日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

彼の名はサナトクマラ。彼はその星には住んでおらず、いつも小型の宇宙船で飛び回っている様子でした。サナトクマラは太陽系銀河の守護者であり、さまざまな惑星を見守る数々の宇宙船の司令官であること。(7)

 

『深「地球史」宇宙人UFO大事典』

ジム・マース   徳間書店    2002/2

 

 

 

<3次元世界は限界と被害者意識を学ぶ力場>

・被害者意識における究極の被害者とは、自らが現実を創造していることを知らず、物事はただ降りかかってくるものと考えている者のことだ。

 

<1972年の地球破壊をエイリアンが回避>

・地球は1972年8月7日に巨大なフレアに見舞われるが、人間は、まだ高次の意識、あるいは高次で安全な存在地平へ移行するのに必要な「振動」に達していないため、地球上の生物は全滅することになるはずだった。ドルンヴァロによるとシリウスの知的生命がおよそ100にのぼる他の種族の援助を受け、「銀河コマンド」の許可を得て、この大災害を回避する実験を試みた。

 

<UFOの50%は「秘密政府」が作ったもの>

・この著作は少数の目にとまっただけだったが、忠実な追随者もいた。『The Urantia Book(ウランティア・ブック)』は3000ページにもわたって神の本質、地球と宇宙の創造と構造を難解な筆致で過激なほど詳細に記述している。

 

・伝えられるところによると様々な人間以外の存在から、チャネリングを通じて得た情報のようで、なかにはメルキゼデクという名の存在もあった。『The Urantia Book(ウランティア・ブック)』によると、元々のメルキセデクは神が直接創造した存在で、神が直接創造したもう一人の存在ガブリエルとともに我々の知っている宇宙を統治している。

 

・この宇宙はネバドンと呼ばれ、その中で生命の存在する星系は一万にものぼる。同書では地球のことを「ウランティア」と称している。『The Urantia Book(ウランティア・ブック)』の著者たちは、別の物質世界にも、また他の次元にも意識を持った生命が存在することを明確に示している。

 

・この書籍が他の研究家の主張と一致しているのは非常に多様な非人間型の生命体が地球にやってきていてー多くはエネルギー的存在だがーこの惑星が神へ向け進化的に成長するのを助けるための仕事をしているとする点だ。

 

天使、悪魔、エルフ、スペース・ブラザーはエイリアンの別名

・「社会が精神的存在と物質的存在を分離しようとする試みは失敗する運命にある」と述べ、同様の議論はエイリアン中でも特に誘拐事件で非難されているエイリアンの行動記録に注視する研究家らも提起している。エイリアンは人家へ侵入し被害者を動けないようにして力ずくで連れ去ると、求めもしない驚くべき医学実験や手術を行う。そして、多くの人が、こんな行為を慈悲深いなどとは言えないと思っている。

 

 

 

『エルランティ』 新生編

高橋信次 活の原点

大川隆法  幸福の科学出版  1990/1

 

 

 

<約3億6千万年前に、大船団を率いてベーター星からやってきたエル・ランティ>

・そこで今から3億6千万年近い昔にね、えーマゼラン星雲の一角の中にベーター星っていうのがありましてね。ここからエル・ランティっていうね、アール・エル・ランティっていう指導者が渡ってきたんですね。地球に。大船団率いまして渡ってきたんですね。有名な人ですね。

 このベーター星、ベーエルダ星とも言いますが、ベーター星って言うんですけれども、ここは非常に進化した都市でね。

今で言うと、地球で言うとね、いま地球が20世紀ですが、そうだね、ちょうど、30世紀ぐらいだろうかねえ。地球の未来史からいくと、30世紀ぐらいの感じの発達した都市だったんですね。

 

・まあそこは非常に進化した、地球で言うと30世紀ぐらいの文明を持っとったとこですね。そこからやっぱり魂が分かれて、この地球に飛んできたんですね。初期はまあ6千万人ぐらいいたんですね。

 

・6千万人来たんです、ほんとうは。それで大船団です。

 よくUFOで見る葉巻型の大船団ね。大きな母船がありましてね。非常にこの母船が大きいんですね。

 

・全長10キロメートルぐらいあるね。全長10キロもある大きな飛行船なんですね。地上でないでしょ。

 

・この程度の飛行船で、大きさがね。だから長さ10キロですから、幅もどうでしょうかね。やっぱり5百メートル以上あったでしょうねえ、幅がね。それぐらいのやつです。

で、これ葉巻型の母船なんですね。

 

・こういうふうにベーター星というとこに住んでおった植物、動物をね、積んできたんです。これがまあ最初のノアの箱舟みたいですねえ。その話の原型です。いつもこういう原型があるんですね。ノアの箱舟のでかいのが、10キロもあるのが飛んできたんです。

 

・そういう10キロぐらいのでかい葉巻が5千本ぐらい飛んできたんです。ダーンと大編隊組んでね、飛んできたんだ。

そしてね、その母船が地球の上空に達してね、地球をしばらくグルグルまわっておって、そして、やがて今のエジプト、あのナイル渓谷のほうへ落ちていったんですね、降りていった。母船がね。まあそういう段階であったんです。

 

 

 

『2013年 太陽系大変革と古神道の秘儀』

山田雅晴    たま出版    2012/1/20

 

 

 

<レムリア、アトランティス、ムー滅亡の実相と地底楽園シャンバラ>

・1万年以上前に、アトランティス人とレムリア人やムー人との間で、オーバーテクノロジーを使った戦争がありました。

  原爆とは違うようですが、特殊な大量破壊兵器です。それが滅亡の原因にもなっています。レムリア文明の継承者が、インドの原住民ドラビタ族やイラクシュメール人です。レムリア人やムー人の末裔の一部が「地底人類」になりました。ユートピア伝説の一つである「シャンバラ」やアガルタ伝説は、地底に楽園があることを暗示しています。現実に地底人類が存在しているようなのです。

 

・神さまにうかがってみると、「地底人類はいますよ」ということです。ただし、人数はそんなに多くないようで、いろいろな伝説は多少誇張されていると言えます。南極や北極、ヒマラヤなどに地底への入口があるとされます。

 

<地球を助けるために志願してきたETソウル(スターピープル)たち>

・グレートチェンジの地球と人類を助けるために他の星から志願してきたのが、ETソウル(スターピープル)たちです。ETソウルとは宇宙人のタマシイを持った人間です。

  神さまのお話ですと、「人類の50分の1がETソウルだ」といわれていますので、1億人以上はいる計算です。特に日本人はETソウルが多いといわれています。私も宇宙人のタマシイをもった人間の1人です。

 

・私は、自分がETソウルとして大きな空飛ぶ円盤に乗って地球に来た時の夢を三日連続で見たことがあります。その円盤にはたくさんの窓がついていました。

 神さまにうかがうと「大きなUFOに乗って集団で飛来し、そこから地球の霊界に入り、人間に生まれたのです」ということでした。

 

<UFOは地球人の成長の援助と監視をしている>

・私が神さまにうかがったら、次の通りです。「地球上にはUFOは50万から55万ほど来ており、そのうちの20%が物質的なもので、残りの80%は半物質です。肉眼で見えるUFOは物質的UFOで、視える人には見えるというUFOは半物質です」

 

・UFOの大量出現は、地球が新たな時代になるための現象です。地球以外に生命体が存在しないと思うこと自体が、非科学的です。ただし、UFOばかりに興味をもっても、開運はしません(笑)。UFO研究をしても開運には何の関係もありません。開運するには、開運思考をもって開運法を行うことです。

 

<神々は地球の元神と古き神々、新しき神々の三種類ある>

・最初の頃に来られた神々が「古き神々」、後で来られたのは「新しき神々」です。新しき神々といっても今から5万年前から数千年前に来られた神々です。

 だから、神々を大きく分けると、地球が出自の神さまと、最初の頃に宇宙から来た神さま、ここ数万年で来た神さまの三種類あるわけです。

 

・神々にとっては地球も宇宙もほとんど区別はありません。

 

・また神道では「天津神(あまつかみ)、国津神(くにつかみ)」という概念があります。天津神は天上の神であり、国津神は地上の神とされますが、実態とは違います。宇宙から飛来した神も多いですから、分けるとしたら「地球土着の神」と「他より地球に降りてきた神」の二つに分けたほうが適切です。

 

・私が主催する「三世(前世、現世、来世)のご開運講座」では、妙見大菩薩さまという北辰(北極星)のご存在をお呼びする時に、北辰から地球に来られる時間はほとんど数秒しかかかりません。

 

・テレポーテーション(瞬間移動)ができるのです。

 

 

<●●インターネット情報から●●>

ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)

 

高橋 信次(たかはし しんじ、1927年9月21日 - 1976年6月25日)は日本の宗教家。会社経営者。ハードウェアエンジニア。

 

新宗教・宗教法人GLA創始者。高電工業株式会社の創業者であり、初代社長。人道科学研究所所長。

 

GLAについて

高橋がイエス・キリストモーセとの出会いを経て悟りの境地に到達した、という口コミに引き寄せられた人が自宅に招かれた。当初は毎週土曜日に集まっていた為に、「土曜会」と称していた。

 

1969年4月頃からそれらの人々が百人近くに増えた為、都営浅草線浅草駅近くの自身の所有する八起(やおき)ビルで説くようになった。当時、この団体を、「大宇宙の神の光というものを顕現する会」という設定で、「大宇宙神光会」と称していた。

 

その後、大阪にあった瑞法会教団(霊友会支部が竹本千代を会長として分派独立。竹本没後、次長の中谷義雄が会長となり、高橋を瑞法会教団に招聘した)が集団帰依・合併するに至ったことを契機に宗教法人となり、名称を「宗教法人ジー・エル・エー総合本部」、略称を「GLA」とした。また、瑞法会教団は高橋没後に見解の相違から離脱、「宗教法人GLA関西本部」となった。

 

高橋の没後、その考えを学ぼうと、法人格を持たないグループ、または個人はいる。また、弟子等による関連著作が出版されている。高橋が創設したGLAから派生した団体、教義に影響を受けたとされる団体等を総称して、GLA系諸教団と呼称されることがある。

 

GLA系諸教団>

GLA系諸教団(ジーエルエーけいしょきょうだん)とは、高橋信次が設立した宗教法人GLA総合本部から分派したとされる一群の宗教団体やグループである。

 

概要

GLA創立者高橋信次の亡くなる1976年前後に、多数の分派が発生した。

 

GLA系諸教団 として具体的には、主に次の教団を指す。

GLA関西本部(GLA総合本部とは分派を経て別団体)

国際正法協会

高橋信次先生の法を学ぶ会

偕和會

心のつどい(代表:村上宥快)

光のお仲間(代表:渡辺泰男)

ILA(インナーライトアソシエーション)(「内なる心の光の会」の略称)

その他、影響を受けたとされる教団・団体・個人など

これらの団体は、高橋信次の死後に、活動を開始したため、GLA系との分類にはなじまない。

 

千乃正法がGLAの分派であるかのような一部報道があったが、GLAによれば千乃裕子がGLAの会員であった事実は無いとされた。教祖の高橋信次が亡くなった頃、千乃正法を主宰する千乃裕子は自分こそが高橋信次の後継者であるべき旨を主張し、その旨を自著等でも繰り返し述べていたため、このような誤解が生じたようである。

 

幸福の科学教団の創成期において、総裁の大川隆法が、高橋信次の「法の後継者」であると主張した。しかし、1987年6月発刊の『太陽の法』の記述では、高橋信次の「霊界通信」で「GLAは、おまえを必要としない。おまえはおまえの道を切り拓け」と告げたとしており、独自の路線を進む指針を展開しはじめた。その後1994年には「方便の時代は終わった」という法話をし、高橋の霊言には嘘や誤魔化しがあるとして、GLAの影響を消すための教義および用語の改訂が実施されている。

 

経済界 (出版社)の、元主幹・佐藤正忠も、高橋信次からの霊界通信を受けたとし、『奇跡の復活高橋信次』という書籍を出版していた。

 

 

 

『宇宙につながると夢はかなう』 

~さらに強運になる33の方法~

浅見帆子   フォレスト出版  2009/4/10

 

 

 

<思ったこと(夢)は実現する仕組みを理解する>

<~夢への途中を楽しむ>

・あなたがあなたの実現させたい夢についてずっと考え続けるならば、それは必ず実現します。あなたの考えていること(思考)には波動があり、波動はそれと同じ波長のものを引き寄せるからです。そして、あなたがワクワクする夢に向かい始めた途端、宇宙は全力で力を貸してくれます。

 

<まずは、今、あなたに夢があること自体に感謝してください>

・次に、夢が実現したところを想像してください。

実現した瞬間の状況を、できる限り詳しく思い描いてください。どんな様子で実現するか、まわりの人がどんなふうに喜んでくれるか、生活や気持ちがどのように変わるか……このときになにより効果的なのは、実現したときのあなたの「気持ち」を想像することです。

 

・うれしい気持ちを深く味わっていると、あなたの脳は勝手に錯覚を起こします。

 あなたの波動が「実現してうれしい、幸せ」となるので、それに見合った状態を現実の世界に引き寄せてくれるようになります。先に気持ちが盛り上がる波動があり、現実の現象は後からやってくるのです。

 スポーツ選手などは、この方法をトレーニングのひとつとして徹底的に行っています。能力や技術はほとんど差のないレベルまでいくと、あとは本人にどのくらい勝利のイメージができているかが決め手になる、という報告は限りなくあるのです。

 

・次に、夢がすでに実現したつもり、「フリ」をして暮らしてください。

 心を「実現したつもり」にさせるのです。すると、夢実現に必要な情報が集まってきます。中心にいるあなたが「実現した波動」になっているので、現実の世界でそれに足りないところがやってくるのです。

 

 たとえば、今のあなたに必要なことを勉強するための本や資料や情報が集まってきたり、あなたが心から尊敬できる人に出会ったりします。その人の言動を実際にまねしたり、影響を受けることで夢の実現に近づくようなことが起こる場合もあります。

 

<思ったこと(夢)は実現する仕組みを理解する>

<~夢に必要な変化を恐れない~>

・夢が実現するというのは、それが実現する環境や条件が整っているということです。ですから、あなたが夢のことをイメージし始めると、今のあなたに足りない必要なこと、勉強しなくてはいけないことが集まり、逆にその夢にふさわしくない考え方や行いを見直させられるようなことが起こるのです。

 

・このような変化は、たいていの場合、自分から起こそうとしなくても勝手に向こうのほうから起こります。といっても、それは理理由なく起こるのではなく、「その夢に向かっている」という波動を出しているあなたが引き寄せたものです。

 ですから、そのような変化が起こったときには、流れに身をまかせてみてください。

 

・中心に「夢が実現した」という波動状態のあなたがいる限り(その波動を出している限り)そこに集まってくるものはみんな、あなたの夢を助けるために必要なものなのです。

 

<存在自体が波動だから、あなたが夢のことを考えていれば、そこに引き寄せられてくるものはすべて、あなたの夢に関係あること>

 

<思ったこと(夢)は実現する仕組みを理解する>

<~執着しないで思い描く~>

・逆に言うと、あなたがその夢を思いついたということは、それが実現できるから思いついたのです。それを実現する流れではない人が、それを思いつくはずがないのです。

 

・「自分にとって必要なことであれば、時間が来れば必ず実現するだろう」と思ってください。そして、目の前にやってくる変化を純粋に楽しんでください。

 

<ふと思いついたことをやってみる>

<~思いついたときがチャンス~>

・分かれ道は、それを実際にやってみるかどうかです。

ためしに小さなことで実験してください。

 

・宇宙からの情報は、それに気付いて意識すると、ますますやってくるようになります。

 

・私たちは、ふと思いつくことを通して、未来に起こることの予知ができているのです。誰にでも未来を予知する能力は備わっているのです。

 

・もしやってみて、たとえなにも起こらなくてもいいじゃないですか?

 

・宇宙がどんどん情報を教えてくれていることを感じて、ワクワクできるようになるのです。

 

<「運」の仕組みは、宇宙の法則を知っていくほんの入り口である>

・「運がよくなる」という理解にも段階があって、まずは日々の小さなラッキーを起こすことから始まりますが、先へ行けば、宇宙との一体を感じる段階まで限りなく続きがあるのです。

 

・本当に運をよくする考え方というのは、生きることへの不安や寂しさがなくなり、まわりへの憎しみや嫉妬、比較や争いなどとは無縁になり、今生きていることに深い幸せを感じることにつながる方法です。

 

<強運な人は、宇宙に応援されている>

・自分の生活で実験してわかったこと、感じたことをそのまま書いているだけです。宇宙とつながる道は、生きているあいだ終わりはないもので、私自身も永遠に発展の途中だからです。

 

・仕事の種類や大きさではなく、大きな流れで見てまわりの人を幸せにするなにかをしている人は、宇宙に応援されるからうまくいくのです。宇宙に応援されると、まるでお膳立てをされているように物事がうまく運んだり、なにかとつながっているような満ち足りた感覚になります。

 

・中心に「私」という波動があるかぎり、そのときの波動にぴったりのもの、そのときの私に必要な言葉を引き寄せていることになります。他にも数え切れないほどのシンクロニシティー現象を経験し、「自分の意識が外側に引き寄せてくるものを決めている」ということを再確認しました。

 

<あなたのまわりに起こることに偶然はありません>

<今の自分を信頼する>

<~宇宙からの情報は今のあなたにも与えられる~>

・あなたの助けになる宇宙からの情報は、誰にでも平等にやってきます。

 

・まずは、今のままの自分で大丈夫だと強く信頼することです。

 

<今の瞬間を楽しむ>

<~今を楽しむ波動が次を引き寄せる~>

・楽しいことも、人生を好転させるようなハプニングも、すべて今のあなたが基本であり、今のあなたの延長線上にやってきます。突然どこからから降ってくるように感じても、すべて、あなたの日ごろの言動や目に見えないけれども積み重ねてきたことの結果なのです。

 

・楽しいことを引き寄せようと思ったら、あなたが「楽しい」と同じ振動数になればいいのです。つまり、あなたが毎日「楽しい」という波動でいれば、「楽しい」ということがやってくるし、「つまらない」と思っていればつまないことがやってきます。

 

シンクロニシティーを情報として受け取る>

<~タイミングがよくなっている証拠として感謝する~>

・身の回りに起こる「偶然の一致」を、あなたへの情報として活用してください。

 まわりに起こる現象は、すべて、今のあなたに必要なメッセージを伝えています。そこに、あなたが探していることの答えが示されているのです。

 

シンクロニシティーが起こるというのは、あなたのタイミングがどんどん良くなっている証拠です。

 

シンクロニシティーが起こるときは、あなたの意識していることがタイミング良く引き寄せられている証拠であり、「その方向でいいんですよ」という宇宙からの知らせなのです。

 

・あなたのまわりにも、あなたにとって必要な情報がたくさんやってきています。それをキャッチしたとき、恐れずにその通りにしてみてください。偶然はない、ということの意味がわかると思います。

 

<~悪い事件ほどメッセージが隠されている~>

・ふと目に留まったこと、たまたま心に残ったことでも、「偶然」という

ことはありません。今のあなたにも必要なものを暗示しています。

 

・まわりに起きている現象は、思っている以上の正確さで、あなたの無

意識に出している波動が引き寄せています。

 

・自分は悪くなく、まわりの影響で突然巻き込まれたように感じること

でさえ、今のあなたに伝えるメッセージがあるのです。

 

・「これを知らせてくれるために起こったんだな」と理解できるようになると、同じようなトラブルは起きなくなり、運の悪い連鎖もとまります。

 

 

 

『人生は奇跡の連続!』

運命の流れに乗り、宇宙と一つになる――

山川亜希子   大和書房  2009/6/18

 

 

 

<奇跡の人生に必要なこと>

□愛を知る

□感謝する

□自分を大切にする

□宇宙と一つである自分を感じる

□宇宙の、神の愛と完全性を知る

□自分の思い込みを捨てる

□自分を無にすることを学ぶ

□今仁生きる

 

<うれしいことも嫌なことも自分の中にため込まない>

<直観のままに動いてみることを試してみませんか>

<必要なことを学ぶためのプロセス>

・1985年、私はリア・バイヤーズというチャネラーを通して、サンジェルマンという精霊と知り合いました。そして、私の人生は思いもよらない方向へと、導かれてゆきました。いわゆるスピリチュアルな世界にいきなり、突き落とされたという感じでした。

 

・それが、リアと、そして彼女を通してサン・ジェルマンと出会うことによって、私はまさにスピリチュアルな世界の真っただ中に吸い込まれたのでした。それも自分では望んでいなかったのに。少なくとも、意識的には望んでいたわけではありませんでした。

 

・目に見える世界は今までと同じようにありました。

 でも、その向こうにもっと深くて神秘的で圧倒的に素晴らしい世界が

広がっていました。何よりも、人々の意識を変えるために、精霊たちの手助けをするという素晴らしい人生の目的を与えられて、すっかり興奮してしまったのでした。  

 その後すぐ日本に帰った私たちは、同じような思いを持つ人々と知り合いました。そしてリア・バイヤーズを日本に呼びました。

 すると彼女の世話をしている間に、私もなんと、彼女と同じ能力、つまりチャネリングができるようになりました。

 そして、サン・ジェルマンをはじめとして、セント・フランシスやイエス様から、いろいろな教えを受けるようになりました。

 今では、このように精霊や天使や宇宙人からメッセージをもらっている人はいっぱいいます。まだまだ当たり前とは言えなくても、かなり普通のことになりました。でも、当時はまだそんな人はあまりいなくて、自分が特別な力を持ったような気がしたものです。

 実はこれも誰もが持っている能力 なのですが、ほとんどの人はその力を使っていないだけです。

 

・夫は元気になり、私も看病から解放されたのでした。そして、気がついたときには、夫は病気を理由に役所を退職し、私は市場調査の仕事をやめていました。

 そして、スピリチュアルな本を翻訳するという仕事だけが残されていたのです。

 それから、23年、私たちはずっとスピリチュアルな本の翻訳を続けています。すでに60冊近く、訳したでしょうか。そして、本を訳しながら、いろいろな学びを続けています。

 

・ 私はその後も何回か、自分の成長を阻害している感情や子ども時代に身につけてしまった狭い考えや悪い癖に気づくために、自分を見つめ、それを手放すというプロセスを行なっています。というか、そのときが来ると、なぜかつまずきが起こって、人生を楽にするためにはもっと自分を見つめなければならない状況に追い込まれてきたのです。

                                                                                          

・病気、人間関係、仕事、お金、その人にとって、いちばん必要な学びをするために適したつまずきかが見つかるのです。

そして、その障害を乗り越えたとき、私たちはさらに大きく雄大な流れの中にいる自分を発見します。

 そしてこうしたプロセス全体が大きな流れであり、その流れに乗って

いれば、必ず人生はうまくゆく、そんな感じがしているのです。

 

<宇宙の贈り物を受け取る準備はできましたか>

<宇宙は広大で無限です。私たちの成長も無限に続いてゆきます>

・生まれながらにそのような状態の人も、もしかして、この地球上にはいるかもしれません。でも、ほとんどの人は、生まれたときからずっと、自分を制限したり卑屈にしたりする思いを心に積み重ねています。

 

 そして、その思いを取り去ってゆくときに、やっと宇宙からの叡智を受け取りはじめ、自分自身のネガティブな思いを手放すことによって、宇宙と一つになる方向へと歩んでゆくのです。

 

<自分自身と向き合うことはつらいかもしれない>

・あなたが前に進み、宇宙との一体感を深めてゆくとき、それは他の人々がそこに達する道をやさしくしてあげるのです。私たちは一つです。

みんな一緒に進んでいます。誰が早い、遅いということはありません。

 

・地球全体に本当の平和がいつ実現するのか、それは実は問題ではありません。私たち1人ひとりの中にある平和が深まり広がり、安全なる宇宙の平和を映し出すようになること、それが大切なのです。

 そして、1人ひとりが自分のペースでそれを実現してゆくのです。そして、そのような人が多くなればなるほど、世界は急速に変化してゆくでしょう。

 

<日々感謝し、人に親切に、自分にやさしく生活する>

<あなたはどんなときも、1人でない>

・私たちは宇宙の一部であり、宇宙の中にいます。

 

・そして、私たちが素直に心を開きさえすれば、宇宙は知恵と導きを私たちに与えてくれるのです。これは宇宙にお任せする、ということであります。

 

・自分を信頼するとき、私たちは人生に意味を見出します。宇宙と一つになって、いわば、宇宙の指令に従って、迷うこともなく、間違うこともなく、素直に平和に生きてゆくようになるのです。

 

・そして、すべての人と、すべての生き物と、宇宙の共同創造のプロセスが私たちの人生であることがわかったとき、私たちは自分の持つ創造性を初めて十分に発揮できるようになります。

 そして今、世界中の多くの人々がそのように変化しています。

 特に21世紀になって、その流れはますます速くなっています。

 あなたもその流れの中の1人です。宇宙の大きな流れに抵抗せずに、ゆったりと身を任せるとき、この世界がどのようになってゆくのか、とても楽しみです。

 

<あなたの「そのとき」が始まるとき>

・私たち今、宇宙と一つである自分に目覚めるプロセスにいます。それも、急速にそれは生じています。

 私が精霊と出会ってから24年、最初はほとんど、このようなことを知っている人はいませんでした。

 でも今は、多くの人々が3次元を超えた世界を体験しています。そして、宇宙的な存在である自分に目覚めています。

 

 

 

『幸運が一生続くスピリチュアル女子のルール』

はづき虹映    きこ書房    2010/8/28

 

 

 

<ルール64   アセンションに期待しない>

・「アセンション」は次元上昇という意味です。スピリチュアル業界ではずいぶん前から、その存在がウワサになっていましたが、あと2年。確実にカウントダウンにはいりました。

 ただ「1999年9の日」で有名な「ノストラダムスの大予言」の時もそうでしたが、騒ぎすぎるとロクなことがありません。

 何があってもなくても、ただ淡々と日を幸せに暮らしていけば、次元が上がろうが下がろうが、ほとんど関係ありません。(笑)。

 

<ルール65 UFOに感謝する>

・UFO=円盤と思いこんでいるので見たことがないと思っているだけ・・・。UFOは円盤型だけではなく、実にさまざまな形をして空に浮かんでいるのです。

 

 あなたが空を見上げて、「なんだか変わった雲だな」と、ある雲に心魅かれた場合、その雲は大抵、UFOだったりするのです。

 

・UFOらしきものを見かけたら「姿を見せてくださって、ありがとうございます」と感謝すること。

 

 これを繰り返していれば、UFOとの遭遇率は飛躍的にアップします。

 

・多くの人がUFOに感謝できるようになった時、それがUFOが公に姿を現してくれる準備が整った合図になるかもしれません。

 

<ルール70 「シンクロニシティ」は宇宙からのメッセージだと知っている>

・「意味のある偶然」が「シンクロニシティ」。残念ながら、「意味のない偶然」など存在しません。