースの多い世界のネット情報ですが、フェイクニュースの真贋を見抜く能力が必要といわれます。宇宙人情報もアメリカやイスラエル諜報機関に握られており、一般のメディアにはほとんど流れてこないようです。こういった点から、一般の人々は「情報操作」を受けやすい立場にあるといわれます。UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象だと指摘されています。各国の諜報機関では、さまざまなネットワークがあるといわれます。異人やコンタクティのネットワークもあるのでしょうか。「モスクワには多くの異星人が住んでいる」というリーク話もあるそうです。各国の政府にはそれぞれ、ネットワークがあるのかもしれません。少数の地球人が選ばれて、異星人の案内で宇宙母船等に行っているという話も昔にあったといわれます。

 

・ところで「ユダヤ人」とは日本の歴史や世界の歴史、陰謀論、オカルト話においてもよく言及される言葉です。本も非常に多く、amazonに「ユダヤ」といれますと4000以上もあります。一般の個人では、とうてい把握できない情報量といわれます。注目されるのは、「ユダヤ人」というのは、日本民族のように、まとまった概念ではなくなりつつあり、「ユダヤ教」との関りが大きな要素になってくるといわれます。

 

ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)でみますと「ユダヤ人の定義」として、「「ユダヤ人はユダヤ教を信仰する人々である」という定義は古代・中世にはあてはまるが、近代以降ではユダヤ教徒の家系でキリスト教に改宗した人々(例えばフェリックス・メンデルスゾーングスタフ・マーラーハインリヒ・ハイネ、ベンジャミン・ディズレーリ)や無神論者の人々(例えばジークムント・フロイトカール・マルクスなど)も「ユダヤ人」とみなされることが多い。なお、イスラエル国内においてユダヤ教を信仰していない者は、Israeli(イスラエル人)である

 

イスラエルの国内法である帰還法は「ユダヤ人の母から産まれた者、もしくはユダヤ教に改宗し他の宗教を一切信じない者」をユダヤ人と定義している。また、ユダヤ人社会内やイスラエル国内においては、「ユダヤ人の母を持つ者」をユダヤ人と呼ぶのに対し、ヨーロッパなどでは、母親がユダヤ人でなくともユダヤ人の血統を持った者(たとえば母親が非ユダヤ人で父親がユダヤ人という場合)もユダヤ人として扱うことが多い。

 

ユダヤ教については、ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によりますと、

ユダヤ教ユダヤきょう、ヘブライ語יהדות)は、古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェיהוה)を神とし、選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。『タナハ』(キリスト教の『旧約聖書』に当たる書物)が重要な聖典とされる」とのこと。

 

ユダヤ教についても私たち一般人は、当然詳しくはありません。現代のユダヤ教イスラエルという国についても、専門家以外には、知識や情報が知られていないようです。

ユダヤ人」については、歴史的に両極端の話・評価があり、私たち一般人は、理解できません。悪者であるとか、そうではなくて「神の選民」という話もあり、理論的にも混乱しており、ヨーロッパでの迫害やホロコースト(大虐殺)もあり、人種的な問題は一部ではタブー視されているともいわれます。エロヒムによると「ユダヤ人は神の選民だった」そうです。

 

・毒ガスや細菌兵器などの生物兵器なども、第1次世界大戦ごろからの話であり、ある意味では核兵器以上の破壊力があり、戦争の原因となることから各国とも神経を使っているそうです。中世の黒死病なども宇宙人が原因とする説もあり、「次の戦争には、常に新兵器が使われる」ということで、核兵器以上に生物兵器、毒ガスは各国の諜報機関の探索の中心となっていると指摘されています。

ペンタゴンに住んでいた宇宙人」、「テレポートできる宇宙人」、「宇宙連合の地球管理部」、「超人たちの地上のネットワーク」、「マスターたちの評議会」等、高等知性体のネットワークとCIA等の諜報機関のコンタクトの可能性は、ナチスの時もそうでしたが、『厳秘』処理のため、詳細は不明です。

  太陽を二つ持つ惑星からのイチビラ(ITIBI-RA)星人が南米やインド中を旅行していたという話もありましたが、「英国貴族と異星人とのコンタクト」、「英国諜報部、MI6と宇宙人とのコンタクト」の話なども『厳秘』のため詳細不明のようです。マスコミに載らないことは、ブログでも取り上げれないということでしょう。

「影の世界権力」、「闇の勢力」や「謎の陰謀集団の存在」の話も、私たち一般人の観点からは、 荒唐無稽と思われる話も少なくなく、無視されることも多いでしょう。

 

ネプチューンと呼ばれる宇宙人とのコンタクトも報告されており、一部の宇宙人=神々とすれば、神々の地球への飛来も当然あり得ることでしょうか。日本神話、伝説にしても日本の神々の話はすこぶる多いのですが、太古から神々が庶民の生活に登場していたということでしょうか。

「日本人が欧米人を特に英国人を理解できないのは、フリーメーソンが分からないからだ」とよく言われていますが、私たち一般人は、もちろんのこと、マスコミですら理解不十分だそうです。「トンデモ本に」に分類される多くは、「荒唐無稽と思われる事」が多く書いてある本だそうです。「陰謀史観」といわれるものも理解不能の書が多いそうです。「大衆は3S(セックス・スポーツ・スクリーン(映画等の大衆娯楽))で政治を忘れさせよ」とシオンの議定書の長老たちのようなことが、よく言われますが、私たち一般人は、いいように操作されているという説もあるようです。太平洋戦争中は、『鬼畜米英』といわれたそうで、西洋近代史といわれても殺戮と残酷のイメージしかないそうです。いま、騒いでいる「捕鯨問題」にしても西洋人にとって「東洋人は分かりません」ということで、同じく東洋人、特に日本人にとって「西洋人は分からない」ということだそうです。

 

・「闇の権力」といえば、英国情報部、英国王室を代表とする欧州のフリーメーソンである王侯貴族、ロスチャイルドなどの金融財閥、「多くの国際機関」などが挙がられますが、フリーメーソンのように秘密結社のようで、当事者たちは自己利益のために秘密を守る支配上流階層の利益集団だそうです。ユダヤフリーメーソンの謎の「陰謀話」も盛んですが、一般的に学者達がタブー視するものだそうです。『タブー』と言う語は、辞書を見ると「ある集団の中で、言ったり、したりしてはならないこと。法度(はっと)」「聖と俗、清浄と不浄、異常と正常とを区別し、両者の接近・接触を禁止し、これを犯すと超自然的制裁が加えられるとする観念・風習。また、禁止された事物や言動。未開社会に広くみられる。禁忌。禁制」ということだそうです。シオンの議定書「3S(スクリーン(映画)、セックス(性娯楽)、スポーツ)によって、大衆をして政治を忘れさせよ」ということを世界中に今もある『タブー』の存在と合わせ考えると、自ずから、私たち一般人の正しいあり方が導かれるそうです。邪悪な異次元の高等知性体、ネガティブなシリウス星人でも関与しているような話で、通常の常識人には理解不能の話だそうです。「中世、ヨーロッパの人口を激減させた黒死病は、UFO、異星人が持ち込んだ」という説もあるようです。

サタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人は昔からヨーロッパなどに登場していましたが、キリスト教に対立する勢力や、キリストを遥かに上回る神々に近い存在もいるそうですが、正体は不明のようです。

「失業、飢餓、伝染病、そして数十億の『ムダ飯食い』の抹殺」「疫病による死亡者数は、すでに第一次・第二次世界大戦の死亡者数合計の10倍に達しているのだ」ということですが、あまりに奇想天外な話、理解不能な支離滅裂な話の印象を与える部分も少なくなく、恐ろしい細菌戦争については、にわかに一般人には信じられないといわれます。

英国諜報機関、CIAなどの米国の諜報機関といえば、金髪碧眼の宇宙人ノルディックとつながる『神々』に通じた組織だそうです。「小人のグレイが来て、その後に金髪碧眼のノルディックが来て、その後に東洋人タイプが来た」そうですので、『日本に関係する神々』についても既知のことでしょう。ジョン・コールマン博士は、英国MI6(軍事諜報部第6部)を脱出して米国に移住したそうですが、女王陛下の「007」が活躍する、当の元情報部員も把握できない魑魅魍魎の世界のようです。

4月1日は「エープリルフール」の日。{April fool}とは、辞書によれば、「4月1日の午前中は、軽いいたずらでうそをついたり、人をかついだりしてもとがめられないという風習。18世紀頃から西洋に起こり、大正頃から日本にも伝わる。万愚説。その日にかつがれた人。四月馬鹿」だそうですが、この風習も現代ではなくなりつつあるようです。

 

・インドの古代叙事詩『マハーバラタ』に記載のある「完成したサブハー(空中宮殿)は金銀その他の金属で造られ、800万人も収容でき、空を自由に移動できる美しい巨大な乗り物だった」という「都市型の超巨大宇宙母船」の存在がありますが、この800万という数字は、「やおろずのかみ(8百万の神)」の数字を連想させます。シリウス星人の都市型の超巨大宇宙母船は、「母船の大きさは、ニューヨーク市ほどあり、その人口をすべて収容できる」そうですが、ニューヨーク市の人口約800万人だそうですので、「800万人を収容できる都市型の超巨大宇宙母船」、「サブハー(空中宮殿)」ということになるのでしょうか。

「都市型の超巨大宇宙母船」の存在は、古代のインドの叙事詩『マハーバラタ』ばかりでなく、現代のコンタクティの報告にもあるそうです。

「やおろずのかみ(8百万の神)」という神社用語は、『古事記』に記されている神道の神々の数で、実際の数ではなく、「たくさんの神々」という意味なのだそうですが、実際のサブハー(空中宮殿)の搭乗者数なのかもしれません。

宇宙人の数字といえば、「古代リラ人の14万4千」という数字も多くの書籍に出てくるのですが、正確な事は不明です。

「商業の神」とか「芸術の神」、「戦争の神」とか、神々は多種多様のようですが、「分配がうまくいくなら経済は右肩上がり」という「経済の神」も存在するのでしょうか。

英国軍事諜報部第6課(MI6)、英国王室、フリーメーソンの関係は、多くの識者が指摘するように、「異人のネットワーク」と関係があるのでしょうか。「英国貴族と宇宙人とのコンタクト話」など、米国以上に昔からコンタクティの物語は豊富だそうです。

 

・上位の神々の律法が厳しすぎて、下位の神々が団結して反乱を起こして、「艮の金神」を隠退させたという話もあるそうです。まるで、天使長で堕天使となったルシファーが天使団の3分の1を率いて神に反乱した物語のようです。太古、宇宙の一部を壊すような、凄まじいスターウォーズがあったと報告されています。現代ではリラ星人のサタンやルシファーは、遺伝子科学者で人類創造の実験をしていたとされています。神々=宇宙人=異星の科学者ということができます。

戦後米国に小柄な宇宙人グレイとともに現れた金髪碧眼のノルディックは、空飛ぶ円盤(UFO)上で、人間をアブダクション(誘拐)して生体実験をしていたというコンタクティの報告もあるそうです。なお、生体実験については、おぞましい話が多くUFO研究書に載っているようです。

 

・「大きさはニューヨーク市ほどあり、その人口を全て収容できる」シリウス星人の都市型の超巨大宇宙母船の存在がチャネリングされているようです。「シャンバラはエーテル界に突入した都市型の超巨大宇宙母船だ」というコンタクティの話もあるようです。「日本民族神話の原郷『高天原』が都市型の超巨大宇宙母船だった」という小説。「エーテル界やアストラル界には都市がある」と神智学ではいわれていますが、都市型の超巨大宇宙母船がエーテル界に突入した状態ではないのでしょうか。「土星の環の中に全長1000キロメートルぐらいの葉巻型宇宙船が滞空している」というハッブル望遠鏡の発見の話もあるそうです。

フットボール球場ほどの規模の大型宇宙船」は多くのコンタクティが報告していますが、プレアデス星人のコンタクティによると「直径100キロメートルの移住用宇宙母船があった」そうです。インドの太古のヴィマーナ(宇宙船)の話は、よく知られていますが、神々の争いは別次元の別の宇宙へ移り、現代の今でも、当然、不死である神々が、天使などを通じて現界に影響力を行使しているのかもしれません。

「天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人の植民星が地球だ」という話もあるようです。「実験室で人間を創った」サタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人と「思念で人間を創った」天使的な存在のシリウス星人は、宇宙で対立抗争して、大規模なスターウォーズが起こったという話。

 

・ロックフェラー一族とかロスチャイルド一族は、世界的に有名だし、フリーメイスンユダヤ陰謀論の主役としてよく登場するようです。「トンデモ本」は、「よく書けるな」という印象が強いようです。確かにイルミナティには、超人的な要素も大いにあるようだし、未知のパワーも考えられるそうです。系統的で原則的でとても人間わざとは思えない現象だそうです。

太古から飛来している異星人と人類との関わり合いは、核戦争や生物兵器戦争もあったのでしょうか。中世のヨーロッパは魔女狩りや戦争などの悲惨な話が多かったのですが。

2種類の宇宙人の争いが地球に波及してきて代理戦争の様相を呈することもあるようです。

 

・悪疫や病気をはやらせる恐ろしい堕天使か悪魔がいるそうで、大宇宙ではスター・ウォーズが絶えないそうです。本来、人間は完全な神の似姿であって寿命も長かったようなのですが、魔神や悪魔のために肉体的にも精神的にも病気になるという終末的な様相を生みだしたようです。

中世ヨーロッパでは、異星人が飛来し地上を探索していたようであるし、悪疫の腺ペストの黒死病生物兵器と異星人の関連もあったのでしょうか。中世のヨーロッパはあまりにも暗黒時代であったようです。UFOや宇宙人と人類のつながりを示す民間伝説は世界中にあるそうです。

昔からの宇宙人との交流を窺わせる物語は、数が多いのですが、「人間を創った」宇宙人は、天使のように波動が高く容易に視認できず、人間の頭脳よりもはるかに高等知性体なため、把握が出来ないのでしょうか。人間も一種のバイオロボットですので、ロボット製作者を認識できないということでしょうか。「ガリヴァー旅行記」の「馬の国、ヤフー」は、馬頭観音の国、イアルガの宇宙人を連想させるそうです。「馬頭観音」は、頭が馬で人間体なのですが、仏教やヒンドゥー教などに登場しています。

 

・ラエルの話は日本でも10冊くらいの書籍になり、日経新聞などで広告を打ちだしたので記憶に残っている人も多いでしょう。サタンと呼ばれるリラ星人は「実験室で人類を創造した」と主張しているラエルは、クローン人間の創造という実験のことで、米国で社会問題を起こしたこともあるそうです。カルトは、いろいろ悪い評判がありますが、その後も活動しているのでしょう?小柄な人間タイプのリラ星人がもたらした情報はその後大きな影響を世界に与えたようです。米国のUFO墜落事件から50年以上たちますが、宇宙人情報は、『厳秘』のため、リークされた情報は限られたものでした。宇宙人の進化の速度は、宇宙連合があるために、人類よりもはるかに早く、50年前とは格段に進化しているそうです。そのためにより進化した宇宙人が来ている可能性もあるそうです。エリア51が観光地化したために別の秘密基地に移されたという話もあるそうです。

 

・「失われた20年」、「自殺者毎年3万人」、「百年に一度の大不況」、「30年に一度の買い場の株式市場」とか、日本経済の惨状に有効な経済理論が、効かないようでした。エコノミストの有効な経済政策が、速急に必要のようでした。この惨状は、本当に優秀なエコノミスト・政治家が活用されていない証拠でしょうか。金融寡頭勢力や「闇の世界権力」というとロスチャイルド、ロックフェラー、英国王室の名前がでてきますが、英王室というのは植民地支配により莫大な財力があり、米国経済にも深く関与しているそうです。巨大財閥には「闇の権力」が関与しているといわれても、私たち一般人には、「訳の分からない話」でしょうか。「歴史のシナリオを書くシリウス星人」、「地球はシリウスの殖民地」だともいわれているそうですが、高等知性体は「経済にも通じている」ということでしょうか。「困ったときの神頼み」といいますが、「彼らが為替レートを決めていた」という話もあったそうで、「商業の神様」もいるのなら「経済の神様」もいるのではないのでしょうか。異次元の高等知性体と「昔からの地上の金融、経済の係わり合い」を説いた書籍は非常に少ないそうです。フリーメーソンを操るイルミナティ。さらに奥の院のサンヘドリンと在日宇宙人問題とは不思議な話です。

 

・サンヘドリンとは、ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によると「ローマ帝国支配下ユダヤにおける最高裁判権を持った宗教的・政治的自治組織。71人の長老たちから構成され、一人が議長、一人が副議長、69人が議員であった。伝承ではサンヘドリンの源流はモーゼ時代までさかのぼるという。だが、サンヘドリンというギリシャ語名が、その起源がヘレニズム時代にあることを示唆している。ラビ伝承によるとサンヘドリンのメンバーに加わるための条件はモーゼに由来するセミカの口伝を受けていることであったという

「サンヘドリンは「最高法院」「長老会」などの訳で新約聖書に登場する。福音書では、イエスの逮捕はこの最高法院による陰謀であったという」。

 

イルミナティの円盤はタイム・トラベルができると言う話があったそうですが、キリストの磔刑を見物したものたちとは?

「太陽系の運行を管理する代表者のことをオリンポスの一族と言って、その代表がサンヘドリンだ」そうですが、昔から「ゴールデン・ドーン」(黄金の夜明け団)や英国情報部とコンタクトがあったのでしょうか。

異星人情報や神人・異人の情報は、英国情報部やCIAなどの特別な権力を持つ諜報機関で、意識の非常に高い担当者などにより、隠ぺいされており、60年ぶりにNASAの元宇宙飛行士などにより少しづつ、意図的にリークされ始めたそうです。しかし、私たち一般人には、何もわからないことばかりのようです。

  見えない世界のことは、死後の世界・霊界のように私たち一般人には、死んでから分かることであり、天使のようなシリウス星人と遭遇できるのも、それからのことだそうです。潜在意識のように「見える世界」よりも「見えない世界」がはるかに私たちの生活を支配しているのだそうですが、私たち凡人には、理解不能の事象のようです。天狗による「神隠し」の伝説も昔の宇宙人のアブダクション(誘拐)の話だったのでしょうか。

 

ラエルのラエリアン・ムーブメントは、米国などで人間クローン問題などの社会問題を起こしたりして、いろいろとトラブルがあったといわれます。「ルシファー、サタンは遺伝子科学者のエロヒムであった」という現代的な説明で多くの謎を説いた本も、日経新聞で宣伝して、30年前ごろに登場したようです。エロヒムのリラ(こと座)星人は、プレアデス星人、シリウス星人と同様に日本民族と太古からコンタクトがあったようです。リラ育ちのコンプリート・バイリンガルの元地球人が密かに地球に来ているとしたら不思議な話です。日本ラエリアン・ムーブメントのラエルの本は、無料で、ネットで読めます。「いづれ、昔の本は、全て無料で、ネットで読めるようになる」本格的なネット革命の時代になるのでしょうか。

 

・プレアデス星人の話では、恒星間移民用の直径100キロの都市型の宇宙母船があるようです。日本民族の神話の 原郷「 高天原」も「エーテル界に突入した都市型の超巨大宇宙母船である」という説もあるそうです。ハッブル望遠鏡で見ると土星の輪の中に、とんでもない大きさの超巨大宇宙母船が数隻、滞空しているという話もあるようです。「広さは東京都のおよそ2倍にもなる、天上の都市」、「ニュー・エルサレム」が動くという話も「都市型の超巨大宇宙母船」と考えれば、理解できることになるのでしょうか。巨大宇宙母船の話は、宇宙人のコンタクティの話からも多いそうです。まるで、ガリバー旅行記の空飛ぶ島「ラピュタ」の物語のような?

 

・「次の戦争には、必ず新兵器が使われる」「将軍たちは前の戦争の兵器で戦っている」「毒物を使った非対称戦」といわれるように、生物兵器化学兵器などの使用の確率は高いそうです。「中世の黒死病もUFO、宇宙人が関与していた」という説もあり、生物兵器化学兵器は破壊力が核兵器以上の場合もあるようです。現代では核兵器が政治の焦点にされていますが、生物兵器、科学兵器の使用可能性は高く、その開発・保有は、 各国とも最高機密(トップシークレット)になっているそうです。人が人を殺し合うという本能を「殺こう」というそうですが、これが、異星人により人類のDNAに組み込まれているので殺戮や戦争が絶えないそうです。「人類の歴史は平和な時代よりも戦争の時代が長かった」そうです。謎の陰謀集団の存在は、私たち一般人にとって、理解不能な存在のようです。

 

・英国の東インド会社というと「太陽が2つある惑星からきたイチビラ(ITIBI-RA)星人」を思い出させます。彼らは当時、南米、インド中を旅行していたようです。米国のCIAとプレアデス星人とのコンタクトもよく知られていますが、英国情報部、MI6とイチビラ(ITIBI-RA)星人とのコンタクトも、『厳秘』のためか、少数の書籍にしか触れられていないようです。欧米の金融寡頭勢力の背景には、「神の領域」から来た異星人が、フリーメーソンを、てこに活動していることは十分に可能性があるそうです。欧州のほうが中世からの異星人との関わり合いの痕跡が多いといわれます。サタニックな悪魔信仰グループに関しては、「神様だから善悪両方の勢力を支配している」という説もあるそうです。「2012年以降は日本が世界を精神的にリードしていく、そんな国になる」ためには、『令和維新』を断行しなければならないでしょう。

太古から人類の創造者のエロヒム(神)が秘密結社のネットワークで人類を観察してきたという話もありますが、人智を超える集団とフリーメーソンが結びついていたということは、現代では多くの有識者が指摘するところだそうです。「陰謀史観」の語るところは、私たち一般人には、理解不能な話のようです。

 

・2012年には、地球全体が半霊半物質の世界になったのでしょうか?

コンタクティやチャネラー(が増えて、日本の神々のテレパシー通信がネットのブログに頻繁に登場してくるのでしょうか。ハリウッド映画「2012」のように、世界の終末を煽る向きも少なくないようですが、その可能性は非常に低いようで、岡本天明の自動書記の「日月神示」が描くように「異次元の高等知性体」とのコンタクトが容易になるといわれます。『厳秘』のため人間タイプの宇宙人の情報公開は限られていますが、今後、マスコミへのリークや暴露が頻繁になれば、大衆の側からの動きも目覚めてくるのではないのでしょうか。

有名な作家が『精霊』からヒントや情報を得て大作を書いたという話は、少なくないそうです。そして『精霊』からの助けがないと、作家としても大成しないといわれています。

テレポートできる宇宙人もよく報告されていますが、メン・イン・ブラックのように奇怪な印象を与える宇宙人たちではなく、神々や天使のような超人の宇宙人が、地球に出現してくるのでしょうか。ヨーロッパでは昔から「異人」の伝承が豊富にあるといわれます。『地球維新』に向けて、太古から封印された、神々や天使のような宇宙人とのコンタクトが開始されるのでしょうか。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですから、「街中の超人たち」は、識別できないのでしょうか。

非常に細かい粒子の世界に死後の世界の霊界や異次元の地底都市があるそうです。宇宙人のテレポート(瞬間移動)もよく報告されますが、宇宙人にとっては、それほど難しくないテクノロジーだそうです。小柄な宇宙人グレイも壁を透通るように部屋に侵入してきたというコンタクティの報告があります。「アリゾナ州セドナ上空にエーテル界の都市が滞空している」という話もあるそうです。また、半霊・半物質の状態が「5次元」であり、その世界に高等知性体が存在しているといわれます。

 

・「闇の権力構造」とか「日本政治における米国支配」とか、我々一般人には、理解が難しい内容のようです。とにかく、大新聞も取り上げないことを、なかなか難しい程度のようです。戦後の経済成長をリードした善玉の官僚も昨今では庶民泣かせの悪役になりつつあるようです!2010年は、国民一丸となって、熱い思いをもって、『令和維新』を達成しなければ、「失われた20年」を取り戻せないようです。「今日の日本経済の惨状は、真に優秀なエコノミスト・政治家が活用されていないことが原因だ」という説もあるそうです。「平成の坂本竜馬」が「平成維新」「令和維新」を達成するのかもしれません。「国民の政治意識に応じた、その程度の政治しかもてない」といわれますが、我々一般人の政治意識を高めていかねばならないそうです。毎年が政治の年となるでしょう。

人智を超えた「闇の結社」は、存在するのでしょうか。石井紘基(こうき)という殺された民主党の議員の背景には、「闇の結社」が関与していたのでしょうか。

 

・2,009年に「2012」というハリウッド映画がありましたが、「2012年の出来事」に関してマスコミに出る露出度が、大きくなれば世間の人たちも注目したのかもしれません。非現実的な話、通常人が空想できない話、「トンデモ本」のような内容は、世間一般の人の常識を超えており、理解不能の物語となるのでしょうか。「宇宙人もの」の話は、そのような類の話が多くて、新聞社がまともにとりあげないそうです。米国の連続テレビドラマで、1986年の作品に「「V ビジター(来訪者)」というのがあり、日本でも連続ドラマとして放映されました。現在でもビデオがシリーズで6本ほど発売されているようです。世界各地に巨大なUFOが現れて、人間と同じ姿をした友好的な宇宙人が登場します。でもその真実の姿は、一皮剥けば、爬虫類人であったという衝撃的な内容でした

爬虫類人」についても、超科学のテクノロジーで、人形(じんけい)に限りなく近づけるそうです。現代では、美容整形手術がすすんで、人の顔形が、大きく変えることができるようです。よくテレビ映画などで、顔形を自由に変える宇宙人のキャラクターが登場しますが、人間の人智を超えるテクノロジー、進化もあるのでしょうか。「闇の世界権力の陰謀」という話も実態が理解できず、私たち一般人にとって、「訳の分からない話」でしょうか。「街中の超人たち」の話もあるそうで、すでに宇宙人は地球に定着しているという話もあるようです。

 

・アヌンナキという異星人は、ニビルという惑星に住んでいたのですが、地球に降り立ち、人類を作り、その後シュメール人に高度な知識や技術を教えたというシュメール神話が有名ですが、近年、天文学や気候、大災害に関して惑星X(ニビル)は、多くとりあげられているそうです。アヌンナキという異星人については「人類創成の謎と宇宙の暗号」ゼカリア・シッチン(学研)という本で、詳細に説明してあるそうですが、近い将来、”異星人・神”が再び飛来するのかもしれません。恒星間飛行技術を持つ異星人は、人類よりもはるかに進化の速度が速いようです。21世紀前には、多くの「第3次世界大戦勃発の予言説」があり、マスコミも真剣にとりあげましたが、全て誤りという結果になりました。「2012年人類滅亡説」もそのようなものだったのでしょうか。でも、多くの人が主張しているように「2012年に何かが起こる」という話は、2012年を過ぎるまで続きましたが。

 

フリーメイソンの秘密のシンボリズムも古代からの人智を超えた高等知性体の存在が窺われるそうです。フリーメイソンの象徴「万物を見通す目(摂理の眼)」が描かれている謎は、現代では分からないようです。フリ-メイソン組織は、現代では慈善団体のイメージが強いそうですが、会員数は全世界で約300万人。日本での会員数は約2000人で、多くは在日米軍関係者。日本人は300人程度だそうですが、日本人には理解不能の組織だといわれる所以でしょうか。日本にも昔から秘密結社が全くなかったわけではありませんが、フリーメイソンのような大規模な秘密結社の組織は、日本人には馴染みがないといわれます。

  通常、眼に見えない天使も、集団幻覚ではなくて、多数の者に知覚されるという現象も少なくないようです。人間を装った天使に会ったという物語は米国の遭遇者に多いそうです。夢の中で天使に会ったという話は多いようですが、3次元の密度の体で現代社会に登場する超人や異人、天使も報告されているといわれます。メン・イン・ブラックもテレポート(瞬間移動)するそうで、異人のテレポートとして伝えられているようです。日清戦争の時でしたか、日本軍の最前線に「白衣を着た仙人」が現れたそうで、「加納仙人でなかったのか」ともいわれた話があったそうです。「街中の超人たち」がテレビ映画になる時代ですが、単なるSFでしょうか。

 

・CIA(米国中央情報局)の宣撫工作の1つとして、ハリウッド映画界に、宇宙人ものの映画を製作させて、秘密事項を大々的に明らかにするという手法があるそうですが、それによって真の秘密を隠す手法だそうです。人気の動画サイトYou Tubeなどでも大量の宇宙人ものの動画が流れておりますし、ネットに載る宇宙人情報もマニアのものを含めて、整理に困るほど膨大のようです。情報公開法などに期待するむきもいるそうですが、『厳秘』に関しては、 超法規だそうです。イルミナティ大幹部ザガミ氏の言う「2012年ではなく、2019年に2万5900年の時を経て神の王国が現れるのです」という与太話もあったようです。

 

・銀河宇宙連合の諜報部との接触は、太古からあり、「神々や悪魔とのコンタクト」、「異星人とのコンタクト」が神話や伝説になっているそうです。神々や悪魔とのコンタクトから戦争が頻繁に起こり、「人類の歴史を見ると平和の時代よりも戦争の時代が長い」と言われております。「歴史の皮肉」といえましょうか、「地球はシリウス異星人の殖民星で、シリウス異星人の地球支配があまりにも巧妙なので、頻繁に殺戮や戦争が起こる」という説もあるそうです。大宇宙でも惑星を吹き飛ばすような兵器でスター・ウォーズが行われたそうですから、地球上でも戦争の原因はなくならないのでしょうか。死後、誰でも幽界や霊界で天使的な宇宙人のシリウス星人と会えるそうで、転生も天使と相談して決めるそうですから、「地球はシリウスの殖民星」といわれる所以でしょうか。人気のあった米国のテレビ映画「Xファイル」の中で、神のような人物が登場する話がありましたが、神のような『超人たち』は、普通の大衆と識別がつかないようです。

 

ベネツィアの「黒い貴族」とは、白い肌の白人ではないカナンの地出身の「褐色の肌」の商人という意味だそうですが、何らかの形で、昔からのフリーメイソン組織と「異人・超人たちのネットワークとのつながり」があったのではないのでしょうか。「英国の貴族と異星人とのつながり」の話もあったそうで、昔からフリーメイソン組織と「異人、超人たちのネットワーク」との関係が窺われるそうです。昔、映画「女王陛下の007」で世界的に宣伝した英国諜報部は、CIAを作ったともいわれ、「男を女にする以外、何でもできる」と言われた時代もあり、現代でも当然ながら、謎の多い組織だそうです。「闇の世界権力」というのも抽象的で、実態がつかめず、私たち一般人にとっては分からない概念のようです。英国情報部とCIA(米国中央情報局)は、銀河宇宙連合の諜報部(メン・イン・ブラック等)とのコンタクトがあることになっているのですが?

 

・「日本人が欧米人を理解できないのは、フリーメイソンが分からないからだ」といわれますが、当事者になると秘密結社のため守秘義務が生じ沈黙を守り、門外漢には、理解できない組織になるようです。公務員の「守秘義務」のように、まじめに守られることが多いようです。イギリス王室の抜群の財力と英国諜報部の優れた情報力は昔からフリ-メイソン活動を支えてきたようです。フリーメイソンと異星人との繋がり(超人、異人のネットワーク)は、少なくない識者の指摘するところのようです。推薦で入るメイソンでは、日本の政治家も増えており、鳩山総理もメイソンではないのでしょうか!?自民党も一種のメイソン的な組織をとっていたとも言われていたのですが。欧米では「メイソンでなければ、ビジネスがうまくいかない」ともいわれるほど、政財界に圧倒的な力を持つ「フリ-メイソン王国」だといわれます。

 

・トールホワイトの正体も不明ですが、米国や日本のマスコミに露出度が大きくなると、次第に明らかになるのでしょうか。このままだと、米国に異星文明の超テクノロジーは独占されるのでしょうか。これらの情報が明らかになることでも人類の進化は、数世紀すすむことでしょうか?

米国の空軍士官学校の教科書には宇宙人の種類が載っているそうですが、その後、改編されたのでしょうか。1947年7月2日午後10時の「ロズウェル」の空飛ぶ部円盤の墜落から70年たちますが、『厳秘』扱いの呪いのため、プロ野球のような日々の話題にならないようです。57種類の宇宙人の中には、「天使」クラス、「神人」クラスの異星人もいるのでしょうか。

 

・天国の天使的な宇宙人は、第3次元密度の体を持って地上に登場することがあるのでしょうか。中世のヨーロッパのフリーメイスンといわれた薔薇十字団は、「団員は天の周辺に住む神的な一団である。彼らは分身の術を備えていて、意のままに姿を変えて現れることができる。また彼らは自分の望む場所に移動することもできる。その他、団員は占星術によって地震を予知したり、都市の疫病の流行を遅らせたり、空中を歩いたり、どんな病気でも治すことができた」そうですので、天国に自由に出入りしているシリウス星人が、第3次元の密度の体を持ってパリに現れたのかもしれません。現代では、「メン・イン・ブラック」がテレポートができる集団だったそうですが、小柄な宇宙人(生体ロボット?)のグレイも壁を透き通るように部屋に侵入することができ、異次元移動ができたそうです。グレートマスター、マスター、ライトワーカーなど人類のために活躍しているようですが、私たち一般人には、見えないため分からない事柄のようです。

 

・現代の死者からのチャネリングによってニルバーナ(天国)の現代的な姿が報告されています。死後、天国に行けば誰でも天使的な宇宙人、シリウス星人に会えるようです。高次元の宇宙人と死後世界の天使とが結びついていることが次第に明らかになってきているようです。ハトン銀河連合軍の艦隊がニルバーナ(天国)に到着していることが、マシューの報告から理解されます。宇宙人のマスター(長老)の話も昔のコンタクティ物語に多く出てきたそうです。

 

・仏像でも耳たぶの大きい仏像がありますが、プレアデス星人の耳たぶを連想させるそうです。プレアデスのとある惑星に日本民族の原郷があるという話もあり、プレアデスとのつながりは、昔から多くの伝説があるようです。現在でも、プレアデス星人飛来の話がマスコミをにぎわせます。

金髪碧眼の宇宙人の話も多いですが、宇宙人は多種多様で、黒目黒髪の宇宙人で日本語を解するとなると区別が不可能のようです。スサノオがルシファーに相当するという説もあり、ノストラダムスのいう「ヘルメスの統治する国」が日本だという説は、まじめに研究するに値する話で、「神の中の神」ゼウスに相当する宇宙人もいるのかもしれません!?世界中の神々、宇宙人はランク的に相似するそうです。シンセシス(人造生命体ーグレイ等)は、人造ロボットであり、宇宙母船に多くいるそうです。昔からアデプト(肉体の存在する聖者)とアバター(肉体の存在しない聖者)と区別があるように、目に見える3次元密度の宇宙人と目に見えない4次元密度の宇宙人が存在するといわれていますが、私たち一般人には理解不能の事実のようです。現在、日本では一部の出版社とテレビ局が宇宙人問題を追っているそうですが、マイナーな問題がプロ野球の話のようなメイジャーな問題になってこそ先進国といえるのでしょうか?それともマスコミの自主規制や、宇宙人の安全を守るための報道規制でもあるのでしょうか。「宇宙人の安全を守る」といえば、昔からコンタクティや宇宙人が「命を狙われた話」は、欧米に非常に多くあるそうです。「世界中の外交に機密はつきものだ」そうですが、『厳秘』の規則は世界中の国々にあるのでしょうか。その世界は「殺人許可証」を持つ英国情報部、秘密諜報員007やCIA、KGBの暗殺部隊のような映画の世界なのでしょうか。

 

・エレア星に行った中田くんは、その後どうなったのでしょうか。神々や天使が人間に憑依したりして、人界を調べたりすることがあるでしょうが、その逆は非常に少ないそうです。しかし、少なくない人数の地球人が異星に行っているのかもしれませんが。まるで米国のテレビ映画のように、「街中の超人たち」もいて、人間社会に溶け込んでいるのかもしれません。プレアデス星人は、人間に最も近いそうですし、たまにコンタクト報告があるようです。メン・イン・ブラックは、オリオン星人だったそうですが、コンタクティの評判は非常に悪いようです。

 

・米国に飛来した金髪碧眼のノルディックと呼ばれる宇宙人もプレアデス星人といわれています。おそらく、米国の諜報機関員や米軍人も異星に行き、異星育ちもいるのではないのでしょうか。異星への留学生の派遣の話もあったそうです。異星語と英語のバイリンガルの存在も予想されているそうです?プレアデスには、6時間で行かれるそうですが、ときたまマスコミも報道しますが、最近も日本にプレアデス人が現れたそうです。その後の動きがわかる書籍の発刊がまたれます。

宇宙人の物語には「14万4千人」という数字がよく出てきますが。この数字は一説では「古代リラ人」の数だそうです。「人類の進化に干渉してはならない」という宇宙のルールがあるそうで、空飛ぶ円盤の墜落から60年もたちますが、『厳秘(アバブ・トップシークレット』』扱いのため、異星文明を大々的に導入しようとする動きが出てきませんが、「エリア51」などの秘密基地で研究が進んでいるそうです。50年前から「街中の超人たち」の話が出てきていましたが、地上には彼らのネットワークが当然あるのでしょうか。