日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-05-26から1日間の記事一覧

伝承によれば、聖徳太子43歳のとき、法隆寺から天王寺への途次、笛を吹いていると、背後に山神・蘇莫者(そまくさ)が出現し、笛の音に合わせて舞ったという。(11)

・アシュター(銀河連合の総司令官と呼ばれる存在)という名前がよく米国のスピリチュアルな本で言及されているそうです。アシュター・コマンドというのは、現在、地球周辺の宇宙空間に滞空しているUFO艦隊の司令官アシュターならびに、主サナンダ・クマ…

伝承によれば、聖徳太子43歳のとき、法隆寺から天王寺への途次、笛を吹いていると、背後に山神・蘇莫者(そまくさ)が出現し、笛の音に合わせて舞ったという。(10)

・異星人は4次元以上の高次元の世界、アストラル界やエーテル界に都市文明を創り活動しているといわれます。異次元世界は人間の夢の中の世界のようです。異界に行ってきて、気付いたら夢だったという話が多いのもそのためのようです。人間死後の世界と似た異…

伝承によれば、聖徳太子43歳のとき、法隆寺から天王寺への途次、笛を吹いていると、背後に山神・蘇莫者(そまくさ)が出現し、笛の音に合わせて舞ったという。(9)

<人類を超人へと変化させるための壮大な絶滅> ・ハウスホーファーはミュンヘン大学を卒業後、大使館付き武官としてインドや日本に旅行した。日本滞在中に、明治時代から大正時代にかけてチベットを探検した河口慧海(えかい)から、シャンバラについての秘…

伝承によれば、聖徳太子43歳のとき、法隆寺から天王寺への途次、笛を吹いていると、背後に山神・蘇莫者(そまくさ)が出現し、笛の音に合わせて舞ったという。(8)

『2013年 太陽系大変革と古神道の秘儀』 山田雅晴 たま出版 2012/1/20 <レムリア、アトランティス、ムー滅亡の実相と地底楽園シャンバラ> ・1万年以上前に、アトランティス人とレムリア人やムー人との間で、オーバーテクノロジーを使った戦争がありました。…

伝承によれば、聖徳太子43歳のとき、法隆寺から天王寺への途次、笛を吹いていると、背後に山神・蘇莫者(そまくさ)が出現し、笛の音に合わせて舞ったという。(7)

『闇の魔多羅神』 変貌する異神の謎を追う 川村湊 河出書房新社 2008/11/19 <山王一実神道の秘儀> ・山王権現と天照大神は同体とされているから、東照大権現を中心とする東照三所権現では、山王権現=天照大神と、魔多羅神(日光権現)=三輪明神(=山王…

伝承によれば、聖徳太子43歳のとき、法隆寺から天王寺への途次、笛を吹いていると、背後に山神・蘇莫者(そまくさ)が出現し、笛の音に合わせて舞ったという。(6)

『宇宙からの黙示録』 オイカイワタチとは何か 目覚めよ、日本のワンダラーたち! 渡辺大起 徳間書店 1982/1 <オイカイワタチという特別な役割> ・(本書原本の刊行当時は、1982年。) ・その日、その時、地球を覆うほどに膨大な数の“宇宙船”と“空飛ぶ円盤…

伝承によれば、聖徳太子43歳のとき、法隆寺から天王寺への途次、笛を吹いていると、背後に山神・蘇莫者(そまくさ)が出現し、笛の音に合わせて舞ったという。(5)

『「天国」と「地獄」がよくわかる本』 クリエイティブ・スイート編著 PHP 2009/8/3 <天界に用意されている神の都市国家> <天上のエルサレム(新しいエルサレム)> <広さは東京都のおよそ2倍にもなる、天上の都市> <世界が終末を迎えた後に地上に…

伝承によれば、聖徳太子43歳のとき、法隆寺から天王寺への途次、笛を吹いていると、背後に山神・蘇莫者(そまくさ)が出現し、笛の音に合わせて舞ったという。(4)

<蘇我氏との確執と崇仏論争> ・当時の様子を記した『日本書紀』によると、百済の聖名王から贈られた美しい仏像を見ていたく感動した欽明天皇が、これを拝したいが、いかがなものかと群臣に問うた際、積極的推進派の「蘇我氏」を率いる蘇我稲目は西方の諸国…

伝承によれば、聖徳太子43歳のとき、法隆寺から天王寺への途次、笛を吹いていると、背後に山神・蘇莫者(そまくさ)が出現し、笛の音に合わせて舞ったという。(3)

『日本を不幸にした藤原一族の謎』 関裕二 PHP研究所 2006/10/1 <近衛文麿> ・元首相・細川護熙の外祖父・近衛文麿は、泣く子も黙る藤原北家の嫡流である。その近衛文麿が昭和天皇の前で足を組んで平然としていたというのは、有名な話。 ではなぜ、この…

伝承によれば、聖徳太子43歳のとき、法隆寺から天王寺への途次、笛を吹いていると、背後に山神・蘇莫者(そまくさ)が出現し、笛の音に合わせて舞ったという。(2)

『古代ユダヤ人と聖徳太子の秘密』 (先代旧事本記)が明かす“真の日本建国者”の実像 (月海千峰)(げっかいちほう) (日本文芸社)1994/6/1 <ユダヤの神、バール神とスサノオノミコトは同一か。> ・ 「かぐや姫」とは、太子の祖母で、その舞台は丹後だ…

伝承によれば、聖徳太子43歳のとき、法隆寺から天王寺への途次、笛を吹いていると、背後に山神・蘇莫者(そまくさ)が出現し、笛の音に合わせて舞ったという。(1)

『古代史 【謎解き事典】』 関裕二 三修社 2006/5/1 ・『魏志』倭人伝によれば、邪馬台国の女王・卑弥呼は、多くの首長層の手で「共立」されていたというし、考古学は、三世紀後半のヤマトの大王家が、やはり「共立」されていた可能性を指摘している。巨大な…