日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2021-05-13から1日間の記事一覧

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(16)

・米国は既にエイリアンと交渉し超テクノロジーを入手しつつあるそうです。ハリウッドの映画にもよく登場する“エリア51”付近は米国の戦略兵器の研究所が数多くある、『禁断の地』だという説もあります。戦後米国と対峙していたソビエト連邦が、簡単に崩壊…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(15)

・ロシアにもフリーメーソンがありましたし、様々な政治勢力がうごめいていたようです。米国に限らず、ロシアも当然、エイリアンの超テクノロジーを利用して超兵器を開発したいと考えていることでしょう。各国とも宇宙連合とのコンタクトを最重要に考えてお…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(14)

・「遺伝子操作か思念(?)で人間を創った」という天使的なシリウス星人と「実験室で人間を創った」というサタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人が宇宙を2分してスター・ウォーズを始め、宇宙の一部を壊したと言われています。詳しいことは分かりません。スター…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(13)

・「大本教の出口王仁三郎は自分はオリオン星から来たと語っている」そうです。「大本には二人の教祖がいて、一人は開祖出口直、もう一人は出口王仁三郎だが、二人にはそれぞれの御霊を表す象徴的呼称があった。開祖は『変性男子』といい、王仁三郎は『変性…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(12)

「竜であり蛇である我々が神々」 (闇の権力を操る爬虫類人の地球支配/管理) (デーヴィッド・アイク) (徳間書店)2007/8/1 <ET基地の地底生物たち / 光を嫌い異種交配を欲す> ・レプティリアンやその他の人間ではないものたちが、地球内部の私達が、…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(11)

『宇宙の古代遺跡』 「月・火星 他文明の痕跡」 深沢久夫 Gakken 2008/10 <NASAは陰の集団に操られている!?> <秘密の集団「オシリス・カルト」> <古代エジプトの冥界の王であり、死と復活の神でもあるオシリス> ・実は、これまで「NASAの隠蔽体質の…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(10)

『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類的異星人DNAの系譜』 スチュワート・・スワードロー 徳間書店 2010/6/18 <モントーク岬で行われた極秘実験「モントーク計画」> ・NY州ロングアイランドの東端、モントーク岬で行われた極秘実験「モントーク計画」…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(9)

『[UFO宇宙人アセンション]真実への完全ガイド』 ぺトル・ホボット × 浅川嘉富 ヒカルランド 2010/7/21 <これが宇宙人基地「シャンバラ」だ!> ◉「シャンバラ」とは「違うセキュリティーアへのゲート」という意味で、UFOの基地 ◉チベットの地下に…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(8)

『知っておきたい伝説の魔族・妖族・神族』 健部伸明 監修 西東社 2008/12 <分類のテーマは“種族”です> ・そんな風にいくつかの種族を比べながら読んでみると、少しの相違点よりも、驚くほど似ている部分が多いことに気づかされます。たとえばドイツのコボ…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(7)

『現代オカルトの根源』 霊性進化論の光と闇 大田俊寛 筑摩書房 2013/7/10 <レプティリアンによる人類家畜化> ・『大いなる秘密』によれば、現在の地球を支配しているのは爬虫類型異星人=レプティリアンであり、彼らの故郷は「竜座」にある。彼らは地球に…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(6)

『遠野のザシキワラシとオシラサマ』 (佐々木喜善) (宝文館出版) 1988/4 <奥州のザシキワラシの話> <子供の時の記憶> ・私達は、幼少の時分、よく祖父母から炉辺話に、ザシキワラシの事を聞かせられたものである。そのザシキワラシとはどんなものか…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(5)

<「男色」大国だった日本> ・そのことも深く関係しますが、かつて日本は世界に冠たる「男色」大国でした。有史以来、日本の歩みは男色とともにあり、日本の歴史は男色文化に左右されながら、時にはそれが原動力となって動いてきました。 古代の豪族からは…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(4)

『口語訳 遠野物語』 柳田国男 河出書房新社 2013/2/15 <4 笹原の山女(やまおんな)> ・山口村の吉兵衛という家の主人が、根子立という山へ笹刈りに行ったときのことです。刈り取った笹を束にして、「どっこいしょ」と立ち上がろうとしたところ、笹原が波…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(3)

<スイス人衛兵>・産業に恵まれなかったスイスにとって傭兵稼業は一種の産業で、その歩兵軍の精強さはヨーロッパに鳴り響いていた。ほぼヨーロッパ全土に出かけるが、スイス政府でなく、州政府単位で契約するところに特徴がある。1874年に国外傭兵は憲法で…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(2)

『地球人は科学的に創造された』 創造者からのメッセージ ラエル ラエリアン・ムーブメント eブック <神も霊魂も存在しない。ただ、エロヒムと遺伝子コードが存在するのみ> ・ラエル紀元31年(1975年)10月7日の第2回目の出会いでは、彼らの宇宙船に乗せら…

1957年、当時23歳だったボアスは、異星人に攫われ、セックスを強要されたというのだ。そんなセックス武勇伝を思いつく者など、彼をおいて他にはいなかった。(1)

『性の歴史』 ナンセン&ピカール 交響社 2021/3/11 <時代や国を問わず、性と無関係な人など誰ひとりとしていない> <『性の歴史』> ・だが、私たち1人ひとりが今ここに存在しているのは、紛れもなく人類が脈々と受け継いできた性の営みがあってこそであ…